NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

セカンドは来年はどっちみち大変

セカンドは九州リーグ最下位となり、1月の各県代表との入替戦に挑む事になった。

各県決勝大会は1月でその大会の翌週に行われるはず。

ホームで引き分け以上で残留と九州リーグに優位な状況で試合が出来るはずなのだが、セカンドの場合そうとは言えない…。

まず、選手が揃うのか?

という疑問。

セカンドはアカデミーであり、サッカー選手として生きていくと決めている選手は、この時期にチームを離れて別チームへ合流している可能性もある。

会場は多分、キャンプの兼ね合いもあるから中山のサッカー・ラグビー場のBコートだと思う。

九州リーグは4月開幕なので、過去にはヴォルカも3月になってやっと選手が合流とか当たり前のようにあったので、多少は始動が遅れても大丈夫だと思うが、ここに「天皇杯」が絡むとセカンドは下手したら予選に出れない。

この天皇杯予選を兼ねる「鹿児島県サッカー選手権」は、ユナイテッドが出来た2014年に「各地域予選→県大会」から「各地域予選→各地域代表戦→県大会」にレギュレーションが変わっている。

2014年にセカンドが出れなかったのは、チームを編成している時に市予選が始まりエントリー出来なかったから。

2015年、2016年は「一種社会人連盟推薦枠」で出場している。

県大会は、前回大会ファイナリスト、一種社会人連盟推薦チーム、一種学生連盟推薦チーム、各地域代表戦を勝ち抜いた2チームという構成。

この前回ファイナリストを除く県内で活動する社会人チームで昨年の一番上のカテゴリーに所属するチームが「一種社会人連盟推薦枠」で県大会に出れる。

セカンドは2014、2015年と九州リーグで戦った事で、県内社会人チームの中で一番上のカテゴリーに居れたから「一種社会人連盟推薦枠」で出れた。

しかし、今年は九州リーグにNIFSが昇格した。そして、選手権は初戦で敗れ、リーグもNIFSより順位が下になった事で、「一種社会人連盟推薦枠」を失った。

天皇杯に出るには市予選にエントリーしないといけない。が、例年、市予選をしている時期はまだ編成がままならない。おまけに天皇杯が前倒しで開催される関係でエントリーできない可能性もあり、更には県リーグ降格となったら試合数が減り、実戦経験を積めず、アカデミーとしての価値も薄れる。

ちなみに県リーグクラブのリーグ戦以外の大会では、九州社会人選手権予選、クラブチーム選手権とあり、全大会にエントリー出来れば試合数はこなせるのだが…。

入替戦を棄権して県リーグ降格とか、選手が揃わなくて活動停止とか、そういった最悪の事も有り得て怖い。J2ライセンスばかり言ってられないんですよ。

※個人の感想です。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ



スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

呟き

QRコード

QR

ブロ友申請
検索

RSSリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カウンター