NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

今シーズンの事諸々

今回は国体について。

国体は例年、KSLカップで優勝したチームが出る事になっているのだが、今年は開催されず、ユナイテッドが指定チームとなり、挑む形となった。

この理由として考えられるのは、JFL参戦によるリーグ戦が増える事と、天皇杯の開催が例年より前倒しされるために、KSLカップを開催するためのスケジュールが組めなかったからだと思われる。

なので、県内の有力チームを指定した上でそのチームに出てもらうという形になったと思われるのだが、国体を勝つ事を前提にすれば、ユナイテッドか鹿屋体大かの2択になる。

じゃあ何故ユナイテッドになったのか? となるわけだが、それは大学側のスケジュールにもある。

大学サッカー界では、8月に総理大臣杯という全国大会が開催される。

鹿屋体大はこの大会で優勝を目指していたと思うし、その為の準備をしていたと思う。

そして、総理大臣杯の決勝戦は8月17日。九州国体の2日目に当たる。

ユナイテッドが国体指定チームになった時期は、まだ総理大臣杯の予選に当たる九州大学トーナメントの結果も出ていなかったとはいえ、やる前から負けることを考えるバカがいるか? という話。

鹿屋体大を指定していたとしても、九州国体にベストメンバーを出せなかっただろうし、そうした場合、勝ち抜けていたかは不明。

ちなみに、福岡県選抜には同じく総理大臣杯に出場した福大のサッカー部がメインだが、国体に参加していた福大サッカー部は主力ではない。

宮崎県代表は、宮崎産業経営大+ホンダロック+MSU村尾だったが、産経大は総理大臣杯に出れなかったので、主力クラスが国体に参戦していた。

そして、国体の規定(個人的にルールを全て把握しているわけではないが)、でブロック国体を戦ったメンバーを本戦で総入れ替えする事は禁じられているのではないかと。

つまり、ブロック国体はユナイテッドで、本戦を鹿屋体大で、というやり方は出来ないと。

国体で勝ちに行くチームを作るためには、事実上ユナイテッド一択だったと判断した結果と考える。


次に、国体のメンバー構成について。

国体のレギュレーションでは、監督が専任であればは15人、監督が選手兼任であれば16人の選手登録が出来る。

国体は大久保監督ではなく、柳崎選手兼監督で挑んだわけだが、35分ハーフとはいえ、連戦を戦うので選手登録を15人か16人か選ぶとなれば、1人でも多い16人の方が良いと判断したと思われる。

国体本戦のメンバーは前後のリーグ戦とは違うメンバー構成だったが、これも大久保監督が選ぶベストメンバーではなく、柳崎監督が選ぶベストメンバーだと判断して挑んだのかもしれない。


メンバーにセカンドの選手を入れる、県リーグ・17歳以上の高校生等、他チームからメンバーを加えてる事が出来た中でユナイテッドトップ単独で挑んだ。

この点に関して言えば、プロ解禁になった今年、プロのみで挑んだのだから勝つ事が何より重要だったと思っている。

なので、1回戦で終わった事に関しては、弁解の余地はないし、勝つこと以外に価値がない構成で挑んで勝てなかったのだから批判はされて然るべき。

例えばセカンドの選手を入れる、下のカテゴリーの選手を入れる等すれば、その選手にとって刺激にもなるし、その選手のサッカー人生にプラスになれば仮に勝てなくとも、得られるものはあるのだろうが、それをしなかった。

指定チームにユナイテッドがなった背景を邪推すれば、また、レギュレーションの中で監督を選手兼任にした事は、弁解の余地はあると思うので、批判の矛先は"勝てなかった事のみ"の向ける事が妥当ではないかと考える。

リーグ戦とは違い、強化費も使われた中で勝てなかった。そこは猛省すべき。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

鹿児島ユナイテッドFC人気投票
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター