NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

今シーズンを振り返って4

6月に入り、前期最終節の集中開催・鹿児島ラウンドを迎えた。チームでは、韓国のサッカー協会との間で行われた登録手続きにより時間がかかったが、晴れてユンとドンの登録が完了。練習生だった笹栗も正式に選手としてリーグに登録された。伊勢が退団してしまったが、リーグ戦で1試合も使われなかったので本人も思う所があったのだろう。

5月のリーグ7節前にFC KAGOSHIMAでは選手の契約解除騒動が起こった。健森での試合はその影響を感じさせず、新日鐵を8-1で一蹴したが、監督(当時)が口にしていた「無失点で全勝優勝」のうちの無失点が早くも途絶える等、少なからず影響は出ていたか。

ヴォルカは土曜にFC中津と対戦。この試合でユンがデビューを果たす。試合は6-1と大勝するものの、2点目を取るのに時間を要した事、2-1になった直後に失点シーンと同じパターンで崩され、入ってもおかしくないシュートを打たれる等、場合によっては同点にされ、勝点を失いかねなかった。終盤に畳み掛けるようにゴールを重ねたが、累積リーチの山田を出場させたあたりに余裕がなかったのが伺える。

一方で同時刻に隣のコートで行われていたFC KAGOSHIMAが重工にPK負けとなり、この時点で勝点が並んだ。重工も九社に出場するためにも負けられなかった事も影響していたのだろう。

得失点差で2位ではあったが、勝点で並んだ状態で直接対決に挑めたのは良かった。今までの試合とは違い、序盤に2点先行し、30分頃までに相手にシュートを打たせない等、守備が安定。当時のニュースでは後半にFC KAGOSHIMAが攻めたてるといった報道がなされていたが、ヴォルカも同じくらい攻めていた。ただ、決定機の見た目がFCの方が派手だったのでそういう風に報道したのだろうと。

選手起用では、前日に左サイドバックで起用された藤井を引き続きスタメンに。稲葉を温存していたのでこの試合に合わせて出すと思ったが、中津戦での藤井の動きを評価したのかもしれない。また、登尾はこの試合に合わせて調整していたらしい。

この2戦を通じてチームは一皮剥けたようにも見えたが、後期開幕の試合では相変わらずの展開。前半に1点は取るが、後半にならないと爆発しない。精度は上がっているように見えたが、ゴールに結びつかなければ意味はない。精度が上がっている分、観ていて楽観は出来たが、課題が解消されたとは言い難く…。

KSSC戦は前半だけで11-0というにわか信じがたい展開になるが、後半に3失点を喫し、昔のヴォルカを彷彿させる大味な試合。ただ、試合を観ている限りでは実質小原しかいない右サイドバックに永岩をテストしたり、怪我から復帰した永畑も調子が良さそうだったので結果オーライかと。

順風満帆とは言えないが、ポジティブな要素は多かった。しかし、そこに水を差す「準加盟申請断念」のニュースが舞い込む。



ヴォルカ鹿児島人気投票2013

人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

■関連記事
今シーズンを振り返って(2013.12.11)
今シーズンを振り返って2(2013.12.12)
今シーズンを振り返って3(2013.12.13)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター