NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

ホンダロックSC×アスルクラロ沼津 【JFL】

5/3のJFL、ロック×沼津の事を少々。

■ホンダロックSC
▼出場メンバー
GK 16 熊野 一樹 ブラウブリッツ秋田
DF 2 肝付 将臣 駒澤大学
DF 3 上田 常幸 ツエーゲン金沢
DF 4 串間 雄峰■32分 福岡大学
MF 7 山田 貴文 大阪体育大学
MF 10 諏訪園 良平 宮崎産業経営大学
MF 8 大山 直哉■54分 鹿屋体育大学
MF 9 悦田 嘉彦■76分 福岡経済大学
→交代 78分 18 岡田 峻 福岡大学
FW 13 木下 健生 福岡教育大学
→交代 64分 6 坂本 翔 鹿屋体育大学
FW 17 米良 知記 鹿屋体育大学
FW 20 市原 大嗣 カマタマーレ讃岐

▼SUB
GK 21 中山 拳一 福岡大学
DF 22 古垣 秀晃 福岡教育大学
MF 14 今井 康平 西南学院大学
MF 19 吉村 康平 流通経済大学
FW 11 池上 智視 東京農業大学




■アスルクラロ沼津
▼出場メンバー
GK 21 大畑 拓也 順天堂大学
DF 18 尾崎 瑛一郎 ガイナーレ鳥取
DF 28 谷奥 健四郎 松本山雅FC
DF 3 藤原 拓也 神奈川大学
DF 4 田中 舜 グルージャ盛岡
MF 9 中村 亮太 FC大阪
MF 7 鈴木 将也 SC.相模原
MF 24 沓掛 勇太 藤枝MYFC
MF 17 太田 一輝 関東学院大学
→交代 90+2分 5 馬場 将大 FC岐阜SECOND
FW 10 青木 翔大 横浜FC
→交代 79分 20 中筋 誠 ヴァンラーレ八戸
FW 19 薗田 卓馬 福岡大学
→交代 69分 13 鈴木 淳 SC.相模原

▼SUB
GK 30 石田 良輔 FC町田ゼルビア
MF 16 水木 将人 藤枝MYFC
MF 23 白石 智之 法政大学





19薗田卓馬は鹿児島出身。城西高校→福岡大学を経て今年加入した。


▼試合

生憎の雨となったが、アップを見ている限りではボールの走りは良い。

風上にエンドを取ったロックは17分、フリーキックからゴール前での競り合い。
頭で合わせた選手が見えなかったが、そのシュートがDFに当たり、コースが変わるがGKのセーブに阻まれる。

19分に2肝付将臣からのクロスを20市原大嗣がヘッド。枠外。

25分、高い位置でこぼれたボールを拾った8大山直哉がミドル。
ボールはGKの前で跳ねGK大畑は取り損ねるが、セカンドボールはしっかりと処理。

沼津はボールこそ保持するが、シュートまでは行けない。
ゴール前に運んでもロックが作ったブロックに阻まれる。

沼津のファーストシュートは39分。
右へ展開し、18尾崎瑛一郎からのパスを10青木翔大が落として9中村亮太がシュート。これは正面。

前半の途中で風は止み、雨脚が強くなる。
ピッチにも水たまりが増え、足を取られる選手が増えた。

後半、開始4分に沼津が先制。
フリーキック、18尾崎が蹴ったボールをゴール前で9中村が合わせる。
アナウンスでは10青木だったが、記録は9中村に訂正された。

ロックは61分、コーナーキックのこぼれを拾い右の3上田常幸へ。
3上田のライナー性のボールをゴール前で13木下健生が触るが枠の外。

後半は一度止んだ風がまた吹きはじめ、風下のロックはボールコントロールに苦慮していた。

GK熊野はキックを意識してライナー性にしていたが、プレースキックのコントロールが難しかったようで、大半のキックがラインを割っていた。

ピッチコンディションが悪くなった事で、ロングボールが増えるが、精度が悪くて沼津ボールになる。

沼津の攻撃の質も決して高かったわけでなく、セットプレー以外ではチャンスの芽はなさそうな感じ。

77分にフリーキックの中から沼津は2本のシュートを放つが、チャンスらしいチャンスはこれくらい。

内容はかなりの凡戦。しかし、この天気では仕方ないか。

■JFL 1stステージ第10節
ホンダロックSC 0 (0-0,0-1) 1 アスルクラロ沼津

得点者;
【沼】 中村 亮太(49分)

期日: 2016年5月3日(火)
会場: 宮崎市生目の杜運動公園陸上競技場
観衆: 350人
満足度: ★☆☆☆☆



アップ時のピッチコンディションは悪くなかったが、試合の経過と共に雨脚が強まり、スリッピーな状態になる。

加えて強風によりコントロールに苦慮する形となったが、アップの時に既にピッチコンディションが悪かった方が試合にアジャストし易かったのかもしれない。

なので非常に難しい試合になったと思う。
セットプレーがカギを握る試合だったと思うが、それをモノにした沼津に軍配が上がった。そんな試合。





MOM FW 9 中村 亮太 アスルクラロ沼津


徐々に悪くなるピッチコンディションの中、値千金のゴールを決めた。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ


ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター