NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

中指じゃなくてち○こを勃たせろ

8/19は小林でホンダロックの試合を観に行っており、その事をUPすると、こんな難癖つけたコメントをいただきました。



このテのいちゃもんは「どの試合を観るかは個人の自由」で論破できるので別に気に留めていないのですが、注目してほしいのは絵文字ですよ。

中指立っちゃってますね~。

このコメントの内容よりも、こんな絵文字があるという事に驚きです。

どういう時に使うために作ったのか気になるところです。

ユナイテッド関東さんには「目には目を」じゃないけど、アマゾンの広告でお返ししときますね。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

で、結局したの?

事の始まりは5月。U-18が水俣でクラ選を戦った試合をUPした時だった。(その記事)

このようなコメントを頂いた。


当然スルーしたのだが、今度は7月。U-18が県トップリーグを戦っていた時の記事をUPすると…。


このようなコメントを頂いた。

個人的には逃げも隠れもしないので、報告したければすれば?くらいのスタンスでいたのだが、7/23にU-14の試合をUPすると、


というコメントを頂く。

そこそこ時間は経っているが、クラブ側からの苦情はない。

問題ないという判断か、やっぱり後日苦情が来るのか。

もちろん調べたわけでないけれど、クラブへ報告はあったけど問題ない判断されたのだろう。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

ただの呟きです。受け流してください。

昨日、クラ選を観に行った。

久しぶりに虎の人に会い、代表や小林さんとも会い、試合をまったり他愛もない話をしながら観ていたのだが、途中、Twitterでユナイテッドのトップが某チームとTRMしている事、そこで選手に起きた出来事がツィートされていて、少しその辺の話もした。

クラブ公式のスケジュールはあくまで「トレーニング」であり、仮にトレーニングマッチであったとしても、それは情報をネットに上げるなという公式からのメッセージだと解釈している。

情報を欲する人は多いと思う。今回の件も気になって情報が欲しい方もいただろうし、本人は良かれと思ってやったのかもしれない。

自分も以前はトレーニングマッチに関する記事や写真をUPした前科があるので、人の事をとやかく言えないが、やはり、こういった行為は感心しない。

こういった行為は、ブログやSNSを頻繁に利用している人の心理として、ネタになる事柄が見つかれば、それを書き込みたい心理が働ているのではないかと考えられる。この辺はマスゴミと揶揄される人達とさして変わらないと思う。規模が違うだけ。

このブログ記事もまさに上記に当てはまる。別にブログ記事にする必要もないわけで。


次に。

fc2ブログには「拍手」というボタンがあり、この拍手をクリックするとコメントを送る事が出来る仕組みになっている。

昨日UPしたクラ選の記事に品のないコメントを書かれたが、「気にしなくていいですよ」というメッセージを頂いた。

別に気にしていないので大丈夫ですよ(`・ω・´)b

逆にユーモアのある返しが出来ないのが悔しいくらいです。

こういう事をやっている以上、ある程度叩かれる事は覚悟の上でやっているし、以前、2chで「死ね」って書かれた事もあるので。

数年前はこの手の煽り耐性はなかったけど、その頃よりは今は多少マシになっているかなと自負しております。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

あとがき



ユナセカコラムも無事書き終わりました。

依頼を受けた時、時間がかかると思ったものの、案外早く終わったのが自分でも意外というか。

これにはカラクリがあって、自分が書いたものをコミュサカ管理人さんが編集してUPしているので、自分が書いたものはあくまで「下書き」として考えたので気楽に書くことが出来ました。

で、前編を終えて後編を書くとき、前編を書いた感触が残っているうちに後編を書き上げた方がいいと思い、前編を終えた後にすぐ後編に取り掛かった。

自分の性格上、文章の書き方にムラがあって、例えば試合レポを書くときも写真を合間に挟んで書く場合と、文章を書き終えた後にまとめて写真を載せる時がある。

これはもう、その時の気分次第なので、「コラム」として残る以上、形式はしっかりとした方が良いかと思いまして。


2014年のセカンドはヴォルカ時代を含め、一番楽しいチームだった。

あの当時はトップがJFLを初めて戦うシーズンだったので、自分自身もJFLを楽しみたくてトップ優先にしていた。

シーズンが終わってから、セカンド優先にすべきだったと思うくらい、あのチームには魅力が詰まっていた。

2015年のセカンドは、アウェイ・J.FC MIYAZAKI戦後に当時所属していた與那嶺偉が「負けてすいません」と歩み寄って来て、数分程立ち話をしたのもいい思い出。

「フィジカルコンタクトでほぼ負けてたじゃん。練習してんの?」と言ってしまった事がある(苦笑)

あの時、「元トップの選手はセカンドでプレーするのに抵抗がある。」と言っていた。やっぱり、そういうのあるんだなと。

2016年は自分が体調崩して上半期の数試合しか行けてない。なので、入替戦だけは絶対に行こうと思ってた矢先に活動終了だから本当にやり切れない。


自分自身、トップ7、セカンド3くらいの割合だったので、セカンドコラムを書いていいものか、もっと相応しい人がいるのではないかと思ったものの、自分がしなかったら誰も書かないとも思ったので、今回の依頼を受けた次第。

今回の件を終え、自分としては、サポーターとしての活動は一区切り着いたかなと。

今、ワケあってアウェイどころかホームの試合にも行けてない。

ファンクラブにも入会していないし、新グッズも買っていない。4月の鹿児島県サッカー選手権(天皇杯予選)の決勝も行かずに宮崎の方へ行っている辺りに、これはサポ失格だなとも思っている。

「サポ辞めます。」というよりも、「無期限サポ活動休止」という感じ。自分勝手だと思います、はい。

チームが嫌いになったわけではありません。そこだけは誤解しないでください。

クラブはJ3優勝、J2昇格を目標に掲げているけど、クラブに関わる人達も応援する人達も、勝利至上主義にだけはならないで下さい。

2014年のセカンドのように、勝っても負けても楽しくいられるクラブ・チームであってほしい。それはサポ失格の立場でも変わらぬ想いでもあります。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

Bリーグ開幕戦中継に見るフジTVの在り方

Bリーグ開幕戦の中継を見た。

この中継の視聴率がどの程度のものかは分からないが、演出、煽りの部分でかつて中継していたPRIDEの煽りが好きだったので、その頃を思い出して楽しかった。

試合も接戦でバスケに興味のない層を引き付ける可能性のある内容ではないかと思ったが今後どうなるか。

人気に火をつけるには、今後も地上波中継や選手の露出を増やす必要があると思うが、日曜に中継する格闘技イベント「RIZIN」も含め、フジテレビは下手なバラエティに手を付けず、スポーツに力を入れてはどうかと思った。

バスケ、RIZIN(プロ格)に共通するのは、「煽り」が盛り上げる事に一役買っている点だと思う。

そして、かつて「PRIDE」や「K-1」での煽り方を思い出すと、フジTVは煽り方は上手い印象がある。※サッカーは除く。

TBSが中継していたHERO'SやDREAMと比較しても視るのを楽しくさせてくれる煽りだった。

こういった煽りは好き嫌いもあるので一概に言えない部分も確かにあるが、うまく煽ればスポーツ中継を通して視聴率低迷から脱却できる可能性もある気がする。

※個人の感想です。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ


ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター