NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

違和感

昨日のKTSのニュースでユナイテッドの特集があったが、視ていて違和感を覚えた。

まず、ユナイテッドの特徴は攻撃的なサッカーという点。

それは"目指しているサッカー"であって、チームの特徴にはなっていない。1stステージの好成績は守備陣の粘り強さが生んだものであり、守り勝つチームになっていた。

次に失点について。

要約すると「前掛かりになって手薄になったスペースを狙われている」点を挙げていた。所謂カウンターからの失点というもの。

2ndステージの試合は観に行けなかった試合も含め、幸いな事に得点・失点シーンだけは映像で視れる事が出来ているのだが、これまで2ndステージの総失点は13。

だがこのうち、カウンターを受けての失点は、
第1節のヴァンラーレ八戸戦の2失点目、
第2節のレノファ山口戦の3失点目、
第3節のファジアーノ岡山ネクスト戦の1失点目

の3失点のみ。残りの10失点は、守備の枚数が足りているのにやられている。

※佐川印刷戦の3失点目もカウンター気味の失点ではあるが、守備→攻撃の切り替えが出来ないうちに奪われ、すぐに攻撃→守備になっていたので枚数だけは足りていた。


つまり、低迷の原因は1stステージの勝因だった守備陣が崩れている所にあると視ている。

"攻撃"の精度を上げるのにはワンタッチプレーでテンポを上げるのは確かに中払氏の指摘通りかもしれないが、攻撃だけ上がってもHonda戦のように逃げ切れなければ意味がないので、個人的な見解としては、まず守備の立て直しが必要だと感じている。

なので鍵を握るのは武田。

失点シーンの多くは、先述の通り、枚数が足りているのにやられている点。

これは、
①球際で粘れない
②ボールウォッチャーになっている
の2点が問題。

球際で粘れないのは、選手1人1人の責任だが、ボールウォッチャーになっているのは指示が行き届いていないために、相手への対応が後手になっているからだと思われる。

武田が細部に渡ってコーチングをしてポジショニングの修正を促せば、ある程度は解消できる。


声だしエリアで試合を観ていると感じる事なのだが、植田は声がよく通る。だから、コーチングの内容もだいたい分かる。守備のポジショニングの修正を中心にコーチングしている。

また、ボールホルダーの死角からプレスがあったときも的確で、相手が詰めてきている事を伝える一方で、対応の仕方もきちんとコーチングしている。

一方で武田。試合中に声を出しているのは分かる。ただ、何を言っているかまでは聞き取れない。だからコーチングの質が分からない。

この場合、プレーしている選手にきちんと伝わっているかも分からない。伝わっていない可能性もある。

何か作業をしながら人の話を聞いてその内容を完璧に把握できるか?
という事。

サッカー選手は試合中は上記の状態なので、声が大きくはっきりと聞こえないと対応も後手に回らざるを得なくなる。

植田は怪我をしているので、スタメンは武田が濃厚。仮に植田が復帰しても大久保監督は武田を使いそうなので、武田のコーチングが鍵を握る。というのが私の見解。

他にも監督が理想を追求している節があり、それが1stステージと2ndステージとの違いであるようにも思うので、監督が割り切って勝ちに拘る等の方向転換も必要かと思うが、選手の意識づけで解消される点を言えば守備だろうか。


だから、KTSの指摘には違和感を覚えたのだが、ただ、こういった特集をしてくれるのは非常ありがたい事。皆でどんどん意見を出していけば面白いと思うので、今後もやって欲しい。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

鹿児島ユナイテッドFC人気投票
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター