NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

このカードはやっちゃダメな気がする…




川村はRIZIN参戦をアピールしていたので、それが実る形となったけど、まだ実績として弱いので簡単に出さないで欲しいと思うのが正直なところ。

あいも格闘代理戦争で古瀬に負けたばかり。止めるのが早かったのでダメージはほぼないと思うが、実力派のカードも多く出ていた中でランクが落ちる印象は否めない。

RIZINを日本のメジャーMMA団体にしたいのなら、やはりカードは選んでほしいと思う。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト



ONE メインイベント・内藤のび太×ジョシュア・パシオを見て

昨日、AbemaTVでONE Championshipの試合を見た。

正直、ベラトールを切ったAbemaには冷めているし、ONEを「アジア発世界最高峰の総合格闘技」と煽っているのも違和感しか感じなくて、どうも好きになれないけど、昨日は見ずにはいられなかった。

松嶋こよみ、若松佑弥、そしてメインイベントはストロー級タイトルマッチで王者・内藤のび太が参戦するという事で。

松嶋こよみは1RKO勝ち、若松は判定負け、そして、内藤のび太も判定負けで王座陥落となったわけだが、個人的に気になったのはのび太判定負けのジャッジである。

ONEはラウンド事の採点ではなくて、フルラウンドの印象で決まるというものだけど、挑戦者のパシオに票が入ったとされる理由がダメージを取ったと。

1Rにパシオのミドルがのび太のボディに入ったのは効いたように見えた。2Rものび太のタックルも切られて研究されていて旗色が悪いようにも見えた。

一方で2R途中からのび太が持ち直し、3R以降はしつこくタックルに行って上になるシーンが目立つ。

のび太に票が入らなかったとされる理由の1つがグラウンドで上になってもパスしてサイドやマウントを取れなかったという説もあるようだが、瞬間的ではあるがポジションは取っていたからその解釈にも納得しかねる。

打撃によるダメージは確かに与えてなかったと思うが、一方でパシオがのび太に与えたダメージも1Rのミドルくらい。ローや関節蹴りもやっかいだったけど、フルラウンド動き続けたのび太の方がダメージがあると言われても…というのが正直なところ。

もし、ラウンド事に採点するとすれば1Rはダメージを取ってパシオ、2Rは分かれそうだが、序盤優勢だったパシオとしても、3R以降はテイクダウンして上をキープしていたのび太。

採点すると
のび太 48 (9-10、9-10、10-9、10-9、10-9) 47 パシオ

かなとは思うし、仮に1Rが10-8でパシオだったとしても47-47でのび太のドロー防衛な気もするんだけど…。

で、結局言いたいのは、この戦い方でのび太は上になっただけでパスしてマウントやサイドを取っていない、打撃でダメージを与えていないと判断され、パシオがのび太にダメージを与えたと言っても、それは1Rのみ。

のび太だって最初からテイクダウンして上になるだけで勝ちをもぎ取ろうとしていたわけではないだろうし、テイクダウン→ポジションを取る→サブミッションで一本という流れを目指してたと思うわけで。

このメインの判定基準がまかり通ってしまえば組技系の選手はどうしようもない気がする。

序盤にダメージを貰ってしまえば、後を得意の展開に持ち込んでも一本取る以外に勝利はないという事でしょう?

それってストライカー有利じゃない?
と思うのです。

もっとも、他の団体を含め、これがスタンダードにはならないと思うし、「え?」って思う判定は過去にもあったけど、ここまで納得いかない判定は初めてだったので、ちょっと書いてみた。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

Bellator192雑感

ベラトール192が開催され、この中で個人的に気になった3試合について少々。

この大会はダブルメインとして、ウェルター級タイトルマッチ、ダグラス・リマvsローリー・マクドナルド、ヘビー級トーナメント1回戦のクイントン・"ランペイジ"・ジャクソンvsチェール・ソネンの他に、前ライト級チャンピオンのマイケル・チャンドラーや新星アーロン・ピコも参戦した。

ちなみにプレリムではホイスの息子が試合しましたが、判定負けでした。


気になった試合は最後の3つ。まずはマイケル・チャンドラーvsゴイチ・ヤマウチの試合について。

ライト級5分3R
マイケル・チャンドラーvsゴイチ・ヤマウチ

1R
リードジャブでけん制するチャンドラー。ゴイチは蹴りで応戦。ボディへの蹴りを見せるチャンドラー。ボディへストレート。ゴイチは引き込みを狙う。チャンドラーはパウンドを落としグラウンドへ。クローズドガード。ゴイチの足が上がってくる。肘を当てながら削るチャンドラー。ゴイチは下から肘を当てる。コツコツ当てるチャンドラー。ゴイチは目尻をカット。足を使って下から崩そうとするゴイチだがチャンドラーに上手く潰される。ゴング。1Rはトップをキープしたチャンドラーか。チャンドラーも目の下が腫れている。

2R
左ミドルから入るゴイチ。ゴイチのサイドキックが顔面にクリーンヒット。下がるチャンドラー。蹴りを多用するゴイチ。下がるチャンドラーにパンチで攻める。打撃が当たるようになった。チャンドラーはタックルでテイクダウン。これで流れを切って削りにいくチャンドラー。トップから肘を当てるチャンドラー。ゴイチは腕を狙うが潰される。ケージを上手く使って下からの極めを狙うゴイチだが、チャンドラーはパウンドで潰す。
序盤にダメージを与えたゴイチだが、その後にチャンドラーも挽回。このラウンドもチャンドラーか。

3R
チャンドラーの右ストレートが入る。ゴイチが下がる。チャンドラーのボディストレートに蹴りで合わせるゴイチ。お互いがけん制しあう中でチャンドラーがアイポーク。再開。ゴイチは右ローを使いけん制するが、チャンドラーの圧力は強く、スーパーマンパンチからテイクダウン。肘を当てるチャンドラー。ゴイチは下から腕を狙うがケージ際でスペースがなく厳しい。チャンドラーの肘がえぐい。パウンドや肘が当たり始める。ゴイチは下から腕を狙うがチャンドラーもパウンドで潰す。終盤、鉄槌が当たり始める。このラウンドもチャンドラーだろう。

判定は2人が30-26、1人が30-25の3-0でチャンドラー。
ゴイチも最後まで諦めなかったが、チャンドラーの完勝。いや強い。


続いて、ウェルター級タイトルマッチのダグラス・リマ×ローリー・マクドナルドについて。個人的に一番注目していたカード。

ウェルター級タイトルマッチ5分5R
ダグラス・リマvsローリー・マクドナルド

1R
左ジャブでお互いけん制。ロリマクのタックルをリマは切る。ロリマクはパンチと蹴りのコンビネーション。リマはジャブでけん制する。リマがローを出せばロリマクもローを返す。ロリマク片足タックル。リマはこれを耐える。ケージに押し込むロリマク。ロリマクテイクダウン。リマはクローズドガード。徐々に削りにかかるロリマク。決定打がなく膠着気味。リマは殴らせないように守勢に回る、残り10秒でブレイク。
1Rは決定打こそなかったが、トップをキープしたロリマクだろう。

2R
ロリマク圧に圧されるリマ。打撃でけん制し合う。リマのミドルをキャッチしたロリマクだが、リマがケージ際に押し込む。体勢が変わりロリマクがリマを押し込む形に。膝を入れるロリマク。お互いが体勢を変えてケージ際に押し込む。両差しになるロリマク。膝を当てながら様子を伺うがブレイク。リマのローにパンチを合わせるロリマク。リマのローをカットしきれないロリマク。ロリマクの前蹴りがローブロー。一時中断。再開。片足タックルからバックに回るロリマク。ケージ際に。テイクダウンを狙うロリマクだがリマも耐える。しかし、ロリマクはバックに回りまたケージ際に。差し合いの強さを見せる。
2Rはリマのローが効いたと思うが、ケージ際で押し込むロリマク優位か? このラウンドは分からん。

3R
リマのローをカット出来ないロリマクだが、タックルを狙う。リマは耐える。ケージ際でリマがロリマクを押し込む。ロリマク両差しから体勢を入れ替える。片足タックルを狙うロリマク。そこからリマが体勢を変えると目まぐるしく入れ替わる。離れ際に肘を入れるリマ。その後、ロリマクはタックルでテイクダウン。削りにかかるロリマクだが、リマもしっかりとディフェンス。膠着からのブレイク。リマはロー、前蹴りでけん制。リマのローで崩れ落ちたロリマク。猪木アリ状態から蹴りを入れるリマ。トップをキープ。上から削りにかかる。
このラウンドはリマ。ロリマクは左足を壊されたか?

4R
すぐに片足タックルを狙うロリマクだが力が入らない。リマが上になり削りにかかる。リママウントを取る。ロリマク組み付いてハーフに戻る。削りにかかるリマ。ブレイク。ロリマクはタックルを狙うがもう力がない。しかし、ロリマクがケージ際で押し込む。リマのローに合わせてロリマクタックルからテイクダウン。トップから削りにかかる。上から肘を当てる。
このラウンド、終盤にロリマクが持ち直したが、マウント取った分リマかな。

ロリマクの左脛がエライ事になってる…。

5R
ロリマクはタックルからテイクダウン。ハーフ。上から肘を当てながらけん制。リマも目尻から出血。トップから肘を当て続けるロリマク。リマは防戦一方。リマは立ちにいかないと勝ち目はないが。ブレイクされない為に動きを止めないロリマク。執念だ。立ってパウンドを当てるロリマク。すぐトップから手を止めない。
このラウンドはロリマク。

1Rと5Rはロリマク、3Rはリマ。2Rと4Rがどうか。
判定は48-47、49-45、49-46の3-0でロリマク。新チャンピオンに。3Rで左脛を破壊されてフルラウンド戦い切った執念に脱帽。


ヘビー級トーナメント1回戦5分3R
クイントン・”ランペイジ”・ジャクソンvsチェール・ソネン

1R
ソネン、パンチを上下に打ち分ける。ランペイジは慎重な入りだが、ソネンの打撃スピードに着いて行けてない印象だが。タックルのフェイントを入れながらけん制する。打撃を散らすがランペイジの打撃が効いたか?
ソネン組み付くがランペイジがスラムで投げ飛ばす。ソネンは左を当てる。飛び膝→首相撲からの膝。至近距離で撃ち合う両者。ランペイジの打撃は重そう。パンチを見せながらタックルでテイクダウンをするソネン。バックからチョークを狙う。がぶった後にギロチン。
1Rはソネンか。

2R
ランペイジが積極的になる。差し合いからボディにパンチを当てるランペイジに対し、ソネンは膝を当てる。ソネンはケージ際にランペイジを押し込み、膝を当てる。テイクダウン。上になるソネン。コツコツと削りにかかる。立ち上がってパウンドを当てるソネン。パスガードを狙うソネン。ハーフに。アームロックを狙うソネン。アームバーを狙ったソネンだがこれは抜ける。ソネンがトップをキープし続けて終える。
このラウンドもソネン。

3R
タックルを狙うソネン。ランペイジはクラッチの体勢からケージにソネンを押し込む。ソネンは差し合いから膝。ランペイジはソネンの右足を踏みながらボディにパンチを当てる。ランペイジはボディに当てる。ソネンはバテたか。ブレイク。タックルを狙うソネンだが力がない。ランペイジは手数が増える。来いと挑発するランペイジ。ソネンは動かず。ランペイジの右が当たる。タックルを狙うが力がない。スタレスで休むソネン。残り1分でソネン、テイクダウン。トップをキープするソネンだが、ブレイク。残り10秒を切った所でランペイジのパンチが当たるが時間切れ。
このラウンドもソネン。
ソネンは心が折れたかと思ったが、終始トップをキープした。

判定は3者29-28でソネンの勝ち。準決勝進出を決めた。
30-27かと思ったが、3Rはランペイジという事なのかな?

ソネンは準決勝でヒョードルvsミアの勝者と対戦する。

ちなみに、このトーナメントを優勝したファイターは第4代ベラトールヘビー級チャンピオンになるのです。

やっぱりベストバウトはリマvsロリマクだな。3Rにリマのローで脛を怪我したのに執念のテイクダウンでポジションをキープしたあの精神的な強さ。

いや、面白かった。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

ゲガール・ムサシ×アレキサンダー・シュレメンコ 【ベラトール185】

21日(土)はAbemaTVでベラトールの中継が復活。

とはいえ、その時間帯は桷志田にいたので、AbemaTVの録画機能を使って、その録画を視終わった所。

全試合に触れるのは長くなるので、メインイベントのゲガール・ムサシ×アレキサンダー・シュレメンコの試合について。

ムサシはPRIDEやDREAMにも参戦経験があり、その後UFCへ。UFCでもランカーだったが、突然のベラトール移籍。

このベラトール185がベラトールでのデビュー戦となった。

対戦相手のアレキサンダー・シュレメンコは第2代のベラトール・ミドル級チャンピオン。

元UFCランカーがベラトールのトップコンデンターと戦う一戦。

1R
打撃で勝負するシュレメンコに対し、タックルを狙うムサシ。シュレメンコは首を取るが抜け出してケージ際でムサシがマウント。その後立ち上がるが、ムサシは組み付いてテイクダウン。バックに回り、チョークを狙う。
フェイスロック気味に極まるが抜け、ムサシはバックマウントからパンチや肘でけん制しつつ、チョークを狙う。そこからリアネイキドチョークに。4の字フックがかかってるのでシュレメンコ厳しい。
4分頃、スイープして立ち上がる。しかし、ムサシはテイクダウンでポジションキープ。シュレメンコは立つ。バックマントから三角へ移行するがシュレメンコはここからパウンド。ムサシは右目を負傷。
しかし、1Rはムサシが取ったと思われる。

2R
シュレメンコはムサシの負傷した右目側からの攻撃。ムサシは見えていない模様。引き込みを狙うがシュレメンコは付き合わない。スタンドでバック&ブローを多用しつつ、ムサシの死角を狙うシュレメンコ。ムサシはじりじりと圧力をかける。
2分半頃、ムサシはパンチを見せて組み付く。離れるとシュレメンコはバックスピン。その後、ムサシは組み付きグラウンドへ。
立ち上がるがバックに回るムサシ。テイクダウンからマウント。サイドへ回り膝を入れる。上から肘。バックマウントを取る。バックからチョークを狙うムサシだが、深く入らない。コツコツ当てながら機を伺う。
打撃で優位なのはシュレメンコだが、ポジションをキープしているのはムサシ。ここは票が分かれそう。

3R
やはり、ムサシの死角を狙うシュレメンコ。シュレメンコはヒット&アウェイでじわじわ当てる。ムサシは組み付こうとするがシュレメンコは付き合わない。
ムサシは組み付いてケージに押し込むが、差し合いで粘るシュレメンコ。逆にシュレメンコが上になる。離れてスタンドへ。シュレメンコの打撃に対し、引きこもうとするが付きあわない。
寝ているムサシに対し打撃を当てようとするシュレメンコ。終盤、シュレメンコの打撃が当たる。
3Rはシュレメンコが取った。

気になる判定の結果は…

ゲガール・ムサシ (判定3-0) アレキサンダー・シュレメンコ
3者29-28



1Rはムサシ、3Rはシュレメンコが取った。2Rをムサシが取ったとジャッジされたか。

ムサシ辛勝だが、ベラトールデビュー戦を白星で飾る。


ベラトール186は11/3(日本時間4日)に行われる。186ではライアン・ベイダー×リントン・ヴァッセルのライトヘビー級タイトルマッチ、女子フライ級王座決定戦が行われ、他ではフィル・デイビスも参戦。

Abemaさん、次もお願いします。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

復活する? 復活するの?

実はサッカー以外ではMMAを見るのが好きで、AbemaTVでベラトールを配信すると知った時は心躍ったものです。

しかし、ベラトール180を最後にAbemaTVでの中継がなく、更にはROAD FC、ONE Championship、KSW等、海外のプロモーションも中継をしなくなり、現在のMMA中継はパンクラスと修斗のみ。

今のAbema格闘チャンネルはほぼ新日本プロレスかK-1を扱って時々パンクラス・修斗・Krush・KHAOS・UFCのプレリムを流す程度。

正直面白みはない。「○○が選んだベストバウト」はもう飽きたし、G-1中は過去のG-1ばかり中継するし、ウンザリしていた。

パンクラスは面白いんだけどね。

そんな中、「もしかして!?」と思わす中継が。



ベラトールのベストバウト第1弾を中継。

時間帯がネックだけど、もしかしてベラトール復活!?

と思わす中継。

ベラトールはUFCからロイ・ネルソンやフランク・ミア、ゲガール・ムサシも参戦し、ダクラス・リマとローリー・マクドナルドのウェルター級タイトルマッチも決まったので、また中継を再開して欲しいなぁ。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター