NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

vs F.Cuore 【チェストリーグ1部】

6/20の話。鹿実グラウンドにてチェストリーグ1部を観戦。

■スタメン
GK 21 桑鶴 樹 2年 FC ANJOY
DF 2 東 修哉 3年 KSC
DF 3 中村 琉雅 3年 東谷山SSS
DF 5 薗田 尚大(CAP) 3年 川辺SSS
DF 20 中村 隼也 3年 伊作SSS
MF 6 栗下 心暖明 2年 武岡SC
MF 7 松尾 奏志 2年 鹿児島ドラゴンFC
MF 11 禧久 雄真 3年 太陽SC
MF 9 有島 那音 3年 伊集院SSS
MF 13 松田 飛乃舞 3年 伊敷台SSS
FW 15 羽生 秀太 3年 リバティ吉野

■SUB
GK 1 山谷 壮良 3年 桜ヶ丘SSS
DF 4 福迫 大和 3年 武岡SC
DF 24 坂口 洋太 2年 ARATAKE FC
MF 8 立薗 雅也 3年 川辺SSS
FW 22 橋口 力也 2年 武岡SC

■交代
27分 11禧久→4福迫
49分 13松田→8立薗
60分 15羽生→11禧久

---------羽生---------
松田-----有島-----禧久
------松尾--栗下------
中村隼-薗田-中村琉-東
---------桑鶴---------





立ち上がりはお互い硬さを感じる中、先にその硬さがほぐれたのがF.Cuoreだったのかなと。

前半19分、F.Cuoreは右から逆サイドへ展開。サイドの裏を突くと、左サイドで受けた選手がカットインから1人振り切ってミドル。これが決まって先制。

ユナイテッド 0-1 F.Cuore

前半22分、F.Cuoreはコーナーキックの混戦を押し込み2点目。

ユナイテッド 0-2 F.Cuore

前半26分、ユナイテッドはバックラインでパスミスがあり、それを奪ったF.Cuoreはミドルを放ち、これが決まる。

ユナイテッド 0-3 F.Cuore

動きが良くなりつつあったタイミングでF.Cuoreは3点先取。一方でユナイテッドは硬さが取れぬまま失点を重ね、修正されぬまま前半を終える。

攻守が連動していなかったように思った。

マイボールの時も受け手が要求しないから出し所に苦慮していたように見えたし、オフ・ザ・ボールの動きが少ないからサイドを突いても、中への展開が上手く行かない。縦パスもタイミングが悪く、GKの守備範囲に行ってしまう。

F.CuoreのGKは前後のポジショニングが良く、DFラインの裏のケアが良かったので、背後を狙うにもワンクッション置かないと打開は難しい印象。

一方、後半になると、トップ下の9有島那音のところでタメが出来、サイドへの展開がスムーズになっていく。

裏一辺倒にならず、高い位置でタメが出来たので中・外の連携が良くなっていく。

後半15分、右サイドの裏へ抜けた15羽生秀太のクロスをゴール前で8立薗雅也が合わせて1点返す。

ユナイテッド 1-3 F.Cuore

後半24分、11禧久雄真が左サイドを突破し中へ送ると、ゴール前で8立薗雅也が右へ叩く。そのパスを受けた9有島那音のゴールで1点差とする。

ユナイテッド 2-3 F.Cuore

後半は良い崩しが出来ていたが、終盤は相手GKの好守やポストに嫌われて同点、逆転とはいかず敗れてしまった。

しかし、これまでは前半に失点を重ねると、そのまま最後までずるずる行っていたので、その展開にならなかった事は敗れた中でも良い部分だったと思う。

■高円宮杯 JFA U-15サッカーリーグ 鹿児島県チェストリーグ1部

鹿児島ユナイテッドFC 2 (0-3,2-0) 3 F.Cuore
※40分ハーフ

得点:
【ユ】 8立薗雅也(後半15分)、9有島那音(後半24分)
【F】 前半19分、前半22分、前半26分

日時: 2020年6月20日(土)
会場: 鹿児島実業高校





人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト



ロアッソ熊本戦が無観客試合で内心ホッとしている件

あれは4年前の6月だった。

島美人マン1号の結婚式へ向かう道中、Jリーグの話題となり、奴はこう言った。


「僕はねぇ、リーグ戦でザスパに勝ったらサポーター引退するって嫁に言ってるんですよ~」




私は、「そう遠くない未来に実現しそうじゃないですか?」と答えた。

ヴォルカ鹿児島のサポーターグループだった「LAVA鹿児島」は2003年に前田浩二さんが選手兼監督としてやってきた時期やそれ以前から応援していた古参サポが多く、2003年、地域決勝でザスパに敗れた事で小さくない因縁を感じているようだった。

特にこの写真の男のザスパへの因縁は強く、2010年に下関で行われた全国社会人サッカー選手権1回戦でカマタマーレ讃岐にフルボッコされた後、宿をキャンセルして一路福岡へ向かっていた。

その時に観戦したアビスパ福岡×ザスパ草津戦におけるアビスパの勝利にもザスパに対し、「お前らのせいでまだ九州リーグなんだ~」ともはや逆恨みな感じでアビスパの勝利を喜んだそうだ。

そして2018年4月7日、ついにその時を迎えた。

アウェイ・正田醤油スタジアムで行われたザスパクサツ群馬戦は2-0で勝利。私は試合終了後、奴に聞いてみた。


引退するんですか?


またそういう事を言うw
辞めないよー


まだロアッソ熊本が残ってるもん!!



まだロアッソ熊本が残ってるもん!!





まだロアッソ熊本

が残ってるもん!!





無観客試合で会心の勝利を収めたとしても、「現地で観てないから」として辞めない口実が出来るでしょう。

ロアッソ熊本はその前身のアルエット熊本、NTT熊本時代やブレイズ熊本等、九州リーグ時代から鎬を削ってきた相手。04年に小林でアルエット熊本に2-7で敗れたり、ロッソ熊本時代の05年には姶良でアウェイジャックされたりと歯痒い思いもしました。

因縁という意味ではザスパの比ではありません。



もしロアッソ戦で会心の勝利を現地で見届けようものなら……ヘベレケをした後に蒸発してしまうかもしれませんね。

まあ冗談はさておき、ホームでのロアッソ熊本戦は奴の目の前で会心の勝利を収めて欲しいですね!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

鹿屋体育大・藤本一輝、大分トリニータへ

昨日の話。鹿屋体育大学、藤本一輝の大分トリニータ内定と特別指定選手の承認がリリースされた。(公式)



藤本 一輝 ふじもと かずき
【ポジション】 FW
【出身地】 福岡県
【生年月日】 1998年7月29日(21歳)
【身長/体重】 179cm/71kg
【背番号】 33
【経歴】 油山カメリアーズ→サガン鳥栖U-15→藤枝明誠高校→鹿屋体育大学(在学中)
九州大学リーグ最優秀新人賞(2017)、デンソーチャレンジカップ九州大学選抜(2020)、鹿児島県国体成年男子選抜(2018・2019)



ドリブルが魅力のアタッカー。

緩急をつけたキレのあるドリブルで相手守備陣を切り裂いていく。

得点能力も高く、大学リーグ3年間で37得点を挙げる。

1年時から試合に出ており、当時からプロ入りの可能性を感じていた選手。

昨年の天皇杯でトリニータと対戦し、トリサポの期待値は高そう。

期待通りの活躍が出来ればと思う。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

福岡大・梅木翼、レノファ山口へ

5/28の話。福岡大・梅木翼のレノファ山口への加入内定および2020年の特別指定選手の承認がリリースされた。(公式)

FW 梅木 翼 うめき つばさ
生年月日: 1998年11月24日
身長/体重: 184cm/71kg
出身: 島根県
ポジション: センターフォワード
サッカー歴: 立正大淞南高校→福岡大学(在学中)
備考: デンソーチャレンジカップ九州大学選抜(2019年・2020年※中止)



高さ・強さを兼ね備えており、ヘディングで前線の基準点になるセンターフォワードの選手。

足下の技術も悪くない印象で、キープ力も高い。

福大のCFは高さを活かすだけでなく、足下も巧な万能型の選手が多いイメージ。

……ここ何年かはレノファからステップアップする選手も見られるので、新卒選手も「ここに行きたい」と思うのかな?



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

日本文理大サッカー部の公式twitterが面白い

新型コロナウィルスの影響で各種イベントを自粛せざるを得ない昨今、各公式が各々でアイデアを発信していく中、個人的に好きなのが九州大学1部を戦う日本文理大サッカー部。(@nbu_fc)



日本文理大サッカー部独自の目線で九州大学リーグを戦うライバルの要注意選手を紹介している。

























これまで紹介された選手達。

対戦相手として戦っている大学が発信している情報なのですごく面白いし、観戦できるようになった時に参考になるので欠かさずチェックしています。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター