NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

JFL 2ndステージ第11節 vsホンダロックSC

遅くなりましたが、18日のホンダロック戦の事を。

■鹿児島ユナイテッドFC
▼出場メンバー
GK 21 武田 大
DF 27 冨成 慎司
DF 3 谷口 功
DF 23 水本 勝成
DF 18 関 光博
MF 7 赤尾 公■44分※6枚目
MF 14 高野 光司
MF 11 新中 剛史
→交代 69分 20 五領 淳樹
MF 25 柳崎 祥兵
MF 33 田上 裕
→交代 90+1分 6 田中 秀人
FW 24 ネナド・ジヴコヴィッチ
→交代 76分 13 山田 裕也

▼SUB
GK 1 植田 峻佑
MF 5 井上 渉
MF 10 山本 啓人
FW 22 福島 立也



■ホンダロックSC
▼出場メンバー
GK 1 桑原 一太
DF 20 古垣 秀晃
→交代 78分 9 悦田 嘉彦
DF 2 肝付 将臣
DF 3 上田 常幸
DF 29 松山 周平
MF 10 諏訪園 良平
MF 18 山田 貴文
MF 8 大山 直哉
MF 27 吉村 康平
→交代 60分 25 市原 大嗣
MF 26 坂本 翔
→交代 56分 13 木下 健生
FW 17 米良 知記

▼SUB
GK 16 熊野 一樹
DF 5 宮路 洋輔



ロックの距離感が良く、プレスに圧されてマイボールになっても縦に速く送るしか出来なかった序盤、思うようにキープさせてもらえず、逆にロックがマイボールになると、緩急をつけた丁寧なパス回しで主導権を握る。

足下でキープ出来る米良が坂本、吉村、大山の3人の流動性を支えた。特に米良と鹿屋体大の同級生でもある坂本は序盤からアグレッシブな仕掛けが目立った。

しかし、ロックの精度は順位に相当するレベルのもので、フィニッシュの所では水本を中心としたDF陣が決定機を作らせない。

30分前後からは、セカンドボールを拾ってから攻め急がず、緩急をつけたパス回しが出来るようになり、ジレのポストを有効活用できるようになった。

物足りなさこそあるも、徐々にゴールに近づいている攻撃は出来ていた。

そして、前半アディショナルタイムにコーナーキックから先制。ジレを囮に使い、水本が飛び込み合わせる。


後半は動きが落ちたロックに対し、右サイドバック、冨成の高精度のクロスからシュートチャンスを作る。

その後はシュートまでは行けなかったが、ロックの攻撃に対応し、ほぼノーチャンスにする。そして、ジレに代えて山田を投入。足の止まった相手に対し、運動量豊富な山田で崩しにかかるという意図か。

山田は79分、柳崎と共に前線からプレスをかけ、ゴール前でボール奪取に成功する。放ったシュートはポストに阻まれ、追加点とはならなかったが、サボらない献身的な姿勢は健在。

ロックは右サイドバックの古垣に代えて悦田を投入すると、山田をワンボランチにして前に選手を増やす。市原、米良とパワープレーのターゲットになる選手を置き、悦田・木下・大山を攻撃的MFにする布陣。

攻撃の精度は決して高くはなかったが、ユナイテッドは無理に攻めず、ライン際でのキープを選択。センターバックの田中を左サイドバックとして投入し、守り切る事を選択。

課題の残る内容ではあったが、勝点3を最優先とする試合の終え方。無事勝利する事が出来た。

■JFL 2ndステージ第11節
鹿児島ユナイテッドFC 1(1-0,0-0)0 ホンダロックSC

得点者;
【鹿】 水本 勝成(45+1分)

期日: 2015年10月18日(日)
会場: 姶良市総合運動公園陸上競技場
観衆: 2692人



監督が会見で言っていた「勝点3に拘った」戦いで逃げ切った。

前半の入りや、この日の決定力を考慮すれば賢い選択だと思う。こういう精度の中で最後まで追加点を狙っていたら追いつかれるリスクは高まる。

ジレがスタメンで出るのを初めて観たが、出場時間の短いパワープレーのターゲットよりも、ある程度時間を与えて頭だけでなく、足下へのパスだったり、ジレ本人が動く時間があった方が本人も試合のリズムを作れるのかもしれない。

高野も少しずつ存在感を出してきてるので、シーズンの終盤でも収穫があるというのは感じている。

俺的MOM: 水本 勝成

唯一のゴールを挙げた事は勿論、守備面でも"いつも通り"に奮闘した。





>>鹿児島ユナイテッドFC人気投票 2015

人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

呟き

QRコード

QR

ブロ友申請
検索

RSSリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カウンター