NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

九州リーグ第13節 vs三菱重工長崎

18、19の試合よりもまずは12日の重工戦から。

▼鹿児島ユナイテッドFCセカンド
▼出場メンバー
GK 21 濱川 アーレン 優也■70分※1枚目
DF 7 ウィ・デハン■48分※4枚目
→交代 61分 16 本城 宏紀
DF 14 與那嶺 偉
DF 24 片野坂 亮
DF 6 パク・ジョンホ
MF 20 江崎 太志
MF 18 迫屋 諒
MF 10 福崎 冬也■65分※5枚目
→交代 66分 25 栗山 裕貴
MF 4 角野 翔汰
FW 9 黒木 源生
→交代 HT 8 須賀 龍矢
FW 11 加治佐 楓河
→交代 89分 3 入船 歩夢

▼SUB
GK 30 山之内 幹
MF 23 堀之内 怜
FW 13 全 寿臣



▼三菱重工長崎
▼出場メンバー
GK 21 磯野 佑介
DF 16 江濱 慎介
DF 28 小森田 友明
DF 23 平山 洋平
DF 31 古川 隼人
MF 9 葉山 秀一
→交代 66分 10 安部 真一
MF 8 假屋 健太■68分
MF 29 中尾 和弘
MF 5 金子 秋仁
FW 18 品川 育寛
→交代 84分 25 町田 健太
FW 20 井福 晃紀■80分

▼SUB
GK 15 穴井 将也
DF 2 辻 純治



意外と言ったら失礼になるが、幸先は良く、4分には左サイドから江崎太志がファーストシュート。11分には、加治佐楓河の仕掛けから中で黒木源生のシュート等、シュートで終わる攻撃が出来ていた。

守備の時に受け身になっているのは気になった所だが、ボールを持てば加治佐のドリブルが効果的で、繋ぐ課程で少しパスミスが多いのは課題だけど、全体的に圧している。

30分ごろになると流れが止まり、やや膠着していたが、相手ペースにならなければOK。勝点を取る事がノルマでもある現状、失点のリスクが減る事が何より大事。膠着状態は我がペースでもある。

シュートで終わる攻撃も多い中、相手のシュートを0で抑えた事が何より良かった。

後半の開始30秒に試合が動く。

右サイドで受けた江﨑太志が中へ切り込みシュート。風で変化したボールがサイドネットに突き刺さる見事なゴール。

しかし、この先制で重工のギアが上がる。50分にスローインを受けた假屋健太がフリーでシュートを放つ。スローインの受け手がゴールに近い位置でフリーで受けるとはどういう事か。

55分に失点。左サイドからのクロスを井福晃紀が合わせて同点とする。

嫌な空気になったが、その3分後、重工DFのGKへのバックパスに加治佐が奪い、GKとの1対1を冷静に決めてすぐにリードを奪う。

リードを奪っても攻撃の手を緩めなかったが、しかし75分、フリーキックをファーサイドで平山洋平に合わせれて同点をされる。

今まではこれで気落ちしてズルズル行ってたが、この日だけは違った。

78分に須賀龍矢のパスに抜け出した栗山がGKと1対1を冷静に決めて三度リードする。

栗山が生き生きとプレーしており、ドリブルから何度もチャンスメイク。ブランクで現役時代程のプレーは出来ないだろうが、プレッシャーから解放された感があり、これはこれで面白い。

栗山の調子が良いと、攻撃は粒が揃っている分、攻撃的に振る舞ってこそリードを守れるようにも感じる。逆に言えば、守備はまだまだ脆く、改善すべき点は多いという事だが、面白いくらいに攻撃陣が噛みあった。

91分、92分と立て続けに得点。短いパスがバイタルエリア内でも回り、前後半合わせて17本もシュートを打っている。レベルの違う選手が1人入っただけで化学反応が起きた。

欲を言えば、サイドでボールを持っている時、左サイドで多く見られたのが、縦にスペースがあるので、サイドバックは裏を狙っても良いのではないかという事。

パク・ジョンホは力強い突破が出来る選手。この試合だったら、上がり過ぎと思われるくらい上がっても大丈夫だったようにも感じる。

あと、ウィ・デハンのサイドバックは悪くない。逆サイドのジョンホがガンガン上がっていくタイプなので、バランスを取りながらビルドアップメインで、江﨑をサポート出来れば面白い。

MOMは栗山。江崎も良い動きをしていたが、試合の空気をガラリと変えたのは栗山だな。

九州リーグ第13節
鹿児島ユナイテッドFCセカンド 5(0-0,5-2)2 三菱重工長崎

得点者;
【鹿】江崎 太志(46分)、加治佐 楓河(58分)、栗山 裕貴(69分)、角野 翔汰(90+1分)、入船 歩夢(90+2分)
【重】井福 晃紀(55分)、平山 洋平(75分)

期日: 2015年7月12日(日) / 会場: 県立サッカー・ラグビー場C





>>鹿児島ユナイテッドFC人気投票 2015

人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター