NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

藤井の期限付移籍とポジション争いと

流通科学大学とのトレーニングマッチを観に行ってきた。

ユナイテッドの試合を観るのは1月のサンフレッチェ広島戦以来だったが、この試合とその間に行われたNYCやTRMの記録を見るに、試合に絡めそうなメンバーとサブに入るのも難しそうなメンバーに分かれている印象を受けた。

話を聞くには、JFC戦はサブ組で挑み、内容の乏しいゲームだったそうだ。

そうした部分が、上記のようにメンバーが"組分け"されている一因なのではないか。

武蔵野への期限付移籍がリリースされた藤井は後者になっていると感じた。

地域リーグ時代はリーグ戦こそ少ないが、各種大会があって控え選手を試せる機会がある。

しかし、全国リーグで戦う事でリーグ戦は増える一方で、参加する大会が減り、控えを試せる機会は減る。

なので、サブに入れるかどうかの立ち位置なら期限付で移籍する事は悪い事ではない。

ただし、チームから離れる以上、生半可な活躍では片道になる可能性もある。

今年は監督も代わり、新しいコーチも加わった

これまでの雰囲気が良くも悪くも変わる中、レンタルで出る事を選択したのが吉と出るか凶と出るか。

豊富な運動量と前線での献身的な姿勢は買い。

結果を残して戻って来てほしい。



※新卒で入った選手を早い段階で切ってしまうと、その母校との関係が悪化することもあるので、フロントもそれを踏まえた編成をしないといけない。

この辺は○○大は厳しいという話を聞いた事がある。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

ランキングに参加中。クリックお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

新加入選手 「GK キローラン 菜入」

練習生として参加していた菜入の加入がリリースされた。→公式

GK キローラン 菜入 きろーらん ないる
▼生年月日: 1992年4月7日
▼身長/体重: 187cm/82kg
▼出身: 東京都
▼サッカー歴: 東京ヴェルディユース→東京ヴェルディ→ギラヴァンツ北九州→東京ヴェルディ→松本山雅FC



公式のTwitterでちらっと写っていたので、練習参加しているのは多くの方が知っていたが、晴れて加入となった。

GKは既に3人いる。4人いる必要性はあると思えないが、それでも獲ったという事は、菜入自身がアピール出来たからか、現GK勢に納得しておらず、それで現GK勢に刺激を与えるためという可能性が。

広島とのトレーニングマッチで観た限り、187cmもあるように見えなかった。意外と上背あるんだね。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

ランキングに参加中。クリックお願いします。
関連記事

拝啓 FC徳島セレステサポの皆様

ユナセカの福崎がお世話になるという事で、簡単ではありますが、取説を認めました。

MF 福崎 冬也 ふくざき かずや
▼生年月日: 1994年1月31日
▼身長/体重: 173cm/63kg
▼出身: 鹿児島市
▼サッカー歴: 鹿児島工業高校→NIIGATA.J.S.C→アルビレックス新潟・シンガポール→鹿児島ユナイテッドFCセカンド(15-16)
▼備考: 2016年九州サッカーリーグベストイレブン



セカンドではボランチ、トップ下、サイドハーフ、FW等、複数のポジションをこなすチームの心臓でした。

昨シーズンはFWでの起用が多かったです。

中盤でゲームを作るタイプの選手ですが、身体を張った泥臭いプレーもします。

攻撃→守備の切り替えの際にプロフェッショナルファウルをする事がしばしばありますが、セカンドはチームとして未熟なので特にこの切り替えの部分が悪く、その為、損な役回りを強いられていました。

カードが多かったですが、決してダーティーなプレイヤーではありません。

プレースキックも蹴れます。

FC徳島セレステの皆様、よろしくお願いします。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

ランキングに参加中。クリックお願いします。
関連記事

雑談

最近はTVを滅多に見ないので、清水富美加なる人物のことは知らないが、幸福の科学もとい幸福実現党に関しては以前、こんな事があった。

あれは2009年8月。
ヴォルカが九州社会人選手権を佐賀で戦う前日、ベアスタでサガン鳥栖×東京ヴェルディの試合があり、観に行った時の事。

あの当時は解散総選挙前で鳥栖駅前でも演説をしていた。

駅からスタジアムへ向かう途中、ピンクと水色のサガン鳥栖カラーを彩った団扇を配っている人がいた。

夏の暑い時期だ。団扇の配布をするなんて気が利くじゃないか、そんな気持ちで団扇を受け取ると「幸福実現党」の文字。

幸福実現党のカラーが偶然サガン鳥栖とかぶっていたのか、鳥栖のホームゲームを狙ってこのカラーにして配っていたのか。ベアスタへ向かう観客をターゲットに配っていたとしか思えない戦略にこれはいいのか疑問に感じていた。

不快になったので団扇は捨てたが、スポーツを政治利用にしているとも取れるこの行為、気持ち悪い政党だなと思った。そんな事を思い出した。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

ランキングに参加中。クリックお願いします。
関連記事

新キャプテンに赤尾

今シーズンのキャプテン・副キャプテンがリリースされた。(公式)

ニュースの映像を見る限り、赤尾に変わったのかなとは思っていたが、その通りだった。

前キャプテンの裕は副キャプテンに。もう1人の副キャプテンは藤本。

赤尾は高校・大学・ヴォルカで経験があるので問題なくやれるだろう。もうベテランの域に達しているだけに、人間としても成熟しているだろうから、臆することなくチームを引っ張っていけると思う。

去年は副キャプテンは3人いたが、今年は2人に戻した。これは監督も代わったし、方針もあるから何とも言えない。

副キャプテンの人選を邪推すれば、裕は前キャプテンとしてのサポート役か。藤本が意外だった。キャプテンの経験があるのかは分からないが、試合にはレギュラー候補として出れる可能性のある選手。

昨シーズンの副キャプテンは赤尾、功、高野だったが、功、高野は出番に恵まれなかったので、ポジション争いで上位にいる選手の中から選んだのかなと。

キャプテンの人選と言えば以前、こんな事を書いた事があった。

今や、田上 裕=キャプテンと定着していた。かつてのマルディーニのような長期政権を期待していたところだったが。
※個人の感想です。

余談だけど、赤尾が鹿屋体大でキャプテンだったときの副キャプテンは中筋と偉だったそうです。ソースはTJカゴシマ。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

ランキングに参加中。クリックお願いします。
関連記事
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 01 | 2017/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター