NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

vs出水中央高校 【高円宮杯鹿児島県トップリーグ1部】

11/23のトップリーグ、出水中央戦について。

■出場メンバー
GK 1 長尾 菖太郎 3年 アリーバFC(宮崎)
DF 19 徳留 尽 1年 U-15鹿児島
→交代 78分 22 福永 駿人 2年 FCアラーラ鹿児島
DF 17 新屋 怜乃音 2年 KSC
DF 3 松本 徹平(CAP) 3年 太陽SC
DF 6 甲斐 裕也 3年 FCアラーラ鹿児島
MF 11 長濵 夢希 3年 和田中
MF 23 森田 成 1年 U-15鹿児島
MF 21 小水流 太陽 1年 U-15鹿児島
→交代 HT 13 三堂 楽斗 3年 FC JUVENTUDE
MF 15 角 俊太朗 2年 U-15鹿児島
→交代 HT 18 石野 佑貴 3年 U-15日置
MF 14 本村 優斗 2年 U-15鹿児島
→交代 HT 8 西山 明輝 3年 エスペランサ熊本
FW 20 木塲 暖太 1年 U-15日置
→交代 HT 9 元松 駿佑 3年 U-15鹿児島

■SUB
GK 12 吉村 耕一 1年 U-15鹿児島
GK 25 河野 友哉 2年 U-15鹿児島

---------木塲---------
本村------角----小水流
------森田--長濵------
甲斐--松本--新屋--徳留
---------長尾---------




出水中央は縦を使う・走るがよく出来ており、また、守備に切り替わった時のプレスが強い。これは前期対戦した際にも思い知らされたと思う。この展開に対し、後ろで回す機会が多い序盤。

出水中央の出来もそこまで良いとは思えなかったので、相手のプレスを潜り抜ける事もあるのだが、マイボールの位置が低い分、裏を取った時にサポートが遅れていた。

20分過ぎに被シュートも増え、試合が動き出す。

42分、出水中央は左サイドからのクロスを送る。GK長尾菖太郎がパンチングも、セカンドボールを押し込んで先制する。

出水中央 1-0 ユナイテッド

前半は0-1。相手の内容もあまり良いとは思えず、これにお付き合いする形で低調な内容になっていた。付け入る隙はあったが、仕留めきれない。

後半、4枚替え。前線を総入れ替えで3年生を投入。布陣がこうなる。

------石野--元松------
西山--森田--長濵--三堂
甲斐--松本--新屋--徳留
---------長尾---------

前線でタメが作れるようになった後半は、トップがタメてサイドへ叩く。特に右サイドへ展開した時に、フリーで受ける事が出来、そこから中へ折り返したボールをフリーでシュートを打てるようになった。また、縦パスに対して裏を取れるようにもなり、攻撃の精度は上がっている。

68分、同点に。右サイドからのクロスをファーサイドで8西山明輝がシュート。これが決まる。

出水中央 1-1 ユナイテッド

守備に切り替わった時に良い奪い方が出来るようにもなった。ショートカウンターを仕掛けられるようになった事もあり、マイボールの時間も増えた。そして、多くの決定機を作る。だが決めきれない。

すると、守備に切り替わった後のプレスが弱くなり、ファウルも増え、85分にPKを献上する。そのPKを決められて出水中央が勝ち越す。

出水中央 2-1 ユナイテッド

終盤にも決定機を作るも、決める事が出来ず、出水中央が勝利。決めるべきところで決めきれなかった。いや、勿体ない。

■高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ 鹿児島県トップリーグ1部第18節

出水中央高校 2 (1-0,1-1) 1 鹿児島ユナイテッドFC U-18

得点;
【出】 42分、86分(PK)
【ユ】 8西山明輝(68分)

日時: 2019年11月23日(土)
会場: 鹿児島実業高校















人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト



宮崎産業経営大学×日本文理大学 【九州大学1部】

11/17は宮崎の綾町へ。この日は九州大学リーグ1部の宮崎産業経営大×日本文理大の一戦。20節終了時点で宮崎産業経営大が勝点45で3位、日本文理大が勝点42で4位となっている。前日に首位・福大が優勝を決め、1位・福大、2位・鹿屋体大が決定。インカレ出場枠は3位まで。その最後の一枠をこの2校で争う。

九州大学リーグは勝点が並べば当該チームの直接対決の戦績が優先される。前期は日本文理大が3-2で勝利しており、勝てば順位が入れ替わる。次節(最終節)の相手が宮崎産業経営大が鹿屋体大、日本文理大が福大なので、お互い、この試合で3位の座を死守して最終節に臨みたいところ。

■宮崎産業経営大学
▼出場メンバー
GK 37 河野 大雅 2年 鵬翔
DF 6 宮本 龍一 3年 鵬翔
→交代 82分 3 宇都宮 尊 3年 鵬翔
DF 26 徳尾 雄稀 2年 鵬翔
DF 22 中村 駿太 3年 加世田
→交代 37分 4 小西 恵介■42分 3年 鵬翔
MF 2 大野 春佑 4年 鵬翔
MF 8 前田 椋介(CAP) 4年 宮崎日大
MF 16 依光 秀 2年 鵬翔
→交代 70分 20 有内 天■78分 3年 大津
MF 5 鈴木 健 4年 日章学園
FW 13 宇津元 伸弥 2年 鵬翔
FW 30 田辺 涼成■51分 1年 鵬翔
→交代 53分 7 甲斐 史也 4年 鵬翔
FW 10 野川 稀生 4年 松山工業

▼SUB
GK 17 岡崎 大成 4年 宮崎日大
MF 12 平野 雄大 3年 鵬翔
MF 19 野田 海乘 3年 鵬翔

---野川--田辺--宇津元-
鈴木--前田--依光--大野
---中村--徳尾--宮本---
---------河野---------




■日本文理大学
▼出場メンバー
GK 21 清水 羅偉 2年 大分トリニータU-18
DF 6 山田 大地 4年 東大阪大柏原
DF 5 白石 浩輔(CAP) 4年 サガン鳥栖U-18
DF 4 山内 祐弥 4年 松陽
DF 15 坂本 尚幸 3年 V・ファーレン長崎U-18
MF 26 田畑 篤郎 1年 V・ファーレン長崎U-18
→交代 85分 27 岡野 凛平 1年 V・ファーレン長崎
MF 29 田中 真輝 2年 アビスパ福岡U-18
MF 2 渡邊 鷹也 4年 大分南
→交代 72分 34 村松 凌 2年 静清
MF 10 濱上 征也 4年 松陽
→交代 72分 9 安東 慎太郎 4年 熊本国府
MF 22 立岩 玄輝 2年 神戸弘陵
FW 33 高 昇辰 1年 京都朝鮮
→交代 HT 11 東海林 佑飛 3年 宇和島東

▼SUB
GK 16 佐伯 鷹哉 4年 神戸国際大附属
DF 20 渡邊 陸斗 4年 熊本国府
MF 30 上栗 一将 1年 大分トリニータU-18

----------高----------
立岩-----濱上---渡邊鷹
------田中--田畑------
坂本--山内--白石--山田
---------清水---------




立ち上がり、日本文理大は長いボールを送り、背後のスペースを狙っていく。

とにかく思い切りが良く、運動量豊富でボールへの反応が良い。この動きに対し、産経大は後手後手になる。

背後のケアが甘く、シュートを水際で止める事しか出来ない。

文理大はセカンドボールも思い切りよく狙っており、DFに当たってコーナーキックを得る。セットプレーでは、GKの守備範囲を外したボールを送り、ファーサイドで4山内祐弥が競り勝ち中へ折り返す。この押り返しに対して、産経大は釣られて中をフリーにする。

産経大としては、4山内とのエアバトルで勝てない・折り返した時にフリーを作られる。この2点を繰り返した事が失点へ繋がっていたように思えた。

文理大はプレスも良いので、産経大はボールを回す事は出来ても、相手を動かす事が出来ず、高い位置に運んでも崩すのに苦慮していた。

前半に産経大が作ったシュートチャンスはほぼカウンターからで、カウンターと平行してボールを動かしながら主導権を握る事が出来ていない。

33分、文理大が先制。フリーキックを左に展開すると、4山内が競り勝ち中へ折り返す。フリーの10濱上征也のボレーが決まる。

産経大 0-1 文理大

37分、文理大は2渡邊鷹也が右サイドを突破してゴール前まで侵入し、GKもかわす。その際、ボールは左に流れるが、22立岩玄輝が詰めており、押し込んで追加点を奪う。

産経大 0-2 文理大

37分、産経大は早くもDFを交代。
22中村駿太→4小西恵介。

41分、産経大は左サイド、5鈴木健がゴール前にクロス。ゴール前で(※)産経大の攻撃陣の動きにGKは釣られ、クロスがそのまま入り1点返す。
公式では8前田椋介のゴールとなっているのでゴール前で触って入ったという事なのね。

産経大 1-2 文理大

後半、文理大は選手交代。
33高昇辰→11東海林佑飛。

33高は運動量豊富でエリア内の狭いスペースでもフリーでいたり、ファーストタッチで上手く相手をかわして決定機を作ったりと、効果的な動きをしていたので、「あ、代えるのだ」という印象。

後半立ち上がりこそ、文理大のシンプルに縦を使う攻撃に圧されていた産経大だったが、徐々に慣れてきた印象。前半と比較しても、危ない場面は減り、逆にボールを高い位置で保持する時間が増えてきた。

ただ、ボールを受ける動きが良くなく、ハーフウェイライン付近でボールを持った時に引いて貰おうとすると攻撃陣全員がその動きをしてしまい、逆に前線に張った時は皆が張るので効果的なボールがなかなか供給されず、13宇津元伸弥頼みになっている面もあった。

81分、産経大は左サイド、5鈴木からのクロスを13宇津元が頭で合わす。セカンドボールを拾った10野川稀生のシュートはGK清水羅偉が好セーブ。そのセカンドを8前田椋介がシュートを放つも、これはクロスバーに阻まれる。

82分に産経大は3宇都宮尊を投入し、システムを4-4-2に変える。3宇都宮は前線に入り、パワープレーも視野に入れた布陣。

サイドバックが高い位置を取り、8前田もほぼ前線にいる。10野川が中にポジションを取り、5鈴木は右サイドから展開している時は前線と同じ高さにいた。こうやって皆がゴールに近い所へ行くと、ボールの出し所がゴール前しかなくなり、そしてそのボールはGK清水がキャッチして攻撃を終わらせる。

後半は守備の時間が増えた文理大だったが、ボールホルダーへのプレスが良いので、シュートコースに身体を入れてブロックする事が出来ていた。GK清水は常に声を絶やさず、ハイボールの処理が良かったので、産経大の攻撃がなかなか実らない展開にさせていた。

試合は2-1で文理大が勝利。順位が入れ替わり、文理大が3位、産経大が4位で最終戦を迎える。

■九州大学リーグ1部第21節
宮崎産業経営大学 1 (1-2,0-0) 2 日本文理大学

得点者;
【宮】 8前田椋介(41分)
【日】 10濱上征也(33分)、22立岩玄輝(37分)

日時: 2019年11月17日(日)
会場: 綾町小田爪人工芝グラウンド
満足度: ★★★☆☆



文理大の戦い方が見事にハマった一戦に思えた。一方で敗れた産経大は、守備が良くない立ち上がりに修正される事なく2失点。あと、ハードワークが出来ておらず、運動量は文理大が上回っていた。

MOM: DF 4 山内 祐弥 日本文理大学


攻守に渡り、空中戦で強さを発揮した。





























人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

鹿屋体育大学×福岡大学 【九州大学1部】

11/16は鹿屋体育大学にて九州大学リーグ、鹿屋体大×福大の試合を観戦。20節を終了した時点で福大が首位で勝点53、鹿屋体大が2位で勝点52。この試合で勝てば福大の優勝が決まる一戦。このカードは「九州学生クラシコ」と称し、両校、SNS等でPRして集客にも力を入れており、スポンサー協賛のもと、移動販売や抽選会等各種イベントを行い、多くのギャラリーが集まった。

■鹿屋体育大学
▼出場メンバー
GK 1 平田 皓太郎 4年 新宮
DF 5 奥田 雄大(CAP) 4年 徳島市立
DF 3 濱口 功聖 3年 アビスパ福岡U-18
DF 30 宮嵜 海斗 1年 ロアッソ熊本ユース
MF 4 坂口 祥尉 2年 FC東京U-18
→交代 66分 14 木橋 朋暉 2年 東福岡
MF 29 比嘉 将貴 1年 日章学園
→交代 77分 25 山本 廉 1年 V・ファーレン長崎U-18
MF 23 山口 卓己 1年 大分
MF 13 平岩 諒大 4年 アルビレックス新潟U-18
FW 8 田中 大和 4年 宮崎大宮
FW 16 根本 凌 2年 上田西
→交代 83分 9 餅山 大輝 4年 東福岡
FW 10 藤本 一輝 3年 藤枝明誠

▼SUB
GK 17 安田 惟太郎 3年 サガン鳥栖U-18
DF 19 武田 伊織 4年 桐生第一
DF 22 西山 涼 2年 アビスパ福岡U-18
MF 15 小屋原 尚希 2年 日大藤沢

---藤本--根本--田中---
平岩--山口--比嘉--坂口
---宮嵜--濱口--奥田---
---------平田---------




■福岡大学
▼出場メンバー
GK 21 真木 晃平 3年 大分トリニータU-18
DF 12 阿部 海斗 2年 サガン鳥栖U-18
DF 4 河野 秀汰 3年 広島皆実
DF 5 饗庭 瑞生(CAP) 4年 立正大淞南
DF 23 前野 翔伍 3年 長崎総合科学大附属
→交代 88分 3 菅田 真啓 4年 国見
MF 10 梅田 魁人 4年 高川学園
→交代 90分 20 倉員 宏人 2年 サガン鳥栖U-18
MF 25 田中 純平 2年 長崎総合科学大附属
MF 6 河原 創 4年 大津
MF 8 大熊 健太 4年 FC東京U-18
FW 7 井上 健太 3年 立正大淞南
→交代 73分 17 鶴野 怜樹 1年 立正大淞南
FW 9 梅木 翼 3年 立正大淞南
→交代 66分 14 今田 源紀 3年 九州国際大付属

▼SUB
GK 1 田渕 佑 3年 名古屋グランパスU18
FW 11 花田 佳惟斗 4年 興国
FW 50 村上 宗太郎 4年 サガン鳥栖U-18

------梅木--井上------
大熊--河原--田中--梅田
前野--饗庭--河野--阿部
---------真木---------




序盤、福大が長いボールを送り、9梅木翼が競り、7井上健太、10梅田魁人等が拾う、サイドの高い位置を取ってクロスという動きを交える。

鹿屋体大はそこを凌いでマイボールにすると、バックラインでボールを動かしながら相手のサイドにスペースを作り、その出来たスペースを使う。

両チーム共にDF陣が集中しており、シュートを打たせない。

鹿屋体大はサイドに出来たスペースから10藤本一輝がドリブルで仕掛ける。1対1なら抜けるけど、福大守備陣のカバーリングが良く、抜け出せてもすぐにブロックされる。左サイドからの仕掛けが多い。

37分、鹿屋体大は10藤本が左サイドを突破して中へ送る。ゴール前では繋がらなかったが、ボールはファーサイドへ流れる。フリーで走り込んでいた4坂口祥尉がダイレクトで放ったシュートは枠の外。惜しいシーンだった。

鹿屋体大はサイドの空いたスペースを突くので、福大の守備陣はスライドして対応するので逆サイドが空く。ロングボールをサイドに送っていたので、そのパスが通れば、中盤の選手は戻り切れないので逆サイドが空いていた。これをショートパスでサイドへ展開していたら、福大の選手の運動量ならば逆サイドを空ける事はなかったと思うので、有効な手段だったと思うし、これを実践するための3-4-3だったのかなと。

前半は0-0。守備陣が集中しており、シュートの少ない展開だったが、良い緊張感の中でやっていたように見える。リーグの天王山だけに、締まりのある展開。

後半は開始4分、福大は右サイドからクロス。一度、DFがクリアするも、セカンドボールを拾った6河原創がダイレクトで打つも枠外。

61分には6河原が右へ出すと見せかけて縦に出す。ボールを受けた10梅田のシュートは枠の外。6河原のフェイントに対して鹿屋体大守備陣はサイドに意識が向き、10梅田を空けてしまう。そこでしっかりとボールを貰い、シュートまで行けたのは良かった。

後半20分過ぎの時間帯は、鹿屋体大がセカンドボールを拾えるようになっていた。攻撃に手数をかける傾向のあるチームなので、マイボールの時間を長くする事はポイントの一つだが、セカンドボールを拾う事でマイボールの時間を増やせる。

一方で福大はギアを一つ上げたかのようにプレースピードが上がり、プレスが厳しくなる。ボールを保持する時間の長かった鹿屋体大だったが、福大のプレスに圧され、ボールロストも目立つように。

78分、福大先制。高い位置でボールを奪った10梅田がゴール前に送り、フリーで走り込んでいた14今田源紀が合わす。

鹿屋体大 0-1 福大

87分、福大は右サイドから17鶴野怜樹がクロス。10梅田がそのボールを反らし、再び14今田が押し込む。

鹿屋体大 0-2 福大

終盤に貴重な追加点を奪う。

鹿屋体大はDFの3濱口功聖を上げ、パワープレーに入るも、GKの守備範囲にボールが飛び、GK真木晃平がしっかりとキャッチして攻撃を終わらす。

一方で福大は3菅田真啓、20倉員宏人と守備の選手を投入し、システムを5-3-2に変え、中盤が手薄と判断すると、FWが1枚降りて5-4-1に変えて対応する。

アディショナルタイムに鹿屋体大は右サイドからのクロスをゴール前で23山口卓己が頭で合わすが、これは枠の外。そして、このプレーが切れたタイミングで試合は終了。福大がリーグ3連覇を果たす。

■九州大学リーグ1部第21節

鹿屋体育大学 0 (0-0,0-2) 2 福岡大学

得点者;
【福】 14今田源紀(78分、87分)

日時: 2019年11月16日(土)
会場: 鹿屋体育大学サッカー場
満足度: ★★★★☆



この試合でターニングポイントになったのは、後半20分過ぎの展開かと。

鹿屋体大がセカンドボールを拾えるようになった後に福大は運動量を増やしてプレスをより厳しく行くようになった。鹿屋体大としては、このプレスに対し、テンポアップしてかわせればよかったのだが、それが出来ず、逆にプレスに圧されてミスをしてしまう。

先制ゴールはビルドアップを奪われてのもの。

流れが変わった時に修正出来たかどうかが明暗を分けたように思った。

MOM: FW 今田 源紀 福岡大学

緊迫した試合で途中出場から2ゴールを挙げる。





















人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

宮崎産業経営大・前田椋介、福島ユナイテッドFCへ

宮崎産業経営大の主将・前田椋介の福島ユナイテッドFCへの加入内定のリリースがされた(公式)

MF 前田 椋介 まえだ りょうすけ
■生年月日: 1998年3月2日
■身長/体重: 170cm/60kg
■出身: 宮崎県日南市
■ポジション: センターハーフ、サイドハーフ
■サッカー歴: 宮崎日本大学高校→宮崎産業経営大学FC→宮崎産業経営大学
■備考: 宮崎県国体成年男子選抜(2017~2019)、デンソーチャレンジカップ九州大学選抜(2019)



昨年までは右サイドハーフでプレー。労を惜しまないハードワークと逆サイドからのボールを合わせる巧さが光った。

今年はセンターハーフにポジションを移す。ボールの受け方が上手く、次のプレーを円滑に出来るポジションや相手守備者の間のスペースへ動き、そこで貰ってパスを叩くという一連のプレーを繰り返す事でリズムを作る。

サイド・センターどちらで使われるか分からないが、ミスの少ない堅実なプレーが出来る選手なので、ボランチやトップ下でも面白いし、また、右サイドハーフで起用されていた時の逆サイドからのボールを合わす巧さがJ3でも出来れば、点の取れるサイドハーフになれると思う。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

れいめい高校×神村学園高等部 【高校選手権】

11/2に開催された高校選手権準決勝の第2試合は高校総体3位のれいめいとインターハイベスト16の神村学園との一戦。県・高校総体の準決勝でも戦った両者は再び、準決勝の舞台で相まみえる。

■れいめい高校
GK 1 足立 優弥 3年 朝日中
DF 2 平木 諒 3年 東郷中
DF 3 宮元 耀司(CAP) 3年 阿久根中
→交代 52分 15 井手 颯太朗 2年 入来中
DF 5 岡留 武月 2年 鹿児島ユナイテッドFC日置
DF 4 脇田 賢佑 3年 薩摩中
MF 14 新塘 陸空 2年 阿久根中
→交代 75分 17 有村 莞吹
MF 6 中間 悠理 3年 川内南中
→交代 HT 8 平川 友啓 3年 鹿児島ユナイテッドFC日置
MF 25 前村 海空
→交代 35分 20 永吉 健志朗 2年 ディアマントFC鹿児島
→交代 55分 21 村尾 龍紀 3年 FC JUVENTUDE
MF 10 松﨑 元哉 3年 ディアマントFC鹿児島
MF 11 渡邉 翼 3年 阿久根中
FW 9 濱田 智也 3年 高尾野中

---------濱田---------
渡邉-----松﨑-----前村
------中間--新塘------
脇田--岡留--宮元--平木
---------足立---------




れいめいが選手権で準決勝まで勝ち上がったのは01年以来。一度、廃部を経験している中でよく這い上がってきた。

■神村学園高等部
GK 17 吉山 太陽 2年 神村中
DF 7 中島 吏九 3年 神村中
DF 3 成富 勝仁 3年 神村中
DF 5 稲田 翔真 2年 神村中
DF 8 軸丸 広大(CAP) 3年 神村中
MF 4 大迫 魁士 3年 FCリアライズ鹿児島
→交代 49分 21 山田 泰輔 3年 CASA沖縄
→交代 80+1分 9 若松 勇斗 3年 神村中
MF 13 下川床 勇斗 2年 神村中
→交代 57分 6 樋渡 鯉太郎 3年 神村中
MF 14 濱屋 悠哉 3年 神村中
MF 10 永吉 飛翔 2年 FCアラーラ鹿児島
→交代 75分 16 加治屋 陸 3年 伊集院北中
FW 12 寺田 聡 2年 神村中
→交代 77分 22 沖田 陸 2年 朝日中
FW 11 野辺 滉生 3年 神村中

------野辺--寺田------
---永吉--濱屋---下川床
---------大迫---------
軸丸--稲田--成富--中島
---------吉山---------




神村の布陣は10永吉飛翔が内に絞っているので4-3-3にも見える。ただ、右サイドの13下川床勇斗がワイドに開いても2トップのどちらかが左サイドに開くわけでもなく、可変システム。

▽試合

神村は短い距離感の中でショートパスを繋ぎ、そこに相手を引き付けて空いたスペースに展開する。中→外→中とリズム良く繋ぐ事で、れいめいは動かされる。

神村の左サイドは10永吉が中に絞っているので、空いたスペースは左サイドバックの8軸丸広大を使う。このスペースは8軸丸がオーバーラップするために空けているのだろうか?

6分、神村はコーナーキックのクリアボールを拾いゴール前へ送る。13下川床のシュートが決まり先制。

れいめい 0-1 神村

れいめいは神村のパス回しに対し、後手を踏む。マイボールになる位置が低いため、長いボールを蹴るだけしか出来ない。

そんな中でも11渡邉翼のカットイン等、光るプレーも見せる。

神村は29分、中でダイレクトで繋ぎ、ゴール前でフリーの13下川床が決めて2-0とする。

れいめい 0-2 神村

35分、れいめいは早くも交代。
25前村海空→20永吉健志朗。布陣がこうなる。

------渡邉--濱田------
中間--松﨑--新塘--永吉
脇田--岡留--宮元--平木
---------足立---------

37分、神村は10永吉飛翔が中央からドリブルで突破してシュート。これが決まり3点目。

れいめい 0-3 神村

更に40分、神村はゴール前でクリアされたボールを14濱屋悠哉がダイレクト。

れいめい 0-4 神村

前半4-0で神村が大量リード。れいめい、守備では頑張っていたが神村に動かされる。

後半、れいめいは選手交代。
6中間悠理→8平川友啓。左サイドハーフに入る。

49分、神村は選手交代。
4大迫魁士→21山田泰輔

52分、れいめいはキャプテンの3宮元が負傷退場。15井手颯太郎を投入。

55分、神村は最終ラインでビルドアップミス。GK吉山太陽がバックパスを受けた際にトラップを弾ませる。それを拾った11渡邉が9濱田智也へ。9濱田のシュートが決まり、1点返す。

れいめい 1-4 神村

56分、れいめいは高い位置でボールを奪い、左へ。4脇田賢佑がシュート。これはGK吉山がセーブ。

62分、れいめい、ゴールに近い所でフリーキックを得ると、10松﨑元哉が直接決める。

れいめい 2-4 神村

この時間帯、神村はビルドアップミスが目立ち、少し浮き出しだっていた。そこを突いて2点を決めたれいめい。

ただ、前半から動かされて疲労もあったのか、寄せ切れないというシーンも多く、また、奪った後にすぐ縦パスを出して引っかけるシーンも目立つ。ここで運ぶドリブルを織り交ぜれば違ったのだろうけど。

走り切る事が出来ていたら3点目もあり得たと思う。

れいめいは中盤の10松﨑やサイドの11渡邉等、タレントは悪くないので、「ボールを動かす」という選択肢があっても良かったかな。「前に蹴る」が多い。

長いボールはどうしても正確さを欠くので、そういったボールばかりだと繋がりがなくなる。

例えば、GKがボールを持った時もそうだけど、れいめいはラインを上げる。ここの切り替えは良かったのだけど、神村も長いボールを蹴る事が分かっているからすぐに戻る。この時に近くの味方に出せばドリブルで前に運べたし、それにより、攻撃に枚数を置ける可能性もあったように思う。

神村も戻り切っているので、GKからの展開は大抵遅れていた。6秒取られてもおかしくなかった。

69分、神村は12寺田がペナルティエリアやや外から1人振り切ってシュート。

れいめい 2-5 神村

80分、れいめいは10松﨑のスルーパスに抜け出した11渡邉がループ。これはクロスバーに阻まれる。

得点もさることながら、れいめいは前半と比較してもチャンスは作れていたし、球際を強く行けるようになっていた。ただ、上述でも書いたが、前半から主導権を握られる展開で動かされたので、運動量が落ち、走り切れてない一目も覗く。

試合は神村が5得点奪い、勝利。決勝戦進出。敗れたれいめいも頑張った。

■高校サッカー選手権鹿児島県大会準決勝

れいめい高校 2 (0-4,2-1) 5 神村学園高等部
※40分ハーフ

得点者;
【れ】 9濱田智也(55分)、10松﨑元哉(62分)
【神】 13下川床勇斗(6分、29分)、10永吉飛翔(37分)、14濱屋悠哉(40分)、12寺田聡(69分)

日時: 2019年11月2日(土)
会場: OSAKO YUYA stadium



MOM: MF 13 下川床 勇斗 神村学園高等部



序盤の先制ゴールとその後の追加点、これで後の展開を楽にさせる事が出来た(と思う)































人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター