NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

宇野薫、戴冠ならず…

本日、プロフェッショナル修斗公式戦「MOBSTYLES Presents FIGHT & MOSH」が行われ、メインイベントではフェザー級タイトルマッチ、「斎藤 裕×宇野 薫」が行われた。

宇野薫、MMA創世記から支えるレジェンドファイターで御年41歳。修斗のタイトルに挑むのは17年ぶり。

気になるその結果は…。

○斎藤 裕 (5R判定3-0) 宇野 薫
※50-44、50-45、50-45
斎藤が防衛に成功



1R
回りながら距離を詰める宇野。静かな立ち上がり。
1分、宇野がタックルへ。テイクダウン。すぐに起き上がる斎藤。組み付いた状態でお互いがコツコツ当てる。
2分、差し合いから斎藤が払う形となって上に。こつこつ当てる斎藤に対し、下から十字を狙う宇野。
静かな展開。

2R
宇野が組み付きに行くが払いのけて上に。上から鉄槌、肘を入れていく。パウンドで攻める斎藤。
宇野、立ち上がろうとするもガブる。
宇野、立ち上がり、タックルを狙うが、斎藤がパワーで上になる。バックに回る斎藤。立ち上がり、差し合いに。
2分半、斎藤テイクダウン。コツコツと削りに行く斎藤。
4分頃、立ち上がり一旦離れる、すぐに組み付く。1分を切ってからスタンド→組み付く。なかなかテイクダウンさせてもらえない宇野。

終始トップをキープできる斎藤だが、そこから決め手を欠く。

3R
首相撲から膝を入れる斎藤、宇野効いた?
少し頭が落ちる、そこから斎藤上に。バックに回る斎藤。斎藤の片足を掴む宇野だがすぐに離れて下に引き込む。斎藤はコツコツ削りにかかる。
2分過ぎ、立ち上がり、差し合いから膝。投げてサイドを取る。スタンドに戻り膝を入れる斎藤、倒しに行く宇野。上になるのは斎藤。斎藤、バックからコツコツ削る。トップキープから鉄槌を落す斎藤。しかし、宇野が凌ぐ。

斎藤、堅実な試合運びだが、盛り上がりに欠ける内容。

4R
斎藤、差し合いから膝を入れてテイクダウン成功。ハーフガード。バックからコツコツとパンチを当てる。
一度立ち上がるが、膝を入れる斎藤→またトップキープ。膝を当てる斎藤。
宇野は疲れたか?
潰して上になる斎藤。冷静にパンチを当てていく斎藤。バックを取った斎藤だが、逆に宇野がバックに回る。しかし、斎藤がサイドを取る。トップをキープする斎藤。宇野は下から十字を狙う。終了間際に斎藤のパウンドがヒットする

5R
組み付いて膝を入れ、ケージ際に押し込んでテイクダウンする斎藤、立ち上がり→バックから膝を当てる。
宇野、バックからチョークを狙うが極まらず。斎藤がバックに。組んで膝を入れる斎藤。タックルにいく宇野、斎藤は画ぶる。斎藤、トップキープからパウンド、鉄槌。サイドからバックへ回る斎藤。宇野のボディへ膝を入れる斎藤。効いてきたか。斎藤はパウンドのラッシュ。
最後はトップから肘を当てる。ここでホーン。


手堅い試合だったが、終始、試合をコントロールした斎藤の勝利。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

関連記事
スポンサーサイト

RIZIN中継から見る運営の思惑

先週のRIZINについて。

スカパーを持っていないので、地上波中継を見たわけだが、堀口×元谷、那須川天心の試合以外は女子で後はダイジェスト。

メインの川尻×バーチャックもダイジェスト。アミール・アリアックバリ×ジェロニモ・ドス・サントスはダイジェストすらなし。

女子を売り出したいのだろうが、ただ、男子が盛り上がりに欠ける部分も否めないか。

KINGレイナは体重差のある相手にグラウンドで圧倒。スタンドの打撃では所々被弾しているのが気になったが、今後どう売り出すのか。

ギャビ・ガルシアはもっと体重差がある。しかし、ギャビの相手はなかなかいない。結局、KINGレイナ×ギャビ・ガルシアにたどり着くのだろうか。

1Rでリアネイキッドチョークで快勝した石岡はRENA戦をアピール。そのRENAは過去に当たった相手の中ではMMAの経験値やサブミッションの強さのある相手に腕を極められかかったが、そこを凌ぐとKO勝ち。いや見事。

女子は-49kgのグランプリをするという事で、RENA×石岡のワンマッチはグランプリ優先で実現しなさそう。


UFCから復帰した堀口は元谷を圧倒。さすが元UFCランカーでタイトルマッチを経験した選手だと思わせる。

一方、那須川天心、相手はMMAデビュー戦。どうもプロテクトされているようにしか見えない。

MMA3戦目の天心には見合った相手なのかもしれないが、こうも圧勝するとより経験のある相手との試合が見たい。というか、キックに専念ではダメなのだろうか。

ダイジェストで流された試合で気になったのは、矢地がダロン・クルックシャンクをKOした試合か。

元UFCファイターでRIZIN4戦目となるクルックシャンクは層の薄い中量級では強豪外国人として君臨してほしい思惑があったような気がする。

しかし、結果は年末に北岡に敗れ、今回、矢地に敗れて2連敗。RIZIN的にこれは痛い気がする。

RIZINは多団体から選手を派遣する形で成り立っているが、現役チャンピオンは出ない。出て負けでもしたらその団体の面子に関わるからな。

ROAD FCのライト級チャンピオン・クォン・アソルとかRIZINで見てみたいのだが。

バンダム級でのグランプリを開催するらしいが、堀口がこの階級で参戦するらしい。この階級なら所やアーセンも出れるし、DEEP、パンクラス等の王者の参加も期待したい。

課題は中量級と重量級か。

キング・モーが出れれば良い方。石井、試合から遠ざかっていたヒーリングが頼りでは盛り上がりに欠ける。

UFCを退団したファイターを獲得できればいいのだが、有力クラスはベラトールへ行く例が多いからそれも難しいか。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

関連記事

セカンドチーム所属選手の移籍先決定のお知らせ

活動終了と角野のトップ昇格をリリースしたので、もうセカンド絡みのリリースはしないと思っていた。(公式)

それだけセカンドの扱いに対してはフロントに疑問は持っているので。

角野、片野坂、中本、福崎、陸守の5人は既に把握済み。

新しい情報では黒木がデッツォーラ島根に復帰するのみ。

セカンドにはサッカー選手を目指して来た選手と、地元で働きながらサッカーをしている選手で混成されていた。

黒木は仕事を持っていると聞いたが、またこうして移籍して続けるのは意外だった。

まだ未定の選手も決まり次第リリースしてほしい所だ。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

関連記事

木村魁人、サウルコス福井への期限付移籍に思ふ

宮崎のサッカーについてネタを書いていた時期に木村魁人のサウルコス福井への期限付移籍がリリースされていた。(公式)

関東大学リーグ2部や北信越リーグでアシストを量産していたらしいが、開幕前のトレーニングマッチではアピール出来ていたとは言い難く、監督の構想に入っていたかは疑問だった。

左サイドバックで起用されていたが、左サイドバックは水本をコンバートし、丹羽を獲り、関がいて吉井もコンバートしている。

1st=丹羽
2nd=水本
3rd=関
4th=吉井
5th=木村

くらい序列が低かった。もしかしたら田上よりも下かもしれない。

この状況で残っても試合に絡める可能性は低い。

まだ4月で加入したばかりの選手をこういう形で放出するのは、獲得の経緯も含めてどうかと思うが、これまでの記録を見る限り、選手は3つの層に分かれていると感じる。

【A】スタメン濃厚の不動のレギュラー
【B】A層の選手に怪我人が出たら出番はあるが基本的にサブに回る
【C】サブにすら入れない放出候補

木村は完全に【C】だった。

9日(日)の鹿児島県サッカー選手権(天皇杯予選)では、【C】層だと思ってた山田がスタメンだったのは意外だが、サブを含めた残りの19人は上記で言う【A】層と【B】層だった。
※寺田は【C】層ながら【B】に近い【C】層だと視ている。

また、山田の抜擢もアピールしたからと考えるのが普通なのだが、五領が怪我、ナ・ソンスが登録されていない関係で選ばれたのではないかと邪推してしまう。

なので、夏のウィンドウで【C】層の放出、新たな戦力補強をするのではないかと思っている。

さて、サウルコス福井の出戻る形となった木村について、Twitterの反応を見てみると、











Twitterの一部の反応を見る限りでは歓迎モードのようだ。

加入時、北信越リーグではレベルが抜けてたという話を聞いたので、その選手の復帰は福井にとってはプラスなのだろう。

DF陣は高齢化しているので、片道にならず将来の戦力として鍛え上げないといけいないのだが、まだこのチームに若手を育てる力はないのだろうか。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

関連記事

あとがき

昨日書いた記事は、この拙ブログにしては中々の反響を生んだと思っている。

facebookで「いいね」された数は平常通りだったが、twitterでのRTやいいねの数は自分のツィートにしてはかなりの数となった。



同記事の最後を「絶対的な熱量が足りてない。」で締めた。

実際に感じた事ではあるが、これは少しだけ挑発の意味も含んでいる。

「知った風な事言うな」「お前に何が分かる?」「他サポが口出しするな」等の反応も覚悟していたのだが、特にない。しかし、両クラブのサポーターはどう感じたのか気になる所。

その中で、おそらく記事に反応したであろうツィートを紹介したい。



ヴォルカ鹿児島の時の話になるが、ヴォルカは土のグラウンドで練習する事も少なくなかった。

現鹿児島ユナイテッドFCの井上渉は2013年にヴォルカに加入した。今まで芝のグラウンドで練習するのが当たり前だった同選手は、土のグラウンドに慣れず、足を痛めて開幕から3戦欠場していた。

あのシーズンは渉のチームだったと個人的には思っているのだが、地域リーグの環境はJリーグよりも劣るため、上のカテゴリーでの実績が地域リーグでの活躍を保証するものではない。

渉は主軸になれたから良かったものの、怪我を繰り返して活躍できなかった可能性だってあった。



久しぶりにコミュサカタグを打ったからなのか、宮崎の2クラブへの関心の高さなのか、今までRTやいいねをされた事ない方からもされていたので、そのアカウントを辿っていると、テゲと打っているツィートも見かけた。

ヴォルカをヴォルと言われてたのを思い出したw

そして、一番興味深かったのが以下のツィート







高知の話ではあるが、こういう想いを見るといずれ実を結んでほしいと思うばかりだ。

高知といえは2009年、地域決勝で行った事があるのだが、春野行きのバスに乗り遅れてしまい、会場までタクシーで行ったのだが、春野の陸上競技場が見えた時、タクシーの運転手さんに、

「こんだけデカいハコがあってもそれを使うチームがないと勿体ないですよね?」

と、意地悪な質問をした。その時、運転手さんは、

「いや~もう少ししたらキャンプで使うから。」

と答えていた。高知は沖縄・宮崎・鹿児島と並び、キャンプ地のメッカでもある。

キャンプで使うだけで元が取れるのか疑問に感じていたが、キャンプに使ってもらえるだけで満足している印象を受けた。

もっとも、日本の場合、プロスポーツよりも学生スポーツ、特に高校野球への力の入れ様はオリンピックやワールドカップをも凌いでいると思う時もあるので、高知は高校野球が盛んなイメージがあり、プロスポーツというものにあまり関心がないのだろうと当時は思った。


最後に、宮崎の2クラブに関して書き損じた事が1つあり、その点についても少しだけ持論を述べたい。

J.FC MIYAZAKIと大淀学園(鵬翔高・産経大)の関係について。

発起人が鵬翔高校の監督だった松崎氏なので関係があるのは仕方がない事なのだが、一般的には鵬翔派閥のチームで他の高校出身の人が応援し辛いという旨の意見も聞いた事がある。

しかし、一からクラブを築くには、そういった力に頼るのは選択肢の一つで有りだと思う。

勿論、どこかで頭打ちになってしまうので、その時期が来た時に「円満に発展的解消が出来るか」が大事なのでないか。

V・ファーレン長崎も最初は小嶺氏が携わっていたように、最初は松崎氏に頼ってもいいだろう。喧嘩別れさえしなければ。

逆に日章学園のOBが1人いるだけで宮崎県出身選手が0のテゲバジャーロの方が心配になる。

選手の出身地はおまけみたいな物で、拘る必要はないと思うのだが、新興勢力は地元との結びつきは必要だし、それを分かりやすく見せるのが地元出身選手の存在だと思うので、産経大OBが0になった時点でテゲバジャーロの方が地元の選手にとっての受け皿としては弱い印象を抱く。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

関連記事
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

遠征費捻出の為の悪あがき
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~



03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

呟き

我らがスポンサー
QRコード

QR

ブロ友申請
検索

RSSリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カウンター