NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

ヴォルカのチームカラーに物申したかったけど、どうでもよくなった件

ちょっと前の話。とあるツィートを見かけましてね。



この写真を拝見してまず最初に思ったのはチームカラーが逆という事でした。

その後、改めて気付きます。ヴォルカ鹿児島のチームカラーは赤ではなく黒だという事を。

チームカラーが黒の由来は、「鹿児島には、黒豚・黒毛和牛・黒酢・黒砂糖・焼酎(黒麹)・アマミノクロウサギなど「黒」を特色とした特産物が数多くあること。さらには黒色が持つ「力強さ・団結」がチームの掲げる一体感にマッチする」との事で黒なんです。

ただ、黒は審判のウェアと重なるので、別の色を代用していただけなんです。ちなみに、ヴォルカ最後のシーズンとなった2013年の1stユニは限りなく黒に近いグレーでした。その際、ホームゲームでは審判団に違う色のウェアを着てもらってました。まあ、全社や地域決勝ではダメだったみたいで2ndユニの赤しか着用しなかったんだけど。

で、1stユニを赤にしていた時も、赤を基調とする中で黒を散りばめたデザインだったので、試合では使えないけど、あくまでチームカラーは黒と主張していたかのようでした。

しかし、月日が経った今、ある疑問が浮かびました。そもそもチームカラーを黒に変えたのは誰なのかという事に。2002年のユニフォームはオレンジだったんですよ。

そして思いだしました。2003年からであの時、クラブに誰がいたのかも。

そうです。あの男がいたのです。加入と同時に災いをもたらすキングボンビーみたいなあの男が。

って考えると縁起が悪いので、ヴォルカのチームカラー、赤でいいです。そして、歴史を捏造するためにも、Wikipediaのクラブカラーの項目も書き換えてしまおう←



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。


関連記事
スポンサーサイト

キジェ監督のパワハラ疑惑に関する私見

事実関係が分からないので、キジェ監督がどうこうというのを語るつもりではなく、この件でやっかいに感じるのは、こうして報道が出た以上、事実関係がはっきりしない段階で監督がクロだという前提でモノを語る層が出てしまうという事。

さっき見てたニュースでも、地元市民へのインタビューとして「こういうのは良くないと思う」と答えてた人がいたけど、まだ今の段階ではシロかクロかはっきりしていないわけで、ならば外野も言葉を選ぶ必要性を感じるのです。

例えば、傍から見ればパワハラに見えても、当事者はさして気にしていないという事もあるわけで、それだと当事者達はプロとしてやっていくために必要だと感じてても外野が勝手に騒げば、それはノイズにも感じるだろうし。

難しいよね。選手やスタッフの自尊心を傷つけるような事をすれば当然アウトだし、一方で育成年代の指導等で怒鳴る指導を問題視する傾向もある中、それでも上を目指している子達は厳しく要求をするし、指導者も同様。プロだと喧嘩じゃないかと感じるくらい激しく言い合うのも見た事がある。ジュビロにいた頃のドゥンガなんてネタになるレベルで厳しかったし。

この件は競技者として高みを目指していた者でないと分からない世界でもあるので、自分は事実関係がはっきりするまで静観するしか出来ない。

個人的には、どのスポーツでもいいので強豪校等で厳しい練習を経験した人の見解を聞いてみたいところです。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

国体のメンバーが発表される

昨日、九州国体のメンバーが載ったパンフがウェブ上でUPされた。そのサイトがこちら



Twitterでスクショしたものを貼っておきます。

成年男子のメンバーは
GK 1 平田 皓太郎★ 鹿屋体大4年/新宮高
DF 2 綿引 康★ 鹿屋体大4年/前橋育英高
DF 3 濱口 功聖★ 鹿屋体大3年/アビスパ福岡U-18
DF 4 坂口 祥尉 鹿屋体大2年/FC東京U-18
DF 5 奥田 雄大★※ 鹿屋体大4年/徳島市立高
DF 6 宮嵜 海斗 鹿屋体大1年/ロアッソ熊本ユース
MF 7 仙波 柊人★ 鹿屋体大4年/鹿児島実業高
MF 8 田中 大和 鹿屋体大4年/宮崎大宮
FW 9 根本 凌★ 鹿屋体大2年/上田西
FW 10 藤本 一輝★※ 鹿屋体大3年/藤枝明誠
FW 11 西村 光明※2 鹿屋体大4年/履正社
GK 12 安田 惟太郎 鹿屋体大3年/サガン鳥栖U-18
MF 13 久保 勇晴 鹿屋体大1年/サガン鳥栖U-18
MF 14 野嶽 寛也 鹿児島ユナイテッドFC
MF 15 小屋原 尚希 鹿屋体大2年/日大藤沢
MF 16 村川 大輔 NIFS KANOYA FC※鹿屋体大コーチ、監督兼任

★は前回大会のメンバー
※ 本国は怪我で辞退。
※2 2017年のメンバー

去年、一昨年は高専サッカー部の監督をしている北薗さんが監督だったが、今回は鹿屋体大の村川コーチが監督で選手兼任。

鹿屋体大がメインならば鹿屋体大からスタッフを出すのがベターな選択だろう。

メンバーは怪我等で変更の可能性もあるし、鹿児島ユナイテッドFCから選出の野嶽寛也は悪天候で中止になったFC岐阜戦ではスタメン予定だった。九州国体までのリーグ戦で試合に絡むようだと、メンバー変更して国体には帯同しない可能性もある。一昨年はそれで川森有真(アスルクラロ沼津にレンタル中)が国体メンバーから外れた。

メンバーに関しては、最大2試合の35分ハーフとはいえ、バランスの取れた構成に感じる。

鹿屋体大は井上さんが監督だった頃から、複数のポジションを経験させてマルチな選手を育てる傾向があり、鹿屋体大がリーグ戦で戦っているシステムだと仮定すれば、複数のポジションをこなせる選手も多く、昨年の福岡戦みたく、スクランブルにはならないだろう。

初戦の相手の福岡県選抜は福岡大の単独ながら、レギュラーメンバーが不在。これは毎年の傾向で、国体に派遣される福大の選手の多くは主力クラスではない。

ちなみに福岡の監督が福嶋洋から高橋大輔に代わっている。

他県の選抜では宮崎に元鹿児島ユナイテッドFCの内薗大貴の名前も。ここは県外出身選手は、宮崎在住歴が2年以上ある選手を選んでいる印象がある。宮崎で個人的に残念なのは監督が俺たちの笛さんじゃなくなっている事かな←

少年男子では鹿児島ユナイテッドFC U-18の吉村耕一が選ばれている。監督は引き続き大久保さん。

少年男子は、神村中から大迫塁、福田師王、重富中から笠置潤と3名の中学生が選ばれている。大迫塁はU-15日本代表で福田師王、笠置潤もナショナルトレセンの常連。来年の鹿児島国体を見据えた選出か。

少年男子では長崎選抜に重工のレジェンド安部さんのご子息が選ばれている。

そして、少年男子は福岡・佐賀・熊本が同じグループとなっている。これまたハード。

鹿児島のグループは大分・宮崎・沖縄。1年ごとにメンバーが変わる少年男子はまったく読めない。

女子に関しては門外漢なのでノーコメントで。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

鹿屋体育大・奥田雄大、徳島ヴォルティスへ

鹿屋体育大のキャプテン、奥田雄大の来シーズンの徳島ヴォルティスへの加入内定がリリースされた。(公式)

DF 奥田 雄大 おくだ ゆうだい
■生年月日: 1997年5月1日(22歳)
■出身地: 徳島県 小松島市
■身長/体重: 181cm/72kg
■ポジション: センターバック
■サッカー歴: 徳島ヴォルティスジュニア→徳島ヴォルティスジュニアユース→徳島市立高校→鹿屋体育大学
■備考: デンソーチャレンジカップ九州大学選抜(2017年)、鹿児島県国体成年男子選抜(2017年~2019年)



冷静沈着にプレーし、エアバトルに強さを発揮するセンターバック。セットプレーではターゲットにもなり、得点も重ねている。

また、裏を取られた後に相手に追いつけるスピードも併せ持つ。

小・中と徳島ヴォルティスのアカデミーで研鑽を積み、高校・大学を経由してヴォルティスでプレーする。素敵やん。

ちなみに、高校時代は特進クラスで文武両道だったようです。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

vsモンスター霧島 【チェストリーグ1部】

クラ選(九州大会)があったので中断していたチェストリーグが先週15日に再開。個人的にも久しぶりに行けた。今回はU-15鹿児島。

本日の相手がモンスター霧島だったが、最後にU-15鹿児島の試合を観た時の相手もモンスター霧島でチェストリーグだった。

あの当時は精彩を欠く試合が多かったが、あの後、F.Cuoreに勝利したり、九州大会でも全国こそ逃すも、インターシティカップの出場権を獲得する等、勝ち試合を数試合こなしていた。県大会レベルはともかく、九州大会で内容悪くて勝つ試合が続くとは考えにくい。調子が戻ったを視るべきか。

そういう所も視れる興味深い一戦でもある。

■出場メンバー
GK 1 笹山 琉暢 3年
DF 3 喜多 龍斗 3年
→交代 74分 24 東 修哉 2年
DF 4 坂本 一慎■25分 3年
DF 13 佐藤 勇盛 3年
→交代 74分 22 薗田 尚大 2年
DF 7 森田 友翔 3年
MF 5 今村 優和 3年
→交代 74分 15 中村 隼也 2年
MF 18 小島 凛士郎 2年
MF 10 武 星弥(CAP) 3年
MF 6 笹嶺 理仁 3年
→交代 69分 2 山下 望空 3年
FW 9 山中 雄大 3年
→交代 HT 19 有島 那音 2年
FW 11 山内 勘暉 3年
→交代 62分 20 立薗 雅也 2年

■SUB
GK 12 武 南海斗 2年
DF 23 上舞 輝 2年
MF 16 福迫 大和 2年
MF 17 小園 隼磨 2年

------山内--山中------
笹嶺--武星--小島-今村優
森田--佐藤--坂本--喜多
---------笹山---------




風下の前半は、モンスター霧島が序盤は攻め立てる。

これまでと違い、ボールを細かく繋いでくるスタイルで、少し面食らったような印象を受けた。「シンプルに縦へ」とならず、中盤で繋いだ事で裏への抜け出しが良くなり、10分には13番の選手がバックラインの背後を取り、GKと1対1へ。これはGK笹山琉暢がセーブ。

一方、U-15鹿児島はセントラルMFの10武星弥、18小島凛士郎と繋いで18小島凛士郎がスルーパス。これに反応した9山中雄大が決めて先制する。

ユナイテッド 1-0 モン霧

凡ミスも多く、パスに緩急がなくてリズムが作れない中でも先制する事ができた。

とはいえ、モンスター霧島も23分、GKのパントキックを1人経由して右サイドの裏へ抜け出す。13番の選手のシュートが決まり同点に。

ユナイテッド 1-1 モン霧

シュート自体は見事なものであったが、それまでの過程で気を抜いてたのは否めない。GKのパントはスライスがかかってミスキックだったので、そこで拾ってマイボールにするべきだったし、背後へのケアが甘かったし、シューターへの寄せも甘かった。柳崎前体制だったらもっとタイトに行っていたように思うし、こういう成功体験を掴んでいたプレーも監督が代わってなくなってしまうのはよろしくない。

ただ、この後、モン霧の攻撃が蹴るだけの裏狙いと単調なものになるので、守りという意味では大きな脅威はなかったように感じたが、U-15鹿児島がマイボールになった時の展開で凡ミスが多いし、狭い所でのパスが目立って攻撃の精度を落とす。

また、セントラルMFとFWの距離が開き、短いパスで繋いでという展開がやりにくくなっている。長いボールは風で精度が落ちる。

前半は1-1。凡ミスも多く、ハードワーク出来ていない。質の部分を視ると、距離感が悪いので無駄走りが多い。

後半、1人選手を交代。
9山中雄大→19有島那音。布陣がこう変わる。

---------山内---------
笹嶺-----有島---今村優
------武星--小島------
森田--佐藤--坂本--喜多
---------笹山---------

後半開始の並びではシステムは変えてないのかと思ったが、動き方を見る限りは4-2-3-1だった。そして、このシステム変更が功を奏す。

4-4-2の3ラインだった前半は、中盤と前線の間延びが原因で効果的なパスを入れる回数が少なかったが、トップ下に選手を置く事で、短いパスを繋ぐ時に、そこでワンクッションおける。

これでボールの回りが円滑になり、チームとしても強気にトライする姿勢も見えた。

後半6分、コーナーキックのこぼれ球を拾った5今村優和が突破を図り、エリア内で倒されPKを奪取。そのPKを10武星弥が決めて勝ち越す。

ユナイテッド 2-1 モン霧

後半11分、左サイドでスローインのリターンを受けた7森田友翔のクロスをファーサイドで5今村優和がダイレクトで合わしてダメ押し点を決める。

ユナイテッド 3-1 モン霧

この時間帯、19有島那音を起点にサイドを使って相手を引き付け、逆サイドをフリーにする動きや、サイドバックの攻撃参加を促す事が出来、厚みのある攻撃が出来ていた。

また、高い位置で積極的にプレスをかけ、良い形でのボール奪取も目立つ。

一方で、前線のプレスをかわされると、ボランチの所で止めきれていないのは気になった。リズムが良いとボランチで止めきれなくとも、DFラインでは止めていたが、やはり、高い位置まで行かれるとリスクも伴う。

後半15分、モン霧は左サイドの角度のない所からインスイングしたボールがGKの頭上を越え、サイドネットに突き刺さる。

ユナイテッド 3-2 モン霧

これはちょっと前のJリーグ、鹿島アントラーズ×ジュビロ磐田のゲームで鹿島の小池裕太が決めたシュートに似てる。GKのミスというのは酷だが、準備の質を高めれば防げた可能性のある失点でもある。

せっかく良い流れだったのに、これで流れが変わってしまうのか、そんな嫌な予感もしたが、後半20分、左サイドで6笹嶺理仁の折り返しを受けた10武星弥がドリブルでエリア内に侵入。シュート性のボールをゴール前に送り、11山内勘暉が触り、再び突き放す。

ユナイテッド 4-2 モン霧

その後、給水タイムを経て後半22分に選手交代。
11山内勘暉→20立薗雅也。トップ下に入り、19有島那音がトップへ。

後半29分にも再び選手交代。
6笹嶺理仁→2山下望空。そのまま左サイドハーフに入る。

選手交代直後のコーナーキック、10武星弥の蹴ったボールが風に乗って直接入る。

ユナイテッド 5-2 モン霧

モン霧は長いボールを送る機会が増えるが、風下なのでボールが伸びない。前からプレスをかけて精度を落とし、セカンドボールを拾ってサイドから展開していく。

後半34分に3枚替え。
3喜多龍斗→24東修哉。そのまま右サイドバックに。
13佐藤勇盛→22薗田尚大。そのままセンターバックに。
5今村優和→15中村隼也。そのまま右サイドハーフに入る。

点差が開いてる事で2年生組も過去の試合と比べてもリラックスしてゲームに入れているようだった。

特に15中村隼也は高い位置でボールを奪い、ラストパスを供給する動きが良い。

後半38分、15中村隼也が高い位置でボールを奪い、20立薗雅也へ。20立薗はダイレクトで縦に送り、DFラインの裏へ抜け出した19有島那音のシュートが決まる。

ユナイテッド 6-2 モン霧

更にその1分後、20立薗雅也が縦に抜け出し、タメを作って左へ。フリーの2山下望空が押し込む。

ユナイテッド 7-2 モン霧

アディショナルタイムも最後まで攻撃的に行く姿勢を崩さなかったU-15鹿児島が大量得点差で勝利する事が出来た。

■高円宮杯 U-15 サッカーリーグ 鹿児島県チェストリーグ1部
鹿児島ユナイテッドFC U-15 7 (1-1,6-1) 2 モンスター霧島
※40分ハーフ

得点;
【KUFC】 9山中雄大(17分)、10武星弥(46分@PK、69分@CK)、5今村優和(51分)、11山内勘暉(60分)、19有島那音(78分)、2山下望空(79分)
【MKSC】 23分、55分

日時: 2019年7月20日(土)
会場: 姶良フットボールセンター
満足度: ★★★★☆



リーグ戦で4点以上取った試合はこれが初。現体制になって公式戦では2試合目。他のチームと比べ、得点力が足りなかったが、これをきっかけに得点力が上がってくれればよいが。

この試合のポイントは2つあった。

1つは、機能していたとは言い難い4-4-2システムを後半、4-2-3-1に変えた事。これでトップ下を置いたことで短いパスでの打開が出来るようになった。

もう1つは、2失点目を喫し、1点差にされた後の4点目。相手の心を折るには時間帯も含め、良い点の取り方をした。

また、終盤の2得点は途中投入組の動きがもたらしたもの。

名将の采配が光る。

MOM: FW 19 有島 那音 鹿児島ユナイテッドFC U-15



後半から投入。トップ下の位置でボールに絡む事でリズムを生み、後半のゴールラッシュを陰ながら支える。前からのプレスも良く、自身も1ゴールあげる。



























人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事
最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター