NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

写真で振り返るチェストリーグ1部 【KSC×AFCパルティーダ】

2/23(土) 東市来総合運動公園
KSC 1 (0-2,1-2) 4 AFCパルティーダ
※40分ハーフ

パルティーダのサッカーは本当に独特。

一歩間違えれば「サーカス」と揶揄されかねないスタイルではあるし、この独特のスタイルを身に着けた子たちが2種にカテゴリーを上げた時に県内の高校で活きるのか? という疑問が生まれ、佐賀東に進学するのも仕方ないのかなと感じるようになった。

ライン際で囲まれた時にヒールリフトでかわすんだぜ?

一度や二度だけでなく、同じ選手だけでなく。漫画みたいなだなと思った。

KSCはこのパルティーダのスタイルに飲まれちゃったかなという印象。



























人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト



今更ながら写真で振り返る【筑後FC×太陽SC】

2/2(土)に八代の運動公園で開催された九州クラブユースU-14サッカー大会の2回戦第2試合は福岡県大会ベスト4の筑後FCと鹿児島第1代表の太陽SCとの一戦。

ちなみにこの大会、九州各県に2枠ずつあるのではなく、
佐賀・沖縄・宮崎が1枠、福岡が5枠、その他の県が2枠となっております。なんでこの振り分け方にされたかは知りませんけど。

■九州クラブユースU-14サッカー大会2回戦
筑後FC 0 (0-1,0-3) 4 太陽SC
※30分ハーフ
会場: 熊本県営八代運動公園陸上競技場

太陽SC、相手に何もさせず完勝でした。いや強かった。

U-15鹿児島の結果問わず、2日目も観るかどうか迷うも、2回戦を観ると切なくなりましてね…。特に2回戦第1試合で観た、TINO Football Academy×BUDDY FCのTINO FAの頑張りを見るとね…。

もっとやれただろう? やり切ったのか?

と思ったわけです。

育成年代の試合を観る難しさも感じましたよ。プロと違って「てめーらコノヤロー」とは言えないんでね。保護者でもないし。プロだから言っていいわけでもないんだけど。

あとさ、U-15の子の誰かがU-18を経てトップ昇格したとして、大抵の場合、昔からそのチームでは主軸で、場合によってはナショナルトレセンやエリートプログラムにも選ばれて、見てる人たちも「あの子はいいよ」と絶賛する。それが、トップチームに昇格し、プロの壁にぶつかった時に「あいつは使えん」等と酷評し出すとか有り得るわけで。

怖いなー怖いなー

あ、すみません、脱線しました。


















人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 02 | 2019/03 | 04
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター