NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

Bellator192雑感

ベラトール192が開催され、この中で個人的に気になった3試合について少々。

この大会はダブルメインとして、ウェルター級タイトルマッチ、ダグラス・リマvsローリー・マクドナルド、ヘビー級トーナメント1回戦のクイントン・"ランペイジ"・ジャクソンvsチェール・ソネンの他に、前ライト級チャンピオンのマイケル・チャンドラーや新星アーロン・ピコも参戦した。

ちなみにプレリムではホイスの息子が試合しましたが、判定負けでした。


気になった試合は最後の3つ。まずはマイケル・チャンドラーvsゴイチ・ヤマウチの試合について。

ライト級5分3R
マイケル・チャンドラーvsゴイチ・ヤマウチ

1R
リードジャブでけん制するチャンドラー。ゴイチは蹴りで応戦。ボディへの蹴りを見せるチャンドラー。ボディへストレート。ゴイチは引き込みを狙う。チャンドラーはパウンドを落としグラウンドへ。クローズドガード。ゴイチの足が上がってくる。肘を当てながら削るチャンドラー。ゴイチは下から肘を当てる。コツコツ当てるチャンドラー。ゴイチは目尻をカット。足を使って下から崩そうとするゴイチだがチャンドラーに上手く潰される。ゴング。1Rはトップをキープしたチャンドラーか。チャンドラーも目の下が腫れている。

2R
左ミドルから入るゴイチ。ゴイチのサイドキックが顔面にクリーンヒット。下がるチャンドラー。蹴りを多用するゴイチ。下がるチャンドラーにパンチで攻める。打撃が当たるようになった。チャンドラーはタックルでテイクダウン。これで流れを切って削りにいくチャンドラー。トップから肘を当てるチャンドラー。ゴイチは腕を狙うが潰される。ケージを上手く使って下からの極めを狙うゴイチだが、チャンドラーはパウンドで潰す。
序盤にダメージを与えたゴイチだが、その後にチャンドラーも挽回。このラウンドもチャンドラーか。

3R
チャンドラーの右ストレートが入る。ゴイチが下がる。チャンドラーのボディストレートに蹴りで合わせるゴイチ。お互いがけん制しあう中でチャンドラーがアイポーク。再開。ゴイチは右ローを使いけん制するが、チャンドラーの圧力は強く、スーパーマンパンチからテイクダウン。肘を当てるチャンドラー。ゴイチは下から腕を狙うがケージ際でスペースがなく厳しい。チャンドラーの肘がえぐい。パウンドや肘が当たり始める。ゴイチは下から腕を狙うがチャンドラーもパウンドで潰す。終盤、鉄槌が当たり始める。このラウンドもチャンドラーだろう。

判定は2人が30-26、1人が30-25の3-0でチャンドラー。
ゴイチも最後まで諦めなかったが、チャンドラーの完勝。いや強い。


続いて、ウェルター級タイトルマッチのダグラス・リマ×ローリー・マクドナルドについて。個人的に一番注目していたカード。

ウェルター級タイトルマッチ5分5R
ダグラス・リマvsローリー・マクドナルド

1R
左ジャブでお互いけん制。ロリマクのタックルをリマは切る。ロリマクはパンチと蹴りのコンビネーション。リマはジャブでけん制する。リマがローを出せばロリマクもローを返す。ロリマク片足タックル。リマはこれを耐える。ケージに押し込むロリマク。ロリマクテイクダウン。リマはクローズドガード。徐々に削りにかかるロリマク。決定打がなく膠着気味。リマは殴らせないように守勢に回る、残り10秒でブレイク。
1Rは決定打こそなかったが、トップをキープしたロリマクだろう。

2R
ロリマク圧に圧されるリマ。打撃でけん制し合う。リマのミドルをキャッチしたロリマクだが、リマがケージ際に押し込む。体勢が変わりロリマクがリマを押し込む形に。膝を入れるロリマク。お互いが体勢を変えてケージ際に押し込む。両差しになるロリマク。膝を当てながら様子を伺うがブレイク。リマのローにパンチを合わせるロリマク。リマのローをカットしきれないロリマク。ロリマクの前蹴りがローブロー。一時中断。再開。片足タックルからバックに回るロリマク。ケージ際に。テイクダウンを狙うロリマクだがリマも耐える。しかし、ロリマクはバックに回りまたケージ際に。差し合いの強さを見せる。
2Rはリマのローが効いたと思うが、ケージ際で押し込むロリマク優位か? このラウンドは分からん。

3R
リマのローをカット出来ないロリマクだが、タックルを狙う。リマは耐える。ケージ際でリマがロリマクを押し込む。ロリマク両差しから体勢を入れ替える。片足タックルを狙うロリマク。そこからリマが体勢を変えると目まぐるしく入れ替わる。離れ際に肘を入れるリマ。その後、ロリマクはタックルでテイクダウン。削りにかかるロリマクだが、リマもしっかりとディフェンス。膠着からのブレイク。リマはロー、前蹴りでけん制。リマのローで崩れ落ちたロリマク。猪木アリ状態から蹴りを入れるリマ。トップをキープ。上から削りにかかる。
このラウンドはリマ。ロリマクは左足を壊されたか?

4R
すぐに片足タックルを狙うロリマクだが力が入らない。リマが上になり削りにかかる。リママウントを取る。ロリマク組み付いてハーフに戻る。削りにかかるリマ。ブレイク。ロリマクはタックルを狙うがもう力がない。しかし、ロリマクがケージ際で押し込む。リマのローに合わせてロリマクタックルからテイクダウン。トップから削りにかかる。上から肘を当てる。
このラウンド、終盤にロリマクが持ち直したが、マウント取った分リマかな。

ロリマクの左脛がエライ事になってる…。

5R
ロリマクはタックルからテイクダウン。ハーフ。上から肘を当てながらけん制。リマも目尻から出血。トップから肘を当て続けるロリマク。リマは防戦一方。リマは立ちにいかないと勝ち目はないが。ブレイクされない為に動きを止めないロリマク。執念だ。立ってパウンドを当てるロリマク。すぐトップから手を止めない。
このラウンドはロリマク。

1Rと5Rはロリマク、3Rはリマ。2Rと4Rがどうか。
判定は48-47、49-45、49-46の3-0でロリマク。新チャンピオンに。3Rで左脛を破壊されてフルラウンド戦い切った執念に脱帽。


ヘビー級トーナメント1回戦5分3R
クイントン・”ランペイジ”・ジャクソンvsチェール・ソネン

1R
ソネン、パンチを上下に打ち分ける。ランペイジは慎重な入りだが、ソネンの打撃スピードに着いて行けてない印象だが。タックルのフェイントを入れながらけん制する。打撃を散らすがランペイジの打撃が効いたか?
ソネン組み付くがランペイジがスラムで投げ飛ばす。ソネンは左を当てる。飛び膝→首相撲からの膝。至近距離で撃ち合う両者。ランペイジの打撃は重そう。パンチを見せながらタックルでテイクダウンをするソネン。バックからチョークを狙う。がぶった後にギロチン。
1Rはソネンか。

2R
ランペイジが積極的になる。差し合いからボディにパンチを当てるランペイジに対し、ソネンは膝を当てる。ソネンはケージ際にランペイジを押し込み、膝を当てる。テイクダウン。上になるソネン。コツコツと削りにかかる。立ち上がってパウンドを当てるソネン。パスガードを狙うソネン。ハーフに。アームロックを狙うソネン。アームバーを狙ったソネンだがこれは抜ける。ソネンがトップをキープし続けて終える。
このラウンドもソネン。

3R
タックルを狙うソネン。ランペイジはクラッチの体勢からケージにソネンを押し込む。ソネンは差し合いから膝。ランペイジはソネンの右足を踏みながらボディにパンチを当てる。ランペイジはボディに当てる。ソネンはバテたか。ブレイク。タックルを狙うソネンだが力がない。ランペイジは手数が増える。来いと挑発するランペイジ。ソネンは動かず。ランペイジの右が当たる。タックルを狙うが力がない。スタレスで休むソネン。残り1分でソネン、テイクダウン。トップをキープするソネンだが、ブレイク。残り10秒を切った所でランペイジのパンチが当たるが時間切れ。
このラウンドもソネン。
ソネンは心が折れたかと思ったが、終始トップをキープした。

判定は3者29-28でソネンの勝ち。準決勝進出を決めた。
30-27かと思ったが、3Rはランペイジという事なのかな?

ソネンは準決勝でヒョードルvsミアの勝者と対戦する。

ちなみに、このトーナメントを優勝したファイターは第4代ベラトールヘビー級チャンピオンになるのです。

やっぱりベストバウトはリマvsロリマクだな。3Rにリマのローで脛を怪我したのに執念のテイクダウンでポジションをキープしたあの精神的な強さ。

いや、面白かった。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

ゲガール・ムサシ×アレキサンダー・シュレメンコ 【ベラトール185】

21日(土)はAbemaTVでベラトールの中継が復活。

とはいえ、その時間帯は桷志田にいたので、AbemaTVの録画機能を使って、その録画を視終わった所。

全試合に触れるのは長くなるので、メインイベントのゲガール・ムサシ×アレキサンダー・シュレメンコの試合について。

ムサシはPRIDEやDREAMにも参戦経験があり、その後UFCへ。UFCでもランカーだったが、突然のベラトール移籍。

このベラトール185がベラトールでのデビュー戦となった。

対戦相手のアレキサンダー・シュレメンコは第2代のベラトール・ミドル級チャンピオン。

元UFCランカーがベラトールのトップコンデンターと戦う一戦。

1R
打撃で勝負するシュレメンコに対し、タックルを狙うムサシ。シュレメンコは首を取るが抜け出してケージ際でムサシがマウント。その後立ち上がるが、ムサシは組み付いてテイクダウン。バックに回り、チョークを狙う。
フェイスロック気味に極まるが抜け、ムサシはバックマウントからパンチや肘でけん制しつつ、チョークを狙う。そこからリアネイキドチョークに。4の字フックがかかってるのでシュレメンコ厳しい。
4分頃、スイープして立ち上がる。しかし、ムサシはテイクダウンでポジションキープ。シュレメンコは立つ。バックマントから三角へ移行するがシュレメンコはここからパウンド。ムサシは右目を負傷。
しかし、1Rはムサシが取ったと思われる。

2R
シュレメンコはムサシの負傷した右目側からの攻撃。ムサシは見えていない模様。引き込みを狙うがシュレメンコは付き合わない。スタンドでバック&ブローを多用しつつ、ムサシの死角を狙うシュレメンコ。ムサシはじりじりと圧力をかける。
2分半頃、ムサシはパンチを見せて組み付く。離れるとシュレメンコはバックスピン。その後、ムサシは組み付きグラウンドへ。
立ち上がるがバックに回るムサシ。テイクダウンからマウント。サイドへ回り膝を入れる。上から肘。バックマウントを取る。バックからチョークを狙うムサシだが、深く入らない。コツコツ当てながら機を伺う。
打撃で優位なのはシュレメンコだが、ポジションをキープしているのはムサシ。ここは票が分かれそう。

3R
やはり、ムサシの死角を狙うシュレメンコ。シュレメンコはヒット&アウェイでじわじわ当てる。ムサシは組み付こうとするがシュレメンコは付き合わない。
ムサシは組み付いてケージに押し込むが、差し合いで粘るシュレメンコ。逆にシュレメンコが上になる。離れてスタンドへ。シュレメンコの打撃に対し、引きこもうとするが付きあわない。
寝ているムサシに対し打撃を当てようとするシュレメンコ。終盤、シュレメンコの打撃が当たる。
3Rはシュレメンコが取った。

気になる判定の結果は…

ゲガール・ムサシ (判定3-0) アレキサンダー・シュレメンコ
3者29-28



1Rはムサシ、3Rはシュレメンコが取った。2Rをムサシが取ったとジャッジされたか。

ムサシ辛勝だが、ベラトールデビュー戦を白星で飾る。


ベラトール186は11/3(日本時間4日)に行われる。186ではライアン・ベイダー×リントン・ヴァッセルのライトヘビー級タイトルマッチ、女子フライ級王座決定戦が行われ、他ではフィル・デイビスも参戦。

Abemaさん、次もお願いします。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

復活する? 復活するの?

実はサッカー以外ではMMAを見るのが好きで、AbemaTVでベラトールを配信すると知った時は心躍ったものです。

しかし、ベラトール180を最後にAbemaTVでの中継がなく、更にはROAD FC、ONE Championship、KSW等、海外のプロモーションも中継をしなくなり、現在のMMA中継はパンクラスと修斗のみ。

今のAbema格闘チャンネルはほぼ新日本プロレスかK-1を扱って時々パンクラス・修斗・Krush・KHAOS・UFCのプレリムを流す程度。

正直面白みはない。「○○が選んだベストバウト」はもう飽きたし、G-1中は過去のG-1ばかり中継するし、ウンザリしていた。

パンクラスは面白いんだけどね。

そんな中、「もしかして!?」と思わす中継が。



ベラトールのベストバウト第1弾を中継。

時間帯がネックだけど、もしかしてベラトール復活!?

と思わす中継。

ベラトールはUFCからロイ・ネルソンやフランク・ミア、ゲガール・ムサシも参戦し、ダクラス・リマとローリー・マクドナルドのウェルター級タイトルマッチも決まったので、また中継を再開して欲しいなぁ。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

宇野薫、戴冠ならず…

本日、プロフェッショナル修斗公式戦「MOBSTYLES Presents FIGHT & MOSH」が行われ、メインイベントではフェザー級タイトルマッチ、「斎藤 裕×宇野 薫」が行われた。

宇野薫、MMA創世記から支えるレジェンドファイターで御年41歳。修斗のタイトルに挑むのは17年ぶり。

気になるその結果は…。

○斎藤 裕 (5R判定3-0) 宇野 薫
※50-44、50-45、50-45
斎藤が防衛に成功



1R
回りながら距離を詰める宇野。静かな立ち上がり。
1分、宇野がタックルへ。テイクダウン。すぐに起き上がる斎藤。組み付いた状態でお互いがコツコツ当てる。
2分、差し合いから斎藤が払う形となって上に。こつこつ当てる斎藤に対し、下から十字を狙う宇野。
静かな展開。

2R
宇野が組み付きに行くが払いのけて上に。上から鉄槌、肘を入れていく。パウンドで攻める斎藤。
宇野、立ち上がろうとするもガブる。
宇野、立ち上がり、タックルを狙うが、斎藤がパワーで上になる。バックに回る斎藤。立ち上がり、差し合いに。
2分半、斎藤テイクダウン。コツコツと削りに行く斎藤。
4分頃、立ち上がり一旦離れる、すぐに組み付く。1分を切ってからスタンド→組み付く。なかなかテイクダウンさせてもらえない宇野。

終始トップをキープできる斎藤だが、そこから決め手を欠く。

3R
首相撲から膝を入れる斎藤、宇野効いた?
少し頭が落ちる、そこから斎藤上に。バックに回る斎藤。斎藤の片足を掴む宇野だがすぐに離れて下に引き込む。斎藤はコツコツ削りにかかる。
2分過ぎ、立ち上がり、差し合いから膝。投げてサイドを取る。スタンドに戻り膝を入れる斎藤、倒しに行く宇野。上になるのは斎藤。斎藤、バックからコツコツ削る。トップキープから鉄槌を落す斎藤。しかし、宇野が凌ぐ。

斎藤、堅実な試合運びだが、盛り上がりに欠ける内容。

4R
斎藤、差し合いから膝を入れてテイクダウン成功。ハーフガード。バックからコツコツとパンチを当てる。
一度立ち上がるが、膝を入れる斎藤→またトップキープ。膝を当てる斎藤。
宇野は疲れたか?
潰して上になる斎藤。冷静にパンチを当てていく斎藤。バックを取った斎藤だが、逆に宇野がバックに回る。しかし、斎藤がサイドを取る。トップをキープする斎藤。宇野は下から十字を狙う。終了間際に斎藤のパウンドがヒットする

5R
組み付いて膝を入れ、ケージ際に押し込んでテイクダウンする斎藤、立ち上がり→バックから膝を当てる。
宇野、バックからチョークを狙うが極まらず。斎藤がバックに。組んで膝を入れる斎藤。タックルにいく宇野、斎藤はがぶる。斎藤、トップキープからパウンド、鉄槌。サイドからバックへ回る斎藤。宇野のボディへ膝を入れる斎藤。効いてきたか。斎藤はパウンドのラッシュ。
最後はトップから肘を当てる。ここでホーン。


手堅い試合だったが、終始、試合をコントロールした斎藤の勝利。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

RIZIN中継から見る運営の思惑

先週のRIZINについて。

スカパーを持っていないので、地上波中継を見たわけだが、堀口×元谷、那須川天心の試合以外は女子で後はダイジェスト。

メインの川尻×バーチャックもダイジェスト。アミール・アリアックバリ×ジェロニモ・ドス・サントスはダイジェストすらなし。

女子を売り出したいのだろうが、ただ、男子が盛り上がりに欠ける部分も否めないか。

KINGレイナは体重差のある相手にグラウンドで圧倒。スタンドの打撃では所々被弾しているのが気になったが、今後どう売り出すのか。

ギャビ・ガルシアはもっと体重差がある。しかし、ギャビの相手はなかなかいない。結局、KINGレイナ×ギャビ・ガルシアにたどり着くのだろうか。

1Rでリアネイキッドチョークで快勝した石岡はRENA戦をアピール。そのRENAは過去に当たった相手の中ではMMAの経験値やサブミッションの強さのある相手に腕を極められかかったが、そこを凌ぐとKO勝ち。いや見事。

女子は-49kgのグランプリをするという事で、RENA×石岡のワンマッチはグランプリ優先で実現しなさそう。


UFCから復帰した堀口は元谷を圧倒。さすが元UFCランカーでタイトルマッチを経験した選手だと思わせる。

一方、那須川天心、相手はMMAデビュー戦。どうもプロテクトされているようにしか見えない。

MMA3戦目の天心には見合った相手なのかもしれないが、こうも圧勝するとより経験のある相手との試合が見たい。というか、キックに専念ではダメなのだろうか。

ダイジェストで流された試合で気になったのは、矢地がダロン・クルックシャンクをKOした試合か。

元UFCファイターでRIZIN4戦目となるクルックシャンクは層の薄い中量級では強豪外国人として君臨してほしい思惑があったような気がする。

しかし、結果は年末に北岡に敗れ、今回、矢地に敗れて2連敗。RIZIN的にこれは痛い気がする。

RIZINは多団体から選手を派遣する形で成り立っているが、現役チャンピオンは出ない。出て負けでもしたらその団体の面子に関わるからな。

ROAD FCのライト級チャンピオン・クォン・アソルとかRIZINで見てみたいのだが。

バンダム級でのグランプリを開催するらしいが、堀口がこの階級で参戦するらしい。この階級なら所やアーセンも出れるし、DEEP、パンクラス等の王者の参加も期待したい。

課題は中量級と重量級か。

キング・モーが出れれば良い方。石井、試合から遠ざかっていたヒーリングが頼りでは盛り上がりに欠ける。

UFCを退団したファイターを獲得できればいいのだが、有力クラスはベラトールへ行く例が多いからそれも難しいか。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 01 | 2018/02 | 03
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 - - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター