NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

Good Luck

今、自分は鹿児島ユナイテッドFCのサポーターだとは思っていない。

今シーズンは1度もリーグ戦に行っていないし、ファンクラブも入らず、ユニを始めとしたグッズも買っていない。

だからこの記事は「鹿児島ユナイテッドFCサポーター」ではなく、「ヴォルカ鹿児島サポーター」として書く。


最初に彼の事を知ったのは2006年度の高校選手権だった。

八千代高校の一員として選手権に出場し、乾擁する野洲を下す等してベスト4まで勝ち進んでいた。

準決勝の盛岡商業戦、彼は高いパフォーマンスを見せていた。「八千代のGKいいな」と思いながらTVで見ていた。

スコアレスで迎えた終盤、試合が動く。

盛岡商業の右サイドからのコーナーキック。これを痛恨のパンチングミス。自分の足に当たってゴールに吸いこまれた。

これが決勝点となり、八千代は準決勝で敗れる。

このシーンは高校選手権の象徴的な出来事として何度かTVでも取り上げられていた。

その特集の1つで彼が岡山のIPU・環太平洋大へ進学した事を知った。


IPU・環太平洋大ではデンソーチャレンジカップの中国・四国大学選抜に選ばれたり、総理大臣杯に出場したり、岡山県代表として天皇杯に出場する等、高校・大学を通じて全国大会の経験を得る。


2011年、他所のクラブの動向を見ていた時に福島ユナイテッドFC加入のリリースを偶然目にする。

「あの時の八千代のGKは福島に行ったのか」という認識でしかなかったが、アミティエ主催の合同セレクションで一番環境の良かった福島ユナイテッドFCを選択したらしい。

ところがこの年、東日本大震災により東北リーグの再開の目途が立たず、時間を無駄にしたくなかった彼はチームを去る決断をする。

合同セレクションで声をかけていたヴォルカ鹿児島に移籍した。



ヴォルカデビューは5/15(日)の九州総合スポーツカレッジ戦。この試合から不動の守護神としてヴォルカを最後尾を支えた。

印象に残っているのは第10節の海邦銀行SC戦@沖縄。勝点3が必須の試合ではあったが、得点を奪うことが出来ず、スコアレスでPKとなってしまう。

この時のヴォルカはPKの上手い選手が失敗する等、嫌な雰囲気だったが、それを吹き飛ばすPKストップを魅せた。

勝点のロストは痛かったが、それを忘れさせる活躍をした。

しかし、ピッチでの結果が出せなかったのは勿論、FC KAGOSHIMAとの合併案が出る等、ピッチ内外で様々な出来事が起きた。

そんな中で「生活が苦しい」、「鹿児島に来て下手になっている」等のツィートを目にし、何だか申し訳なさを感じたものである。




2012年はクラブスタッフとして働きながらこの年も不動の守護神として君臨した。

リーグ第9節のFC KAGOSHIMA戦に勝利し、そこで首位に立つと、天皇杯2回戦で浦和レッズと対戦し、順当に進んでいたが、後期リーグになるにつれ、攻撃の質が低下し、勝ちを重ねる一方で内容が悪くなってきていた。

そんな中で第16節の新日鐵大分に敗れ首位陥落。

優勝決定戦となったFC KAGOSHIMA戦、全国社会人選手権で失点に直結するミスをし、このシーズンもポジティブなものではなかった。

加えて、合併案が泥沼と化し、チームに嫌気がして退団するのではないかと不安に感じたものだ。




2013年、退団も覚悟していた中でチームに残ってくれた。

リーグ第9節のFC KAGOSHIMA戦では決定的なピンチをファインセーブで防ぎ、首位浮上に貢献。

その後、沖縄で行われたリーグ第14節の海邦銀行SC戦、PKまで縺れた苦しい試合だったが、この時は特に神がかっていた。

先攻のヴォルカがPKを失敗すると、その次の海銀の選手のPKを尽くストップ。特に5人目、6人目でヴォルカの選手がPKを失敗し、後がない状況で見事ストップ。勝利に貢献した。

チームはリーグ優勝をし、地域決勝では1次ラウンド最終戦、FC大阪に勝利し、撤収作業をしている時に試合を観ていた少年団の子供たちが「ヴォルカのGK上手かったね」と言っていたのが印象的だった。

ハイボールの処理が安定し、フィンセーブも見せて勝利に貢献した。

決勝ラウンドでは4位となり、自力でのJFL昇格を掴む事は出来なかったが、FC KAGOSHIMAが3位になった事でまた、統合も決まり、新シーズンをJFLで迎える事が出来た。




2014年、鹿児島ユナイテッドFCとなった中でも正GKとしてゴールマウスを守った。

コンスタントに安定したプレーで1stステージのMOMとも言える質の高いプレーを魅せた。初めてのJFLだったが自信を持ってプレーしているように見えた。

しかし、1stステージを終え、鹿児島県サッカー選手権(天皇杯予選)、天皇杯本選の4試合中、本選1回戦の徳島市立高校戦のみの出場となり、残りの3試合を武田大にスタメンの座を明け渡した。

鹿屋体大戦や徳島ヴォルティス戦も起用されず、ここで序列が変わったのかと思われたが、2ndステージ開幕戦ではスタメンに戻る。

1stステージから2ndステージ開幕までの間、一番力が劣ると思われる徳島私立高校戦しか出ていない事が試合勘の欠如、または試合に挑むに当たりモチベーションの持って行き方が難しかったのか、ホーム・レノファ山口戦ではビルドアップミスから失点に絡み、次節のファジアーノ岡山ネクスト戦以降はサブに降格した。

1stステージ最終戦のMIOびわこ滋賀戦の次の鹿屋体育大学戦や天皇杯の徳島ヴォルティス戦にも出ていれば、1stステージの良い感覚を残したまま挑めた可能性もあっただけに、あの時期の起用法が悪い方向へのターニングポイントになったのではないかと思われる。




2015年、監督が浅野さんに代わるも引き続き正GKは武田だった。

開幕前のトレーニングマッチでの起用法から察するに浅野さんはプレースタイル的に武田よりも彼を起用したかったのではないかと伺える。

しかし、人伝で聞いた話ではあるが、「怪我はしてないけど調子が上向かない」との事で、結局、武田にスタメンを明け渡した。

武田も不安定なプレーが目立ち、時々スタメンに抜擢されてはいたが、そこでチャンスを掴む事が出来なかった。

姶良で行われたFC大阪戦ではPKのピンチを防ぎ、勝利に貢献した。しかし、次節のHonda FC戦ではビルドアップミスから失点に直結するプレーをして次のヴァンラーレ八戸戦はサブに降格する。

浅野さんはGKのプレーに不満があると代える傾向にあったが、奄美開催のSP京都戦では、3失点目は武田のミスから生まれた失点だったにも関わらず、次の流経大ドラゴンズ竜ケ崎戦以降もそのまま武田を起用。

皮肉にも、チームの調子が上向き、武田も安定したプレーをする事でJ3参入に貢献した。




2016年は初旬のニューイヤーカップでは初戦こそ出場するも、2戦目、3戦目は出番がなかった。

この年はSP京都から加入した山岡が不動の守護神となり、サブに入るかを武田を争う形となった。

シーズン中盤は武田がサブに入ってたが、序盤と終盤はサブに入り、ホーム最終戦のグルージャ盛岡戦でJ3デビューを果たす。

ただ、失点に直結するミスもあり、悔いのない試合が出来たかは気になった。


九州リーグからJFLへ舞台を移し、九州リーグでは出来ていたプレーがJFLでは出来なくなっていた部分もあった。

例えば、JFLで2試合ビルドアップミスで失点に絡んでいたが、九州リーグで観ていた時はそういうプレーにも長けた選手というイメージがあった。

また、ハイボールの処理に関しても、JFLではキャッチングして攻撃をシャットアウトするプレーが減り、パンチングをする機会が多く見られていた。

カテゴリーが変わる中で、今まで出来ていたプレーが出来なくなるという事はポジション争いで後手になるのは仕方がないのか。




2017年は菜入の加入もあり、サブに入る事も出来なかった。

菜入がホーム栃木戦で5失点をし、うち3失点が菜入のミスから生まれたが、その次の試合では菜入は懲罰なのか、サブからも漏れた。

その時にサブ入りしたのは岩崎知瑳。

その後、山岡が失点に直結するミスをした後、今度は山岡がサブからも漏れてスタメンが菜入、サブが岩崎という事で序列は4番手。

真っ先に契約満了のリリースが出ても仕方のない成績だった。


ただ、一個人の意見だが、この飼い殺し状態は納得がいかない。

今年、Jリーグの特別指定選手に承認された選手にはGKが多かった。

いくつかの例で共通する事は、既存のGKに怪我人が出ていた点。特指の他にもGKコーチが選手登録している例もあった。

GKに不測の事態が起きた場合、ウィンドーとは関係なく移籍が可能であるため、春先に怪我人が相次いだFC琉球や秋にGKコーチを急遽選手登録した上で九州産業大学の加藤を特指にしたレノファ山口へのレンタルという選択肢はなかったのか。

国体にユナイテッドの選手が数名選出されていたが、GK2人が鹿屋多大の選手だった。このメンバーも1人はユナイテッドのGKから選んでも良かったのではないか。

どこかで試合に絡めるチャンスはあったのに、クラブがそれをしなかった。(ように見える)



GKのコーチングの質という点で彼から学ぶ事は多かった。

観衆の少ないヴォルカの試合だから気付いた事であったが、彼のコーチングで特徴的なのは味方選手がボールを保持している時に死角からプレスが来た時も、ただ「来てる」と言うだけでなく、具体的にプレーの指示を出し、味方を慌てさせない一言を付け加えていた。

自陣で相手選手からプレスがあった時も「大丈夫」と一言付け加え、実際にロストする事無く円滑にプレーが出来る体制を作っていた。


丁寧にファンサをする姿勢に人気も高かった。

ヴォルカの時は見知らぬ練習生がいた時に「あれ誰?」と聞いた事もあった。嫌な顔せずにきちんと答えてくれてたけど、あれは鬱陶しかっただろうなぁ。

また、母君にはいろいろと迷惑を被りました。

去年のアウェイ・琉球戦で体調不良で出れなかった山岡の代わりが武田だった事でぶつぶつ文句を言ってた時は本気でシバこうかと思いました。

いろいろ面白かったですよ。東京全社(2012)で負けた時は「(息子を)島に流せ」と怒ってたり、長崎全社(2013)の八戸戦では、延長後半アディショナルタイムに決勝点決めて勝った時はあまりの喜びっぷりに選手から「落ち着け」って言われたり。


鹿児島に来て7シーズン。この7シーズンは山あり谷ありで心が折れて引退してもおかしくない時期もあっただろう。

トライアウトに参加したという事はまだ続ける意思があるという事。

新天地が見つかれば、鹿児島でのタフな経験はきっと活かせる。

現役を続けるならきっとどこかでプレーは観れるからさよならは言わない。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

今更に思ふ

お詫び

鹿児島ユナイテッドFCサポ―ターの皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は、当ブログをご観覧いただき、厚くお礼申し上げます。

さて、ユナサポ失格を自認しておきながら、ユナイテッドに関する内容をブログにUPをし、ユナイテッドサポーターの皆様に多大なご迷惑をおかけします事を心より深くお詫び申し上げます。

この度の不手際は、以前書いた「菜入に萎える」についての修正をどうしてもブログネタにしたかったという衝動を抑えられなかった事が原因であります。それにより、鹿児島ユナイテッドFCサポーターの皆様には不快な感情を生む事と思い、たいへん申し訳なく思っております。

衝動的にブログネタにしたいと思う事案は今後も起こり得るため、二度とユナネタは書かないとお約束は致しかねますが、まずはWEB上にてお詫を申し上げます。



以前書いた、「菜入に萎える」の記事で、3失点目の菜入の飛び出しについて言及したが、よくよく考えれば、あれは味方からのバックパスだった。



その前のパスミスが9分9厘悪い。しかし、菜入の体勢を見ていただきたい。

菜入はこの時、足からスライディングで行っている。

通常、ゴール右よりの位置で1対1になれば、上半身を右に倒しながら滑り込む。

そうする事で逆サイドに足が残り、その残った足でセーブできる可能性があるからだ。

しかし、手から行かずに足から行っているし、体勢が逆。

一発で奪いに行こうとしたのは、ディレイでコースを消そうにも横にいた選手に繋がるのが分かっていたからだと思うが、こういう状況で咄嗟にそういうプレーを選択するというのは、兼ね備えているスキルがそのレベルという事でもある。



と書いたが、もし、自分が書いた通りの対応をしたらバックパスを手で処理したという事でエリア内での間接フリーキックになった可能性がある。

だから菜入は足から行ったんだろうなと今になって思う。ホントに今更だけど。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

J2ライセンス交付を受け、浮かれてばかりはいられない件

お詫び

鹿児島ユナイテッドFCサポ―ターの皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は、当ブログをご観覧いただき、厚くお礼申し上げます。

さて、ユナサポ失格を自認しておきながら、ユナイテッドに関する内容をブログにUPをし、ユナイテッドサポーターの皆様に多大なご迷惑をおかけします事を心より深くお詫び申し上げます。

この度の不手際は、「J2ライセンス交付に於いて出てきた懸念材料がある事」についてどうしてもブログネタにしたかったという衝動を抑えられなかった事が原因であります。それにより、鹿児島ユナイテッドFCサポーターの皆様には不快な感情を生む事と思い、たいへん申し訳なく思っております。

衝動的にブログネタにしたいと思う事案は今後も起こり得るため、二度とユナネタは書かないとお約束は致しかねますが、まずはWEB上にてお詫を申し上げます。



あれは昨年の6月。島美人マン1号の結婚式へ向かう道中での出来事だ。

Jリーグの話題になって奴はこう言った。

「僕はねぇ、リーグ戦でザスパに勝ったらサポーター引退するって嫁に言ってるんですよ~」


私は、「そう遠くない未来に実現しそうじゃないですか?」と答えた。

ヴォルカ鹿児島のサポーターグループだった「LAVA鹿児島」は2003年に前田浩二さんが選手兼監督としてやってきた時期やそれ以前から応援していた古参サポが多く、2003年、地域決勝でザスパに敗れた事で小さくない因縁を感じているようだった。

特にこの写真の男のザスパへの因縁は強く、7年前に下関で行われた全国社会人サッカー選手権1回戦でカマタマーレ讃岐にフルボッコされた後、宿をキャンセルして一路福岡へ向かっていた。

その時に観戦したアビスパ福岡×ザスパ草津戦におけるアビスパの勝利にもザスパに対し、「お前らのせいでまだ九州リーグなんだ~」ともはや逆恨みな感じでアビスパの勝利を喜んだそうだ。

今回、J2ライセンスの交付を受け、J3だけでなく、J2の順位も気になるわけだが、現在、ザスパクサツ群馬はJ2最下位で1つ上の順位のレノファ山口との勝点差が10開いている。

J3の順位次第ではあるが、降格の可能性が高い位置につけている。

アカンやん…

仮に来年、ザスパと同じカテゴリーになったら、そこで勝利したら、それは奴の引退試合となってしまうのだ。

ザスパがJ3に降格するのなら、絶対に鹿児島ユナイテッドFCはJ2に上がらないといけない!!

ザスパと同じカテゴリーにいてはいけないのだ!!

ザスパの降格が止められないのなら、意地でもJ2へ昇格するのだ!!

この写真の男がサポーターを引退するのはまだ早すぎる。




……まあ、ネタで言ってるだけで何だかんだで続けるでしょうけどね。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

沖縄との相性

お詫び

鹿児島ユナイテッドFCサポ―ターの皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は、当ブログをご観覧いただき、厚くお礼申し上げます。

さて、ユナサポ失格を自認しておきながら、ユナイテッドに関する内容をブログにUPをし、ユナイテッドサポーターの皆様に多大なご迷惑をおかけします事を心より深くお詫び申し上げます。

この度の不手際は、「次節・FC琉球戦へ向け、沖縄との相性が抜群に良い選手がいる」点についてどうしてもブログネタにしたかったという衝動を抑えられなかった事が原因であります。それにより、鹿児島ユナイテッドFCサポーターの皆様には不快な感情を生む事と思い、たいへん申し訳なく思っております。

衝動的にブログネタにしたいと思う事案は今後も起こり得るため、二度とユナネタは書かないとお約束は致しかねますが、まずはWEB上にてお詫を申し上げます。



統合前の九州リーグ時代の話ではあるが、彼は沖縄で試合をしている時にやけに点を決める。

最初は偶然だと思ってた。

リーグ戦18試合のうちの1試合で、その時に調子が良かったから結果を残したのだと思った。

しかし、年月を重ね、沖縄で試合をするたびに、「あ、また取った」と気付くようになった。

私は彼の事を「沖縄男」と密かに呼んでいた。

昨シーズン、アウェイ・琉球戦のメンバーに彼の名前はなかった。

半分冗談、半分本気であの時、勝てなかったのは彼がいなかったからだと思っている。

理屈で語れない相性というものは存在するからだ。

琉球戦を明日に控え、この事をネタにしたくて九州リーグでの沖縄開催での戦績を調べてみた。

通算18試合18得点
※07年に沖縄で九州社会人選手権があったが、その公式記録がないので九州リーグのみではあるが。

無得点の試合もあったし、1試合で複数得点を挙げた試合もあったが、1試合1点のペースである。

沖縄だけに限定すれば統合前の2クラブに所属していたどのFWよりも点を取っているのでは?

遠征メンバーに入っているかは分からない。

最近の状況だとアウェイのようにサブメンバーを7人連れていけない試合では帯同させてない可能性が高い。

ただ、「こういう選手もいるんだよ」というのを伝えたかっただけである。

薄々勘付いてると思いますが、この人です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓











人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

菜入を使うメリットとは…【回答】

お詫び

鹿児島ユナイテッドFCサポ―ターの皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は、当ブログをご観覧いただき、厚くお礼申し上げます。

さて、ユナサポ失格を自認しておきながら、ユナイテッドに関する内容をブログにUPをし、ユナイテッドサポーターの皆様に多大なご迷惑をおかけします事を心より深くお詫び申し上げます。

この度の不手際は、前記事の「菜入に萎える」について質問を頂いたので、その件について回答したかったという衝動を抑えられなかった事が原因であります。それにより、鹿児島ユナイテッドFCサポーターの皆様には不快な感情を生む事と思い、たいへん申し訳なく思っております。

衝動的にブログネタにしたいと思う事案は今後も起こり得るため、二度とユナネタは書かないとお約束は致しかねますが、まずはWEB上にてお詫を申し上げます。



あの記事を書き終えた後、以下のようなコメントを頂いた。



トップチームの応援から離れている身としては、なかなかの爆弾を投下された気分だったが、「わかりません」の一言で済ますのも癪だったので、限られた情報の中で自分なりに検証をしてみた。

まず先に断っておきたいのは、明確な回答を出すにはコンスタントに練習や試合を観て、その後に映像を見たうえで検証しない事には分からない"答え"だという事。

むしろ立ち位置的には質問者さんの方が監督にインタビューする機会もあるだろうから、その時に聞いてみればという意地悪な回答も思いついたが、自分で分析する事でサッカー感の向上にも繋がると思ったので、頑張って分析してみましたよ!

本来なら、所属している全GKを観たうえで検証したい事案ではあるが、試合に出ているのが山岡・菜入の2選手のみなので、この2人をDAZNのハイライトを中心に改めて比較してみた。

菜入に関しては、前記事である程度書いている。

山岡に関しては、昨年書いた記事に加え、今シーズンのDAZNのハイライトを元に新たに分析してみた。









昨日、何度か山岡のプレーに関するツィートをしていたので、その部分を埋め込んでおく。

気になった点で言えば、昨シーズンはミスの少ないGKという印象を抱いたが、今シーズンに関しては、シュートストップに対する備えの中で細かいミスもいくつか見られるという点。

あまり長文になるのも良くないので、上記のツィートを読んで頂きたい。

アウェイ・FC東京U-23戦、アウェイ・沼津戦の2失点目、アウェイ・栃木戦の2失点目が自分が感じた昨年には見られなかった細かいミス。

山岡はプレジャンプを抑え、重心を低く構え、すり足でポジショニングを微調整していた。シュートの瞬間は体が止まっており、ある程度のコースには反応できるように備えている。

ところが、FC東京U-23戦はプレジャンプが大きく、体も泳いでいた。沼津戦の2失点目は重心が高い。アウェイ・栃木戦でもやはりシュートの瞬間は体が泳いでいたうえに、体を伸ばして面を作っていない。(※シューターに対して壁になるような状況になれていないという事)

また、昨シーズンはバイタルエリアでボールを保持されると、その際にはいつ打たれてもいいように「シュートに対した備え」をしていたが、今シーズンは、バイタルエリアで保持されていても重心の高い構えで、そこより前に運ばれた時に初めて低く構えている。

GKコーチが代わった事でこれまでとは違う技術指導が入ったのか、昨シーズンに感じた「自分の型」とは違う動きに感じる。

それがミスが増えている事に繋がっていれば本末転倒だが、GKのみではなく、守備組織が昨シーズンとも変わってそこの修正に戸惑っている可能性もあるだろう。

自分の考えとしては、シュートストップに対する備えでは今でも山岡の方が優れていると思うし、使うなら山岡でと思っている。

では本題の何故、菜入なのか?という検証だが、まずは山岡が最後に出場した天皇杯2回戦・サンフレッチェ広島戦にヒントが隠されていると思い、改めてその試合の映像を見た。

まず広島戦の失点だが、2失点目は弾いた所に相手選手がおり、もっと強く弾くべきだと思うのだが、J3で普段受けているシュートとJ1のパワーの差により、適切な場所に弾けなかった可能性もある事だけは理解して頂きたい。

1失点目は上本大海のポジショニングが低すぎてしかもシューターをフリーにしていた事が原因でGKの落ち度は少ないものと考える。

3失点目は、アシストした選手に対して田中秀人が対応しようとしたら、猛スピードで戻ってきた野嶽がその選手に詰めてしまったため、田中の立ち位置が宙ぶらりんになった結果、ゴールを決めた工藤をフリーにしてしまった。

ゴール前でフリーで打たれたらPKを止めるより難しい。余談になるが、これは野嶽が工藤につくべきだった。

失点に関しては、2失点目はともかく、1失点目、3失点目をGKに非を求めるのは酷である。

山岡がスタメンを外されたのは別の所にあるのではないかと。


  • 菜入の良さはどこにあるのか


  • 菜入のプレーを分析した際、DAZNのハイライトでは、粗さが目立つ形となったので、どういうプレーを得意をするGKなのかを検索してみたら、興味深い記事を見つけた。

    松澤をユースに上げなかった判断について、当時の指導者はこう語る。

    「ふたりはタイプが違いました。ナイルはビルドアップに長け、フィールドプレーヤーの感覚を持つ選手。一方、コウキの持ち味はシュートストップです。ヴェルディはつなぐサッカーを特長とし、ディフェンダーとの関係性を考えると、ナイルのほうが適している。

    ユースを強くするだけなら、レベルの高いGKがふたりいたほうがいいに決まっています。でも、それでは彼らのためにならない。この年代はゲームに出ることが何より優先されます」(沖田政夫・東京ヴェルディ女子チームGKコーチ)

    「そのとき僕の頭を占めていたのは、どうやってふたりともプロにするか。それぞれの出場機会の確保に加え、コウキの場合はメンタルに課題を抱えていました。

    あいつ、性格がやさしいんですよ。ナイルはミスをしても淡々とやれる図太さがあるんですが、コウキは周りから文句を言われるとヘコんでしまい、プレーを乱す傾向があった。だったら、ここで外の世界を経験したほうが飛躍的に伸びるだろうと」(冨樫)
    https://www.footballchannel.jp/2014/08/21/post47987/3/



    これは最近は悪名高い「フットボールチャンネル(以下フトチャン)」で掲載された「2015年の君たちは――。東京ヴェルディユース、花の92年組を追って」という企画で、ヴェルディジュニアユースで菜入と凌ぎを削った松澤香輝(現徳島ヴォルティス)の特集だったが、菜入についても少し書かれていた。

    また、前記事でも興味深いコメントを頂いた。



    山岡選手はジュビロ戦で、何度も何度もスーパーセーブを見せていたにも関わらず、最後のファンブルに対して、反省しすぎるほど反省していたとか。



    の一文。山岡も失点する度にいちいち気落ちしないとは思うが、フトチャンの引用記事で赤字にした部分の通りであれば、ポゼッションをチーム戦術に入れる中で、ビルドアップに長け、且つ図太い神経をしている菜入がスタメンに相応しいと考えても不思議ではない。

    山岡はパントキックやプレースキックの精度は悪くないが、バックパスの処理に課題を残す印象がある。

    広島戦でも、バックパスを近くの味方へ出さずに長いボールを蹴り、そのボールがラインを割るシーンが2回、3回ほどあった。

    マイボールになったらそこが攻撃のスイッチと考えているとしたら、バックパスを受けて安易に縦に蹴らず、味方に預けるプレーを要求されるとなると、山岡ではなく菜入なんだろう。


  • ただし、それでも山岡を出すべきでは…


  • GKもフィールドプレーヤー同様の足元の技術が要求されるようになって久しいが、それでも一番大事なのはシュートストップであり、そこへのディテールを追及する事だと思う。

    くどいようだが、そういった点では菜入よりも山岡の方が優れているように思う。

    GKにもビルドアップの要求に目が行き過ぎて肝心のシュートストップをおざなりにしたら失点は減らない。

    このケースとしては昨シーズンにグァルディオラがマンチェスター・シティの監督に就任した際に、それまで正GKだったジョー・ハートに不満を持ち、バルセロナから足元のスキルに長けたクラウディオ・ブラーボを獲得して失敗したケースに近い。

    補足すれば、山岡はスローイングが上手い。足に拘らなければ、スローイングから攻撃のスイッチを入れる事も可能である。


    以上の事から、菜入を使うメリットはビルドアップ向上が目的と考えられるが、GKとして1番大事な「シュートストップへの備え」は山岡の方が優れていると思うので、スタメンは代えるべきだと考える。



    人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

    ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
    最新記事
    カテゴリ

    月別アーカイブ

    スポンサードリンク
    リンク
    コメント
    プロフィール

    dai

    Author:dai
    私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

    ~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 01 | 2018/02 | 03
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 - - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター