NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

01/27のツイートまとめ

daisan0512

去年の今くらいの時期に栗山・小林の2選手の発表があった。今年はまだ退団選手すら発表がなくて情報発信が遅い。
01-27 19:44

さっきトイレから出て手を洗ったら、水道からゴゴゴーって音がした。凍りはじめているのかも。
01-27 00:36


関連記事
スポンサーサイト

01/26のツイートまとめ

daisan0512

@liveonnet1975 自分はラグビーには疎く、鹿実と鹿工が強いというくらいしか知りませんが、競技人口が少ないので、きっかけ1つで普通の高校でも県ベスト4は狙えました。自分が高校の時は2つ上・1つ上・1つ下の代が県ベスト4に入ってました。
01-26 21:34

@liveonnet1975 鹿児島のベスト4は城西×指宿商/尚志館×神村 ですね。前々から鹿児島の場合一定の力があれば普通の高校でもベスト8くらいは可能でしたが、鹿工や鹿商の弱体化により、それが顕著に出るようになりました。
01-26 21:11

@liveonnet1975 国見も8で負けましたか。長崎も変わって来てますね。鹿児島の場合は、中・高一貫で指導している城西・神村が今後の鹿児島をリードしていく可能性が高いです。 #hs_soccer
01-26 20:05

新人戦、ベスト8の中に松陽、鹿工、鹿商、れいめい、鹿中央の名前がない。ついでに出水中央も。そして、鹿実は尚志館に負けた。時代は変わっているな。 #hs_soccer #kagoshima
01-26 19:09

閣下が詳しすぎるのも凄いよね。いくら好きだからって。
01-26 00:00


関連記事

ライセンス問題2

サッカーには1つのサイクルがあり、そのサイクルが終わりを向えたら新しいサイクルを始める事を何度も繰り返す事で成り立っている。

現在のヴォルカで例えるならば、昨シーズンに多くの県外出身選手が加わった事を踏まえれば、新しいサイクルとしての1歩が昨シーズンだったと言える。

そして、これはシーズン終了報告会で前田さんが、ラジオに出演した選手が言っていた事でもあるが、シーズン終盤に個が噛み合うようになってきたと言っている点。ならば、昨シーズン終盤のスタイルを今シーズンは踏襲し、JFL昇格を目標に取り組んでいくべきである。

ところが、仮にそこでJFL昇格を果たすことが出来ても、現在のヴォルカにはJFLでチームを率いるために必要なA級以上のライセンスを持っている人物がいない。

その時になって慌てて外部から招聘しても、その新監督が積み上げてきたものとは違うスタイルのサッカーを志向すれば、チームが迷走する可能性も出てくるわけであり、ハイリスクハイリターンとなる。

JFAのサイトによると、A級ライセンスを取得する条件はB級ライセンスを持ち、尚且つB級ライセンス養成講習受講後1年以上の指導実績があれば受講する事が出来るとの事。恒松監督がB級ライセンスに変わっていたのが去年からだったので、KFAにA級ライセンス受講の通知が届けば、恒松監督はA級ライセンス取得のチャンスが巡ってくるわけである。

外部からの指導者を招聘するのが非現実的なヴォルカにとっては、恒松監督のA級ライセンス取得が一番現実的な道である。


話は変わるが、個人的には恒松監督は、"普通の感覚なら"、2006年の段階でクビを切られてもおかしくはなく、また、采配面には常々疑問を持っているので、続投は反対であり、仲間内でもその意見に賛同する者もいる。

ただ、その中で、敢えて損な役回りを引き受けた恒松監督を男にすべく、ここまで引っ張ってきたのではないか?という意見もあり、その意見が事実だと想定するとしたら、恒松監督自身が変わらなけば男になれないし、いつまで経っても同じ事の繰り返しになると思う。

また、恒松監督がA級ライセンス取得が無理な場合、同監督を総監督にして別にA級以上のライセンス所持者を監督に据えるパターンもあるが、どのみち、A級以上のライセンスを持った方の存在がこのチームには必須条件だ。



v-net.com
ヴォルカ鹿児島人気投票2011最終結果

■関連記事
ライセンス問題(2012.1.25)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

01/25のツイートまとめ

daisan0512

2/5@宮崎。アビスパ×鹿屋体大。 前田さんラインはそっちに行ったか。ま、これだけでは一概に言えないけども。
01-25 21:24

漢字をしょっちゅう間違えられる #自分の本名あるある ※別に珍しい名前でも読み方でもないです。
01-25 01:15

老眼の人は大抵読み間違える。 #自分の本名あるある
01-25 01:06

http://t.co/j16kL899 ブログの題名変えた。今度からブログを書くときは題名は最後にしよう。後で読み返すと、題名あまり関係ないってことはよくあるし。
01-25 01:03


関連記事

ライセンス問題

前回のエントリーでHOYOの監督交代について述べたが、JFLで戦う以上、必要なライセンスを持っている監督の招聘は必須となってくる。

現在、ヴォルカ鹿児島では恒松監督がB級ライセンスを持ってるが、現行の監督のままではJFLで指揮をとる資格がなく、仮に昇格出来たとしても新しい監督を探さないといけなくなる。

結局、前田さんが抜けて一番痛いのは同氏の持っている「S級ライセンス」の部分である。ライセンス取得に関しては、詳しい事はあまり知らないが、B級までなら仕事を持っていてもなんとか取る事は出来る。ヴォルカOBでもB級ライセンスを取得している方はいるし、高校サッカーや中体連で名の通っている方でB級ライセンスを持っている方は多い。

ところが、A級以上となると、一定の研修期間を要するため、プロやそれに準ずる立場にいなければ取得は困難である。

鹿児島県で唯一S級ライセンスを持っているのは鹿屋体育大の総監督を務める井上さんのみ。A級ライセンス取得者も高体連等で指導をしている方が大半を占める中、ヴォルカとしては恒松監督に拘るのなら、早急にA級ライセンス取得を目指してもらわないと困る。

ヴォルカがJFL昇格を果たした暁には井上さんを監督に据えるという約束の元、前田さんがアビスパへ去って行ったのならともかく、少なくとも、県内に存在するA級以上のライセンス保持者はヴォルカの監督になってくれる可能性は0に近いと見ている。

個人的に恒松監督続投は反対なのは、監督としての手腕に疑問を持ってる事に加え、A級以上のライセンス取得の見込みがないと感じるから。去年行われたシーズン終了報告会でも、「仕事を持っていて忙しく…」とコメントしており、A級トライアルを受けれるのか不安を感じる。

もし、恒松監督以外の人選が出来ないのであれば、JFL昇格を果たす意味がないし、2015年のJ2参入など到底無理な話になる。それなら、チームに未来はないし、早急にJFL昇格と準加盟申請、そして2015年のJ2参入を諦めますと言ってくれた方が気持ち的には楽だ。

だいぶネガティブな事を書いたが、無視出来ない要素なのは確かな事なんでね。



v-net.com
ヴォルカ鹿児島人気投票2011最終結果

人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

呟き

QRコード

QR

ブロ友申請
検索

RSSリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カウンター