NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

グルージャサポの皆様 #gurulla

谷口堅三選手がお世話になります。

本人が公式のコメントで語っていますが、「サッカーできる環境を与えて下さったグルージャ盛岡に感謝いたします。」というのは、鹿児島サポも感じている事ではないかと思います。

自分はヴォルカサポだったので、ライバルチームの主軸という印象の強い選手でしたが、その時に感じた事を元に取説を作成したいと思います。

(1) ゴール前の嗅覚に優れています。

(2) ハイボールに対して、落下点を読むのが上手く、また、体幹が強いので足下に来たボールに対してもしっかりとキープ出来ます。

(3) 九州リーグ時代は固め打ちが目立ちました。ゾーンに入っていたんだと思います。

(4) 近年はチームプレーに徹しており、自身が貪欲に狙うよりは、ポストになって捌くシーンが目立ちました。

(5) 昨シーズンは怪我で出遅れ、さらにはコンディション調整に苦しんでおり、動きが鈍重な試合が多かったものの、終盤はキレを戻しています。

(6) (5)の原因が「筋肉のバランスが崩れたから」らしいので、フィジコorトレーナーの方は必要以上のウェイトトレーニングをしないように管理をお願いします。

(7) もっとエゴを出せば2桁得点は計算できると思いますので、よりゴールを狙う姿勢をチーム戦術とアジャストできるよう、監督さん、よろしくお願いします。

(8) 好調を維持できれば、1対1でも強さを見せます。コースが空いたら狙うくらいの怖さを感じる選手でしたので、その時の姿をまた見たいと鹿児島サポの多くは願っていると思います。

(9) 万能型なので、FWに要求されるプレーは大概の事は出来ます。

(10) FC鹿児島の時は守備はあまりしないイメージでしたが、ユナイテッドでは守備もするようになりました。

(11) ファンサは素晴らしいです。合併前はヴォルカサポにも気さくに接しました。


志半ばで鹿児島を去ったというイメージが選手・サポともに強い選手でした。盛岡に永住するくらいの活躍を期待しています。

尚、鹿児島としましては、見返りとして小林亮太選手を頂きたいと思っておりますので、ご検討の程、よろしくお願い致します。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター