NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

vs 川副クラブ

前回の続き。

ピッチ内練習しないもんだから選手の把握に少々時間がかかる。まず入場してくるメンバーの顔ぶれを見てシステムはどうなるんだと予想。監督のメンバー構成の傾向はある程度掴んでるつもりなので(それもどうかと思うが)予想は割りと簡単。

GKは柳元勇斗。
DFは右から山口大将、川邉直太、松下尚樹、松藤彦太。
MFは右から日高潤也、嘉 涼平、諏訪園一吉、豊満貴之。
FWは柳 威史と山田裕也。

今シーズンの傾向だと、山口大将と日高潤也は逆だと思ったが…。サブには負傷離脱中の池田太志の姿も。一緒にアップしていたが回復具合が気になる。

また、監督の格好が…。06年の悪ふざけ再びか?という懸念も。試合内容が接戦だったので事なきを得たけど。いや、ここはそれだけFPに余裕がないからと思っておく。


さて試合。

相手が引いた状態でコンパクトだったので、攻撃の際には数的不利。サイドはスペースがなく、突破出来ても今度は中が密集していたので良い形で繋がらない。

縦パスのタイミングが早かったのも気になる。バスケみたいに24秒内にシュート打たないといけない競技ではないので、繋いで繋いで揺さぶって綻びが見えたときに縦パス入れる等の緩急の付け方が足りなかったように思う。

プレスのかかりも悪かったし、奪ってからの切り替えの遅さも目立った。簡単なパスミスもあり、展開としてはgdgd。

ただ、要所で連動した動きを見せてショートカウンターに持っていけていたので、何もかもダメというわけでもなく、特に後半に関しては相手もバテたようで、中盤で繋げるようになったし、プレスのかかりも良くなっていた。

しかし、点が取れない。シュートまで行けてないから当たり前ではあるが…。

サイドからの崩しに対して中で合わない。スペースが殆どなかったので、前線にタメを作れる選手がいればFW陣の持ち味は活かせたと思うが、選手のバランスが悪い。勇人早く帰って来てくれい。

そうこうしているうちにヴォルカも運動量の低下が見られ、中盤がルーズに。ゴール前付近まで運ばれてシュートを打たれることも。

そして、後半35分(公式記録では36分)にカウンターで右サイドへ運ばれ、クロスを中央で川副6番の小濱に頭で合わされて先制を許す。

終盤、ヴォルカはパワープレーをするが、競り合いに強い選手が前線におらず、ロングボールもGKに処理され得点を挙げることが出来ない。


前日、少ない人数でのかりゆしと戦った影響なのだろうか。リーグ最終節を勝利で飾ることは出来なかった。

試合終了(--;)

●0-1


良い内容ではなかったが、チームとして満身創痍だったんだろう。控え選手も多く出場しており、連携面もいまひとつだった。

そんな中で良いプレーを見せていたのはGK柳。また上川にスタメンの座を明け渡してしまったが、自分が見る限りだと今シーズンは柳の方が良いプレーを見せている。やはり、ポジション争いは大事なんだな。
関連記事
スポンサーサイト

九州リーグ最終節

少し余裕があるので今日は久しぶりにブログ更新。6日(日)の九州リーグ最終節のことでも書きます。

仕事の都合で日曜の試合しか行けず、この試合が消化試合にならないで欲しいなと思うも、PKの末にかりゆしが勝ち、連覇を決められた。試合内容は悪くなかったらしいので、新日鐵戦以降、右肩下がりな調子を持ち直せたのかなと希望を感じて家を発った。


試合開始が10時なので高速バス夜行便で早朝入り。布団で寝たいくらいに仕事で疲れていたので、バスが時間より遅れて来て、予定より少し早めに着いたことに若干の苛立ちがw

5時間くらいしか寝れず、バスを降りたときはもう疲労困憊…。SA内のローソンにあるマッサージチェアにお世話になりました。

しかし、もう朝夕は涼しくなっているからあの時間にクーラーいらんだろうに…。寒かったぜ店内。まったく癒せなかったもんね。風邪引くかと思ったわ。


こりゃいかんと思い、少し早いがけやき台駅へ行き、鳥栖行きの電車を待つ。鳥栖に着いてからは、長崎行きのかもめには乗らず、佐賀行きの普通列車にて佐賀へ。少しでも寝たかったんです。

しかし、時間帯が部活に行くと思われる高校生集団と鉢合わせ。こいつらの声がやかましくて少ししか寝れんかった。

どこかに安眠できる場所はないのかー???

佐賀駅に着くと、まずは腹ごしらえ。駅の中のうどん屋で無駄にゆっくりし時間を潰す。その後も近くのコンビに等で時間を潰しながら会場入り。9時過ぎくらいに着いた。

9時過ぎならピッチ内で練習も開始しているだろうし、スタメン誰かを確認しながらアップを見学と思いきや、スタジアム内はガラガラ。人が殆どいません(汗)

ま、時間の経過と共に徐々に会場入りしてくる人も増えてきたけれども、肝心のピッチ内が寂しい限り。

この写真は、試合開始10分前。

本部にチラホラ人がいるだけで両チームのベンチは人一人いない。ヴォルカに至っては荷物も置いてない。

アップに関しては球技場の方でしているかもしれないとは思った。九社の時も、陸上競技場で試合するチームが球技場の方でアップしていたから。

ただ、10分前にガラガラってどうよ?

試合会場間違ってないか? 時間間違ってないか? もしかして変更になったのか?


不安に駆られたわ。


こっちの写真は試合開始5分くらい前。

川副クラブの選手達は続々ベンチへ集まる。一方、ヴォルカはまだ誰一人来ない。

とりあえず、川副クラブの選手はベンチに集まってきてるので試合会場を間違えたわけではないのは分かった。ただ、ヴォルカ側がまったく来る気配もなかったので、試合時間が変わったんだとギリギリまで信じた。


オ~レ~ヴォルカ~

オ~レ~ヴォルカ~


いや、ヴォルカ来るのかよ?

と、この時間まで疑う俺。


すると、ちゃんとヴォルカも川副の選手も入場してきました。めでたし、めでたし。

アナウンスもピッチ内練習も試合前にベンチへの集まりも悪いから入場してきたときは不意打ちを喰らった感じだ。

テントの中を通過して入場していったのは謎だが、とりあえず予定通りに試合をしてくれてホっとしてるw

ただ、せめてベンチに道具だけでも置くとかしてくれないかなー。こっちは試合ちゃんとするのか無駄にドキドキしてたわ(苦笑)





まー、何にせよ、九州リーグ最終節・川副クラブ戦、決戦の火蓋は切って落とされたのだった。

続く

関連記事
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 08 | 2009/09 | 10
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター