NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

鹿屋体育大学×藤枝MYFC 【トレーニングマッチ】

開幕戦の相手、藤枝MYFCが都合よく国分でトレーニングマッチをしていたので、観てきました。尚、会場にユナイテッド関係者らしき人物は不在でした。

藤枝の新シーズンの背番号がまだ未発表で顔と名前が一致しないのがネックだが、どういうサッカーをするかはある程度把握できた。

30分×4本
鹿屋1-0藤枝
鹿屋1-0藤枝
鹿屋1-1藤枝
鹿屋0-1藤枝
計 鹿屋3-2藤枝

となった。

-----13-----
14---10---18
---20--15---
5--29--4--22
------1-----

これが1本目の布陣。10は大迫希だった。

一度トップに当ててサイドへ叩くのがデフォのようで、ボランチがボールを持った時に楔のパスを入れるシーンが目立った。

ただ、オフ・ザ・ボールの動きが少ないため、サイドへ叩いてもサイドバックとのコンビネーションが取れず、1対1の場面で勝てず、攻撃が手詰まりになる。

中央からサイドへ大きく振るのも精度悪い。

サイドで連携が取れれば崩しの兆しは見えるのだが、ここは鹿屋のコンパクトで統制の取れた守備が頑張ったか。

守備面で言えば攻撃→守備の切り替えが悪く、カウンターを喰らう場面が多かった。

バックラインでのパス回しもプレスが厳しくなると焦りが目立って所謂"はまった"状態にされる。

1本目はこれと言った見所はなかった。

サイドハーフはカットインがメインなのか、右サイドハーフの18番は左利きのようだ。




決して多くはなかったが、前半で光るプレーを時折魅せたのは左サイドハーフの14番の選手。

サイドバックやトップ下がうまくサポートすればカットインをより増やせたかもしれない。

2本目の10分頃にメンバーを交代。

-----27-----
8----7----17
---28--16---
24-33--4--22
-----26-----

システムは変わらなかったが、ここで注目は16番の鮫島 晃太。



投入前と後でパスのリズムが変わった。

鹿屋のプレスにも落ち着いてキープ、パスの判断が良く、後方でのビルドアップに落ち着きをもたらす。

ただ、それが全線の活性化に繋がったわけではなく、結局、ディフェンスリーダーが誰なのかはっきりしない。

3本目
-----27-----
8----7----17
---28--16---
3--6--30--33
-----26-----

鹿屋もメンバーを大きく入れ替え、クオリティが落ちた部分もあるが、藤枝は6番、おそらく元ロアッソ熊本の福王だと思うが、コーチングと高いビルドアップ能力で鮫島と共にボールを動かしてリズムを作った。



鹿屋守備陣の距離感が悪くなった部分もあり、サイドへボールが回るようになる。

1トップの27番の選手も広範囲に動き、中盤がそれに合わせて連動する。

時間は記録していないが、藤枝はカウンターから27番の選手のループが決まり1点を返す。

前半には出来なかったサイドからのコンビネーションも冴え、決定機が増えた。

3本目の途中にメンバー交代。

------9-----
17---23---24
---25---31--
3--6--30--33
-----21-----

このメンバーで4本目も戦う。

後半は鹿屋のクオリティが落ちた事もあり、やりたいサッカーは出来ていた。

カウンターも出来るようになったし、中で引きつけてサイドを空けたり、大きくサイドへ振るときの精度も上がった。

終盤はオープンな展開になり、お互いが攻め合う形となったが、守備陣のポジショニングが甘くなった鹿屋は失点してもおかしくない所を水際で食い止める。


この試合での藤枝をまとめると
【1】トップへ楔のパスを入れるのがデフォでサイドハーフのカットインを引き出す。
【2】クロスがファーサイドに流れた時は、ボランチが拾いに行くので、守備→攻撃の切り替えの時にスペースが生まれる。
拾われたらピンチになるが、逆に拾えばこちらのチャンスになる。
【3】攻撃→守備の切り替えが悪く、カウンターに弱いかも。
【4】コーナーキックはGKから逃げる回転で蹴る。

選手個々で言えば、DFは前半に出てた4番の選手、おそらく、元琉球の伊藤だと思うが、この選手の空中戦の強さと福王のビルドアップを活かすコンビだと崩すのは厄介になるかも。

鮫島のパスのリズムの取り方も厄介。

チームとしての仕上がりは全然。これがデフォなら負けることはないが、開幕時はもっと仕上げてくるだろう。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

関連記事
スポンサーサイト

ザスパ草津チャレンジャーズサポの皆様

ふとザスパの公式を見ていたら、発見しちゃいました。ユナセカの選手の名前を。

MF 陸守 康汰
▼生年月日: 1997年11月18日
▼身長/体重: 171cm/65kg
▼出身: 福岡県
▼サッカー歴: 福岡西陵高校



始動が遅いセカンドにあって早い段階で加入が決まってた高卒ルーキー。

セレクションにも参加し、その時はボランチ、センターバックをしていた。

その時は豊富な運動量が目立つ一方で、無駄走りも多く、途中足を攣っていた。

リーグデビュー戦は左サイドバックで出場。サイドが本職らしく、サイドハーフでもプレーしていた。



粗削りだけど、本当によく走ります。どのポジションで使っても献身的に走り回ると思います。

凄く気持ちのこもったプレーをします。ただ、無駄走りも目立つので、戦術理解度を高めて上げてください。

サポの皆さま、温かく見守って下さい。






人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

関連記事

新加入選手 「MF 中原 優生」

去就が気になっていた選手の加入がリリースされた。→公式

MF 中原 優生 なかはら ゆうせい
▼生年月日: 1993年6月15日
▼身長/耐重: 169cm/66kg
▼出身: 阿久根市
▼ポジション: ボランチ
▼サッカー歴: 佐賀東高校→鹿屋体育大学
▼選抜歴: 九州大学選抜、全日本大学選抜、鹿児島県国体成年男子選抜など



ゲームメイク、チャンスメイクに長けた司令塔で、豊富な運動量で攻守に渡ってボールサイドに顔出す中盤のダイナモ。

大学時代は「チームのエンジン」と評され、下級生時代から出場機会に恵まれる。

ボランチながら、高い得点力も併せ持ち、セットプレーではキッカーでもターゲットにでもなれる。

パンチの効いたフリーキックも武器の1つ。

ポジションはボランチだが、得点力もあるのでトップ下での起用もありだと思う。どのポジションで使われるかも注目。

もうチームの背番号は決まっており、何番になるか。
大学時代に着けていた8は永畑、18は関、25は角野と空いていない。佐賀東高校の時の7も赤尾が着けている。

空いているのは4、10、17、20あたりか。どれも馴染みのない番号だが、17を着けそうな気がする。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

[Read More...]
関連記事

新背番号

新体制発表に伴い、選手の背番号も発表された。→公式

新戦力では
木村→2
岩崎→21
松下→24
角野→25
野嶽→29
上本→40

背番号変更は
吉井→4から22
西岡→29から14
五領→20→11

となった。10は空き番。相応しいと思う選手がいなければ空き番でもいいと思う。

吉井が22になったのはロアッソ熊本で着けてた番号で本人に拘りがあるのかなとか、松下はガンバ、横浜FCで着けてた番号でもある24。

大海の40は謎だが。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

関連記事

J3を"Jリーグ"にするためには

J3が発足してつくづく思うのは、「Jリーグという感じがしない」という点。理由はいくつかある。

1 AC長野パルセイロ
2 カマタマーレ讃岐※
3 S.C.相模原
4 FC町田ゼルビア

5 Honda FC
6 佐川印刷SC
7 ツエーゲン金沢
8 ブラウブリッツ秋田

9 ソニー仙台FC
10 横河武蔵野FC
11 FC琉球
12 Y.S.C.C
13 藤枝MYFC
14 福島ユナイテッドFC

15 HOYO大分
16 MIOびわこ滋賀
17 栃木ウーヴァFC
18 ホンダロックSC



これはJ3発足前の2013年のJFLの順位。

太字がJ3へ参入したクラブ。
※カマタマーレは入替戦で勝利しJ2へ。

J3へ参入した全てのクラブが上位を独占せず、一部のクラブはHonda等既存のJFLクラブの後塵を拝している所にJ3が3部でJFLが4部という感覚を持てないでいる。

次に2014年に参入1年目でレノファ山口が優勝したことや、鹿児島ユナイテッドも5位と一桁順位で終えれたこと。

JFL上位陣は依然、J3とも引けを取らない力は持っていると思われる。

そこで今年だ。

アスルクラロ沼津がJ3に参入した。これを「昇格」とするならば、J3勢は沼津を下位に蹴落とさなければならない。

J3が3部、JFLが4部と真の意味で位置づけるなら、本来参入1年目のクラブに上位に来させてはいけない。J3の壁を見せつけなければならない。

沼津を簡単に上位に進出させたらまだまだJ3は名ばかりのJリーグのままになる。

とはいえ、沼津の補強は不気味だ。

過去の例で言えば、レノファはJFLで出番の少なかった岸田がブレイクし、ヴェルスパ大分から獲得した福満がJ1へ復帰したセレッソ大阪へ引き抜かれるまでの選手になった。

JFLから獲った選手のブレイクという意味では、鹿児島もそう。藤本が得点王になり、山岡は不動の守護神として安定したプレーを見せた。

沼津も先人たちに倣えと、ソニー仙台FCから前澤甲気と松藤正伸、ヴァンラーレ八戸から菅井拓也、奈良クラブから谷口智紀を獲得している。

上位進出を匂わせる補強をしており、油断はならない。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

関連記事
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

呟き

QRコード

QR

ブロ友申請
検索

RSSリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カウンター