NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

パブロ、ロアッソ熊本へ復帰 #roasso #volca

昨年の12/30にパブロのロアッソ熊本復帰がリリースされた。

10 FW パブロ・ヤン・フェレイラ
【生年月日】1994年8月30日
【身長/体重】176cm/76kg
【出身】ブラジル(日本に帰化)
【加入年】2012年7月(期限付移籍)
【サッカー歴】秀岳館高校ロアッソ熊本

【ヴォルカでの出場記録】
7試合1得点(リーグ戦2試合1得点)



多くの出番が貰えたわけではないし、出場時間も短い。その中での活躍もなかった。

トレーニングマッチではゴールも決めており、センスは感じるも、球際が軽く、パスか仕掛けるべきかキープか、そういった判断が悪くボールロストも多かった。そして、個人的に一番課題だと感じたのは、ハードワークが足りないという事だった。守備がアリバイディフェンスになってた事が多い。

攻撃の選手で言えば、永畑も山田も渉も中筋も皆ハードワークは欠かさない。それが出来れば割って入れたかもしれないが。

守備は別に自分が奪う必要はなく、前でプレッシャーをかけてミスを誘えばいい。しかし、パブロの場合、ボールホルダーへあまり寄せず、パスを自分で奪おうとしていたように見える。それがアリバイディフェンスに見えていたのかもしれない。

ヴォルカでのパブロは90分のうち87分は消えているが、残りの3分で仕事をするような選手だったが、87分間消えるような選手を我慢して使う忍耐力はチームになかった。

言い方を変えれば、我慢して使えばある程度の結果は残せたかもしれないという事。「守備はしなくていいからゴール前でフリーになる事だけを意識して動け」と指示を出し、チームメイトも割り切ってプレーすれば多分活きた。その辺を踏まえればパブロは諸刃の剣だったという印象。チームが違えば活きたかもしれないと思うと、ヴォルカとパブロは合わなかった。(プレースタイルの話ね)

とはいえ、一年を通して課題は分かったと思うので、そこを新シーズンに活かすべく精進あるのみ。僅かでもヴォルカに携わった選手を応援しないわけがないんだから。











人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

■関連記事
  • 拝啓 栃木ウーヴァFCサポーターの皆様(2013.12.28)
    スポンサーサイト




  • この記事に対するコメント


    この記事に対するコメントの投稿
















    最新記事
    カテゴリ

    月別アーカイブ

    スポンサードリンク
    リンク
    コメント
    プロフィール

    dai

    Author:dai
    私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

    ~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター