NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

宮崎産業経営大学×福岡大学 【九州大学1部】

九州大学リーグを観に宮崎は綾町へ。

今回は勝点32で5位の宮崎産業経営大と勝点49で首位の福大との一戦。

■宮崎産業経営大学
▼出場メンバー
GK 1 塩満 貴大 4年 都城工業
DF 2 中村 健志(CAP) 4年 宮崎日大
DF 10 モア 徳彦 4年 オストロブスキー
DF 4 竹下 優介 4年 鵬翔
→交代 9分 3 峯 智士 3年 神村学園
DF 7 林田 袈裟生 4年 鵬翔
MF 16 前田 椋介 2年 宮崎日大
MF 14 山下 浩也 4年 鵬翔
MF 6 長谷川 雄志■86分 3年 鹿児島城西
MF 26 佐藤 鳳聖 3年 鹿児島実業
→交代 71分 18 中平 海 3年 鵬翔
FW 13 北村 知也 3年 鵬翔
FW 9 宇田津 力斗 4年 鵬翔
→交代 80分 24 河野 恵介 2年 都城

▼SUB
GK 27 濱崎 惇之介 2年 神村学園
DF 23 豊里 浩希 3年 北谷
DF 30 鈴木 健 1年 日章学園
MF 21 宮之原 透 3年 神村学園

-----宇田津--北村-----
佐藤-長谷川-山下--前田
林田--竹下--モア--中村
---------塩満---------




■福岡大学
▼出場メンバー
GK 1 永石 拓海 4年 高川学園
DF 6 青山 生 3年 筑陽学園
DF 3 菅田 真啓 2年 国見
DF 19 中田 永一 3年 四日市中央工業
DF 13 石田 晧大 3年 高川学園
MF 7 中村 太一 4年 興国
→交代 80分 42 梅木 翼 1年 立正大淞南
MF 4 三浦 秀弥 4年 九州国際大付属
MF 15 大熊 健太 2年 FC東京U-18
→交代 61分 44 小橋 直人 4年 高陽
FW 12 井上 健太 1年 立正大淞南
→交代 72分 26 花田 佳惟斗 2年 興国
FW 14 山下 敬大(CAP) 4年 九州国際大付属
FW 8 佐々木 亜門 4年 アビスパ福岡U-18
→交代 HT 10 梅田 魁人 2年 高川学園

▼SUB
GK 16 真木 晃平 1年 大分トリニータU-18
DF 46 山部 巧磨 4年 東海大付属第五
FW 23 大坪 凌 4年 作陽

---佐々木-------井上----
----------山下----------
---大熊---三浦---中村---
石田---中田---菅田---青山
----------永石----------




福大は4-3-3だが、14山下は前線で張らず、トップ下に近い位置取り。偽のセンターフォワードという感じ。

▼試合

まず福大は前線に長いボールを執拗に入れる。

この攻撃に対し、産経はクリアする事が精一杯。

体格に恵まれた選手が多い福大と攻撃陣が小柄な産経。

産経はクリアボールに対し、制空権を握れないので、序盤の主導権を握る事が出来なかった。

産経は序盤でアクシデント。

センターバックの4竹下が負傷交代。代わりに3峯を投入する事に。

19分、福大先制。

左サイドからのコーナーキックをファーサイドで折り返した所を産経の選手のクリアミスでオウンゴールを誘発。

産経 0-1 福岡

福大は長いボールを入れる事が多いが、その中でもボールを動かし、サイド攻撃や中央で14山下敬が起点となった攻撃を仕掛ける。

一方で産経はマイボールになった時にバックラインからのビルドアップでセンターバックがワイドに広がり、サイドバックの押し上げを図る。

最初は噛み合っていなかったが、徐々にサイドハーフとの連携が取れ、敵陣深くまで侵入できるようになった。

35分、産経はビッグチャンス。

コーナーキックのセカンドボールを16前田がシュート。コースは完璧だったが、これはGK永石がファインセーブ。

シュートの精度も良かったが、大柄な体躯の永石のダイビングも見事。

前半は1-0で福大がリード。

後半、福大は1人選手を代える。
8佐々木→10梅田魁人。そのまま左ウィングに入る。

前半からパスを回す事で機を伺っていた産経のスタイルは後半になって徐々に真価を発揮し始める。

前線のハードワークでサイドの裏を何度も突き、クロスを上げる。

福大守備陣はこの攻撃に対し、ゴール前に蓋をして何とか凌ぐ。

51分に産経はビッグチャンスを作る。

福大が自陣でバタバタし、クリアが弱い。そのクリアボールを16前田がダイレクトで狙う。

GK永石は前に飛び出しており、ゴールは無人だったがバーに嫌われた。

55分、産経同点に。

テンポ良くパスを回し、ミドルレンジで受けた6長谷川のシュートが決まった。

産経 1-1 福岡

福大はサイドへ預けてそこから仕掛けてクロスを上げる攻撃を狙うが、産経守備陣がここは踏ん張ってシュートを許さない。

14山下敬がターゲットマンになってはいたが、上記でも書いたが、前線で張らずにトップ下のように振舞うので、クロスを上げてもアタッキングサードでターゲットがいない。

逆に産経は攻守の切り替えが良くなり、何度もカウンターからチャンスを作った。

このチャンスは尽く福大GK永石に防がれる。

GK永石、190cmと長身ながら、下のコースに打たれたシュートに対しても安易に足で行かずに手で防いでいる。

プレジャンプが小さいので、シュートの瞬間も素早く体を下のコースへ対応出来るように移動させている。

61分、福大は2枚目の交代。
15大熊→44小橋直人。そのまま左のインサイドハーフに入る。

福大は産経に圧されている事もあり、シュートを打てていない。

サイドの深い所までは運べるのだが、産経守備陣との1対1で優勢になれていない。

産経・左サイドバックの7林田は攻守に渡って1対1の強さを見せつけた。

71分、産経は2枚目の交代。
26佐藤→18中平海。そのまま左サイドハーフに入る。

一方、福大は12井上に代えて26花田佳惟斗を投入。そのまま右ウィングに入る。

終盤は縦に速い福大とカウンターで応戦する産経という構図に。

13北村は相変わらずのハードワークぶり。

6長谷川も正確なキックでサイドへ巧く散らす。

ただし、そこに立ちはだかる福大のGK永石。

福大はバックラインでビルドアップをしないのか出来ないのか、いずれにせよ、産経に圧されて福大のラインは深くなる。

しかし、ハードワークと機動力が売りの産経攻撃陣にとって、福大のラインが深いのがメリットとなるのか、体格差もあり、シュートコースは狭い。

80分、共に選手交代。

産経は9宇田津→24河野恵介。
長身の24河野を投入する事でパワープレーに入る。

福大も長身FWの42梅木翼を投入。
こちらもパワープレーを意識。布陣が変わる。

------梅木----花田------
----------梅田----------
---小橋---三浦---山下---
石田---中田---菅田---青山
----------永石----------

10梅田をトップ下に置き、26花田をウィングから中へ配置換え。

福大は42梅木目掛けてシンプルに放り込むが、産経はパスを回してサイドから前線に放り込む。

アディショナルタイムの91分、26花田のスルーパスに4三浦が抜け出しシュート。これはGK塩満がファインセーブ。

これが入っていれば勝負は決まっていただろう。

低い位置でバランス取りをしていた4三浦の攻撃参加は意表を突く形にもなった。

試合は1-1で終了。

福大はこれで勝点50。2位の鹿屋体大も今節は勝利して勝点を47に伸ばし、最終節の結果で勝点が並ぶ可能性はあるものの、福大のフェイスブックによると、今節で優勝との事。

得失点差よりも直接対決での成績を優先という事だろう。

■九州大学リーグ第21節
宮崎産業経営大学 1 (0-1,1-0) 1 福岡大学

得点者;
【産経】 6長谷川雄志(55分)
【福岡】 オウンゴール(19分)

日時: 2017年11月19日(日)
会場: 綾町小田爪多目的広場
満足度: ★★★☆☆



福大は無事優勝を決めたが後半は産経のペースで多くのピンチを招いた。

GK永石のファインセーブがなければ敗れていただろう。

シンプルに蹴るサッカーをするので、体格に恵まれている選手が重宝される傾向にあるが、このサッカーはプロに入れるレベルのFWがいて初めて成り立つサッカーに思う。

かつての永井謙佑や山崎凌吾といったプロに入るレベルのFWと比較すると今のFW陣は落ちる印象。

九州全体に言える事だが、ここ何年かはJ2以上でやれそうなFWがいない気がする。

産経は今年もインカレに出る事が出来なかった。(期待していたのだが)

やっているサッカーが悪いとは思えないが、どうもムラがあった。

上位陣と良い勝負をしても下位勢に取りこぼしがあった。

攻撃陣の多くは来年も残るが、全員4年生だったDF、GKがどうなるか。

MOM: GK 1 永石 拓海 福岡大学



多くの決定機をファインセーブで防いだ。特に前半に見せたセービングは190cmあるとは思えないダイナミックなセービングだった。

























人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

vs甲南高校 【高円宮杯県トップリーグ3部上位】

U-18のトップリーグを観に鹿実グラウンドへ。

今回の相手は甲南。10/22に開催予定だったが台風で順延になった試合。

公式戦が約1ヶ月空いた中での一戦だが果たして。

■鹿児島ユナイテッドFC U-18
GK 1 山之内 幹 3年
→交代 59分 12 山元 虹稀 2年
DF 23 甲斐 裕也 1年
DF 3 瀬戸口 悠人 3年
DF 5 神野 亮太 1年
DF 2 趙 宰賢(チョ・ジェヒョン) 3年
→交代 32分 4 田中 廉人 1年
MF 6 本田 陽司(CAP) 3年
MF 13 野嶽 寛也 2年
MF 14 橋野 拓海 2年
→交代 52分 20 大竹 悠策 2年
MF 17 吉岡 将輝 1年
MF 10 藤田 翔輝 3年
FW 7 曺 亭仁(チョ・ヒョンイン) 3年

----------亭仁----------
藤田------吉岡------橋野
------野嶽-----本田-----
宰賢--神野--瀬戸口--甲斐
---------山之内---------




立ち上がりは甲南がシンプルに縦を使ってくるが、U-18の守備陣のチャレンジ&カバーも良く、崩された攻撃はない。

一方でU-18はマイボールにしてからは悪いピッチコンディションの中でもパスをしっかりと回し、機を伺う。

ビルドアップミスも多く、不用意なロストも目立ったが、その後のカバーリングは良く、ピンチこそなかったが、雨上がりで凸凹になっているピッチでのショートパスはボールを弾ませてしまう。

開始4分、U-18先制。

左サイドからのコーナーキックを3瀬戸口が競ってファーサイドで14橋野が押し込んだ。

甲南 0-1 U-18

その1分後には左サイドからの縦パスに抜け出した7亭仁のシュートが決まる。

甲南 0-2 U-18

10分以内で2ゴールと幸先の良いスタート。

13分には同じく左サイドの裏へ抜けた7亭仁のシュートが決まった。

甲南 0-3 U-18

早い時間帯に3点差がついたが、24分、ペナルティlエリア内でハンドを取られPKを献上。

そのPKを甲南の10番の選手に決められて1点を返される。

甲南 1-3 U-18

U-18はボランチで起用された6本田の動きが良い。

ボールを持ってからの判断や捌くときのクイックネスが良く、トップチームに時々帯同しているだけあり、そこは意識しているように感じた。

この6本田をボランチに置く事で切り替えがスムーズになり、テンポ良くサイドへ展開する。

32分、U-18はアクシデント。

2宰賢が負傷交代。4田中廉人を投入。そのまま左サイドバックへ入る。

前半は3-1でリード。

後半は開始5分に6本田のスルーパスに抜け出した7亭仁のシュートが決まる良い入り。

甲南 1-4 U-18

しかし、相変わらずビルドアップミスが多く、自陣で悪い奪われ方をしてピンチを招く。

また、攻撃に関しては、しっかりとボールを大事にしてサイドへ展開が多く見られるが、サイドの局面で無謀な仕掛けも目立ち、そこでのロストも目に付く。

52分、U-18は2枚目の交代。
14橋野→20大竹悠策。

布陣がこう変わる。

------亭仁---藤田-------
大竹--野嶽---本田---吉岡
田中--神野--瀬戸口--甲斐
---------山之内---------

システムを4-4-2に変える。

また、57分には選手の配置の変更も。

------亭仁----藤田------
大竹------本田------田中
----------野嶽----------
吉岡--神野--瀬戸口--甲斐
---------山之内---------

左利きの17吉岡を左サイドバックへ移し、4田中を右サイドへ。

この4田中は6本田と頻繁にポジションを入れ替えていた。

13野嶽が1歩引いたポジショニングだったので、中盤がダイヤモンドになっていた。

59分にはGKを交代。
1山之内→12山元虹稀。

60分、U-18追加点。

右サイドに流れた6本田のクロスを7亭仁が合わせた。

甲南 1-5 U-18

U-18はボールをリズム良く繋ぎ、サイドからの崩しから多くの決定機を作った。

大量得点差になっているが、もっと決めるべきシュートもあり、「それ外す?」というレベルのシュートもあった。

差が開いた分、どこか緩さも感じる。

73分、U-18追加点。

フリーキックがゴール前の7亭仁の下へ。7亭仁がDFを1人かわして叩き込んだ。

甲南 1-6 U-18

7亭仁5ゴール目。

Jユースカップではノーゴールだったが、デビューしてから通算13得点目。出場試合数は5試合。かなり荒稼ぎしている。

U-18はアディショナルタイムの82分に13野嶽のスルーパスを左サイドの裏へ抜けた吉岡が中へ。20大竹のシュートが決まり7点目。そして試合終了。

甲南 1-7 U-18

■高円宮杯鹿児島県トップリーグ3部上位
甲南高校 1 (1-3,0-4) 7 鹿児島ユナイテッドFC U-18
※40分ハーフ

得点者;
【甲南】 10番(25分@PK)
【U-18】 14橋野拓海(4分)、7曺亭仁(5分、13分、45分、60分、73分)、20大竹悠策(80+2分)

日時: 2017年11月18日(土)
会場: 鹿児島実業高校
満足度: ★★★☆☆



試合は大量得点差での勝利だったが、バックラインでのビルドアップミス、サイドから無謀な仕掛けでのロスト、決めるべきシーンで決めきれない等、課題も残った。

甲南は3年生が引退済の普通の高校。

単純な能力ではU-18が上回っていた分、力を持て余して緩さが出たのだろう。

こればかりはリーグのレベルの問題だし、逆にそのカテゴリーで力を持て余すレベルにまで成長したとも言える。

この勝利で次節負けても来年の2部参入戦には出れるようだが、次の鹿商はこのカテゴリーでは侮れない相手だと思うので、有意義な試合にしてもらいたい。

MOM: MF 13 野嶽 寛也 鹿児島ユナイテッドFC U-18



ゲームメイクをしつつアンカーとして中盤で舵取りに奔走。チームの心臓として存在感が大きかった。






































人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

GKの技術論の話

ある日、このようなコメントを頂いた。



この試合は観ていないし、観れる環境にないので、「足で行く事が多い」という部分がどの状況で行われたかは定かではないが、一般的な技術論で検証してみようと思う。

まず、ベストセーブにも選ばれた菜入のプレーをご覧頂きたい。




このプレーに関し、自分はこのようなツィートをした。




上記の菜入のセーブも足で防いでいるが、このプレーに関しては、菜入の特徴として大柄で構えが腰高な点とリンクしている。

通常、GKの構えは重心を低くし、手は360度どのコースに飛んでも手が出せるように添える。

ところが、菜入は上記のように構えが腰高、ほぼ前かがみの状態であるため、足元に来るシュートは手よりも足の方が防ぎやすいという特徴がある。

このシーンに限って言えば、足で処理する事が悪い事ではなく、身体のどこかに当てる事が大事なシーンだった。

ちなみに、Youtubeで見つけたティボー・クルトワのセーブ集でも、足で防いでいるシーンがある。

https://youtu.be/VJkva83qj9s?t=1m28s

この状況は、身体いっぱい広げて面を作る際に股が開いてしまい、下半身から上半身へ力が伝わりにくく、ダイビングするのが難しい体勢だったので、足で防ぐのがベストな選択であった。

クルトワの身長は199cm。大柄なのでゴールに近い位置ではシュートコースを消すために身体をいっぱいに広げて面を作るので、股が開き、足元のシュートを手で防ぐのは難しいと思われる。

では、「足で行く事が多い」とはどのようなシーンなのか。

https://www.youtube.com/watch?v=6HYZpUgz3Rw

この動画は、フロントダイビングの練習風景だが、分かりやすく言えば、相手FWと1対1でシュートを打たれる前に防ぐ状況を想定した練習である。

このシチュエーションで足で行くのは問題外だが、ペナルティエリアギリギリでハンドのリスクがある場合は足で行くのも致し方ないと考える。

また、至近距離のシュートはPKよりも防ぐのが難しい場面もあり、そういうシュートに対しては、何より身体に当てる事が重要になる。

なので、ペナルティエリアギリギリのフロントダイビング、至近距離で足下に来たシュートは足で止める事が悪い事ではない。と考える。

映像がない以上、適切な答えではないが、足で行く事が悪いシーンばかりではなく、そこの判断をした上で処理していれば何ら問題はないと思う。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

FC刈谷×テゲバジャーロ宮崎 【地域CL】

全国地域チャンピオンズリーグ1次ラウンドの最終日第2試合は、勝てば可能性の残るFC刈谷とPK負以上で決勝ラウンドに進出できるテゲバジャーロ宮崎との一戦。

第1試合でコバルトーレ女川が8-1で大勝した為、テゲも負けたら脱落するリスキーな一戦。

■FC刈谷
▼出場メンバー
GK 1 藤沢 純也 アスルクラロ沼津
DF 2 長野 祐太 神奈川大学
DF 16 福元 考佑 J.FC MIYAZAKI
→交代 79分 6 原田 昂輝 ヴェルスパ大分
DF 17 佐々木 宏樹■84分 藤枝MYFC
DF 3 赤谷 直紀■49分■54分 びわこ成蹊スポーツ大学
MF 4 藤本 陽平 ヴェルスパ大分
→交代 59分 14 神田 傑 J.FC MIYAZAKI
MF 15 内田 悟 tonan前橋
MF 8 渡邊 隼 静岡産業大学
MF 10 黒田 拓真(CAP) レノファ山口
MF 19 坂本 樹是 京都産業大学
→交代 68分 22 伏木 一紘■73分 神奈川大学
FW 7 中野 裕太 FCガンジュ岩手

▼SUB
GK 21 島崎 恭平 FC町田ゼルビア
DF 24 高橋 明嗣 東京国際大学
MF 26 河野 圭吾 FC大阪
MF 27 森崎 広樹 FC.ISE-SHIMA

----------中野----------
坂本------黒田------渡邊
-----内田------藤本-----
赤谷--佐々木--福元--長野
----------藤沢----------



初戦は3-4-2-1だったが、この試合は4-2-3-1のシステム。

■テゲバジャーロ宮崎
▼出場メンバー
GK 61 石井 健太(CAP) カマタマーレ讃岐
DF 18 石川 智也 日本文理大学
DF 3 井原 伸太郎 J.FC MIYAZAKI
DF 4 川上 典洋 S.C.相模原
→交代 71分 10 米田 兼一郎 アミーゴス鹿児島U-18
MF 17 藤岡 浩介 ファジアーノ岡山ネクスト
MF 14 松田 大成 阪南大学
MF 16 宮田 直樹■22分 アスルクラロ沼津
MF 8 近藤 貴耶 九州国際大学
→交代 88分 9 水島 有斗 佐賀大学
MF 28 髙地 系治 FC岐阜
→交代 90+1分 11 山口 愛騎 松江シティFC
FW 24 井福 晃紀 J.FC MIYAZAKI
→交代 90+3分 22 小林 拓弥 高知ユナイテッドSC
FW 31 森島 康仁■9分 ジュビロ磐田
→交代 66分 25 樽谷 誠司 Rydalmele FC

▼SUB
GK 1 上野山 裕己 デッツォーラ島根
MF 6 禿 寿秀 C.A Jabaquara

-------森島--井福-------
----------髙地----------
近藤---宮田--松田---藤岡
---川上---井原---石川---
----------石井----------




テゲはまず失点をしなければ良いというスタンスなのか、DFラインが深く、ボランチ・両ウィングバックが引いてブロックを作りスぺースを消しにかかる。

そして、攻撃はデカモリシへ当てて24井福や28髙地が何とかしてくださいと言わんばかりに放り込む。

時々キープが出来れば両サイドを使う事があるが、基本、刈谷がボールを回しているのでサイドは守備に回る事が多かった。

ボールポゼッションの高い刈谷だったが、センターフォワードの7中野が楔のパスを受ける動きもなく、攻撃陣は裏を狙う動きを見せる。

スペースがないので結局、足元で受けてコンビネーションを狙うが、人数で守ったテゲに対してシュートコースがない。

7中野がポストワークをして右サイドの8渡邊はレフティーなのでカットインを果敢に狙えばという所だが、8渡邊はサイドに張り付くか引いて貰うしかできない。

ボールを支配しているというよりも、持たされている。

バイタルでのチェックが厳しいとはいえ、そこで序盤から積極的に仕掛ける事をすれば連携がアジャストして崩せた可能性もあったのかなと。

テゲは36分、28髙地がドリブルで数人かわして縦へ送る。

そのパスを受けた24井福がシュートを放つが、刈谷GKの藤沢が好セーブ。

一方で刈谷は41分、ゴール前でパスが通り、最後は7中野が合わせるが当たり損ねて石井がキャッチ。

後半は開始2分、刈谷は左サイドからのクロスをファーサイドで7中野が合わすがこれはサイドネット。

ビッグチャンスだったがモノに出来ず。

その後、この試合にとってターニングポイントとなる出来事が。

テゲのカウンターに対し、刈谷の3赤谷がプロフェッショナルファウルでイエローを貰う。

これはファウルでも止めないと危なかったシーンで致し方ないのだが、54分、その3赤谷が目測を誤り、背後を取られてしまう。

それもファウルで止めてしまい、2枚目のイエローを貰ってしまう。

----------中野----------
黒田---内田---藤本--渡邊
坂本--佐々木--福元--長野
----------藤沢----------

左サイドハーフの19坂本をサイドバックに下げ、10黒田を一時的に左サイドへスライド。4-4-1システムに。

そして悪い事は連鎖する。

56分、左からのコーナーキックを18石川が合わせ、テゲが先制する。

刈谷 0-1 宮崎

先制してからのテゲはデカモリシを残して10人で守る。

59分、刈谷は選手交代。
4藤本→14神田傑。

布陣がこう変わる。

----------中野----------
神田---内田---黒田--渡邊
坂本--佐々木--福元--長野
----------藤沢----------

65分、テゲは1枚目の交代。
31森島→25樽谷誠司。

布陣がこう変わる。

----------井福----------
-------髙地--樽谷-------
近藤---宮田--松田---藤岡
---川上---井原---石川---
----------石井----------

3-4-2-1にして中盤を厚くした。

2点が必要になった刈谷は、前半とは違いコースが空けば狙う積極性を見せたが、テゲは1点だけなら取られても良いわけで、まずは守備という姿勢で崩された被シュートはない。

67分、刈谷は2枚目の交代。
19坂本→22伏木一紘。

布陣がこうなる。

----------中野----------
伏木---内田---黒田--渡邊
神田--佐々木--福元--長野
----------藤沢----------

69分、刈谷はその22伏木が左サイドの裏へ抜け出す。これを倒されPKを奪取。

そのPKを7中野が決めて刈谷が同点に追いつく。

刈谷 1-1 宮崎

攻勢を強める刈谷と守るテゲ。

刈谷は1人少なく、厳しい状況だが、リスクを犯さないテゲに対し、ボールを持つ事は出来る。

71分、テゲは2枚目の交代。
4川上→10米田兼一郎。ゲームを落ち着かせにかかる。

布陣がこうなる。

----------井福----------
-------樽谷--松田-------
近藤---髙地--米田---藤岡
---石川---宮田---井原---
----------石井----------

78分、刈谷は3枚目の交代。
16福元→6原田。

16福元が負傷。出血が止まらなかったようで、1人少ない中で止血を待つのも惜しいという判断だろう。

一進一退の攻防が続く中、他会場でVONDS×福井でVONDS先制の情報が。

刈谷はここで2点目を決めればワイルドカードの可能性も見えてきた所だったが、85分、左サイドからの縦パスに抜け出した24井福が決勝点を決める。

刈谷 1-2 宮崎

88分、テゲは3枚目の交代。
8近藤→9水島有斗。

布陣がこう変わる。

----------井福----------
-------樽谷--松田-------
藤岡---髙地--米田---水島
---石川---宮田---井原---
----------石井----------

残り時間僅かな展開でリードを許した刈谷はややトーンダウン。

89分に25樽谷の守備から28髙地にボールが渡り、28髙地の突破からシュートをGK藤沢がセーブする。

アディショナルタイムに入り、テゲは4枚目の交代。
28髙地→11山口愛騎。

システムを3-4-1-2に戻す。

-------山口--井福-------
----------樽谷----------
藤岡---米田--松田---水島
---石川---宮田---井原---
----------石井----------

93分、テゲは最後の交代。
24井福→22小林拓弥。

アディショナルタイム94分、刈谷の守備が左サイドに広大なスペースを作り、そこで9水島がドリブルで運び11山口へ。11山口が中へ送り、22小林が押し込んだ。

刈谷 1-3 宮崎

■全国地域チャンピオンズリーグ1次ラウンド
FC刈谷 1 (0-0,1-3) 3 テゲバジャーロ宮崎

得点者;
【刈谷】 7中野祐太(71分)
【宮崎】 18石川智也(56分)、24井福晃紀(85分)、22小林拓弥(90+4分)

日時: 2017年11月12日(日)
会場: 県立サッカー・ラグビー場Aコート
満足度: ★★★☆☆



刈谷は10人になったのが痛かった。

攻勢を強めても人数で守るテゲに対し、クロスが合わない・シュートコースがない。

攻撃では常に数的不利を強いられた。

序盤にシュートを打てないまでも、バイタルエリアでのチャレンジを増やせれば違ったかもしれないが。

さて、3戦3勝で終わったテゲだが、16宮田とデカモリシは決勝ラウンドの初戦はサスペンションらしい。

選手層が試されるが、それよりも気になったのがジャッジや相手のチャージに苛立っている点だ。

特別問題のあるジャッジがあったようには感じなかったし、例えばコバルトーレ女川と比較してもそういったイライラの度合いが大きかった。

決勝ラウンドはより難易度の高い相手と当たる中で、この苛立ちが自滅を招きかねない可能性もある。

MOM: FW 24 井福 晃紀 テゲバジャーロ宮崎


拮抗した展開の中、値千金の決勝ゴールを決めた。































人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

コバルトーレ女川×十勝FC 【地域CL】

地域チャンピオンズリーグ1次ラウンドの最終日。

鹿児島ラウンドの第1試合はコバルトーレ女川と十勝FCとの一戦。

コバルトーレは勝点3は必須な上に5点差以上の勝利する事で突破の可能性が出る。一方で十勝FCは前日で敗退が決まった。

■コバルトーレ女川
▼出場メンバー
GK 1 石井 龍誠 東海大学札幌
DF 23 湯浅 秀紀 国士舘大学
→交代 83分 24 木戸 優次 北陸大学
DF 3 宮坂 瑠 駒澤大学
DF 4 木内 瑛 ブラウブリッツ秋田
DF 8 嶺岸 祐介 アイン食品
MF 22 高橋 晃司 仙台大学
→交代 75分 10 池田 幸樹 CUPS聖籠
MF 7 小川 和也 JAPANサッカーカレッジ
MF 6 黒田 涼太 仙台大学
MF 17 畑中 秀斗 仙台大学
→交代 89分 25 武田 晃平 仙台大学
FW 13 成田 星矢(CAP) Angel
FW 28 野口 龍也 HBO東京

▼SUB
GK 21 近嵐 大地 JAPANサッカーカレッジ
MF 20 佐藤 明生 ヴァンラーレ八戸
MF 27 國分 俊樹 横須賀マリンFC
FW 14 吉田 圭 いずみクラブ

------野口--成田------
畑中--黒田--小川--高橋
嶺岸--木内--宮坂--湯浅
---------石井---------



■十勝FC
▼出場メンバー
GK 21 中西 健太 北海道教育大学岩見沢校
DF 14 高橋 賢也 北海道清水高校
DF 24 浅井 達郎 やきとり工場
DF 4 浅野 祐平 CLUBE TREVO
DF 5 丸尾 祐太 福岡大学
→交代 89分 19 中村 吉克 南町FC
DF 3 上田 陵弥 東京武蔵野シティFC
MF 7 高橋 敬 札幌蹴球団
MF 10 田中 基樹(CAP) 蹴鞠会
MF 23 板垣 和之 六花亭マルセイズ
MF 9 山下 亮介 東京23FC
FW 30 田中 康平 FC琉球

▼SUB
DF 2 古谷 翔真 白樺学園高校
DF 13 清原 和也 帯広北クラブ
DF 16 工藤 直輝 札幌大学

---------田中康---------
-山下--板垣--田中基-高橋敬
上田-丸尾-浅野-浅井-高橋賢
----------中西----------




「1点でも多く」という姿勢が序盤から出ていた女川は、中盤でテンポ良くパスを回す。

センターバックが高い位置まで上がって組み立てに参加して厚みを加える。

十勝は初日にいなかった30田中康のポストワークからサイドハーフへ叩くも、攻撃に人数を割けない分、ロストして女川のターン。

女川は上記したようにセンターバックの攻撃参加もあり、かなり比重が前に行っていたが、7小川がしっかりとバランスを取り、リスクマネジメントが出来ていた。

10分、左コーナーキックのこぼれを3宮坂が押し込み先制。
女川 1-0 十勝

早い時間帯に決めれた女川だったが、決定機こそ多く作るも、追加点を奪うまでに時間を要した。

38分、女川はカウンターで22高橋がドリブルで持ち込む。

エリア内でタメを作り、コースが空いた所で左足を一閃。

女川 2-0 十勝

その1分後には、左サイドからのクロスに28野口が頭で合わせて3点目。

女川 3-0 十勝

前半は3-0。最低5点差と考えるとまずまずのスコア。

中→外→中の連携が良い。

後半、十勝がシステムを4-4-2に変える。

-----高橋敬--田中康-----
山下--板垣--田中基-高橋賢
上田--丸尾---浅野---浅井
----------中西----------

十勝にとっては最後の45分。この変更がどう出るか。

後半開始2分、17畑中のミドルをGK中西がセーブするも、その直後の左コーナーキックの混戦から、28野口が押し込む。

女川 4-0 十勝

最低あと1点が必要な女川だったが、次の5点目が入るまでに時間を要した。

流れが変わったわけでもなく、パスを中→外→中と回し、中央からの崩しもあったが、決定力を欠いた。

好連携を見せるも、焦っているようにも見えた。

71分、女川追加点。

左サイドから8嶺岸がクロスを上げる。そのクロスがファーサイドへ流れ、そのボールを再び中へ。それを6黒田が決めた。

シュートは当たり損ねていたが、コースが良かった。

女川 5-0 十勝

75分、女川は選手交代。
22高橋→10池田幸樹。

布陣がこうなる。

------野口--成田------
池田--黒田--小川--畑中
嶺岸--木内--宮坂--湯浅
---------石井---------

左サイドハーフの畑中が右サイドへ。

76分、その途中出場の10池田が左サイドからクロスを上げ、28野口が頭で合わす。

野口はハットトリック。

女川 6-0 十勝

81分、女川はカウンターで13成田が左サイドの裏を取り、中へ。中で受けた17畑中がGKもかわして流し込む。

女川 7-0 十勝

82分、女川は2枚目の交代。
23湯浅→24木戸優次。そのまま右サイドバックへ。

83分、十勝が1点返す。

フリーキックのこぼれを24浅井が中へ送り、ゴール前で30田中康が押し込んだ。

女川 7-1 十勝

88分、女川は3枚目の交代。
17畑中→25武田晃平。

布陣がこうなる。

------野口--成田------
武田--黒田--小川--池田
嶺岸--木内--宮坂--木戸
---------石井---------

アディショナルタイムの92分、女川はゴール前で崩し、10池田がシュート。GKが弾くが、セカンドボールを13成田が頭で押し込む。

女川 8-1 十勝

女川が決勝ラウンド進出の可能性を残す快勝で1次ラウンドを終えた。

■全国地域チャンピオンズリーグ1次ラウンド
コバルトーレ女川 8 (3-0,5-1) 1 十勝FC

得点者;
【女川】 3宮坂瑠(10分)、22高橋晃司(38分)、28野口龍也(39分、48分、76分)、6黒田涼太(71分)、17畑中秀斗(82分)、13成田星矢(90+3分)
【十勝】 30田中康平(83分)

日時: 2017年11月12日(日)
会場: 県立サッカー・ラグビー場Aコート
満足度: ★★★★☆



この大量得点差により、女川はワイルドカードで決勝ラウンド進出を決めた。

連携の良い面白いサッカーをしていた。

この日はワンサイドゲームだったが、統制された守備も良い。

敗れた十勝だったが、GK中西は何度もファインセーブを見せた。

また、何だかんだで3試合とも得点を決めている。

来シーズンは生まれ変わって再出発するようだが、どうなるか動向が気になる。

MOM: FW 28 野口 龍也 コバルトーレ女川


大量得点が必要な中、ハットトリックの活躍。






























人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター