NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

采配の意図

お詫び

鹿児島ユナイテッドFCサポ―ターの皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は、当ブログをご観覧いただき、厚くお礼申し上げます。

さて、ユナサポ失格を自認しておきながら、ユナイテッドに関する内容をブログにUPをし、ユナイテッドサポーターの皆様に多大なご迷惑をおかけします事を心より深くお詫び申し上げます。

この度の不手際は、今節の「ガイナーレ鳥取戦のセンターバック2枚替え」についてどうしてもブログネタにしたかったという衝動を抑えられなかった事が原因であります。それにより、鹿児島ユナイテッドFCサポーターの皆様には不快な感情を生む事と思い、たいへん申し訳なく思っております。

衝動的にブログネタにしたいと思う事案は今後も起こり得るため、二度とユナネタは書かないとお約束は致しかねますが、まずはWEB上にてお詫を申し上げます。




ガイナーレ鳥取戦で見せたヤスのセンターバック2枚替え。

1点ビハインドの状況で前線ではなく、DFのテコ入れをするのはあまり見られない。

「謎采配」「采配に疑問」で片づけるのは簡単である。

しかし、忘れてはならないのはヤスはプロの監督であるという事。

一見、「?」と感じる采配もプロならではの視点があって行ったという事は念頭に入れておくべきである。

では、なぜ、そのような采配をしたのか。

前半を見て感じた事はバックラインのビルドアップが上手くいっていないという点と、藤本を孤立させてしまっているという点。

選手の距離間が悪く、パスの回りも良くない。

失点のシーンはバックラインで回している所をプレスで奪われた事がきっかけだったが、それも納得できる程にビルドアップが拙かった。

後半、藤本の孤立を解消する采配として見せたのは、4-4-2にシステムを代えた事だった。

これに松下を投入する事で連動性を上げ、藤本へのサポート体制もとい、得点を取るための体制を整える意図を感じた。

そして、現状の攻撃を維持しつつ、更にUPさせるには「後方からの押し上げ」が必要と感じたからではないだろうか。

例えば右サイドバック。丹羽はクロスの精度には定評があるようだが、運動量がサイドバックにしては少ない。逆サイドの関と比較してもオーバーラップには物足りなさを感じる。

後方からの押し上げの為のテコ入れその1が、田中に代えて冨成。そして、丹羽をセンターバックで使う事。

丹羽と比べ、冨成の方が運動量という点では分があるように思う。その冨成を右サイドバックへ置く事で、オーバーラップを引き出そうとしていたのではないかと。

そして、丹羽のセンターバックだが、丹羽のキックは精度が高い。後方からの押し上げを図るには欠かせないピースとなる。

で、最後のカードとなった水本→上本の交代だが、これは単純にビルドアップをさせたら上本の方が上という判断ではないだろうか。

水本のプレーぶりは代える必要はなかったかもしれないが、同点・逆転を狙うためのテとして、バックラインからのビルドアップの精度を上げるべく、本来なら代える必要のない水本を代える懸けに出たと。

ユナイテッドの攻撃陣は小柄な選手が多く、本来、パワープレーには向かない。得点を奪うには細かくパスを繋いで崩すプレーの方が確率としては高いチームである。

そこの精度を上げるためのセンターバック2枚替えだったのではないかと。

松下投入の段階で徐々にボールの回りは良くなっていた。攻撃陣の交代は必要ないとの判断だと思われる。

攻撃と守備は表裏一体。一見、守備的な采配と思われても蓋を開ければ攻撃に効果が出たという采配の例はある。

今回のヤスが見せたセンターバック2枚替えは上記の例に当てはまるのではないかと。

もっとも、これは個人的な見解で真相は分からない。加えて、この交代が結果に結びついたのかも判断が難しい。

松下投入の時点で流れが変わりつつあったので、この交代をしなくても結果は変わらなかった可能性もあるわけで。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ
スポンサーサイト

駆け引きの話

お詫び

鹿児島ユナイテッドFCサポ―ターの皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は、当ブログをご観覧いただき、厚くお礼申し上げます。

さて、ユナサポ失格を自認しておきながら、ユナイテッドに関する内容をブログにUPをし、ユナイテッドサポーターの皆様に多大なご迷惑をおかけします事を心より深くお詫び申し上げます。

この度の不手際は、今節のブラウブリッツ秋田戦の失点シーンがどうしてもブログネタにしたかった衝動を抑えられなかった事が原因であります。それにより、鹿児島ユナイテッドFCサポーターの皆様には不快な感情を生む事と思い、たいへん申し訳なく思っております。

衝動的にブログネタにしたいと思う事案は今後も起こり得るため、二度とユナネタは書かないとお約束は致しかねますが、まずは書中にてお詫を申し上げます。



秋田戦の失点のきっかけとなったジャッジは誤審なのかどうかは判断しかねるが、ただ、レフリーは目の前で見ていた点を踏まえれば、映像でしか見ていない自分が「誤審だ」と声高に叫んでも虚しくなるだけ。

スタンドや映像よりも、レフリーが一番近い所で見て下したジャッジなので受け入れないといけないのかなと思っている。

個人的に気になったのはその後のフリーキック。そこで行われていたであろう駆け引き。

まず、このフリーキック。ゴールから近い位置なのだが、この位置はかえって決めるのが難しいと言われている。

強く蹴ればバーを越え、抑えて蹴ったら壁に当たる。壁の隙間を巧妙に狙う選手もいるが、とにかく難易度の高い位置である。



上の図に注目して頂きたい。

GK山岡はゴール中央やや左にポジションを取っている。これについて考えられるのは、

【1】壁に入った秋田の選手がゴール中央よりにポジションを取っているため、中央に立つとブラインドになってボールが見えない。
【2】ニアサイドの赤く塗ってある部分に蹴るように誘い込んでいる。

の2点。

壁はニアサイドで選手間で密集して隙間を消しており、ファーサイドは山岡のポジショニングでコースを消している。

キッカーの選択肢は2つ。
1人がフェイントをかけ、壁を飛ばし、隙間を狙うか、純粋に壁の上を越して狙うか。いずれもコースはニアサイドに限定させていた。

そして、その読みは当たった。キッカーの前山はニアサイドの壁を超すキックを蹴った。

しかし、その読みを上回る精度のボールが枠を捉えた。



山岡はプレジャンプの後、サイドステップで右へ移動している。ダイビングする準備は出来ていた。

ところが、いざ飛ぼうとしたら、ボールが横を通過して飛べなかった。そんな印象。

純粋な駆け引きだけなら山岡は勝っていたかもしれない。しかし、それを上回る精度のボールを蹴った前山が見事と言うしかない。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

木村魁人、サウルコス福井への期限付移籍に思ふ

宮崎のサッカーについてネタを書いていた時期に木村魁人のサウルコス福井への期限付移籍がリリースされていた。(公式)

関東大学リーグ2部や北信越リーグでアシストを量産していたらしいが、開幕前のトレーニングマッチではアピール出来ていたとは言い難く、監督の構想に入っていたかは疑問だった。

左サイドバックで起用されていたが、左サイドバックは水本をコンバートし、丹羽を獲り、関がいて吉井もコンバートしている。

1st=丹羽
2nd=水本
3rd=関
4th=吉井
5th=木村

くらい序列が低かった。もしかしたら田上よりも下かもしれない。

この状況で残っても試合に絡める可能性は低い。

まだ4月で加入したばかりの選手をこういう形で放出するのは、獲得の経緯も含めてどうかと思うが、これまでの記録を見る限り、選手は3つの層に分かれていると感じる。

【A】スタメン濃厚の不動のレギュラー
【B】A層の選手に怪我人が出たら出番はあるが基本的にサブに回る
【C】サブにすら入れない放出候補

木村は完全に【C】だった。

9日(日)の鹿児島県サッカー選手権(天皇杯予選)では、【C】層だと思ってた山田がスタメンだったのは意外だが、サブを含めた残りの19人は上記で言う【A】層と【B】層だった。
※寺田は【C】層ながら【B】に近い【C】層だと視ている。

また、山田の抜擢もアピールしたからと考えるのが普通なのだが、五領が怪我、ナ・ソンスが登録されていない関係で選ばれたのではないかと邪推してしまう。

なので、夏のウィンドウで【C】層の放出、新たな戦力補強をするのではないかと思っている。

さて、サウルコス福井の出戻る形となった木村について、Twitterの反応を見てみると、











Twitterの一部の反応を見る限りでは歓迎モードのようだ。

加入時、北信越リーグではレベルが抜けてたという話を聞いたので、その選手の復帰は福井にとってはプラスなのだろう。

DF陣は高齢化しているので、片道にならず将来の戦力として鍛え上げないといけいないのだが、まだこのチームに若手を育てる力はないのだろうか。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

新加入選手 「DF 丹羽 竜平」

開幕前ではあるが、新加入選手のリリースが発表された。(→公式)

DF 丹羽 竜平 にわ りゅうへい
▼生年月日: 1986年1月13日
▼身長/体重: 176cm/68kg
▼出身: 神奈川県横浜市
▼サッカー歴: 横浜F・マリノスユース→キンセ・デ・ジャウー(ブラジル)→ヴィッセル神戸→セレッソ大阪→ヴィッセル神戸→サガン鳥栖→ジェフ千葉
▼備考: J1通算140試合、J2通算158試合出場





昨日のトレーニングマッチでも2本目にセンターバックで出場。途中、ボランチになっていた。

サガン鳥栖で右サイドバックで出ている印象の強い選手なので、サイドバックとセンターバックをソツなくこなせる選手という認識で良いか。

水本を左サイドバックで使う意図が試合の流れによって3バック、4バックと変動させる為ならば、上記のようにサイドバック・センターバックをそつなくこなせる選手で、現状、需要の高い選手ではあると思う。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

TRM ×京都産業大学

開幕前最後のトレーニングマッチという事で、開幕戦をどんなメンバーで挑むかを知る機会だと思い、雨の中観に行ってきた。

内容は控えるので、ただの雑談となるのでご了承を。

NYCが終わり、流通科学大、龍谷大と関西2部としてきた中、今回対戦する京都産業大は関西1部。

関西1部の相手だけにこのスコアはまずまずの出来だと思う。

尚、対戦した京産大の公式によると、結果につきましては相手のご意向により非公開とさせていただきます。との事だが、スコアは公表しても大丈夫だと思います。

さて、この試合で目を引いたのは京産大のセンターフォワード。



9番の彼。とにかくでかいの。

ユナイテッドのセンターバック陣と比べても頭一つ抜けており、存在感を見せていた。

ゲキサカによると名前は和田健太郎君。195cmだそうな。新3年生でガンバユース出身との事。

今年のデンソーチャレンジカップの関西選抜にも選ばれており、今後が気になる選手だと感じた。この恵まれた体格をどう活かしていくか注目。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター