NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

vs KSC 【チェストリーグ1部】

3/10(日)に神村学園で開催されたチェストリーグのKSC戦について少々。

■出場メンバー
GK 1 笹山 琉暢 2年
→交代 69分 21 稲盛 幸亮 2年
DF 6 笹嶺 理仁 2年
→交代 HT 5 今村 優和 2年
DF 3 喜多 龍斗 2年
DF 4 坂本 一慎 2年
DF 7 森田 友翔 2年
MF 10 武 星弥(CAP) 2年
MF 13 佐藤 勇盛 2年
→交代 78分 16 福迫 大和 1年
MF 22 中村 琉雅 1年
→交代 HT 14 田中 陽己良 1年
MF 8 今村 颯太 2年
→交代 73分 17 中村 隼也 1年
MF 11 山内 勘暉 2年
→交代 55分 9 山中 雄大 2年
FW 18 小島 凛士郎 1年
→交代 78分 19 有島 那音 1年

---------小島---------
山内----今村颯--中村琉
------佐藤--武--------
森田--坂本--喜多--笹嶺
---------笹山---------




立ち上がりはKSCが攻め込む時間が多く、マイボールになってもミスもあってなかなか主導権が取れない。

被シュートこそあれど、崩されてはいないので、こういう時に良い奪い方、奪った後に主導権を握って効果的に繋ぐ事が出来ればいいのだが、序盤はなかなか動きが重い。

最初のチャンスは15分、10武星弥と11山内勘暉との連携で左サイドからクロスを上げる。ファーサイドで22中村琉雅が合わすも、GKがセーブ。こぼれを拾った18小島凛士郎のマイナスのパスを8今村颯太がダイレクトで打つも大きく外してしまう。しかし、良い展開だった。

19分、U-15は選手のポジションを入れ替える。11山内勘暉をFW、18小島凛士郎を左サイドハーフに。

すると21分、味方のスローインを受けた11山内勘暉が右サイドを突破しクロスを上げる。18小島凛士郎がゴール前で頭で合わし先制。

KSC 0-1 U-15鹿児島

27分には11山内勘暉がドリブルで相手を引きつけて左へ展開。そこからのクロスを18小島凛士郎が合わすもGKにセーブされる。ポジションを入れ替えた2人がチャンスとフィニッシュに絡む。采配が当たる。

ここからU-15の動きも良くなり、奪ってから繋いで前に運べるようになる。特に奪い方が良かった。相手の運動量の少なさはあったと思うが、危険な場面を作られて水際で止めるのではなく、その場面を作られる前に止める。

攻め急がず、緩急を加えて相手を動かしていく。追加点が取れれば理想ではあったが、この時間帯、1-0でも安心して観れるゲームは出来ていたと思う。

後半、U-15は2枚替え。
6笹嶺理仁→5今村優和、22中村琉雅→14田中陽己良。
布陣がこうなる。

---------小島---------
山内-----田中--今村颯
------佐藤--武--------
森田--坂本--喜多-今村優
---------笹山---------

後半は42分、KSC、右サイドからのフリーキックを頭で合わされるが枠の外。

ハーフタイムを挟んでKSCが前からのプレスを厳しくしてきた。U-15はこのプレスに対し、慌てずしっかりと繋ぐものの、気が付いたらハマっている状態となっており、53分にはGK笹山琉暢にまでボールを戻した際に、大きく蹴ろうとしたらカットされてしまう危ない場面も。すぐにスライディングでクリア出来て事なきを得たが、前半途中からの流れがハーフタイムを挟んで途切れてしまった印象だった。

55分、U-15は選手交代。
11山内勘暉→9山中雄大。そのままFWに入る。

チャンスメイクは前半ほどは出来ていなかったと思うが、持ち前のハードワークは衰えていなかった。ベンチは何かしら思う処はあるのだろうが、外から観てて「あ、代えるんだ」という印象。

KSCの時間を耐えると58分、コーナーキックのクリアを拾った8今村颯太がワントラップからシュート。これは枠を捉える事が出来ないが、良い所に動いていた。

その1分後、9山中雄大が左サイドへの裏へ抜け出してクロス。このクロスをKSCの選手がハンドをしてしまい、PKに。そのPKを10武星弥が決めて2-0とする。

KSC 0-2 U-15鹿児島

相手の流れのところを耐え、攻勢に出て追加点を奪う。良い傾向にある。

ボランチの2人が守備面で特に効いており、奪って前線に展開。10武星弥はドリブルで運ぶ事でスペースを巧く使う。

球際の部分もしっかりと強く行くので、攻守ともに安定していた。

69分、GKを交代。
1笹山琉暢→21稲盛幸亮

71分、14田中陽己良のパスに抜け出した9山中雄大のシュートがニアに入ってダメ押し。

KSC 0-3 U-15鹿児島

73分、U-15は8今村颯太に替えて17中村隼也を投入。そのまま右サイドハーフに入る。

76分はKSC。左サイドからのコーナーキックを頭で合わされ1点返される。

KSC 1-3 U-15鹿児島

78分にはKSC、ミドルレンジからのシュートがDFに当たり、コースが変わる。GK稲盛幸亮は懸命に反応するも届かず2失点目。

KSC 2-3 U-15鹿児島

右に飛ぶシュートがDFに当たって軌道が変わり、左側に飛んでしまう。少しコースがズレるだけで反応が難しい事もあるのに、右から左にコースが変わってしまうのは止めるのは難しいか。ましてや身体も技術も成長段階にあるこの年代だと尚更。

その直後に2枚替え。
13佐藤勇盛→16福迫大和、18小島凛士郎→19有島那音。
最終布陣がこう。

------山中--有島------
田中--武----福迫-中村隼
森田--坂本--喜多--今村優
---------稲盛---------

4-4-2に替える。

1点差にされ、追いつかれるリスクもある中、2年の13佐藤勇盛とキープレーヤーになってる1人の18小島凛士郎を下げ、1年生を投入。かなり大胆な采配だと思う。

最後は冷や冷やしたが、1点差とされて勢いが落ちたものの、何とかリードは守り切った。

■高円宮杯 チェストリーグ1部
KSC 2 (0-1,2-2) 3 鹿児島ユナイテッドFC U-15
※40分ハーフ

得点;
【KSC】 76分、78分
【U-15】 18小島凛士郎(21分)、10武星弥(60分@PK)、9山中雄大(71分)

日時: 2019年3月10日(日)
会場: 神村学園サッカー場
満足度: ★★★★☆



3-0からの2失点は課題ではあるが、それまでは良い内容の試合が出来ていた。また、今のうちに1年生を鍛えておきたい意向もある模様。

この試合を受け、本城が名将への第1歩を踏み出した。

MOM: MF 11 山内 勘暉 鹿児島ユナイテッドFC U-15


FWにポジションを移してからは運ぶドリブルでスペースを作り、2列目の動きを引き出してチャンスを作り、守備では前線から積極的にハードワークをこなした。






















人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 02 | 2019/03 | 04
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター