NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

引退?

セカンドの選手の続報が中々ないので、去就が不明の選手を何人かググってみたら意外な所から見つかった。



昨日ちょことツィートしたのだが、このサイトの須賀龍矢は去年までセカンドにいた須賀龍矢だよね?

MF 須賀 龍矢 すが たつや
▼生年月日: 1994年1月22日
▼身長/体重: 164cm/57kg
▼出身: 埼玉県
▼前所属: JAPANサッカーカレッジ→2015年加入




オフ・ザ・ボールの動きが良く、狭いスペースでも見つけては侵入し、ドリブルでの仕掛けも上手いアタッカーだった。

不動産会社に就職したという事は、競技レベルからは引退するという事か。

自己紹介の所を読む限りでは、どこかのチームには所属しているとも取れるが。

しかし、クラブ公式に出身地は載っておらず、九州リーグの公式では鹿児島出身となっていたが、埼玉県の川口市出身という事をこのタイミングで知る事になろうとは。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

笑喜祐志は鹿大サッカー会へ

昨シーズン、セカンドのゲームキャプテンを務めた笑喜は鹿大OBで結成されている鹿大サッカー会に登録している模様。
ソース

MF 笑喜 祐志 しょうき ゆうし
▼生年月日: 1992年6月23日
▼身長/体重: 174cm/64kg
▼出身: 鹿屋市
▼サッカー歴: 鹿屋高校→鹿児島大学→2016年加入



セカンドのセレクションに参加していた中で一番巧いと思ってた選手。

セレクションの時はサイドハーフをしていたが、セカンドではボランチでプレー。

止める・蹴るの技術はしっかりしていたが、状況判断に課題を残していた。

ヴォルカ時代は鹿大のOBもよく加入していたが、ユナイテッドになってセカンドに鹿大出身の選手が来るのは意外だった。

彼の場合、昨シーズンの途中から登録を外れているので、もしかしたら去年の段階で鹿大サッカー会へ移籍していたのかもしれない。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

セカンドチーム所属選手の移籍先決定のお知らせ

活動終了と角野のトップ昇格をリリースしたので、もうセカンド絡みのリリースはしないと思っていた。(公式)

それだけセカンドの扱いに対してはフロントに疑問は持っているので。

角野、片野坂、中本、福崎、陸守の5人は既に把握済み。

新しい情報では黒木がデッツォーラ島根に復帰するのみ。

セカンドにはサッカー選手を目指して来た選手と、地元で働きながらサッカーをしている選手で混成されていた。

黒木は仕事を持っていると聞いたが、またこうして移籍して続けるのは意外だった。

まだ未定の選手も決まり次第リリースしてほしい所だ。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

片野坂はLiberty.FCへ

昨年までセカンドでプレーしていた片野坂は県1部のLiberty.FCへ移籍する模様。

ソースはLiberty.FCのフェイスブック。

一度セカンドを退団し、テゲバジャーロ宮崎へ移籍するが、セカンドを退団した際に就職しており、テゲでの活動が難しかったのでセカンドへ復帰した。

昨シーズンのセカンドは若手が増え、年長となった中で若いディフェンス陣のカバーリングに奔走。

言い方が悪いが、周りの尻拭いしているレベルの奮闘ぶりで、これを90分続けるのは大変だろうと思いながら観ていた。

仕事との両立は大変だったと思う。

Liberty.FCにはFC KAGOSHIMA時代のチームメイトもいる。

昨シーズンの県1部チャンピオンの守備より強固なものに出来るか注目。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

ランキングに参加中。クリックお願いします。

セカンドの活動終了について

ブログにログインできない状態だったので、太郎。さんに代筆を頼んだ。その記事がこちら

時期が合えば角野だけでなく、秀美、りょーけん、アーレン等、トップに入れても良かった選手はいたのだが、どうもGMがセカンドを見てくれていない気がする。

それこそ2015年のサポカンの時に言っていた、2014年当時のセカンドの選手評として
「統合の際に漏れた選手たちなので、トップで戦うには厳しいと判断した」
と言っていた。

一理あるけど釈然としない部分もあって、例えば、現VONDS市原の木川は大学4年の時にスタメンの座を失い、ユナイテッドでも2年間まともに試合に出ていない。

JSCやデッツォーラ島根でコンスタントに出場機会があり、セカンドでも試合に出ていたアーレンとは木川の方が実力が上なのか?

試合に出る出ないで評価は変わるものだ。

もし、船川航司朗がFC鹿児島を退団しなかったら満留はトップへ行けなかった。もし、2013年に小澤さんが監督にならなかったら藤井竜はトップへ行けなかったと思う。

そういった「きっかけ」で選手は変わるもの。セカンドの選手にその「きっかけ」を与えていたかは疑問に残る。


角野のトップ昇格の話は2015年末の段階であった。

セカンドのセレクションに浅野監督(当時)が見学に来られて、その時に大久保さんが角野についていろいろと話しをしていた。何で1年遅かったのかは分からないけども。



↑は角野の取説。本職のポジションどこなんでしょうね。

結局、セカンドは「Jリーグ」に振り回されて終わってしまったといのが個人的見解。

若手主体のアカデミーとして活動すると言ったのが2015年。アカデミーとして生まれ変わる前に終わってしまった。

ちなみに元ヴォルカサポとして、ヴォルカの登録番号が無くなることに関しては、そこまで悲しくはない。純粋に「鹿児島ユナイテッドFCセカンド」が無くなることが悔しい。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター