NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

九州リーグ第8節 vs新日鐵住金大分

6/6の九州リーグの事を少々。

■鹿児島ユナイテッドFCセカンド
GK 21 濱川 アーレン 優也
DF 24 片野坂 亮
DF 7 ウィ・デハン■21分※1枚目
DF 3 入船 歩夢
MF 8 須賀 龍矢
MF 6 パク・ジョンホ■48分※3枚目
MF 14 與那嶺 偉
→交代 87分 17 緒方 稜一
MF 4 角野 翔汰
MF 10 福崎 冬也
FW 9 黒木 源生
→交代 66分 5 イ・ファン
FW 11 加治佐 楓河

▼SUB
DF 2 柳 和希
DF 16 本城 宏紀
FW 13 全 寿臣



■新日鐵住金大分
GK 1 古賀 友奬
DF 7 矢野 稔
DF 19 工藤 良平
DF 18 坂本 拓也
→交代 84分 28 武原 尚貴
DF 28 奴井名 佑真
MF 16 河野 諒
MF 21 安藤 繁
→交代 61分 25 安東 潤基
MF 6 梅村 匠人
MF 8 黒木 一輝
→交代 69分 33 高倉 晋平
FW 13 財津 雄太
→交代 55分 10 徳永 拓也
FW 9 清武 勇太

▼SUB
GK 22 柴北 亮洋
FW 12 横山 卓郎
FW 15 山本 卓斗



立ち上がりはほぼ互角。ボールは支配されるが、スペースを消してブロックをつくり、高い位置でのボール奪取も見られ、シュートで終わる攻撃が出来ていた。

しかし、一瞬の隙を許し2失点。財津にDFの間のスペースに入られてしまう。いい緊張感の中での展開だったが、これで徐々に歯車が噛み合わなくなる。

課題としては、守備の際に出来るサイドのスペースをカバーできなかった事。両サイドの須賀、角野の守備力が高くなかったので、そこでの攻防は後手になっていた。

特に須賀は小柄でフィジカルコンタクトでも劣性。入船の寄せが甘かったので、前からはめる事が出来ても、入船の所で奪えずに逆にピンチを招く事も。

後半は4-4-2に変えるが、これが功を奏したわけでなく、高い位置でのボール奪取こそ見られる、バイタルエリアでの繋ぎにミスが出てシュートが打てなくなってしまう。

後半の失点はセットプレイからで、長身選手にやられたわけでなく、中でマークを外してしまった。

内容は開幕の時と比べ、良くなってはいる、守備で隙を作った勿体無い敗戦。

失点してから攻撃の質が落ちてしまったが、守備でリズムを崩し、攻撃にも影響した印象。

やれてる部分もあっただけに、勿体無いと感じる。

■九州リーグ第8節
鹿児島ユナイテッドFCセカンド 0(0-2,0-1)3 新日鐵住金大分

得点者;
【鐡】財津 雄太(24分、32分、48分)

期日: 2015年6月6日(土)
会場: 禅海ふれあい広場





>>鹿児島ユナイテッドFC人気投票 2015

人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター