NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

vs神村学園中等部 【九州U-15サッカー選手権 県代表決定戦】

10/19に開催された九州U-15サッカー選手権の県代表決定戦、午後からは準決勝が開催。チェストリーグ1部優勝の神村学園と対戦する事に。

1回戦と違い、リーグの順位は神村が上のため、U-15鹿児島が勝ち上がるには勝利が絶対条件となる。

■出場メンバー
GK 1 笹山 琉暢 3年
DF 2 山下 望空 3年
→交代 HT 25 中村 琉雅 2年
DF 4 坂本 一慎 3年
DF 13 佐藤 勇盛 3年
DF 7 森田 友翔 3年
MF 5 今村 優和 3年
→交代 HT 23 松田 飛乃舞 2年
MF 6 笹嶺 理仁 3年
→交代 HT 24 薗田 尚大 2年
MF 10 武 星弥(CAP) 3年
→交代 47分 8 栗下 心暖明 1年
MF 14 田中 陽己良 2年
FW 19 有島 那音 2年
→交代 43分 9 山中 雄大 3年
FW 15 禧久 雄真 2年
→交代 43分 11 山内 勘暉 3年

■SUB
GK 12 山谷 壮良 2年

------禧久--有島------
田中---武---笹嶺-今村優
森田--佐藤--坂本--山下
---------笹山---------




1回戦からスタメンを3人入れ替え、サブにも1回戦はベンチ外だった2選手を入れ、ターンオーバーを敷いてきた。思い切った事をするなと。

▼試合

開始から地力に勝る神村が攻め立てる。

4分、右サイドからのクロスをダイレクトで合わす。GK笹山琉暢がセーブ。それで得たコーナーキックを頭で合わすが、これがバー直壁。セカンドボールも拾われてシュートを打たれる。これは枠の外。

7分、バックラインで回している所を奪われてミドル。これはGK笹山琉暢の正面。

9分、左サイドへ展開。左からマイナスを送り、シュートはDFがブロック。それで得たコーナーキックを頭で合わされるが枠の外。

14分、ミドルレンジでヒールパスを受けた選手のミドルは枠の外。

最初から一方的な展開だった。

U-15鹿児島は後ろで回しつつ気を伺っていたが、神村のプレスと前線のオフ・ザ・ボールの動きの悪さで縦パスを引っかけてしまう。一方で神村は入られたら嫌なスペースでフリーで貰うのでその後のディフェンスが後手になる。

18分、神村はフリーキックを得る。U-15鹿児島のDFラインは切り替えが遅れる。その隙に前線に送られ、ペナルティエリアのやや外でフリーの選手を作る。GK笹山琉暢が前に飛び出してコースを切ろうとするうが、冷静に流し込まれる。多分、13福田師王。

神村 1-0 ユナイテッド

与えてはいけない先制点を許し、加えて暑さと連戦からくる疲労で動きがより落ちる。声も途切れて気持ちが折れてしまったかのようだった。

ベンチから「諦めるのか?」と檄が飛び、思い出したようにトライしたのが前半の終了間際。DFラインでボールを動かした後、中盤がフリーのスペースに動いて前を向けるようになったので、前線に運ぶ事が出来た。

そして前半アディショナルタイム。コーナーキックを頭で合わせて同点に追いつき前半を終える。

神村 1-1 ユナイテッド

最初のチャンスで得点した。引き分けでは勝ち上がれないが、希望を持って後半に挑める。

後半、U-15鹿児島は3枚替え。
2山下望空→25中村琉雅
5今村優和→23松田飛乃舞
6笹嶺理仁→24薗田尚大

布陣がこうなる。

------有島--禧久------
田中---武---薗田--松田
森田--佐藤--坂本-中村琉
---------笹山---------

後半も地力に勝る神村の攻撃を耐える構図だったが、途中投入の3人を中心にハードワークをして球際も強く行く。抜かれたり、ボールを奪えなくとも何度も繰り返し詰める事で神村はサイドへ逃げるようなパスも見られた。

前半終了間際は少し内容は良かった。途中投入組はハードワークをしてくれる。とにかく我慢をして耐えて少ないチャンスをモノにするのが唯一と言っていい、勝利への糸口に思えた。

しかし、そんな希望を打ち砕くプレーをやられてしまう。

40分、神村のゲームキャプテン・14大迫塁がハーフウェイライン付近でボールを受けると、そこからドリブルを開始する。完全に虚を突かれた。ゴールまでは距離があったが、プレスに来た選手全員を抜き去り、GKと1対1へ。そして冷静に流し込んで勝ち越し。まるで、決めようと思えばいつでも決めれたと言わんばかりのゴール。

神村 2-1 ユナイテッド

43分、神村は14大迫塁がドリブルで左サイドを突破してシュート。これはGK笹山琉暢がセーブする。年代別の日本代表に選ばれるほどの選手だから能力が高いのは分かるが、必死にディフェンスをしているのを嘲笑うかのようにかわしていく姿を見せられると、やられている側の選手の心理は如何に…。

43分、2人替え。
15禧久雄真、19有島那音→9山中雄大、11山内勘暉。そのまま2トップで起用。

この時間帯までは何とか戦えていたのだが、飲水タイム前にキャプテン・10武星弥が接触で痛み、そして負傷交代。8栗下心暖明を投入。

再開前にベンチの「諦めるなよ」の声が虚しく響く。

理由は分からないがこの日は小島凛士郎が不在。今村颯太は怪我で欠場。主力2人が不在でチームの調子が悪い中、キャプテンを怪我で失う。チームにとっては大ダメージだったように思う。

47分、神村はGKからのパントキックが前線に繋がり、そのままシュートを決め、ダメ押し。

神村 3-1 ユナイテッド

50分、U-15鹿児島は9山中雄大のスルーパスに抜け出した11山内勘暉のシュートはGKがセーブ。惜しいシーンだった。

後半最初のチャンスだったが、こうやってチャンスを作れるのならまだ戦える、そう思った矢先の52分、神村は左サイドからカットインし、そのままシュート。これがサイドネットに突き刺さり、追加点を奪う。

神村 4-1 ユナイテッド

53分、ゴールに近い位置でフリーキックを得る。4坂本一慎が直接狙ったシュートはクロスバーに阻まれる。セカンドボールに24薗田尚大がいち早く反応するも、GKがセーブ。

惜しいシーンは作った。ただ、攻守共々クオリティは落ちている。

それは疲労もあるだろうし、10武星弥がピッチから去ったのも影響しているだろう。ボールを運ぶのが上手く行かない時、彼はドリブルで運べる。これは強豪と対戦する上では重要な要素である。

代わりに投入された8栗下心暖明はここで起用されるくらいだから期待の1年生なのかもしれない。ボールを受けると、積極的に前につけようとしていた。でも、今の段階では10武星弥の代わりは荷が重かったか。

58分、神村は右サイドへ展開。そこからクロスを送り、中で合わされて5点目。

神村 5-1 ユナイテッド

アディショナルタイム、神村はバイタルエリアで細かく繋いでからのシュートで6点目。

神村 6-1 ユナイテッド

ビハインドを追っている。点が欲しい。でも、鹿児島ユナイテッドのアカデミーはパワープレーをなかなかしないチームなので、最後までパスを繋いで打開を試みる。

ただ、神村のプレスに対し、自陣で繋ぐシーンが多く、また、それに対して相手は揺さぶられないので、縦に入れると引っかけてしまう。

U-15鹿児島4期生の試合は1-6と大敗で終える事となった。

■KYFA 第31回 九州U-15サッカー選手権 鹿児島県代表決定戦準決勝

神村学園中等部 6 (1-1,5-0) 1 鹿児島ユナイテッドFC U-15
※30分ハーフ

得点;
【神村】 18分、40分、47分、52分、58分、60+2分
【KUFC】 2山下望空(30+2分)

日時: 2019年10月19日(土)
会場: 桷志田サッカー競技場
満足度:



神村とはリーグ戦で2度対戦しているが、2-5、0-3と敗れている。リーグ戦は40分ハーフだが、今回は30分ハーフ。短い時間の試合ながら一番失点を喫している点、そのうちの5失点が後半とあまりにも脆かった。

やはり調子が下降気味の中でこの大会を迎えたのが影響していたのだろうか。

プレー経験がある人なら分かると思うけど、手抜きしているわけではないのにどうしても調子が悪い時というのは得てしてあるもので、そのタイミングがこの時期だったと言えばそれまでの話。

ただね、昨年のリーグ最終戦で内容が悪くて大敗した時、当時の柳崎監督は身体を張らないチームに喝を入れ、「見ている人の心に響くサッカーをしろ」と選手達に言っていた。そして、昨年のこの大会では、ひたむきに戦って、その言葉通りに見ている人の心に響くサッカーをしていた。

現体制を全否定するつもりはない。本城は前体制の課題解消に取り組んでいるようにも見える。ただ、前任者の良い部分を引き継げていないのもまた事実。

バイタルエリアにフリーで走り込まれた時に、最後まで足を止めずに寄せ切ってシュートを打たせなかったシーンが何度あっただろうか。

成績は昨年のチームよりも良かったのだけども…。

この大会以降は負ければその時点で3年生は引退となる。それを最悪の内容で終えてしまったなぁ…。











人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト



vs F.Cuore 【九州U-15サッカー選手権 県代表決定戦】

10/19は桷志田にて九州U-15サッカー選手権の県代表決定戦を観戦。

この大会は、8チームによるトーナメントで優勝したチームは九州大会へ進み、九州大会の上位チームが高円宮杯の全国大会へ出場する。

九州リーグを優勝しているサガン鳥栖U-15は全国へストレートイン。詳しい数は忘れたが、残りの九州リーグ所属のチームと九州各県代表が九州大会を戦う。確か枠は3だったかな。

県代表決定戦の出場資格を持つチームは年によって違いがあり、今年は県1部リーグの上位4チームと、東西に分けた2部を優勝した2チーム、そして、大島地区・熊毛地区の離島勢の8チームで争う。ただ、熊毛地区代表が辞退したとの事で、1部5位のF.Cuoreが繰り上げ参戦をした。引き分けの場合は、延長・PKはなく、リーグ戦で上の順位のチームが勝ち上がるレギュレーションである。

鹿児島ユナイテッドFC U-15は1部リーグ4位で参戦。1部5位のF.Cuoreと対戦する事に。

F.Cuoreとは現チームになって3度対戦しており、3戦3勝ではあるが、自分が観た時ではあるけど、かなり強いチームだと認識している。最終的に5位で終えているとはいえ、序盤は勝点を積み重ねるのに苦労していた。しかし、新人戦の準決勝で対戦した時は負けてもおかしくない試合だったし、この試合や、ブログにアップしていない県ユース・育英館中戦等、クオリティの高い試合をしていた。

U-15鹿児島はリーグ戦3連敗で終え、状態が良くないのを引きずっている。今年負けなしの相手とはいえ、非常に嫌な予感のする試合だった。

■出場メンバー
GK 1 笹山 琉暢 3年
DF 2 山下 望空 3年
DF 4 坂本 一慎 3年
DF 3 喜多 龍斗 3年
→交代 57分 25 中村 琉雅 2年
DF 7 森田 友翔 3年
MF 13 佐藤 勇盛 3年
MF 6 笹嶺 理仁 3年
→交代 39分 15 禧久 雄真 2年
MF 5 今村 優和 3年
MF 10 武 星弥(CAP) 3年
MF 17 小園 隼磨 2年
→交代 HT 19 有島 那音 2年
FW 11 山内 勘暉 3年

■SUB
GK 12 山谷 壮良 2年
DF 24 薗田 尚大 2年
MF 14 田中 陽己良 2年
FW 9 山中 雄大 3年

---------山内---------
小園------武----今村優
------笹嶺--佐藤------
森田--喜多--坂本--山下
---------笹山---------




勝ちが絶対条件のF.Cuoreは序盤から縦に速い展開から主導権を握り、攻勢に出る。

前線に能力の高い選手がいて、サイドや中央で散らしつつ前線の選手を使ってくる。

守備では粘り強く対応するものの、思うきりの良いクオーレはセカンドボールの寄せ早く、遠目でも積極的に狙ってくる。

U-15鹿児島はバックラインで繋いでボランチ、サイドハーフと経由してもサイドバックが幅が取れない、厳密に言えば距離感が中で繋いでいる時のポジションが高すぎるのでサイドに展開すると相手DFにカットされてしまう。

また、全体的に動きが硬く、落ち着いて回す事が出来ない選手もいて流れが悪い。

16分、クオーレは左サイドからドリブルで仕掛けて中へ送る。そのボールは右サイドへ流れるが、それを拾って今度は右サイドを深くえぐって中へ。そのボールはGK笹山琉暢が弾き、セカンドボールもクリアするが、DFラインを慌てさせた精度の高い攻撃だった。

17分、コーナーキックを合わされるがこれはGK正面。

一方、23分、U-15鹿児島はコーナーキックから13佐藤勇盛が合わすが枠の外。

前半はスコアレス。

攻撃の精度はクオーレがやや上回っている印象だったが、ただ、彼らは勝つことが勝ち上がりの条件。引き分けではダメなので、焦りも感じる。おそらく、もう少しゴール前に運ぶ事を意識すれば崩せる回数は増えたようにも思えた。

後半、選手を1人代える。
17小園隼磨→19有島那音。布陣がこうなる。

---------有島---------
山内------武----今村優
------笹嶺--佐藤------
森田--喜多--坂本--山下
---------笹山---------

後半もセカンドボールの攻防では劣勢で守りの時間も多い。なので、攻守が切り替わった時に数的不利になりがち。

39分、2枚目の交代。
6笹嶺理仁→15禧久雄真。布陣がこう変わる。

------有島--禧久------
山内---武---佐藤-今村優
森田--喜多--坂本--山下
---------笹山---------

戦術上、変更が必要だからシステムを変えたというよりも、交代のカードを使う時に4-2-3-1を維持できない故の変更という印象だ。

このチームの試合全てを観てきたわけではないが、4-4-2よりも4-2-3-1の方が良い内容の試合が多いので、「ここで変えるかぁ」というのが率直な感想。

43分、左サイドでボールを持った19有島那音がアーリークロス。ファーサイドで15禧久雄真が頭で合わすが枠の外。これは良い攻撃だった。

46分にシステムを4-2-3-1に戻す。15禧久雄真を右サイドハーフに、右サイドハーフの5今村優和をトップ下へ。

52分、10武星弥が左サイドをドリブルで突破してシュートを放つも、DFがブロック。パスが上手く繋げていない展開の中、ドリブルでアクセントを加える。

57分、アクシデント。センターバックの3喜多龍斗が足を攣る(怪我?)。25中村琉雅を投入し、布陣がこう変わる。

---------有島---------
山内----今村優----禧久
-------武---中村琉----
森田--佐藤--坂本--山下
---------笹山---------

50分を過ぎたあたりからボールの廻り方が円滑になり、57分には11山内勘暉→5今村優和と繋いで19有島那音のシュートはGK正面。これも良い攻撃だったと思う。

しかし、その1分後、クオーレのカウンターを止めきれず、センターフォワードの14番の選手がドリブルで運び、左へ。フリーで走り込まれ、シュートを許す。これはサイドネットで助かる。肝を冷やした。

更に59分、クオーレはDFの背後を取る。GK笹山琉暢が前に飛び出してブロック。セカンドボールはクリアをして難を逃れる。

終盤に2本、ピンチを招くが何とか凌いで試合をスコアレスで終える。

午後に行われる準決勝にコマを進めた。

■KYFA 第31回九州U-15サッカー選手権 鹿児島県代表決定戦1回戦

F.Cuore 0 (0-0,0-0) 0 鹿児島ユナイテッドFC U-15
※30分ハーフ
※大会規定により、リーグ戦で上の順位だった鹿児島ユナイテッドFC U-15が準決勝に進出する。

日時: 2019年10月19日(土)
会場: 桷志田サッカー競技場A
満足度: ★★☆☆☆













人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

鹿屋体育大学×東海大学熊本 【九州大学1部】

10/14の午後は中山の県立サッカー・ラグビー場に場所を移し、久しぶりの大学リーグ、鹿屋体育大学のホーム戦。

■鹿屋体育大学
▼出場メンバー
GK 1 平田 皓太郎 4年 新宮
DF 19 武田 伊織 4年 桐生第一
→交代 HT 16 根本 凌 2年 上田西
DF 5 奥田 雄大(CAP) 4年 徳島市立
DF 15 小屋原 尚希 2年 日大藤沢
DF 4 坂口 祥尉 2年 FC東京U-18
MF 3 濱口 功聖 3年 アビスパ福岡U-18
MF 23 山口 卓己 1年 大分
MF 7 仙波 柊人 4年 鹿児島実業
MF 25 山本 廉 1年 V・ファーレン長崎U-18
→交代 86分 18 伊藤 龍生 3年 米子北
MF 8 田中 大和 4年 宮崎大宮
→交代 85分 14 木橋 朋暉 2年 東福岡
FW 10 藤本 一輝 3年 藤枝明誠

▼SUB
GK 17 安田 惟太郎 3年 サガン鳥栖U-18
DF 6 宮内 真輝 3年 アビスパ福岡U-18
DF 31 久保 勇晴 1年 サガン鳥栖U-18
MF 24 五十嵐 理人 2年 前橋育英

---------藤本---------
田中-----山本-----仙波
------山口--濱口------
坂口-小屋原-奥田--武田
---------平田---------




鹿屋体大は4-4-2かと思ったけど、FWの25山本廉の位置が低く、10藤本一輝とは縦関係になっていたので4-2-3-1なのかなと。

■東海大学熊本
▼出場メンバー
GK 50 川浪 大帆 3年 鹿児島城西
DF 10 森本 瑠 1年 東海大熊本星翔
DF 4 三苫 啓太 4年 東海大熊本星翔
DF 37 西村 匠太 3年 東福岡
DF 64 松永 浩誉 2年 東海大高輪
MF 7 鈴木 健太郎 4年 清水エスパルスユース
MF 19 瀧上 優 3年 東海大熊本星翔
MF 8 吉岡 涼斗 1年 東海大熊本星翔
FW 41 大城 碧支 4年 東海大福岡
→交代 71分 45 石見 和偉 2年 長崎日大
FW 18 渡邊 駿 4年 東海大熊本星翔
FW 9 吉岡 樹利也(CAP) 4年 鹿島アントラーズユース

▼SUB
GK 1 深松 裕太朗 2年 東海大熊本星翔
DF 29 坂田 悠希 3年 東海大熊本星翔
MF 21 西谷 瑞生 4年 岡山学芸館
MF 26 花田 駿 2年 東海大熊本星翔
MF 28 小野 湧哉 3年 東海大熊本星翔
MF 46 福永 剣也 3年 東福岡

吉岡樹---渡邊-----大城
----吉岡涼--瀧上------
---------鈴木---------
松永--西村--三苫--森本
---------川浪---------




4-2-3-1にも見えたし、4-1-4-1にも見えたけど、多分、7鈴木健太郎をアンカーに19瀧上優と8吉岡涼斗はインサイドハーフなんだと思う。この2人のどちらかがトップ下のように振る舞っているようにも見えなかったので。

▼試合

開始4分、東海大熊本は18渡邊駿がペナルティエリア内で受け、反転してシュートを放つがGK正面。

その他、セットプレーからゴールを狙うシーンもあり、序盤の主導権を握るかに思われたが、ボールを支配したのは鹿屋体大。

DFラインで、中盤の底で、じっくりとボールを動かしつつ前に運んでサイドを使う。そして、突破力のある10藤本に繋げると、そこから個人技で打開。

東海大熊本は選手全員が自陣に引くほど守勢に回った事もあり、ゴール前は人数で固める。10藤本に対して、複数で対応するのでシュートコースが出来ない。

26分、鹿屋体大はゴールに近い位置でフリーキックのチャンス。10藤本が狙うがバー直撃。セカンドボールを拾い、7仙波柊人が狙うも、これもバーに阻まれる。

32分には、25山本→19武田伊織と繋ぎ、3濱口功聖のシュートはDFがブロック。

また、37分には7仙波のクロスを8田中大和が頭で合わすも、これはGK川浪大帆がセーブ。

一方、東海大熊本は38分、19瀧上優が右サイドでボールを持つと、意表を突いて狙う。これはGK平田がセーブ。直後のコーナーキックは、37西村匠太が合わすも枠の外。

東海大熊本も少ないながらも良いシュートは打てているも、鹿屋体大が終始、ゲームを支配しながらも決めきれない中で前半を終える。

後半、鹿屋体大は選手交代。
19武田伊織→16根本凌。布陣がこう変わる。

------根本--山本------
藤本--濱口--山口--田中
坂口-小屋原-奥田--仙波
---------平田---------

後半開始35秒だった。東海大熊本は右サイドから突破を図る。これがファウルを誘い、PKに。しかし、そのPKをポストに当ててしまう。

千載一遇のチャンスだったように思う。

鹿屋体大は前線に長身の16根本を投入した事で、パスでの崩しだけでなく、高さを使った攻撃を取り入れるようになる。

サイドバックの足を使い、深い位置まで運んでクロスを16根本に合わせるというパターンも見せる。また、10藤本が前半同様に相手の隙間をスルスル~と抜け出すようなドリブルでゴール前にアクセントを加える。

しかし、東海大熊本の守備陣は集中している。人数に加え、GK川浪を中心に気迫あふれるプレーを見せる。

アンカーの7鈴木はもうほとんどDFラインに入っており、システムは5-4-1に近い。両サイドの41大城碧支や9吉岡樹利也の位置も低くなるので、攻撃への切り替えの時は数的不利でなかなか高い位置でプレーはさせてもらえないが。

56分、鹿屋体大はゴール前でファウルを得る。このプレー、東海大熊本サイドからすれば自分達ではなく相手のファウルではないか?という思いはあっただろう。リスタートのリスクを忘れ、レフリーへ抗議してしまう。その一瞬を突き、鹿屋体大はクイックスタートで10藤本がフリーで抜け出す。GKとの1対1を決めて先制する。

この日はまだまだ暑く、鹿屋体大が圧倒的にボールを支配する展開では、東海大熊本は終盤に足が止まるのではないかという見解だった。なので、1点入れば鹿屋体大はその後の展開を優位に進めれると思っていたが、東海大熊本、その後の粘りに粘る。

71分、東海大熊本は選手交代。
41大城碧支→45石見和偉。布陣がこう変わる。

石見----渡邊---吉岡樹
----吉岡涼--瀧上------
---------鈴木---------
松永--西村--三苫--森本
---------川浪---------

80分、東海大熊本は左サイドの高い位置でボールを持った45石見がドリブルで運び、バイタルエリアでカットイン。そこから思い切りシュートを放ち、これが決まって同点に。

鹿屋体大 1-1 東海大熊本

82分、鹿屋体大はコーナーキックを5奥田雄大が合わすが、DFがカットする。

85分、鹿屋体大は2枚目の交代。
8田中大和→14木橋朋暉。

この交代後のコーナーキック、16根本が頭で合わすがポストに嫌われる。

86分に鹿屋体大は3枚目の交代。
25山本廉→18伊藤龍生。

フィジカルの強い2トップにしてパワープレーに入る。

ただ、このパワープレー、相手もそれを読んでゴール前を固める。それに伴い、サイドが空いたのでそのスペースに入ってからクロスとか一工夫あってもよかったかも。

ハーフウェイラインを超えたところでGKの守備範囲を外して上げるので、合わせるのが難しそうだった。これをするならレフティーの14木橋を左サイドバックに移しても良かったのでは?

左サイドバックの4坂口祥尉は右利きなので、利き足に持ち替えて上げていたが、インスイングするのでGKの守備範囲、もしくは守備範囲を外してもラインを割るリスクは高い。

このパワープレーは印象として、東海大熊本は守り易かったように思った。

試合は1-1で終了。首位・福岡大を追う鹿屋体大としては、この引き分けは痛い。

■九州大学リーグ第16節
鹿屋体育大学 1 (0-0,1-1) 1 東海大学熊本

得点者;
【鹿屋】 10藤本一輝(56分)
【東海熊本】 45石見和偉(80分)

日時: 2019年10月14日(月)
会場: 県立サッカー・ラグビー場B
満足度: ★★★☆☆



MOM: FW 45 石見 和偉 東海大学熊本

守勢に回る事が多い展開の中、貴重な同点ゴールを決める。
























人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

vs出水セントラル 【チェストリーグ2部西】

10/14はチェストリーグ最終戦を観に桷志田へ。

前日、育英館Bに勝利し、この日勝って残留を決めたいU-15日置の相手は出水セントラル。

出水セントラル戦は7月に開催予定だったが、悪天候で順延となっていた。U-15日置、直近の試合は内容も良く、連勝中ではあるが、40分ハーフの試合を日・月と連戦で行うのが気になるところ。

相手も同じ条件ならまだしも、日置は日曜に試合をし、出水セントラルは月曜のみ試合と条件が違う中での一戦。不利な状況ではあるが、残留の為にも負けられない。また、この試合で3年生は引退となる。

■出場メンバー
GK 1 樋之口 翼 3年
DF 8 下大迫 聖真 3年
DF 4 西 孝平■19分 3年
DF 5 小畠 伝人(CAP)
DF 3 新山 旺佑 3年
→交代 HT 14 鳥越 海里 2年
MF 2 西 亮汰 3年
→交代 50分 13 小松 絆 2年
MF 10 木場 海斗 3年
MF 6 丸野 夢心 3年
MF 7 三堂 晴琉 3年
FW 11 末弘 大貴 3年
FW 9 松下 星翔 3年

■SUB
GK 21 松﨑 理仁 2年
DF 12 松山 竜也 2年
DF 16 丸山 隼翔 2年
DF 20 瀬戸口 脩人 1年
MF 18 長﨑 大空 1年
MF 22 今村 聖羅 1年
FW 15 丸山 仁一朗 2年
FW 17 大場 愛香 2年

------松下--末弘------
三堂--丸野--木場--西亮
新山--小畠--西孝-下大迫
--------樋之口--------




9分、出水セントラルはフリーキックからゴール前に運ぶ。混戦の中、日置はシュートを打たれる事無く、何とかクリアをする。

立ち上がり、ボールに厳しく行く事は出来ているものの、連戦の影響か前日ほどタイトに行けていない。マイボールもクリアする展開が多く、繋ぐ事が出来ず、すぐに出水セントラルの攻撃を許す形に。

守備は粘り強く対応するも、攻撃時にシュートで終わる攻撃がなかなか出来ていない。サイドを使おうとすると中からのパスを引っかける事も多く、そこからカウンターを喰らう事も。

34分、自陣からのフリーキックを縦に送る。3新山旺佑がダイレクトで中へ。2西亮汰のシュートは枠の外。良い攻撃だった。

一方、出水セントラルはコーナーキックをフリーで合わすが、GK正面。

前半は一進一退。ただ、攻撃の精度が前日と比べて落ちる事と、攻撃から守備へ切り替わった時に頑張って戻れるけれど、そこを凌いで攻撃に変わった時に走り切れていない。守備は集中していたので、1点勝負になるかなと。日置はこの試合、よほどの格下でない限り、複数得点を奪うのは難しいように見えた。

後半、1人選手交代。
3新山旺佑→14鳥越海里。布陣がこうなる。

------松下--末弘------
鳥越--丸野--木場--西亮
三堂--小畠--西孝-下大迫
--------樋之口--------

後半開始1分、出水セントラルは左サイドから展開し、逆へ。右サイドでフリーの選手がシュートを打つが枠の外。

48分、クリアボールをダイレクトで打ったシュートはGK樋之口翼の正面。

後半立ち上がりから出水セントラルが攻め立て、日置は防戦一方になる。

50分、2人目の交代。
2西亮汰→13小松絆。布陣がこう変わる。

------松下--小松------
鳥越-----木場-----末弘
---------丸野---------
三堂--小畠--西孝-下大迫
--------樋之口--------

56分、出水セントラルは右サイドからスローイン。ゴール前に運ばれ、前に飛び出したGK樋之口翼の前でバックヘッドで反らしたボールがネットに吸い込まれる。先制。

出水セントラル 1-0 U-15日置

ここから、日置は足が止まり始め、サイドの攻防でも劣勢となり、セットプレーを与える時間が増えていく。

気持ちが折れたというよりもスタミナが切れた印象。もちろん、スタミナが切れる事で気持ちも折れる事に繋がるのだが、そして、そうなりそうな雰囲気はあった。それを監督の声で何とか踏みとどまっているように見えた。

10木場海斗へのチェックも厳しくなり、前線に良い形でボールが供給されない。

71分、日置はビッグチャンス。14鳥越海里が粘って右サイドの裏へ展開。11末弘大貴のシュートはポストに阻まれる。

78分、出水セントラルは右サイドからのクロスをニアで合わして追加点を奪う。

出水セントラル 2-0 U-15日置

更にアディショナルタイムにフリーキックから失点し、3点差となる。

アディショナルタイムの83分、日置は右サイドで繋いで最後は13小松絆がシュートを打つも枠の外。試合は0-3で敗れる。

■高円宮杯 JFA U-15サッカーリーグ 鹿児島県チェストリーグ2部西

出水セントラル 3 (0-0,3-0) 0 鹿児島ユナイテッドFC U-15日置
※40分ハーフ

得点;
【出水】 56分、78分、80+1分

日時: 2019年10月14日(月)
会場: 桷志田サッカー競技場A
満足度: ★★★☆☆



この段階で残留なのか降格なのか、勝点が近いチームの状況が分からなかったが、選手達の落胆ぶりを見ると、降格なのかなと。そして、後日、全結果がアップされ、8位で降格という事を知る。

7位の伊敷台中とは同じ勝点だったので、悔しさも大きいだろう。

しかし、最後の最後で良いチームに仕上げた。シーズン序盤は選手個々でもチームとしても脆く、自信なさげにプレーしているようにも見えた。そこから少しずつ成長し、自信もってプレー出来るようにもなっていた。

成長のスピードが緩やかだったので、クラ選や県ユースでは良い成績は収める事が出来なかったが、それでも最後に良いチームになった。

リーグ終盤、このチームをもっと観たいと思わせるサッカーをしていた。ここで終わるのが残念な気もするが、こればかりは仕方がない。3年生は高校生になってサッカーを続けるのなら、1、2年生はこの悔しさを糧にまずは新人戦を、それぞれ頑張って。












人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事

vs太陽SC国分 【チェストリーグ1部】

10/13、午前中は鹿実でU-15日置の試合を観戦。そして午後は出水まで移動してU-15鹿児島のチェストリーグの試合を観戦した。

U-15鹿児島はこの日がリーグ最終戦。前節を終了した段階で高円宮杯県代表決定戦への出場の1部4位以内を決めており、この日は3位の太陽SC国分とどちらが3位で同大会に出場するかを決める試合。

会場に着いた時にびっくりしたのが、このグラウンド、サッカーゴールを設置しているものの、本来はサッカーをするためのグラウンドではないなという印象だった。ピッチの広さも規定の広さに達しているのか疑問だったし、アップのスペースも狭い。

勿論、ピッチコンディションも悪く、ボールが弾む。アップの段階でコントロールに苦慮していたので、これは思い通りの展開は望めないなと感じる。

■出場メンバー
GK 1 笹山 琉暢 3年
DF 22 中村 琉雅 2年
DF 4 坂本 一慎 3年
DF 13 佐藤 勇盛 3年
DF 7 森田 友翔 3年
MF 5 今村 優和 3年
→交代 53分 15 禧久 雄真 2年
MF 18 小島 凛士郎 2年
MF 10 武 星弥(CAP) 3年
MF 6 笹嶺 理仁 3年
→交代 72分 14 田中 陽己良 2年
FW 9 山中 雄大 3年
→交代 53分 17 小園 隼磨 2年
FW 11 山内 勘暉 3年

■SUB
GK 21 稲盛 幸亮 3年
DF 2 山下 望空 3年
DF 3 喜多 龍斗 3年

------山内--山中------
笹嶺---武---小島-今村優
森田--佐藤--坂本-中村琉
---------笹山---------




試合が始まって、やはりボールコントロールに苦慮しているという印象を受ける。それは、U-15鹿児島だけでなく、対戦相手の太陽国分も同様。

後、ボールの動かし方がどうもぎこちないので、ここのグラウンド、やはり、狭いのか?という疑問も。

U-15鹿児島に関しては、運動量が少ないので、マイボールになった時もパスの選択肢が限られており、幅を使う事も出来ていない。縦縦になって読まれている。

加えて、受け手が背後を狙うボールが欲しいのか、足下でいいのか、そういうところがはっきりしないので勿体ない失い方もしていた。

このピッチコンディションは太陽国分も決して良い展開に出来ているとは思えず、コントロールミスも目立つ。シュートで終わる攻撃を見せていても、精度を落としているので、「危ない」と感じた場面は少ない。

ただ、シュートで終える事が出来ていないU-15鹿児島とどっちがマシだったか。

38分、太陽国分はゴールに近い所でフリーキックを得ると、これを直接決めて先制する。

太陽国分 1-0 ユナイテッド

前半アディショナルタイムには左サイドからペナルティエリアに侵入したところでループシュートを打たれる。これはバーに当たって助かる。

U-15鹿児島は前半、2本のシュートを打っていたがいずれも精度が悪く、一方、太陽国分もシュートの精度は悪いけど、終盤の先制したフリーキックやバーに当たったシュート等、徐々にアジャストしている印象。

ただ、そのアジャストもU-15鹿児島のプレスに緩さから出てきている可能性もあり、運動量を増やしてプレスを厳しくすれば、相手のボールコントロールも落ちたのではないかと。

後半、布陣を入れ替える。

-------武---山中------
山内--笹嶺--小島-今村優
森田--佐藤--坂本-中村琉
---------笹山---------

後半開始4分だった。大陽国分はスローインからのリスタート。遠目からだったが直接狙い、それが決まって2点目。

太陽国分 2-0 ユナイテッド

ラインを割った時に少し気を抜いていたように見え、プレスが緩かった。前半もそうだったが、そういう隙を見せる時間が多い。

53分、2枚替え。
5今村優和、9山中雄大→15禧久雄真、17小園隼磨。布陣がこうなる。

------山内---武-------
小園--笹嶺--小島--禧久
森田--佐藤--坂本-中村琉
---------笹山---------

ボールへの執着心が足りない。

下げられた2人に言われた言葉だが、これはこの2人に限った話ではなく、ピッチにいる全選手に言える事だった。

59分、右サイドからの展開でゴール前で11山内勘暉がフリーに。シュートを放つも、GKにセーブされる。ようやく決定機を作れた。

60分、太陽国分はカウンター。右サイドへ展開し、クロス。ゴール前で1人かわしてからのシュートが決まり3点目。

太陽国分 3-0 ユナイテッド

中盤でロストしたのにセンターハーフ2人ともがゆっくり戻ってればカウンターを防ぐ事は出来ないよね。

後半の2点目の段階で太陽国分には余裕が生まれていた。

ピッチコンディションが良くない中でも繋げるようになっていたし、決定的なシュートも多く打てるようになっていた。

U-15鹿児島はハードワークしないし、ミスに対してイライラしているのが伝わってくる。

72分、3人目の交代。
6笹嶺理仁→14田中陽己良。布陣がこう変わる。

------山内---武-------
小園-----田中-----禧久
---------小島---------
森田--佐藤--坂本-中村琉
---------笹山---------

75分、太陽国分は右サイドからのクロスをゴール前で1対1の状況。しっかりと決めて4点目。

太陽国分 4-0 U-15鹿児島

残り5分を切って、ようやくハードワークをし、球際も強く行くようになるが、これも「やっと火が着いた」というよりも不貞腐れてヤケクソのような感じで、ゴール前に運べてもシュートは打てていないので、精度が改善したわけでもなく。

リーグ最終戦は完敗という形で終わる。3年生はまだ引退ではないとはいえ、残り僅かとなった試合でこの内容はいかん。

■高円宮杯 JFA U-15サッカーリーグ 鹿児島県トップリーグ1部

太陽SC国分 4 (1-0,3-0) 0 鹿児島ユナイテッドFC U-15
※40分ハーフ

得点;
【太陽国分】 38分、44分、60分、75分

日時: 2019年10月13日(日)
会場: 西出水運動公園
満足度: ★☆☆☆☆



このチームの欠点は調子を落とすと、しばらく引きずるところにある。5月・6月がそうだったし、今回もリーグ戦3連敗で終わっている。高円宮杯県代表決定戦は翌週と間隔が短い。修正するには時間は短いが、ここから先は負けるとその時点で引退なので、意地を見せて欲しいところだが。


















人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
関連記事
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター