NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

3年目の正直

ガイナーレ鳥取戦でJリーグ初ゴールを決めた永畑。

鹿児島ユナイテッドFCとして活動を始めた2014年、開幕前に怪我をしてしまい、治ってすぐにまた怪我を負い、シーズンを棒に振った。

翌2015年、開幕前から好調を維持し、開幕もスタメンではないかと言われていた中でまた怪我をしてしまう。

そのシーズンは2ndステージこそ出場機会を得るが、アピール出来たとは言い難く、この年限りで切られる事も予想していた。

そんな中、今シーズンである。
過去2シーズンとは違い、躍動感あふれるプレーを魅せ、チームを支える。

豊富な運動量で前線を活性化し、狭いスペースに一瞬のスピードで入っていく。

これまでのうっ憤を晴らすかのようだ。


ヴォルカに加入した2013年から観てきたが、今シーズンはプレーに変化が見られた。

それは、「パワーがついた」点。

これまでのプレーを観ていると、シュートレンジが狭く、ゴールに近い位置でないとシュートを打たないでいた。

サイドチェンジやロングパスも見られず、ドリブルとショートパスでプレーを組み立てていた。

おそらく、パワー不足でこういったプレーが出来ないからだとは思うが、プレーのレパートリーが少ない事で使い勝手の難しい選手だという印象を受けた。

それが今年に入り、改善されている。

コンタクトプレーで簡単に弾き返される事も多かったが、粘り強くなっているし、単純にキック力もついた。

ガイナーレ鳥取戦でのゴールも、あそこから狙うイメージはこれまでにはなく、シュートの威力も鋭い。

肉体改造に取り組んでいるらしく、成果が出ているのが今シーズンのプレーに表れているし、チームにも好結果をもたらしている。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ


ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

呟き

QRコード

QR

ブロ友申請
検索

RSSリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カウンター