NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

ヴァンラーレTVにて失点シーンを見てみる

ヴァンラーレTVのユナイテッド戦がYouTubeにあったので視てみました。

ハイライトなのでゲームの流れは分からないけど、失点シーンを自分なりに検証してみた。




【1】1失点目

ゴールに近い所でのフリーキックがポストに当たり、その跳ね返りを詰めていた選手がフリーで押し込む。

これは、しっかりとセカンドボールに備えていた八戸と怠った鹿児島の違いではないかと。

壁に入っていた選手は致し方ないが、ファーサイドの相手選手をマークしていた鹿児島の選手は足が止まっている。

失点後に田上がオフサイドをアピールしていたが、八戸の選手たちがゴール前に動き出した時点でセルフジャッジをしていたのかもしれない。

得点を決めた選手以外でも、フリーでゴール前にいた。ファーサイドに構えていた八戸の選手大半をゴール前に抜け出させているし、点を決めた選手は、マーカーがキッカーに注意が行った瞬間に抜け出す準備をしていた。

菅井慎の巧さと取るか、守備陣が一瞬、隙を見せたと取るか。鹿児島的には当然、後者。


【2】 2失点目

井上が左サイドへ送ろうとした所を奪われ、縦パス。八戸の玉田が冨成と1対1の状況。植田が飛び出したので、玉田がループを狙って入ったもの。

この焦点は、なぜ植田は飛び出したのか?
ではないかと。

これは、植田の視点からだと、冨成はマークが外れているように見えたのだろう。実際、冨成の体勢は不利な状況。

なので、玉田がワンドリブルで冨成を振り切った所をクリアしようとして前に飛び出したのではないかと。

結果として、玉田が植田の動きをしっかりと見ていたので、ループを決め、この勝負は玉田の勝ちという事であり、防げなかった守備陣、もとい"中途半端なポジショニングをした"植田の責任にもなる。

だが、GKへの要求が高まっている昨今、高度な読み合いが要所で展開されており、この失点はその読み合いに負けた形になるので、前に出た事が悪いとは一概に言えない。

例えば、飛び出すタイミングを少しずらせば本当に玉田はワンドリブルしたかもしれないし。


ところで、YouTubeの映像だけでは判断が難しいが、これはDFラインはリスクマネジメントが出来ていたのだろうか?

水本と冨成の距離感があまりにも悪いように見えるのだが…。


というわけで、この試合の失点の一番の要因は、

[1失点目] ファーサイドのマーカーが隙を作り、足が止まったため
[2失点目] リスクマネジメントが出来ていたようには見えないDFライン&植田の読みが外れた

という事。

瞬時に読みを利かせて対応しないといけないから、サッカーは簡単だけど難しいよ。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

鹿児島ユナイテッドFC人気投票


ティガーってディスニーのキャラクターだったのね。ティガーさん(八戸)はディズニーから怒られないかな(´・ω・`)

あと、「ティガー」と検索したらティガー相模原FCって見つけた。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター