NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

退団選手 「DF 22 藤井 竜」

DF 22 藤井 竜 ふじい りょう
▼生年月日: 1988年10月15日
▼身長/体重: 183cm/72kg
▼出身:千葉県
▼サッカー歴: 敬愛学園高校→中央学院大学→ヴォルカ鹿児島

▼出場記録;
2011年 19試合2得点(リーグ戦14試合2得点)
2012年 9試合(リーグ戦4試合)
2013年 28試合4得点(リーグ戦12試合)
2014年 2試合(リーグ戦1試合)



加入した時から控え選手であり、去年の全社・地域決勝でのプレーがなければユナイテッドに在籍出来たか分からない選手だった。

1年目の時はFW。
元々センターバックで大学4年の時にFWにコンバートされたのだとか。

FWの3番手として出番はそれなりにあったのだが、ゴールは遠く、サイドハーフで使われる事も。

翌年に本来のポジションだったのセンターバックに戻るも、当時のセンターバックは層が厚く、時々サブに入る程度だった。

転機となったのは昨シーズン。
当時監督だった小澤さんがターンオーバーを積極的にする事で出場機会を得る。

ふれスポでの首位攻防戦ではサイドバックでスタメンに抜擢され好プレーを見せた。

途中、小澤さん退任に伴い自身も出番を失うが、全社で使われると準々決勝で2ゴール。その後の地域決勝でも5試合に出場。殻を破った印象を受けた。

ユナイテッドでは出番に恵まれず、自身も夏に疲労骨折で戦線離脱をしたが、気になったのは自分が観た限りではあるが、センターバックよりもサイドバックでの起用が多い事だった。

サイドバックは昨シーズンに経験しているが、周りがスタメン候補の田上同様に走力を使ったプレーを求めているように思えた。

プレースタイルが異なる選手であり、その使われ方は活きないと観ていて思ったし、本人も戸惑っているように見えた。


新シーズンは東海リーグのFC刈谷へ移籍する。

刈谷は環境を一新するようなので、再びプロとしての可能性は残されている。

縁もゆかりもない鹿児島での4年間は精神的にもタフな経験になったと思うので、新天地では昨シーズン終盤に見せた好プレーをコンスタントに出来るように頑張ってほしい。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。

鹿児島ユナイテッドFC人気投票
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター