NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

九州産業大学×宮崎産業経営大学 【九州大学1部】

日曜はレベルファイブスタジアムにて九州大学リーグの最終節を観てました。まずは第1試合の九州産業大学×宮崎産業経営大学の一戦。

九産大はVONDSへ移籍した木川渉、産経大は田上裕、五領淳樹、セカンドの江崎太志がOB。

■九州産業大学
GK 21 湯浅 直也 4年 日南学園
DF 17 山口 恭平 4年 東海大五
DF 3 隈部 明秀 4年 島原商業
DF 5 月成 幸輝 3年 サガン鳥栖U-18
DF 42 宮本 昴拓 4年 九州国際大付属
→交代 82分 22 山口 慶希 2年 熊本国府
MF 6 末永 巧 2年 東福岡
MF 14 松﨑 継利 4年 筑陽学園
→交代 75分 16 中島 圭大 3年 東福岡
MF 11 尾崎 悠 4年 筑陽学園
MF 8 古財 宗一郎 4年 大分トリニータU-18
MF 20 荒木 敬太郎 4年 筑陽学園
→交代 65分 7 赤木 翼 2年 東福岡
FW 30 無津呂 武瑠 4年 東福岡
→交代 72分 26 岩村 勝利 2年 東海大翔洋




■宮崎産業経営大学
GK 1 浅田 卓人 4年 鵬翔
DF 2 渡邊 知樹 4年 日南学園
DF 22 原田 駿哉 4年 鵬翔
DF 3 永田 祐紀 4年 神村学園
MF 20 宮迫 大輔 4年 鹿児島玉龍
MF 9 柏田 崇走 4年 鵬翔
MF 8 柄本 一輝 4年 宮崎日大
MF 7 日高 献盛 4年 鵬翔
→交代 64分 6 長谷川 雄志 2年 鹿児島城西
FW 11 濱崎 巽 4年 神村学園
→交代 81分 12 河野 真志 4年 鵬翔
FW 19 小田 一希 4年 熊本西
→交代 54分 10 モア 徳彦 3年 オストロフスキー
FW 18 最所 大貴 4年 高稜
→交代 54分 13 北村 知也 2年 鵬翔




九産大は5位、産経大は7位とインカレ出場の可能性はなく、入替戦もない。この試合が4年生は最後の試合となる。そういった背景からか、共に4年生が多く試合に出ている。産経大はスタメン全員が4年生。

▼試合

序盤は中盤でのせめぎ合いとなり、一進一退。

産経大は右ウィングの11濱崎巽が積極的な仕掛けでシュートを放つ。


九産大はボランチの14松﨑継利、6末永巧の2人が起点となり、細かくパスを散らし、サイドからの仕掛けで気を伺う。



この2人の連係は良く、1人が低い位置でバランスを取れば、もう1人は高い位置へ行き、シュートに絡む動きを見せ、徐々にペースを掴んでいく。

産経大は19小田一希が前線で体を張るが、九産大の守備陣の出足が良く、なかなか仕事をさせて貰えない。
右サイドは11濱崎の仕掛けに可能性を感じる一方で、左サイドは抑えられていた。

九産大の右サイドバック、17山口恭平は1対1に強く、対峙する7日高献盛や18最所大貴の仕掛けを封じる活躍。右サイドハーフの11尾崎悠との連携もよく、この2人の右サイドは堅い。

先制は九産大。右サイドからのコーナーキックを11尾崎が頭で合わせる。

11尾崎は右サイドでの仕掛けには物足りなさを感じていたが、このゴールでリズムを掴んだようにも見えた。

九産大は後半の入りも良く、47分には左サイドで20荒木敬太郎からのクロスを30無津呂武瑠が流し込むが、これはオフサイド。

52分、九産大追加点。
産経大DF3永田祐紀のパスを奪った11尾崎がGKとの1対1を冷静に決める。

産経大は2枚替え。13北村知也と10モア徳彦を投入。

13北村が前線で粘り強くフォアチェックを行い、10モアは前線でタメを作る。


流れを引き寄せるかと思われたが、九産大は中盤のトライアングル、14松﨑・6末永・古財宗一郎の所でパスを回す事でリズムを失わず、ネガティブトランジョンの良さも光る。


センターバック陣の出足も良さも光り、インターセプトも多く、クロスボールはGK湯浅が安定して対処出来ていた。


産経大は64分、7日高に代えて6長谷川雄志を投入。この長谷川を投入する事で、中盤にリズムが生まれる。

キャプテン・8柄本一輝が高い位置でボールを散らせるようになり、攻撃に厚みが出来て展開が目まぐるしく変わる。


74分、産経大が1点返す。
20宮迫大輔の縦パスに抜け出した10モアが冷静に流し込んだ。

この得点の直前、九産大は14松﨑が痛み、結局交代となった。
松﨑がボールを奪うに行ったときに痛む。マイボールになった九産大は一度、松﨑に預けようとしたが、痛んでいたためにパスを出せず、左サイドへ展開しようとした所を産経大が奪って上記の得点へ結びついた。

残り時間が少なくなる中、産経大は11濱崎に代えて12河野真志を投入し、DFの2渡邊知樹を前線に上げてパワープレーに。

しかし、ここで追加点を奪ったのは九産大。
87分、GK湯浅からのボールを前線で競り合い、抜け出した11尾崎が1対1の状況から冷静に決めて3-1。11尾崎はハットトリック。

更にアディショナルタイム、左サイド、26岩村勝利からのパスに走り込んだ6末永が右サイドでフリーの7赤木翼へ。7赤木が決めて4-1とする。

九産大が決めるべき所でしっかりと決め、快勝した。

■九州大学リーグ第22節
九州産業大学 4 (1-0,3-1) 1 宮崎産業経営大学

得点者;
【九】 尾崎 悠(41分、52分、87分)、赤木 翼(90+4分)
【宮】 モア 徳彦(74分)

日時: 2016年11月20日(日)
会場: レベルファイブスタジアム
満足度: ★★★★☆
写真



MOM: MF 11 尾崎 悠 九州産業大学

サイドから裏への抜け出しからのチャンスに絡み、ハットトリックと結果を出した。










人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ


スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター