NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

10/29のツイートまとめ

daisan0512

ナビスコ途中で寝てしまった…。そして今目覚める…。尚、結果はゲキサカでしりました。
10-29 18:27

廣濱さんは太り易い体質なのかな? 諏訪園ドンは顔は精悍だけど体が(ry
10-29 10:28

金額に惑わされず、石橋を叩いても渡らないくらい堅実に運用する……と信じたい。  #あなたのクラブに106億が投資されたら
10-29 02:48


関連記事
スポンサーサイト

今シーズンを振り返ってみる

今シーズンのヴォルカ鹿児島は、簡潔にまとめると、「アクシデント続き」だった。まずは、開幕前から振り返ってみよう。

開幕前のTRM及び西日本では、栫大嗣選手の存在感が抜群だった。彼が前線で体を張り、タメを作った所にコンビを組む栗山選手やオフェンシブハーフの2人が仕掛けるというパターンが早くも出来上がっていた。

皆が口ぐちに「今年の栫は違う」と言う。それだけの気合い溢れるプレーを魅せていた。

おそらく、開幕前の構想では、

  ⑪ ⑩
⑨ ⑧ ⑦ ⑥
⑤ ④ ③ ②
   ①
※○数字は背番号ではありません。

①GK※TRMの時点では原の合流が遅れていたので柳がメイン
②山口大将(小林雄太)
③④森洋介、本城宏紀、泉谷光紀、松下尚樹
⑤日高潤也(松藤彦太)
⑥永岩貞亮(小林雄太)
⑦⑧須貝将弘、飯森裕貴、盛田賢哉、松下尚樹
⑨山田裕也(小林雄太、日高潤也)
⑩栗山裕貴(山田裕也)
⑪栫大嗣
※スーパーサブ→花房 瞬

だったと思われる。

ところが、栫選手は開幕を仕事の都合で出れず、また、怪我を悪化させて退団。また、盛田選手の赴任先をググったら南種子町。(つまり、合流出来ない)

これにより、当初のプランが崩れたと思われ、左サイドのポジションをスライドさせ、山田選手がFW、左サイドハーフに日高潤也選手、そして、左サイドバックには松下尚樹選手が入った。※開幕当時、小林選手は怪我をしていた。

そして、この結果、センターハーフ陣2人が新加入選手同士で挑まないといけなくなる。前線でタメを作れる選手がいない中、肝となるのは両センターハーフが如何にして攻撃を組み立て、前線に絡んでいけるか?だったのだが、序盤は連携に苦慮している印象を受けた。

左サイドバックに関しては、TRMでは積極的に起用されていた松藤選手が怪我を繰り返し、結局、リーグ戦には出れず、FCから加入の杉本選手も仕事優先で帯同せず。

センターハーフでプレー可能な松下選手を左サイドバックで起用していた事で、センターハーフの層の薄さが露呈した。※個人的には永田星馬選手はもっと重宝しても良いと感じているのだが。

ただ、幸いだったのが、GKとセンターバックの層の厚さ。正GKを務めた植田選手もセカンドGKの原選手も遜色ないプレーを披露。3番手に昨シーズンMVP級の働きを魅せた柳が控える盤石の体制。

センターバックも、開幕時は泉谷選手が怪我をしていたみたいで最初の2戦を欠場。復帰したホーム開幕戦では本城選手が負傷し、KSSC戦で森洋介選手が退場しても松下尚樹選手がその穴を埋めた。メンバーを固定出来なかった中でも、パフォーマンスを落とすことはなかった。

攻撃の構築に時間がかかる中、守備陣の奮闘で何とか凌ぐ形となっていた。


チームは、開幕前の期待感とは裏腹に、ホームでINAX(当時)に敗れ、西都でもFCに敗れる等、優勝争いをするには勝点をこぼし過ぎた。この主な原因は、上記した通り、攻撃の構築に時間がかかってしまい、得点力を低下させてしまったから。

ただし、前期の新日鐵戦、後期のMSU戦、三菱重工長崎戦、佐賀LIXIL戦等は、チームとして非常に良い動きをした。

その要因は、サイドバックとサイドハーフの連携に加え、センターハーフ陣がようやくフィットしてきたからであり、須貝・飯森両選手が、攻守に渡ってボールのある所に顔を出せたことで、攻守に渡って連動した動きが出来るようになった。

また、小林選手を左サイドハーフのスタメンにしたことで、日高潤也選手をサイドバックで起用出来たのも大きかった。攻撃力のある選手をサイドバックに置けた事で、サイドハーフとのコンビネーションでサイドからも崩せるようになったからだ。

しかし、次なるアクシデントがチームを襲う。

佐賀LIXLL戦、FWのバックアッパー藤井選手が怪我をしてビデオ係だった事。サブに6人しかいなかった事。そして、その試合でせっかくチームにフィットしつつあった須貝選手が怪我をした事。

このLIXIL戦の次は苦手とする九州総合スポーツカレッジ戦だったのだが、この前日に選手権3回戦が行われ、ヴォルカはアミーゴ鹿児島U-18と戦った。

結果は2-0と勝利したのだが、怪我人が多く、サブに余裕を持って人数を置けなかった状態で、怪我人をサブ登録するほどの苦しい台所事情で、試合に出れるフィールドプレーヤーも投入出来たのが試合終盤という事で、主力を休ませることが出来ずにいた。

そして、九州総合スポーツカレッジ戦。サブにはきちんと7人の選手を登録出来たものの、監督の構想に入っている選手は花房選手くらいで動きたくても動けない状況になっていた。結果は0-1で敗戦。優勝争いから完全に脱落する形になり、加えて、この試合で永岩選手が負傷退場するアクシデントにも見舞われた。

8/2の九州社会人選手権でも怪我人は復帰出来ず、永岩選手もサブから漏れ、サブは6人のみの登録となり、左サイドバックには、本来センターバックの中島選手が入った。この試合は3-1で勝利することが出来たのだが、交代を2枚しか使わなかった事からも余裕がなかった事が伺える。

幸い、選手権準決勝に怪我人が間に合った事もあり、激戦をモノに出来たのだが、決勝ではFCに敗れ、天皇杯出場を逃す形となった。

それからも、怪我人が相次ぎ、チームも勝てない悪循環。シーズンを通してリスクを避ける横パス・バックパスが目立ち、サイドプレーヤーがゴールを向いてプレーしていないのが得点力を落とした要因だと思われる。

栗山選手も山田選手もゴール数としては悪くない。FCの谷口堅三選手やHOYOの堀健人選手の得点力が異常なだけである。しかし、この2人に続くスコアラーが現れなかった。他の選手達は昨シーズンを比べて得点数を落としている。


9/11の新日鐵大分戦、監督はチームを改造中とコメントを新聞に残した。これまではポゼッションを高め、サイドを起点とした攻撃をしていたが、今後は、よりシンプルにサイドを使った攻撃をすると公言した。PKで敗れはしたが、新日鐵戦の得点は、狙っていたパターンだったようだ。だが、この試合でもリスクを避ける横パス、バックパスが目立ち、説得力はなかったが。

9/24のFC戦はしかし、その意図した攻撃がハマった。結果は前節に続きPK負けだったが、縦への意識が強まり、リスクを避ける横パス・バックパスも見られなかった。全社に向けて、希望が持てる内容だった。

翌日のHOYO戦は、メンバーを入れ替えた事や、HOYOが研究していた事もあり、思い通りの試合にはならなかったが、全社前に行われた鹿屋体大とのTRMでは縦への意識が強く出ており、期待の持てる内容だった。


そして全社である。

初戦、相手センターバックのポジショニングが良く、縦パスやクロスが尽く弾かれ、ボールは回るが、最後の所で通らないやきもきした展開になったが、サイドバックとサイドハーフのコンビネーションは良かった。

ところが2回戦、メンバーをいじった。飯森選手のコンディションが悪く、ベンチスタートだったのだが、そこのポジションにそのまま松下尚樹選手を入れれば良いものを、松下選手を左サイドバック、小林選手をセンターハーフで起用した。小林選手が、前日の試合で、左サイドで日高選手と良いコンビネーションを魅せていただけに、疑問の残る起用だった。

この試合、松下選手は、守備面での貢献度こそ高かったものの、オーバーラップを殆どせず、左サイドの攻撃が日高選手に負担がかかり、攻撃は右サイドが中心となっていた。センターハーフで起用されていた小林選手は、持ち前の突破力をセンター部分で発揮してはいたが、サイドをシンプルに使うと公言したチームの起用法ではない。

加えて選手交代も、サイド攻撃の肝となる選手を真っ先に代える等、疑問が残った。最後のパワープレーも中途半端で何がしたいのか分からないまま時間が過ぎて行った。


とまあ、長々と書き綴ったわけだが、結論は冒頭で述べたアクシデント続きだったということで、
①チームの中心となるはずだった栫選手が使えなかった。
②代わりとなるオプションがなく、構築するのに時間を要した。
③そのオプションが出来上がりつつある中で怪我人続出。
④(②)に戻る。


唐津でのFC戦みたいな試合をコンスタントに出来さえすれば、もっと勝点を上積み出来たとは思うが、全社2回戦みたいな疑問の残る起用もあるし、コーチングスタッフにも問題はあったと言わざるを得ないし、何より、1番の原因は、今シーズンもこれまでと同じでムラが大きすぎたという長年の欠点が改善されなかった事だ。



ヴォルカ鹿児島人気投票2011
FC岐阜SECOND戦MIP投票
パイオニア川越戦MOM投票
v-net.com

人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

東海遠征記

10/15(土)
太郎。さんのレンタカーとヒラゴシさん(この日初対面)の車を待つ。ヒラゴシさんとは、連絡先も顔も本名も知らない間柄。便りはTwitterだけ。
そこでヒラゴシさんから「名古屋名物ナナちゃん人形の前にいてください」とツィートが。

失礼ながらナナちゃん人形を知らなかった自分は、どこにあるのか場所を聞いてナナちゃん人形の元へ向かう。だんだん歩いていると人形らしきものを見つける。きっとそうだ、あれに違いない。しかし…。




何だこれwww



アップで撮ったら尚キメェwwwwwwwww

名古屋人の方には申し訳ないが、ナナちゃん人形の印象は"異様"でした。



ちなみに、後ろからも撮ってみました。



ちなみに、帰りの日はドラゴンズ仕様になってました。グランパスが優勝したらグランパス仕様になっているのだろうか?

土曜日は新村さんや渡瀬さんたちと同じホテルだったんだけど、何とヴォルカの選手とも同じ宿。朝、しょっちゅう選手と遭遇ましたよ。

結局、ヴォルカは2回戦敗退という形でシーズンを終えたので、楽しい酒が飲めたのは初日だけ。日曜から最終日までは大垣駅前の「アパホテル」という所に泊まったんだけど、外で飲む気がしなかったので、その間はずっとホテル内のレストランで済ませてました。宿泊客は10%オフになるということだったんで。

本来ならヤケ酒だ~となる所だったが、自分の場合、酒は楽しい時に飲む物と決めているので、控えました。でも、結局、最低1杯は飲んでたんだけどw

尚、このアパホテル、40周年記念とかで東海・関東地区のアパホテルに泊まるとスタンプが貯まるスタンプラリーをしているとの事だが、このスタンプが貯まることは永遠にないだろう。
アパホテルのメンバーズクラブにも入りました。こうして無駄なメンバーズカードが増えていくのだろう…。


全社が終わり、最終日は名古屋で味噌カツだ~とややテンションUPのdaiさんは、あまりうろうろすると迷子になるので、ナナちゃん人形を基準に味噌カツの店を探す。そして、「矢場とん」という店に入る。



最初は生と串カツで全社終了を乾杯!!
4連泊もすると、最終日はさすがに財布が寂しかったので、あまり多くは頼めなかったけど、美味しく頂きました。



そして、メインディッシュは味噌カツ丼。メニューを見た時から決めてました!!
今でも見ただけで涎が出ます(笑)

味も最高!!

味噌カツ丼最高!!



夕食を済ませ、駅周辺をブラブラしていると、ストリートライブをしているユニットを目撃。

匂い蜂(においばち)というユニットらしい。思わず立ち止まって聴き入ってました。

http://x23.peps.jp/48022018
↑は公式サイトです。おそらく、携帯用だと思われるので、QRコードも載せてみました。

何でも、11/17(木) 19:00より、レコ発ライブをする模様。場所は伏見ハートランド。鹿児島人の自分にはチンプンカンプンな場所であり、当日その場所にはいることが出来ない。

貰ったチラシによると、

新しいCDを発売します!! 匂い蜂にとってこの1年間で1番大きな、
そして1番大事なライブになります! ぜひ遊びに来てください!!
チケットを買いたい方は匂い蜂のホームページの「匂い蜂メール」に
アドレスとチケット枚数とお名前を送ってね! ライブ中にも販売しています。
お気軽に話しかけてください!!



名古屋の皆さーん、匂い蜂をよろしくお願いしまーす。
m(_ _)m

という事で、バスの時間となり、名古屋を後にすることに。思ってた以上にというか殆ど人がいなかったし、自分の後ろの席は誰もいないということで、椅子を最大にまで倒すことが出来たので快眠出来ました。

ヴォルカが2回戦で負けた傷は最終日の味噌カツ丼で少し癒す事が出来ました。結局この遠征はナナちゃん人形に始まり、味噌カツ丼で終わったというお話。



ヴォルカ鹿児島人気投票2011
FC岐阜SECOND戦MIP投票
パイオニア川越戦MOM投票
v-net.com

人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

10/22のツイートまとめ

daisan0512

@zamacan そう言って頂けてうれしいです。
10-22 18:18

昨日、これでもかと水分を取り、さっきまでぐっすり寝ていたおかげで風邪を予防できました!!
10-22 16:34


関連記事

10/21のツイートまとめ

daisan0512

好きな人に突然呼び出された。 好きな人「二人っきりで話したいことがある」daisan0512「なに?」好きな人「何でそんなウザいの?」 http://t.co/CjwwDVc5 構ってほしいからだよ!
10-21 23:38

daisan0512がモテない理由 「 エ ロ す ぎ 」 http://t.co/pXLGypH6 最近性欲落ちてるんだがなぁって何マジレスしてるんだw
10-21 23:35

@legion_gp02 @IbusukiOyako 小学生の時に婆ちゃんにやらされた事ありますよ。熱を通したネギをタオルにかぶせて首に巻くんですよ。熱くて耐えられませんでした。2度としたくないですw
10-21 22:56

@tunchan1019 パブロン家になかったです(汗)
10-21 22:40

@IbusukiOyako タオマフは赤と黒どっちが効果ありますか?
10-21 22:39

@HAYATOn18 人に風邪には気を付けてと言いながら、こっちが風邪引きそうなのであります(汗)
10-21 22:39

くしゃみも襲ってきた。ヤバい。
10-21 20:46

鼻水が襲ってきた。ヤバイ
10-21 20:31

@HAYATOn18 風邪引かんごとせんとね。
10-21 17:41

これ、明日あたりくるかもしれん。風邪が、節々が痛いし喉の調子がいまいち良くない。
10-21 17:40


[Read More...]
関連記事
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 09 | 2011/10 | 11
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター