NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

永石 拓海、セレッソ大阪へ内定

福岡大学の守護神・永石拓海のセレッソ大阪への加入内定がリリースされた。(公式)

GK 永石 拓海 ながいし たくみ
■生年月日: 1996年2月16日
■身長/体重: 191cm/86kg
■出身: 山口県
■サッカー歴: 高川学園高校→福岡大学
■経歴: U-17日本代表、九州大学選抜(14)、全日本大学選抜、サガン鳥栖特別指定選手(2015年)



セレッソの公式にプレーの特徴も載せているが、190cm台と長身ながら、俊敏性に優れ、守備範囲も広く、ドイツ代表のノイアーを彷彿させる。フィードの精度も良く、素材としては申し分ない。

オフになる度にキム・ジンヒョンのKリーグクラブへの移籍が話題になっている印象があるが、将来の守護神候補として獲得したのかもしれない。

近年は福大の主力はサガン鳥栖へ加入していたが、最近はそのルートが潰えたようにも思える。

日本では数少ない190cm台のGKなので、戦力として活躍できる事を祈る。

※一部不適切かと思う内容があったため、その部分は削除・修正しました。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ
スポンサーサイト

大学サッカーとスポンサー

[ユニ論]大学サッカーの胸に入るスポンサー事情という記事を発見した。

大学のサッカー部にもスポンサーがつくのが珍しくない時代ではあるが、ANAとかKIRINのような大企業だけでなく、地元の企業がスポンサーとして支援してくれる大学もあり、鹿屋体大はそれに該当する。

ユニフォームだけでなく、トレーニングウェアにもスポンサー広告が入っているので、見た目はJリーグクラブみたいだ。

鹿屋体大のユニスポンサーは胸が「南州農場」(南大隅町)、背中が池田病院(鹿屋市)、腰に「さつま大海」(鹿屋市)、左袖に「かのや交通」(鹿屋市)、パンツに「大隅鹿屋病院」(鹿屋市)と、大隅地区にある企業がスポンサーとなっている。

時々SNSで選手・監督がスポンサー先に訪問している様子がアップされているが、地域に根差したチーム作りを行っているのが伺える。

ここでふと、NIFSが大隅半島からJリーグを目指すチームだった頃を思い出した。

あの時、NIFSには倉府食品が胸スポンサーだったが、今の鹿屋体大みたいに複数の企業がユニフォームに広告を載せれるくらいの支援があればまた違ったのだろうと野暮な事を思った。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

京産大・和田 健太郎、ガンバの特別指定選手に

3/5にユナイテッドとトレーニングマッチをした京都産業大学の「和田 健太郎」がガンバ大阪の特別指定選手となった。(公式)

その試合を観に行った方はピンと来たかもしれないが、あの一際背の高かったFWの選手である。

元々ガンバユース出身という事で、"古巣"が受け入れた形に。

長身FWと言えば現在、長沢がブレイクしているので、プレーを参考にして自身にとってプラスに出来れば。

ちなみにゲキサカだと身長は195cmだったが、ガンバ公式では193cmになっている。観た感じ195の方に説得力があるが、その辺も気になる。






人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

儀保 幸英(沖縄国際大)、FC琉球の特別指定選手に

J3・FC琉球では、沖縄国際大2年の儀保 幸英を特別指定選手として承認された事がリリースされた。(公式)

儀保のプレーを初めて観たのは、2015年10月の九州大学リーグで。

1部に昇格したばかりの沖縄国際大は、リーグで苦戦しており、1年で2部へ降格する事となった。

決して強豪とは言えない沖国大の中で、より際立っていたのがこの儀保幸英だ。

沖縄出身ながら、高校は名門・流経大柏を卒業しており、高校時代から評価の高かった選手であった。

昨年、今年と九州大学選抜にも名を連ねており、高いテクニックを活かした突破とゴールセンスを兼ね備えたアタッカー。

沖縄出身のJリーガーも増えていたものの、沖縄の大学からJリーグへ加入したのは現コンサドーレ札幌の上原慎也(沖縄大卒)のみで、前例は少ない。

地元出身で地元の大学に籍を置くホープ。順当に力をつけて沖国大初のJリーガーになれるか注目の選手だ。






人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

冷岡 幸輝、ブリオベッカ浦安へ #briobecca #ブリオベッカ浦安

昨日、鹿屋体大・冷岡幸輝のブリオベッカ浦安への移籍がリリースされた。→公式

FW 冷岡 幸輝 ヒヤオカ コウキ
▼生年月日: 1993年4月26日
▼身長/体重: 180cm/73kg
▼出身: 茨城県
▼サッカー歴: FC東京U-18→ジョイフル本田つくばFC→大隅NIFS FC→鹿屋体育大学→大隅NIFS FC→NIFS KANOYA FC→鹿屋体育大学
▼備考: 九州大学選抜



前線でターゲットマンとしてだけでなく、足元の技術も高い。プレーのレパートリーは多く、センスを感じる。

しかし、どれも傑出しているとは言えず起用貧乏になる可能性もあるので、起用法は明確にした方がよいか。

竹中が着けていた11番を背負うという事で期待されての入団だと思うので、JFLの舞台で大暴れしてほしい。

ちなみに、鹿屋体大には1期上に現アビスパ福岡の下坂晃城(シモサカ コウキ)がいて、試合中は「ヒヤ」と呼ばれていました。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

呟き

QRコード

QR

ブロ友申請
検索

RSSリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カウンター