NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

リーグのレベルの話

今月20日に鹿屋体大×佐賀大を観た時に感じた事を少しだけ書いてみる。

5-0と鹿屋体大の圧勝。得点も全て流れの中から崩している。それでも感じる物足りなさ。

これは九州大学リーグ全体のレベルにあると感じた。

ここ数年、九州は福岡大学と鹿屋体育大学の2強時代が続いていた。

が、全国に目を向けると、関東や関西勢と比べ、上位に顔を出す学校は少ない。

今年の総理大臣杯は九州は4枠あったが、鹿屋体大を除く3校は初戦敗退。鹿屋体大もベスト16で姿を消している。


大学サッカーを観る機会が増えて感じる事だが、鹿屋体大のレベルは全国区にはあると思う。しかし、普段のリーグ戦において、全国区の大学が少ない事が全国で戦う中で勝てない要因ではないかと視ている。

普段から力のあるチームとの対戦経験が少ない事で、得られる経験値が少ない。それが90分を通して中弛みしてプレーの質が落ちる時間帯があるのに繋がっているように思える。

これは大学関連大会だけでなく、天皇杯が絡む時にも影響してくる。

鹿屋体大の存在は天皇杯へ出場するにあたり、高い壁だった。しかし、それが今やそうでなくなってきている。

簡単に勝てる相手ではない事は確かだが、鹿児島ユナイテッドFCとなり、J3で紙一重の試合を制してきた経験が鹿屋体大が普段のリーグ戦を戦って得る経験値を上回った。


今年の鹿児島県サッカー選手権決勝、鹿児島ユナイテッドFC×鹿屋体大の試合、同点に追いつかれた後の鹿屋体大の試合運びはこれまでに観た印象とは違い、"若さ"を感じるものだった。

ユナイテッドのプレスに対して尽く潰されてロストしていた。

暑さも影響はしているだろうが、精神的な部分で疲労を感じて動けなかったのかもしれない。

このメンタルの部分というのは、例えば、リードを許している状態でも「追いつく」という強い気持ちがあれば運動量が落ちずに戦えるもの。この部分が昨年との違いだった。

昨年の鹿児島U×鹿屋体大は鹿屋は終盤に追い上げていたように、メンタルの部分でもプレッシャーの感じ方が違ったのかもしれない。


ただ、もし、ユナイテッドがJ3で負けが込み、下位に低迷していた場合、負け癖がついて鹿屋体大戦での内容が変わっていた可能性もある。

余談だが、Y.S.C.Cが天皇杯で神奈川の代表になれなくなったのは、J3で戦う事で負け癖がついたからではないかと思っている。

加えれば、Y.S.C.Cが天皇杯神奈川代表の常連だった頃と違い、専修大が東京から神奈川へ登録を移し、桐蔭横浜大が1部に定着している。ライバルの動向にも変化があった。


ユナイテッドが来年以降もJ3で上位にいる競争力を保てる事が出来れば、大学との構図は変わるだろう。
J3・JFL=大学」が鹿児島に関しては「J3・JFL>大学」に。

※個人の感想です。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ




スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

呟き

QRコード

QR

ブロ友申請
検索

RSSリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カウンター