NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

第33回 鹿児島県サッカー選手権

天皇杯の予選を兼ねた鹿児島県サッカー選手権県大会の組み合わせがリリースされた(県協会公式)

1回戦は4/21(土) 県立サッカー・ラグビー場B
16:30~ 霧島レッズ×鹿屋体育大学
18:30~ Liberty.FC×鹿児島銀行FC

2回戦が翌日4/22(日) 県立サッカー・ラグビー場B
1回戦の勝者同士と対戦。

準決勝が5/3(木) 鹿屋体育大学
2回戦の勝者×NIFS KANOYA FC

決勝が5/13(日) 県立サッカー・ラグビー場C
鹿児島ユナイテッドFC×準決勝の勝者

準決勝が鹿屋体大でやるのはNIFSが準決勝を戦うことが確定しているからだろうか。

大学のグラウンドなので抑えるのが簡単だったのかも。

鴨池の稼働率を考えると、この大会の決勝は県立サッカー・ラグビー場でも良いと思ってはいるが、Cコートなのが意外ではあった。

ラグビーや陸上も含め、各カテゴリーでハコの取り合いをしているだろうから、こういう年もあるだろうくらいの認識。

ただ、Aコートとは違い、Cコートはバクスタがないため、J3並みの観衆だとぎゅうぎゅうになる可能性はある。

また、メインからだとベンチ(テント)が邪魔になって見えない箇所も出てくることが懸念される。

そこを協会がどう対処するか。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

アミーゴス鹿児島U-18・林 友哉、カマタマーレ讃岐へ

アミーゴス鹿児島U-18所属の林友哉のカマタマーレ讃岐への加入がリリースされた(公式)

彼は2年の時、V・ファーレン長崎の特別指定選手だった。

あの当時の長崎の社長はS・I氏。氏が自分の教え子を無理矢理ねじ込んだ感はあったが...。

実力的に着いてこれていないという声も聞いたが、ユナイテッドU-18がクラ選で対戦した時は能力の高さを見せつけた。

2種の中では十分に力を持っているという事だろう。

体格に恵まれているが、足下のスキルが高い印象を持っている。

こうしてJリーガーになれたという事はそれだけのモノを持っているという事。

彼のこの2年を思うと、育成の在り方を考えさえられる。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

屋宮大地、現役復帰

鹿児島県出身でホンダロック、FC琉球でプレーしていた屋宮大地がこの度、現役復帰し、再びFC琉球の選手となる事がリリースされた。(公式)

琉球ではプレーを観る機会はなかったが、ホンダロック時代はスピードとスタミナを武器とするサイドの選手で、サイドなら左右のサイドバック、サイドハーフをこなしていた。

松陽高校時代はインターハイにも出場している。

2014年にFC琉球へ加入。2015年を最後に契約満了となり、FC琉球U-12の監督を勤めていた。

2年のブランクは気になるが、再びJ3の舞台での活躍を期待したい。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

神村学園・高橋大悟、清水エスパルスへ

神村学園所属の高橋大悟の清水エスパルス加入がリリースされた。→公式

ついこの間、プリンスリーグでプレーを観たが、消えてる時間も多かった中で2アシストを記録している。

高いテクニックを持っているが、ここという所でボールサイドに顔を出し、得点に絡むプレーが素晴らしかった。

純粋なゴールゲッターというよりもチャンスメイク力も長けている印象がある。

城西の生駒に続き、2人の選手が高卒でJ1内定を得た。2人ともJ1で戦力になれるよう頑張ってほしい。






人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

鹿児島城西高・生駒仁、横浜F・マリノスへ

鹿児島城西高校の主将・生駒仁の横浜F・マリノスへの加入がリリースされた。(公式)

城西から直接プロの世界へ行くのは岩元颯オリビエ以来か?

近年では県内の高校から年代別代表に定期的に呼ばれる選手は珍しくなって久しいが、久しぶりに素材として申し分ない選手が現れたという印象。

J1クラスで活躍している県内の高校卒の選手は大迫勇也の世代以降、育っていないので、その閉塞感を打ち破るよう、育って欲しい選手。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 05 | 2018/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター