NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

宮崎産業経営大学 vs 沖縄国際大学 【九州大学1部】

九州大学リーグ1部第16節。宮崎産業経営大学×沖縄国際大学を観に綾へ。

産経大には国体優勝メンバーも数名在籍している。沖縄国際大は初見。今年1部に昇格してきた。

■宮崎産業経営大学
▼出場メンバー
GK 1 浅田 卓人 3年 鵬翔
DF 2 平河 智博 4年 鵬翔
DF 15 矢野 大樹 3年 鵬翔
DF 6 永田 祐紀 3年 神村学園
MF 5 西 星哉 4年 神村学園
MF 8 柄本 一輝 3年 宮崎日大
→交代 71分 30 長谷川 雄志 1年 鹿児島城西
MF 10 宮路 優大■89分 4年 鵬翔
MF 7 日高 献盛 3年 鵬翔
FW 19 宇田津 力斗 2年 鵬翔
→交代 76分 11 濱崎 巽 3年 神村学園
FW 13 北村 知也 1年 鵬翔
→交代 84分 18 小田 一希 3年 熊本西
FW 12 柏田 崇走 3年 鵬翔
→交代 76分 16 最所 大貴 3年 高稜



浅田卓人、矢野大樹、日高献盛、北村知也、宇田津力斗、柏田崇走の6名は鵬翔高校が高校選手権を優勝した時のメンバー。

システムは3-4-3。

■沖縄国際大学
▼出場メンバー
GK 17 下地 麗羅 西原
DF 4 川満 大地■59分 前原
DF 5 仲元 龍樹 前原
DF 14 高良 ティモシィ 宜野湾
DF 26 高良 勇希 那覇西
MF 10 赤嶺 良賢 小禄
MF 27 平安山 大智 小禄
→交代 80分 18 島袋 雄太 普天間
MF 9 山内 駿 那覇西
→交代 HT 30 比嘉 映幸 那覇西
MF 23 川満 陸 小禄
MF 8 儀保 幸英 流経大柏
→交代 80分 11 有馬 翔也 前原
FW 16 恩納 正気■52分 宜野湾
→交代 55分 12 高良 佳利 那覇西



4-2-3-1。出場した選手全員15人中、14人が沖縄の高校出身。

▼試合

両チームとも、「Myボールを大事にする」という印象。

産経大はショートパスをとにかく意識しているように感じた。全体がコンパクトでボランチの宮路、柄本が起点。

沖国大は攻撃陣に技術がある。スペースが出来ると、ドリブルでの仕掛けも見せる。

序盤にペースを掴んだのは沖国大。
14分、テンポの良い少ないタッチでパスを回し、左サイドの儀保幸英へ。その儀保がGKもかわすが、シュートはポストに阻まれた。

22分には、右サイド、山内駿のパスをゲームキャプテンの恩納正気が右サイドから抜け出し、シュートもこれは枠の外。

産経大は序盤、FW陣がバイタルエリアで仕事が出来ず、サイドへ振っても一度戻す、そんな展開が多い。

仕掛ける姿勢が強く出ていた沖国大とは対照的だった。

しかし、先制したのは産経大。
29分、柄本一輝のパスに反応した日高献盛が左サイドでフリー。1対1をしっかりと決める。
産経大のパスに釣られ、沖国大はボールサイドに固まっていた。

産経大の3トップはポストワークを得意とする選手ではなく、3人が3人ともドリブルやコンビネーション等、センターフォワードと組んで生きるイメージの強い選手だった。

そして、ボランチの2人はタイプが似ている。後方からパスを捌き、高い位置は取るけどフィニッシャーにはならない。しかし、ゲームメイクは巧い。

このボランチのパスを起点に、3トップ、両サイドの運動量を活かすという戦い方なのか。


後半。

沖国大は山内に代えて比嘉映幸を投入し、4-4-2システムを変える。
左サイドの儀保がFWへ。比嘉は左サイド。トップ下の川満陸が右サイドへ。

開始3分に、北村知也のポストから宇田津が右サイドを抜け出してシュート。GKのファインセーブに阻まれる。

この時間帯、サイドの連携等で産経大は裏を取れるようになる。

66分、産経大追加点。
コーナーキックのクリアボールを宇田津がダイレクト。

73分には、左サイド、日高のクロスを中で柏田がキープ。右サイドから中へ走り込んできた西星哉がダイレクトで振り抜き、3-0。

77分には、再び日高のクロスを途中出場の濱崎巽が頭で合わせて4-0。

僅か10分弱の間に一気に畳み掛けた。

沖国大は、攻撃陣は粒がそろっているとは思うが、連携も個のアイデアに頼っている部分もあり、サイドバックとの連携がイマイチ。

時間の経過と共に、コンパクトな陣形からショートパスを使うスタイルの産経大が主導権を握るようになった。チームとしての意思統一という部分で産経大に一日の長がある感じ。

87分、コーナーキックのクリアを拾った産経大は濱崎へ送ると、その濱崎が突破から5点目を決める。

圧倒的な力の差は感じなかったものの、組織的な一面で産経大が勝っていたという印象。ブレずにパスを回し続ける事が66分から77分までのゴールラッシュに繋がったのではないかと。

■九州大学リーグ1部第16節
宮崎産業経営大学 5(1-0,4-0)0 沖縄国際大学

得点者;
【宮】 日高 献盛(29分)、宇田津 力斗(66分)、西 星哉(73分)、濱崎 巽(77分、87分)

期日: 2015年10月11日(日) / 会場: 綾町小田爪人工芝G



沖国大は攻撃陣は巧いが、守備が少し拙い印象。よく間に入られていたし、そこで持たれた時の脆さは感じた。しかし、攻撃陣には面白い選手もいる。

以前、かりゆしFCにラモスが関わってた頃に言っていた「沖縄の子達はサッカーが巧い」という言葉を思い出した。

俺的MOM: 日高 献盛

左サイドでアップダウンを繰り返し、突破や高精度のクロスを送る。自身もゴールを決め、アシストも記録。












>>鹿児島ユナイテッドFC人気投票 2015

人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター