NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

宮崎産業経営大学FC×宮崎産業経営大学 【宮日旗・NHK杯】

7/24(日)に宮崎の天皇杯予選にあたる宮日旗・NHK杯を観に行きました。第1試合は宮崎産業経営大学のトップチームと社会人チームの兄弟対決。

尚、大会パンフは販売されていないので、お互いのメンバーは一部しか分かりませぬ。


■試合

トップが貫録を見せて圧勝するかと思われたが、予想に反し、先制したのは産経大FC。

左サイド、16番の選手の突破から中へ送ると、1人スルーから10番の選手が押し込んだ。


トップはどこかふわふわしており、産経大FCのアグレッシブさに後手に回っている。

やっているサッカーは同じ大学のサッカー部だけに似ている。ボランチを起点にサイドに大きく振る。

トップは少ないタッチで繋ごうとするが、産経大FCはサイドハーフがドリブルで突破を狙う。


序盤はこの16番の選手の突破が目立った。

産経大FCはトップのボールキープに対し、素早い寄せで対応するので、序盤は攻守共にペースを掴み、どっちがトップか分からない程。トップの覇気のなさも気になった。

トップは27分、左サイドを起点をしたパスワークから、ゲームキャプテンの8柄本がシュート。GKが弾き、こぼれを詰めに来た9番の選手が倒されPK。そのPKを柄本が決めて同点とする。


その1分後、縦パスに抜け出した19小田が前に出ていたGKをかわして流し込み、トップは逆転する。


トップはリードしているのが不思議な感じのする低調な内容。それでもリードするのだから分からないものだ。

後半も引き続き、産経大FCのアグレッシブな姿勢は目立つ。

守備→攻撃の切り替えが良く、マイボールになった時はドリブルで抜けるので、ゴールに近い所までは進めれる。

しかし、シュートの時は体を寄せられてブロックされた。トップの守備がやたらディレイだったのは、このシュートをブロックする為だったのか。

産経大FCはシュートで終わる攻撃は多いものの、ゴール前に蓋をしたトップの守備に対し、無駄打ちさせられているだけだった。

一方、産経大FCは、攻撃→守備の切り替えの時、縦パスに弱く、52分のトップ3点目もそのパターンで、縦パスに19小田が抜け出す。その際にボールがこぼれるが、それを拾った13北村が左サイドからGKをかわして押し込んだ。

3失点中、2失点が縦パスで裏を取られている。



トップはシンプルに縦パスを使う時は左サイドバックの7日高も上がれるので効果的だった。

産経大FCも攻勢は衰える事はなかったが、シュートコースのないまま打たされ続け、そのままタイムアップとなった。

■宮日旗・NHK杯1回戦 ※40分ハーフ
宮崎産業経営大学FC 1 (1-2,0-1) 3 宮崎産業経営大学

得点者;
【FC】 中平海(11分)
【TOP】 柄本一輝(29分@PK)、小田一希(30分)、北村知也(52分)

日時: 2016年7月24日(日)
会場: 生目の杜運動公園多目的グラウンド(天然芝)
満足度: ★☆☆☆☆
MOM該当者なし














人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ


ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター