NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

九州リーグ第11節 vs七隈トンビーズ

■鹿児島ユナイテッドFCセカンド
▼出場メンバー
GK 41 濱川 アーレン 優也
DF 53 片野坂 亮
DF 38 山口 直大
DF 52 牧 大地
MF 49 小林 雄太
MF 51 田村 拳太
→交代 74分 48 渡辺 了太
MF 37 永江 拓弥
MF 43 柳 将太
MF 36 渡邊 正嗣
FW 55 砂本 貴洋
FW 54 廣 和樹
→交代 65分 39 大里 竜馬

▼SUB
MF 47 堀川 隼輔
FW 50 森田 栄治



七隈トンビーズ
▼出場メンバー
GK 12 片宗 達也
DF 5 瀬川 恭平
DF 4 星野 蒼
DF 8 岩本 陽介
DF 3 阿部 直樹
→交代 74分 19 秋吉 陽平
MF 11 許斐 正昭
MF 7 山本 晴登
→交代 74分 10 高倉 英明
MF 22 廣田 貴也
MF 21 中島 康平
MF 18 白石 昴輝
FW 9 内山 征也

▼SUB
MF 14 大賀 直樹
MF 15 佐藤 純平
MF 17 中元 隼平



■九州リーグ第11節
鹿児島ユナイテッドFCセカンド 5(1-0,4-0)0 七隈トンビーズ
得点;
永江拓弥(14分)、大里竜馬(66分、90+2分)、砂本貴洋(82分、88分)

期日:2014年6月22日(日) / 会場:県立サッカー・ラグビー場Bコート



雨は降っていたが、前日ほどではなかったので、今回は"普通に"サッカーが出来た。

序盤から入りが良くて、バックラインの裏を積極的に取る。しかし、決定力を欠き、1点止まりに。

流れは良かったが、25分ごろは我慢の時間も。ただ、守備陣は集中しており、危ないシュートはない。終始安定。七隈は前線の選手同士でのコンビネーションは悪くなかったが、ユナイテッド守備陣が頑張った。

七隈唯一と言っていいチャンスは59分、右サイドでパスが回り、逆サイドへ。22番の廣田がシュートを放ったが、大きく外れた。若いチームなので、これが決まっていれば危なかったかもしれない。

ユナイテッドの追加点が生まれたのは66分、途中出場の大里竜馬のミドルが決まる。投入されて2分後の事。

これで七隈は意気消沈。ユナイテッドは猛攻が続く。

GKのセーブや枠を捉えなかったりと勿体ないシーンが目立つが、82分に右サイドを突破した小林雄太のクロスを砂本が頭で合わせ3点目とすると、88分には途中出場の渡辺了太からのクロスをまた、砂本が決めて4-0。アディショナルタイムには、右サイド、柳将太のクロスを砂本がスルーし、フリーの大里が押し込んで5-0とした。

久しぶりの大量得点での勝利、地元での勝利もホーム開幕戦の那覇戦以来。ピンチを一度だけに抑えた完勝。首位の九州三菱がこの2日間で勝点2しか取れなかったので、勝点差が4に縮まった。上位は混戦となり、まだ望みが残った。次の試合までは約1ヶ月空くので、しっかりと準備して次節に備えて欲しい。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

鹿児島ユナイテッドFC人気投票
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター