NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

ホンダロックSC vs ヴェルスパ大分 [JFL]

▼ホンダロックSC
▼出場メンバー
GK 21 鶴崎 智貴 セレッソ大阪U-18
DF 7 岩﨑 司 鹿屋体育大学
DF 4 串間 雄峰 福岡大学
DF 5 宮路 洋輔 アビスパ福岡
→交代 63分 3 上田 常幸 ツエーゲン金沢
DF 29 松山 周平 佐賀大学
MF 18 山田 貴文■13分 大阪体育大学
MF 10 諏訪園 良平 宮崎産業経営大学
MF 8 大山 直哉 鹿屋体育大学
MF 27 吉村 康平 流通経済大学
→交代 88分 14 今井 康平 西南学院大学
MF 26 坂本 翔 鹿屋体育大学
FW 25 市原 大嗣■31分 カマタマーレ讃岐
→交代 75分 9 悦田 嘉彦■86分89分 福岡経済大学

▼SUB
GK 1 桑原 一太 九州保健福祉大学
DF 20 古垣 秀晃 福岡教育大学





▼ヴェルスパ大分
▼出場メンバー
GK 1 姫野 昴志 大阪体育大学
DF 23 森永 玲央 スタンモア・ホークスFC
DF 16 福元 考佑 福岡教育大学
DF 18 中村 真人 MIOびわこ滋賀
MF 26 長谷川 豊喜 サガン鳥栖
MF 6 福島 新太 徳島ヴォルティス
MF 7 原 一生 関東学院大学
MF 2 大迫 希 ロアッソ熊本
→交代 78分 33 二戸 将■79分 MIOびわこ滋賀
MF 11 岡崎 和也 アルビレックス新潟・シンガポール
FW 9 鍔田 有馬 MIOびわこ滋賀
→交代 63分 19 利根 瑠偉 徳山大学
FW 24 木島 悠 大分トリニータ

▼SUB
GK 31 北里 仁 神村学園高等部
DF 3 土遠 修平 グルージャ盛岡




猛暑の中で行われたかあらか、共に運動量少な目、プレースピードが遅い。

ヴェルスパ大分、低い位置でパスを回す展開が多く、ボランチの福島はほぼバックラインに吸収されており、本来はボランチがすべき低い位置での散らしを攻撃的MFの大迫、岡崎がする。

両ウィングバックは高い位置を取るも、ロックもあまり前に来ず、コンパクトで低いバックラインを形成していたので、ヴェルスパは縦パスを送っても数的不利で弾かれる事が多い。

ドリブルやショートパスの展開が少なく、前線にロングボールを多用していたが、鍔田は制空権を握れず、木島にもキレがない。時々、岡崎がドリブルで持ち上がる事はあるが、これもキレがなく単発で流れを引き寄せるものでもなく。

序盤は大きなアクションはない。苦し紛れのミドルが1、2本あったくらいか。

ロックも、低い位置でのブロックを形成しているため、マイボールになった時の押し上げが足りない。

試合が動き出したのは30分を過ぎたあたりから。

まず36分にロックが最初の決定機。右サイドに流れた市原がクロス。大山が中で落とし、坂本のシュート。これは姫野のファインセーブに阻まれる。

これを機にロックは攻勢を強め、ボランチ、サイドバックが高い位置を取れるようになる。

坂本が左から中央に侵入し、ドリブルを活かして狭いスペースでボールをキープする。大山がそれに反応してリズムの良いパス回しがバイタルエリアで出来るようになる。

決定的なチャンスは少なく、得点も生まれなかったが、ロックが流れを掴んで前半を終える。


後半は開始早々にヴェルスパがカウンターから大迫希の個人技。ロックは何とかクリアするが、セカンドボールを拾われ、大迫の落としを福島がシュート。これは鶴崎がセーブ。

その直後、今度はロック。坂本のパスを右で受けた吉村がミドル。鋭いボールが良いコースに飛んだが姫野のファインセーブに阻まれる。

50分には諏訪園のスルーパスを受けた大山のシュート、53分にはカウンターから吉村が持ち込み自らシュート。いずれも姫野に阻まれる。

58分、ロック、ゴール前での競り合い。こぼれた所に岩﨑司。ダイレクトボレーがポストに当たってからゴールに吸い込まれて先制かと思いきや、ファウルの判定でノーゴール。

競り合いでロックのファウルを取ったわけでなく、ロックのフリーキック。アドバンテージで流すべきシーンだと感じた有り得ないジャッジ。ロックはこのフリーキックを外してしまう。最悪のパターン。

ここからロックがトーンダウンし、ヴェルスパが攻勢。

前半で既に試合終盤かのように動けていなかった原、長谷川が高い位置を取れるようになり、後ろでだらだら回していたのは、この為のフリだったのかと思う程、タイミング良い飛出しから個人技でゴールに迫る大迫希。

70分には猛攻を仕掛ける。

左サイドを起点とした攻撃から、エリア内で受けた大迫希の個人技。GKもかわされ、シュートを許すが、ギリギリの所でクリア。

時間の経過と共に、木島の球際での粘りも効果的に。

ロックは運動量が低下し、前でボールを持っても、崩し切る事が出来ず、苦し紛れのミドルが目立つ。更には悦田が退場し、数的不利で攻撃の精度を落とした。

ヴェルスパも、高い位置でボールを持てるものの、決め手に欠き、スコアレスドローに終わった。

■JFL 2ndステージ第7節
ホンダロックSC 0-0 ヴェルスパ大分

期日: 2015年8月1日(土)
会場: 宮崎市生目の杜運動公園陸上競技場



中々の凡戦だったように思うが、この暑さでは仕方ないか。

ヴェルスパの元Jリーガー勢が軒並み低調な出来で、姫野以外は及第点以下。

この内容でロックは勝てなかったのは痛い。













>>鹿児島ユナイテッドFC人気投票 2015

人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター