NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

鹿屋体育大学 vs 佐賀大学 [九州大学1部]

昨日から和歌山で全社が開幕し、セカンドは無事初戦を突破。今日はトップも滋賀でMIO戦。ただ、遠征資金を確保出来ず行けなかったので、鹿屋で大学リーグ。

鹿屋体大は勝点29で首位。佐賀大は勝点8の8位。

■鹿屋体育大学
▼出場メンバー
GK 17 吉満 大介 4年 神村学園
→交代 81分 21 2年 馬渡 洋樹 2年 東福岡
DF 13 福森 健太 2年 FC東京U-18
DF 5 寺田 匡史 3年 長崎北/大隅NIFS FC
DF 3 西川 雄人 2年 藤枝東
DF 2 藤山 智史 2年 四日市中央工業
MF 8 福田 晃斗 4年 四日市中央工業
MF 14 小谷 健悟 4年 神村学園
MF 10 松田 天馬 1年 東福岡
MF 11 坂本 翔 4年 尚志館
→交代 67分 16 福本 将也 2年 東福岡
FW 26 片井 巧 1年 藤枝東
→交代 81分 6 三原 麻生 4年 宇和島東
FW 9 米良 知記 4年 大津

▼SUB
DF 30 熊迫 大陽 1年 神村学園
DF 32 原 亮平 3年 九州国際大付属
MF 15 大島 侃人 4年 羽黒/大隅NIFS FC
FW 28 向高 怜 1年 鹿児島城西

鹿屋体育大学
(2014.9.27 九州大学リーグ1部第12節)
9 米良 知記 26 片井 巧
10 松田 天馬
11 坂本 翔14 小谷 健悟
8 福田 晃斗
2 藤山 智史13 福森 健太
3 西川 雄人 5 寺田 匡史
17 吉満 大介



中原優生が不在。中盤センターを福田1人にして松田天馬がトップ下。かなりの攻撃的布陣だ。

福田晃斗はサガン鳥栖の特別指定選手で来シーズンの加入が決まっている。

■佐賀大学
▼出場メンバー
GK 1 坂井 涼 2年 広島観音
DF 12 岩瀬 崚二■56分 2年 佐賀北
DF 28 堀西 謙太 1年 サガン鳥栖U-18
DF 3 森山 智文 3年 大津
DF 20 藤家 希巳也 2年 鹿島
MF 16 大塚 寛史 2年 大津
MF 26 浦 紘史 4年 アビスパ福岡U-18
MF 14 墨崎 芳 1年 下関西
MF 10 草野 圭介 4年 九州国際大付属
MF 6 幸福 正伸 3年 ロアッソ熊本ユース
FW 17 小田 悠太 4年 立正大淞南

▼SUB
GK 19 小野 公治 1年 熊本国府
DF 7 白根 直樹 2年 アビスパ福岡U-18
DF 30 岩崎 誠 3年 佐賀東
MF 13 松本 健太郎 1年 佐賀北

佐賀大学
(2014.9.27 九州大学リーグ1部第12節)
17 小田 悠太
10 草野 圭介
6 幸福 正伸14 墨崎 芳
26 浦 紘史 16 大塚 寛史
20 藤家 希巳也12 岩瀬 崚二
3 森山 智文 28 堀西 謙太
1 坂井 涼



開始手元の時計で49秒、左サイドの11坂本翔にボールが渡り、1人振り切ってからシュート。佐賀大GK坂井涼がセーブ。

今度は3分、右サイドからのボールを鹿屋体大の2トップがスイッチするような形でボールが渡り、9米良知記がシュート。これもGK坂井がセーブ。

11分にはオーバーラップしてきた2藤山智史がミドル。

14分、3西川雄人のサイドチェンジを右サイドで受けた14小谷健悟が1人振り切りシュートを放つがブロックされる。

17分、右サイドに流れた26片井巧がGKの動きを見て遠目から狙う。その直後、10松田天馬のスルーパスに11坂本が反応しシュートを放つが枠外。

22分、2藤山のオーバーラップから中へ送り、8福田のシュートはブロック。

ここまで鹿屋体大が一方的。しかもシュートで終わる攻撃が多い。しかし、得点は入らない。

最初の決定機を防いだ事で佐賀大GK坂井はノったと思う。また、トップ下も含めた10人で引き、時には1トップの17小田までもが守備に参加する事で、枚数で守る形に。

数で守る佐賀大に対し、鹿屋体大は細かいパスが通りにくくなり、サイドを使うも、クロスを上げてもスペースがなく、クリアされる展開が増える。

ただ、地力は鹿屋体大の方が上なので、佐賀大が守備→攻撃へ切り替わろうとすると、すぐさまプレスでボールを奪いMyボールにする。

佐賀大は24分にカウンター。17小田悠太が左に流れ、クロスを上げる。ファーサイドにいた12 岩瀬崚二がシュート性のボールを中に送る。もしかしたら、シュートだったかもしれないが、枠を捉える事が出来ず。佐賀大のチャンスらしいチャンスはこれくらいか。

攻撃ではチャンスをなかなか作れない佐賀大だったが、守備はリズムが作れたと思う。

試合は33分、鹿屋体大は14小谷が中央からミドル。枠外。

41分、左サイドから14小谷がクロス。中で9米良のポストから11坂本のシュートは正面。

43分、オーバーラップした13福森健太のシュートは枠外。

佐賀大は20分過ぎから守備で良いリズムが作れていた。結果として3本打たれたとはいえ、被シュート数を減らし、スコアレスに持って行った。

だが、攻撃が形を作れていないので、そこが課題か。引分け狙いだとしても守ってばかりではいずれそのブロックも破綻するから。


後半。開始1分、ゴールに近い所でフリーキックを得た鹿屋体大は中へ送り、3西川が頭で合わすが枠外。

47分、14小谷のスルーパスに抜け出した26片井がGKとの1対1になりシュート。決定的だったがGK坂井がファインセーブ。これが入らないかと…。


ただ、試合の均衡が破れたのは55分。ゴール前でフリーキックを得ると、10松田がゴール右隅へ突き刺さる先制点を挙げる。


するとその1分後、右サイド・13福森がオーバーラップからクロス。ゴール前の混戦で佐賀大はハンドを取られPKに。このPKを9米良が決めて鹿屋体大は2-0とリード。

リードを許した事で守るだけではいかなくなった佐賀大。しかし、攻撃はほぼシャットアウトされており、ただスペースを与える展開となる。

64分、左サイドから14小谷のクロス。9米良が落として26片井がシュート。枠外。

65分、ゴール前中央での細かいパス交換から9米良のポストを経て26片井がシュート。GKセーブ。

67分、鹿屋体大選手交代。11坂本→16福本将也。福本がさらに前線を活性化させる。

70分に鹿屋体大追加点。10松田のスルーパスに9米良が抜け出して冷静に決める。鹿屋体大3-0佐賀大。

73分には右サイドからの攻撃が中へ渡り、DFにマークされていた9米良が反転してからのシュートで4-0。

75分、右サイド、13福森のクロスを14小谷シュート。GKが弾いた所を16福本が押し込み5-0。

76分、左サイドからのクロスを9米良が合わす。6-0。

後半に入ってから、13福森健太のオーバーラップが目立つ。サイドの深い所まで抉るように上がってくる。こうなると、守ってる側としては非常にやっかい。福森に目が行き、中をフリーにしやすくなる。

81分、福本のクロスをニアサイドで8福田が合わす。これで7-0。

前半が信じられない程のゴールラッシュ。地力の差をまざまざと見せつける。

■九州大学リーグ1部第12節
鹿屋体育大学 7(0-0,7-0)0 佐賀大学
得点;
【鹿屋】松田天馬(55分)、米良知記(56分、70分、73分、76分)、福本将也(75分)、福田晃斗(81分)

期日:2014年9月27日(土) / 会場:鹿屋体育大学



前半は佐賀大の守りに手を焼いた感のある鹿屋体大だったが、焦っている様には見えなかった。

後半は福森健太のオーバーラップが冴える。フィジカル、走力、突破力があり、深く抉るので佐賀大DFとしては嫌だっただろう。

後半に投入された福本将也も良かった。鹿屋体大は突破力のある選手が多い。小柄でもフィジカルが強い。

そういえば、松田天馬が活躍している試合を初めて観た。過去2試合は消えてる事が多かったが、この試合ではレベルの高さを見せつけた。

先週、産経大×共立大の試合を観た時も感じた事だが、鹿屋体大は九州では一つレベルが上かな。














人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

鹿児島ユナイテッドFC人気投票
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター