NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

鹿屋体育大学×九州産業大学 【九州大学1部】

九州大学リーグもあと2節。

2位・鹿屋体育大学と3位・九州産業大学との一戦を観に鹿屋体大へ。

前節、首位・福大が引き分けたため、鹿屋との勝点差は1に縮まり、逆転優勝へ負けられない。

一方、3位・九産大もインカレ出場へ大手がかかっており、負けられない一戦となった。

■鹿屋体育大学
▼出場メンバー
GK 1 馬渡 洋樹 3年 東福岡
DF 2 藤山 智史 3年 四日市中央工業
DF 23 最上川 祐貴 2年 アビスパ福岡U-18
DF 5 寺田 匡史 4年 長崎北/大隅NIFS FC
MF 33 福森 勇太 1年 山梨学院大附属
MF 4 木佐貫 毅 3年 神村学園
→交代 77分 11 福本 将也 3年 東福岡
MF 8 中原 優生 4年 佐賀東
MF 7 下坂 晃城 4年 東福岡
→交代 53分 18 小畑 亮 2年 日田
MF 10 松田 天馬 2年 東福岡
FW 9 冷岡 幸輝 3年 FC東京U-18/NIFS KANOYA FC
→交代 53分 26 片井 巧 2年 藤枝東
FW 19 向高 怜 2年 鹿児島城西
→交代 76分 34 樋口 雄太 1年 サガン鳥栖U-18

▼SUB
GK 21 保要 佑樹 3年 桜丘/大隅NIFS FC
DF 28 斉藤 海 1年 横浜F・マリノスユース
FW 27 森川 和命 1年 ロアッソ熊本ユース



3-4-1-2に見えたが、状況に応じて4-4-2にも変動していた。

下坂晃城はアビスパ福岡へ内定している。ここ数試合は出ておらず、久しぶりの出場となったが、怪我でもしてたか?

■九州産業大学
▼出場メンバー
GK 21 楠本 祐規 4年 東福岡
DF 17 山口 恭平■15分 3年 東海大五
→交代 HT 6 築地 克幸 4年 大津
DF 40 月成 幸輝 2年 サガン鳥栖U-18
DF 4 行武 誠萌■87分 2年 神村学園
DF 2 奥津 大和 2年 鹿島学園
MF 26 古材 宗一郎 3年 大分トリニータU-18
→交代 81分 5 向田 晋吾 4年 藤枝明誠
MF 14 松崎 継利 3年 筑陽学園
→交代 41分 12 高橋 虎太郎 2年 東海大浦安
MF 13 末永 巧 1年 東福岡
MF 22 関 恭範 2年 アビスパ福岡U-18
FW 23 佐保 昴兵衛 4年 大分
FW 37 伊東 直人 4年 大分鶴崎
→交代 HT 30 無津呂 武瑠 3年 東福岡

▼SUB
GK 1 加藤 大喜 2年 神村学園
MF 7 坂本 昌哉 4年 神村学園
MF 8 藤永 恭平 4年 筑紫台



GKの21楠本、23佐保、30無津呂の3人が九州選抜。神村OBもちらほら。

▼試合

開始早々にフリーキックから決定機を作った鹿屋だったが、九産大GK楠本のセーブに阻まれると、立ち上がりは九産大の縦に速い攻撃で守勢に回っていた。

しかし、そこを耐えると、ピッチを広く使い、更にはパスに緩急を付ける事で、徐々に流れを引き寄せる。

中盤を含めた守備ブロックを作り、スペースを消すと、九産大は外で回すだけ。縦に入れると、鹿屋のプレスの餌食になる。

この守備から、素早く切り替え、FWの19向高の裏への抜け出しが冴える。

23分に鹿屋が先制。エリア内で受けた10松田が狭いスペースをドリブルで抜け出してからのシュート。彼のテクニックが活きた見事なシュートだった。

主導権を握った鹿屋は、コンパクトで良い距離感を保ち、連動したプレスで九産大の攻撃の芽を摘む。

九産大は回すだけで何もさせて貰えなかったが、33分、ショートパスのワンタッチプレーで26古材が右サイドから中へ切れ込みシュートを放つ。おそらく、これがファーストシュート。

もう少しテンポに緩急を付けたら良さそうだったが、九産大もこの時間帯になると、セカンドボールを拾えるようになり、バイタルエリアでチャレンジ出来るようになっていた。

しかし、九産大はここで決めきれず、前掛かりになった所をカウンターで反撃を許すと、せっかく掴みかけた流れを鹿屋に持って行かれてしまう。

41分、九産大は14松崎が負傷交代。早くも交代枠を1つ使う事に。

前半アディショナルタイム3分、鹿屋はコーナーキック。ゴール中央に鋭いボールが入ると、フリーで走りこんでいた8中原がダイビングヘッド。これが決まって2-0とする。

後半、九産大はFW2人を投入。立ち上がりは九産大が流れを掴む。

52分、右からの攻撃で中でフリーとなった26古材に渡り、シュートを放つが枠の外。決定的だったが惜しくも外れた。

鹿屋はこの1分後に2枚替え。

この後、徐々にルーズになった所に、10松田等が空いたスペースを突き始める。

九産大はミドルシュートが目立つが、苦し紛れに見える。ファイナルサードの所へは中々侵入できずにいた。

71分、鹿屋は追加点。裏へ抜け出した26片井がGKとの1対1を冷静に決めて3-0とすると、これで勝負あった。

九産大の攻撃を体を張ったディフェンスで食い止めると、前線では衰えない運動量とドリブルからの仕掛けで追加点を狙いに行く。

しかし、ピッチを広く使い、相手DFを揺さぶった序盤~中盤とは違い、展開が狭くなり、球離れの悪さも目立ち、攻撃の質が落ちた。

九産大に危ない場面は作らせなかったが、3点目が入る前とは違い、攻撃が雑になった。

4点目を狙えるだけの攻撃は見せていたが、最後の方は精度が落ちたのが少し気になる所。

■九州大学リーグ1部 第21節
鹿屋体育大学 3(2-0,1-0)0 九州産業大学

得点者;
【鹿屋】 松田 天馬(23分)、中原 優生(45+3分)、片井 巧(71分)

期日: 2015年11月14日(土) / 会場: 鹿屋体育大学



敗れた九産大だったが、4位・宮崎産業経営大も敗れたため、3位が決まりインカレ出場を決めた。

2位・鹿屋は勝点1差で最終節の福大戦へ。

3-0と開いたが、きっかけ1つで九産大にも勝機があったようにも感じたが、鹿屋の守備陣が集中していた。今季は大味な試合も多いが、今回は引き締まった良いゲームが観れた。

俺的MOM: 寺田 匡史

最上川と共に、冷静に激しく九産大の攻撃を弾き返していた。守備陣が0で抑えた事が締まったゲームが出来たように思うが、その立役者となった。


















>>鹿児島ユナイテッドFC人気投票 2015

人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター