NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

あれはポジショナルプレーだったのか?

土曜日に観た鹿大×熊大の試合にて。

後半、熊大のハーフウェイライン付近でのフリーキックの際、高いポジションを取ろうとしたボランチへ向け、熊大のベンチからは
「上がるな、セカンド(ボール)がどうなるかまだ分からんだろ」
という指示が飛んだ。

この時、ふと思った。

熊大の選手はポジションチェンジがあまりない。

熊大は3-4-3システムだったが、例えば両サイドが流れに応じて左右入れ替わったり、トップとウィングがポジションチェンジをしたりというシーンは少なく、基本、そのポジションから大きく動かない。

しかし、それが流れを停滞させる事はない。

「ポジショナルプレー」というフレーズが頭の中に出てきた。

ポジショナルプレーの原則としては、「優位性を保てる状態でボールを受けるプレー」であり、その中で

(1)量的優位性=数的優位を生み出すポジション
(2)質的優位性=マッチアップする相手に対し、能力で上回る事
(3)位置的優位性=DFの間や死角等で貰うプレーの事。

の3つの優位性がある。

それを生み出せるポジショニングを取る事がポジショナルプレーの原則となる。
※参考:https://www.footballista.jp/column/38739

さて、この3つの原則を熊大に当てはめてみると、特徴的だった2つのパターンがある。

※一応直線のつもりはパス、波線のつもりのやつは動き出し。


これは前半によく見られたシーン。

バックラインでビルドアップをしている時に、左のセンターバック(CB)だった井手敏喜はワイドに広がる。

そこで左ウィングバック(WB)だった四俣力が高い位置へ押し上げる。

左サイドへボールを送り、井手が縦パスを送ると、四俣は前方のスペースに走り込み、左ウィングの松村大輔は中へ走り込み、前線の攻撃に厚みを加える。

鹿大の4-4-2システムから生まれるギャップを突き、数的優位を作っていた。

後半によく見られたシーンが下の図。

※上の図と同じで直線もどきはパスで波線もどきは動き出し。右サイドの太い矢印も動き出し。


ポジティブトランジョンの際、サイドに広がっていた右ウィングの石川昂央に預け、マークがいればタメを作って右WBの近藤匠が上がるのを待つ。そこへ展開してサイドを抉る。

石川が個人で仕掛けられる状況になれば中へカットインからCFの10白石との連携を作り、その間に左サイドも押し上がる。

鹿大のサイドバック(SB)は熊大のサイド2人を1人で対応する状況を強いられ、鹿大の守備が数的不利になっていた。

攻撃に関してはかなりアグレッシブだったが、この要因もボランチがあまり上がらずにバランスを取っている事とも無関係ではないだろう。

鹿大はバックラインでビルドアップの際は、両CBがワイドになり、その間にセンターハーフの山本雄大が下がって受け、大きく展開するが、熊大の両WBがしっかりと引いて鹿大の数的不利を誘った。

以上の事から、上記の

(1)量的優位性=数的優位を生み出すポジション
(2)質的優位性=マッチアップする相手に対し、能力で上回る事
(3)位置的優位性=DFの間や死角等で貰うプレーの事。

が熊大のサッカーに当てはまり、熊大のサッカーはポジショナルプレーに該当すると思われる。

熊大は現在、九州2部の5位ではあるため、90分の中で流れが悪い時間もあったので、精度はまだまだな所はあるが、やっているサッカーの質は高い。

また見聞が広がって有意義な時間だった。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

リフティングって重要?

サッカーにおいてリフティングは重要ではないという話を聞いた事がある。

ソースは失念したが、それによると世界的な名選手でも得意としない選手もいるという事に結び付けていたが、果たしてそうだろうか?

自分でも時々考えるが、フリースタイルフットボールで魅せるテクニックはそうかもしれないと思う一方、回数を重ねるリフティングは必要な気がする。

少年サッカーでのリフティングの重要性と必要性という記事を読んだ。リフティングの必要性として、下記の事が書かれていた。

リフティングが必要な理由として、ボール感覚を養うという事もあるけど、頑張った結果がリアルに数字に表れるので、チームメイトと競いあったり一人の時間にリフティングは練習しやすいので、自主練には最適なんです。特に低学年は。

高学年でやるなら肩を使ったり、頭使ったり、かかと使ったり色んな所を使った練習をして欲しいですね。

リフティングは頑張りバロメーターが測れる最強アイテム。あえてチームの時間を沢山使う必要はないけど、競争心を煽ったり、記録会をやって伸びてる子は誉めてあげるなどしてあげると、がんばる子も出てくると思うのですがね。

リフティングはボール感覚を養うために必要で、リフティングで「ボールと友達」になれるように頑張りましょうと言うこと。

あと「チーム内の競争心を煽る」「頑張りバロメーター」に活用できる優れたアイテムだと思います。

サッカーが上手な人にリフティングが下手な人はいませんから、サッカーが上手になるためにはまず、リフティングが出来ないといけないんじゃないかな、と思います。



個人的な見解では、リフティングで回数を重ねるためには、次に足が出しすい所にボールをコントロールする事が重要だと思うのだが、これが上記の記事の「ボール感覚を養う」に繋がっているのだと思われる。これはトラップに通じる部分があると思っている。

トラップもボールを次のプレーを円滑に出来る場所に置く事が重要となってくるので、リフティングの中にインステップ、インサイド、アウトサイド、腿、胸等で処理する事を織り交ぜれば、トラップの上達に一役買うのではないかと思う。

なので、ただこなすのではなく、例えばコーンを置いてジグザグに歩きながらリフティングをする等、工夫を凝らしてすればボールコントロールやトラップの上達に繋がると思っている。

ただ、これは自分がリフティングをやっていて感じた事なので、指導の現場ではどういう見解なのか気になる。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

悩めるザスパクサツ群馬の新指揮官にあの男をオススメしたい件



これは中々深刻ですね。

J2で10戦未勝利のザスパクサツ群馬、Twitterで発見しましたが、サポが居残り、社長が吊し上げ喰らっていたみたいですね。

こう泥沼にハマると浮上するのは難しいもの。森下監督のクビもどうなるか分かりませんね。

そんな悩めるザスパクサツ群馬、もし、監督の交代を考えるのならば、私はあの男をオススメしたい。

その男の名は前田浩二(全攻切守)。

現役時代は横浜フリューゲルス等でプレーし、監督としてもJ2の2クラブ、女子、更には海外で指揮を執った経験のある迷将です。

2016年を最後に杭州緑城女子クラブを解任されたそうで、現在フリー。

九州リーグで給料未払いの中でも奮闘した経験も併せ持つので、コスパもかかりません。

そんな氏を押したい最大の要因はその戦績。

アビスパ福岡を率いていた2012年のJ2第33節・東京ヴェルディ戦からINAC神戸を率いていた2014年まで公式戦28戦未勝利記録を打ち立てたその手腕。

成績不振でアビスパを解任、ガイナーレを辞任したその経験は、罵声を浴びせられるのは慣れていますが如何でしょうか?



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

宮崎からJリーグ入りを目指す2つのクラブについて

4月8日、9日と宮崎にて天皇杯予選に当たる宮日旗・NHK杯の準決勝・決勝を観に行った。

宮崎と言えば、Jリーグ入りを目指す2つのクラブが存在する。

テゲバジャーロ宮崎とJ.FC MIYAZAKIだ。


テゲバジャーロ宮崎は、門川クラブ→Andiamo門川→MSU FCと名を変え、現在の名称になったのは2015年。

個人的に知っているのはMSU FC時代からだが、当時は宮崎産業経営大学(以下、産経大)の控え部員+地元の社会人選手で構成され、2010年に九州リーグ昇格を機に社会人チームへ移行するも、リーグで苦戦した事から産経大の控え部員を補強して何とか残留するというのを繰り返していた。

2012年に一度、県リーグへ降格するも、2014年に復帰。

2015年に本格的にJリーグ入りを目指すクラブとして現在に至る。

代表を務める柳田氏がかつて産経大でコーチをしていた事があったらしく、当初は産経大の卒業生等も在籍しており、テゲバジャーロになってからは鹿児島ユナイテッドFCセカンドの選手も加えていた。

ところが、今シーズン、昨シーズンの選手補強から察するに、産経大とのルートが潰えたようにも思える。

おそらくではあるが、J.FC MIYAZAKIの存在によるものだろう。


そのJ.FC MIYAZAKIは2014年に鵬翔高校サッカー部監督だった松崎氏が発起人となり設立。

このクラブの歴史は、かつてJリーグを目指していたプロフェソール宮崎であり、後にサン宮崎FC、エストレーラ宮崎と名前を変え活動するも2010年に解散。

その後は産経大のサテライトチームに当たる「宮崎産業経営大学FC」として活動していた。

2014年は産経大の控え部員で構成され、2015年は産経大の控え部員に加え、県内の社会人リーグでプレイしていた選手で構成されていた。

昨シーズンからは産経大の控え部員は登録から外れ、大卒選手を中心に大型補強を行い、九州リーグ優勝を果たす。

一度叶わなかったJリーグ入りへ向けて再び動き出す形である。

※産経大と鵬翔高校は同じ大淀学園が運営している。


両クラブの歴史をざっくりとだが紹介した所で、次は今シーズンへ向けた補強と宮日旗・NHK杯で抱いた印象について話そうと思う。

■テゲバジャーロの補強

テゲバジャーロ宮崎の補強の目玉と言えば、Jリーグでも指導経験豊富な石﨑信弘氏の招聘に加え、Jリーグでも経験豊富な森島康仁、髙地系治の加入だろう。

このネームバリューのあるメンバーの加入はコミュサカ界隈に衝撃を与えた。

また他にもカマタマーレ讃岐より加入したGK石井健太、アスルクラロ沼津より加入の宮田直樹、ファジアーノ岡山ネクストから加入した藤岡浩介に加え、J.FC MIYAZAKIから井原伸太郎、井福晃紀が加わっている。

上のカテゴリーを経験している選手、地域チャンピオンズリーグ(地域決勝時代含む)経験者等を加え、理にかなった補強をしている。

また、フィジカルコーチにヘッドコーチも加え、監督へのサポート体制も整えている。

多くの選手がチームを去ったが、試合に絡んでいた選手の流出は少なく、期限付移籍中の上田悠起は期限付期間を延長し、S.C相模原からレンタル中だった川上典洋も完全移籍で加わった。

面子だけを見ればJリーグへ向けての本気度が伺える。

■テゲバジャーロの試合を観た雑感

試合は別記事(準決勝決勝)で書いているが、大まかに言えば「強くなっている。」だ。

過去2シーズンのテゲバジャーロは、勝ち試合を観ても内容が乏しく、強さを感じなかった。全国で勝てるチームには思えず、実際に九州リーグは2年続けて2位、チャンピオンズリーグにも出れていない。

圧巻だったのは準決勝、ホンダロックSC戦の後半に魅せたプレスの厳しさで、ロックのパスワークを封じ、ゲームを支配した。

カテゴリーが上のチームに対し、前半は一進一退の攻防を見せ、後半は内容も伴い勝利する姿はこれまで見たチームとは見違える程で、補強が当たったとも言える内容だ。

■テゲバジャーロが抱えるデメリット

一方で、決勝戦は所々で「強さ」を見せる一方で、今後を見据える上で不安要素も垣間見た。

この大会は土日連戦。

九州リーグも集中開催は土日連戦で、全国社会人選手権は80分ゲームとはいえ、延長戦有りの最大5連戦、チャンピオンズリーグは90分ゲームの3連戦+3連戦。

テゲバジャーロは準決勝、選手交代を1枚もせずに終えている。

これについて公式のコメントでは、

「ディフェンスのリズムが良かったのでね、今日は必要ないかなと判断したよ。」
http://www.tegevajaro.com/news/7621.html



と述べている。

選手交代は必ずしもしないといけないというルールはない。試合の流れに応じてスタメン11人のままで良いと判断すればそのまま終わらせるのは1つの戦略でもある。

実際、観戦していて、交代の必要性を感じなかった。

しかし、連戦という日程を考えた場合、絶対にターンオーバーは必要になる。

地域リーグ界隈ではターンオーバーは禁じ手という話も聞くが、90分ゲームを連戦で戦うのに同じメンバーで戦い続けるのは通常は無茶な事であり、ターンオーバーをしながら勝てるチームを作るのが何よりも重要となる。

決勝戦も同じスタメンで挑んでいたが、動きの質は落ちていた。

そして、途中投入された選手が結果を残せなかった。

選手の頭数は多いが質という部分ではまだ層が薄いのかもしれない。

また、石﨑監督はJリーグでの指導経験こそ豊富ではあるが、連戦が当たり前の地域リーグでの経験はまだない。

その部分は今後、九州リーグを戦う上で気になる部分ではある。

持論ではあるが、「そのカテゴリーにはそのカテゴリーに見合った経験が必要」だと思っている。特に、連戦のある地域リーグではその経験値は重要となってくる。

そういった意味では、現役時代にホンダロックSCでJFL復帰に貢献した倉石ヘッドコーチや地域チャピオンズリーグ(地域決勝時代含む)経験のある藤岡、宮田、井福、井原、米田等の経験がカギを握るのではないか。

■結論

ターンオーバーがハマり、ホンダロック戦の内容のゲームをコンスタントに出来れば、リーグ優勝の可能性は高い。それだけの強さを魅せた。

他地域の動向が分からないので、JFL昇格が出来るかどうかは分からないが、過去2シーズンと比べ、強さを感じさせる試合は出来ている。

今回、連戦を経験した事が石﨑監督にとっても今後を戦う上で良い経験となるはずだし、別記事でレノファを引き合いに出し、「無名の選手でもJ2であれだけ出来るのかと驚いた」という記事を見たので、控えの底上げはするはずだ。

経営陣が身の丈を超えた運営さえしてなければポジティブなシーズンを送れると思う。


■J.FC MIYAZAKIの補強

一方のJ.FC MIYAZAKIだが、こちらも与那城ジョージ氏とネームバリューのある監督を招聘した。

同氏は、FC琉球、ニューウェーブ北九州(現ギラヴァンツ北九州)の監督時代にチームをJFL昇格へ導いており、テゲバジャーロの石﨑監督にはない経験値を持っている。

選手では、足立丈卓(FC大阪)、無津呂武瑠(九州産業大学)、的野涼太(松江シティFC)、森島渉(FC岐阜SECOND)、山村欣也(国士舘大学)、松本文哉(桃山学院大学)、中村哲平(バンディオンセ加古川)、高妻賢大朗(九州保健福祉大学)、高橋暖人(MSGソニャトーレ)、長倉優貴、山口直大、渡邊正嗣(共にテゲバジャーロ宮崎)。

あと、九州リーグ公式では韓国籍の選手2名が登録されている。

JFL以上のカテゴリーを経験している選手が少なく、昨シーズンの主力クラスの多くがチームを去っている。チームをまた一から作り直している最中なのだろう。

その影響もあってか、宮日旗・NHK杯の準決勝では低調な内容に終始した。(試合記事)

この試合内容では、新日鐵住金大分や九州三菱自動車辺りに取りこぼしても驚かない。

■J.FC MIYAZAKIの強み

与那城監督がニューウェーブ北九州を率いて九州リーグを戦っていた頃(2007年)、序盤は勝つには勝ったけど内容に課題を残したり、2節で三菱重工長崎に敗れる等、取りこぼしもしている。

それでも尻上がりに調子を上げ、最終的に九州リーグを優勝し、JFL昇格も果たした。JFLでもチームをJ2参入に導いており、やはりこの経験値はこのチームにとって強みとなりうる。

その中で、選手では山口直大に期待したい。

同選手は大学を卒業後、様々なクラブを渡り歩いている。決して順風満帆なサッカー人生ではないが、それでも腐らず、諦めずに現役に拘っている。

与那城監督が率いたニューウェーブ北九州もベテラン選手がチームを支え結果を残した。カギを握るのはベテラン選手になるだろう。

■J.FC MIYAZAKIのデメリット

上記した与那城監督の件で矛盾した内容になるが、監督の手腕をどこまで信じていいのか分からないという点だ。

選手と同様、監督にも旬の時期がある。

かつて、現役時代は読売クラブ/ヴェルディ川崎等でプレイした戸塚哲也氏は、2006年にFC岐阜、2007年にFC Mi-oびわこKusatsu(現MIOびわこ滋賀)、FC町田ゼルビアをJFL昇格に導き、「昇格請負人」と称された。

しかし、その後に率いたS.C.相模原、レイジェンド滋賀FCでは成績が振るわずに解任されている。

厳しい言い方になるが、与那城監督が監督としての旬の時期を過ぎている可能性も否定できない。

■結論

現時点では対抗馬にするのも厳しいという印象だが、昨シーズンも開幕戦は内容の乏しいゲームだった中で最終的にリーグ優勝を果たしている。

もちろん、優勝・地域チャンピオンズリーグを経験している選手も残っている。チームの伸び代はある。その伸び代に期待したい。


■その他

宮日旗・NHK杯の決勝戦の観衆は270人台と300を切った。

Jリーグを目指すクラブが試合をするのに、だ。

ピッチ外では百年構想クラブ申請はどうするのか、観客を増やす努力はどの程度しているのか、そして、鹿児島同様に出てくるであろう統合の話。

そういった部分をクリアしていかないと「Jリーグを目指す」のが口だけになってしまう。

JFCはPRしていく中で、鵬翔高校の選手権優勝を引き合いに出しているが、その時に優勝したメンバーの3年生は今春、大学を卒業している。

高校サッカーもコンスタントに全国上位に顔を出せてない以上、いつまでも高校選手権優勝を出汁には出来ない。

ピッチ内では戦略がハマれば早い段階で結果として出るが、ピッチ外はそうはいかない。

宮崎からJリーグ、決して簡単な道のりではないと感じた。絶対的な熱量が足りてない。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

アクションが早かったな

J3・藤枝MYFCのGKコーチ・シジマールが選手登録をするというニュースを目にした。

GK3人体制の藤枝は現在、1人怪我で戦線離脱中で当分を2人体制で戦わねばならない為、不測の事態に備えてというのが理由だそうだ。

その藤枝よりも深刻なのが同じJ3のFC琉球。

正GK朴一圭が全治4ヶ月の怪我を負った中、前節、今野も負傷。こちらは全治8ヶ月の見込みとかなりの重症。

GK1人体制となった琉球はすぐにファジアーノ岡山より、イ・キョンテを期限付で獲得した。

U-18を持たない琉球は2種登録ができない為、GKが4人いるクラブから借りるのが現実的であった。
ありました。失礼しました。

地元の高校・大学にめぼしい人材がいればまた違ったのだろうが、まだまだJ3で通用する人材を多く輩出するのが難しい現状もあると思われる。


琉球でGKが相次いで怪我をしたニュースを知ったとき、ユナイテッドから出番のない植田・岩崎のいずれかを売り込むのもアリかと思った。

地域リーグ時代とは違い、控えを試せる機会のないJ3ではGK4人は持て余す。

幸い、山岡も戦列に復帰しており、3番手・4番手の立場ではトレーニングマッチでも満足に出れない可能性もある。

海外のようなハイレベルな環境ではないので、出番のないGKは実戦経験がないと感覚は鈍る。




新卒の岩崎を1年で切るとは思わないが、植田は3番手以下に甘んじたままだと来年はチームにいないだろう。今シーズンは正念場。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター