NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

J3第14節 ×藤枝MYFC

26日(日)の藤枝戦について少々。

▼出場メンバー
GK 31 山岡 哲也
DF 27 冨成 慎司
DF 6 田中 秀人
DF 23 水本 勝成
DF 18 関 光博
MF 4 吉井 孝輔
MF 7 赤尾 公
MF 20 五領 淳樹■40分※2枚目
→交代 73分 16 川森 有真
MF 17 中原 優生
→交代 61分 11 新中 剛史
MF 8 永畑 祐樹■72分※2枚目
→交代 82分 33 田上 裕
FW 9 藤本 憲明

▼SUB
GK 21 武田 大
DF 3 谷口 功
MF 10 山本 裕人
FW 13 山田 裕也



前節スタメンだった高野がサブにもいないのはその時のプレーがお気に召さなかったか?
啓人がサブなのは、赤尾が累積リーチなので妥当な気がする。渉が復帰できていない以上、赤尾が出れないとなった時には啓人は必要だと思う。



試合の入りは良く、開始2分に右サイドで五領が1人かわして永畑へスルーパス。永畑のシュートはGK三宅にセーブされるが、いきなりチャンスを作るのは、会場の雰囲気を温める意味でもよかった。

試合の入りは良かったのだが、攻撃→守備の切り替えのケアが緩い気がした。そこをもっと厳しくいった方が良い気もした。

と思っていたら、最初の10分以降は藤枝のプレススピードが強まり、面食らったかのように鹿児島は後手になる。上記の切り替えの悪さが出てしまい、前に運ばれるように。

藤枝のバックラインはリトリートしており、スペースを消して永畑・五領の動きを封じようとしていたのか。

藤本や中原はそこでキープ出来るが、スペースを消された五領は前を向いて受ければ1対1では負けないものの、その状態でなかなか受けれない。右サイドは人口密度が高く、冨成も五領へのサポートが不十分だった。

右サイドでいえば、対峙する藤枝の15平石がよくフリーになっていた。サイドを大きく使われ、右サイドは走らされていた。

鹿児島の攻撃を支えていたのは永畑の運動量だった。一瞬のスピードでボールを拾い、ドリブルで攪乱。ゴール前に走りこむ動き等、アクセントを加えていた。

後半は藤枝の縦への推進力が強く、13三好がボールに触れる機会も多かった。守備陣は集中して守れていたと思うが、高い位置でのボール奪取が少なく、また、バックラインもあまり押し上げられない。

攻撃に関しては蹴るだけの時間帯もあり、内容としては低調。この戦い方だと、確かに新中は合うと思う。裏へ抜け出す巧さは加入後からずっと見せていた。

しかし、これも藤枝のDFだから、後半の試合内容だからはまったわけで、現在、チームの肝となっている永畑・五領の2人の代わりという駒ではないんだな…。

ただ、藤枝も疲れはあったのだろう。再三、怖さを見せていた平石は交代前に不用意なボールロストをしていた。鹿児島としては、平石がピッチから退いたのはラッキーだった。

後半は永畑・五領が疲労で徐々に存在感が希薄になっていき、正直なところ、点が取れるきがしなかった。得点がセットプレーなのもそういう意味では妙に納得できた。

83分、フリーキックをファーサイドで田上が合わし、冨成が飛び込む。ポストに当たったこぼれを川森が詰めて先制した。川森の泥臭いプレーやCF、サイドでも使える利便性は重宝しても良い選手。これを機にポジションを掴めるか。

得点後は藤枝のギアが上がるが、同じくギアを上げて対応した鹿児島。心臓に悪かったが、この攻防は観ていて面白かった。

興行としては面白い試合だったと思うが、研究されているというのは感じたし、永畑・五領頼みのサッカーをそろそろ脱却して次のオプションへ行かないといけない時期なのかも。それか五領の代わりになれるドリブラーの補強か。

■J3第14節
鹿児島ユナイテッドFC 1 (0-0,1-0) 0 藤枝MYFC

得点者;
【鹿】 川森 有真(83分)

日時: 2016年6月26日(日)
会場: 鴨池陸上競技場
観衆: 3262人
満足度: ★★★☆☆



あのゴールは、ファーに反応したのが田上だったから生まれたような気がしてならない。あの体ごと飛び込む姿勢は彼の真骨頂。

采配が当たったと視るか、その前がグダグダだったと視るか判断の別れそうな試合。内容に課題が残っても勝ち切れたのは大きいが、今のやり方ではシーズン持たないのではないか?という不安も残す試合だった。

MOM: MF 8 永畑 祐樹

豊富な運動量・セカンドボールへの素早い寄せからのドリブル…。停滞した攻撃陣の中で孤軍奮闘し、試合の均衡を保たせ、川森のゴールが生まれるまでを支えた。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ


ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター