NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

新加入選手とコーチ

DF 木村 魁人
横浜F・マリノスユース→関東学院大学→サウルコス福井

サイドバックで関東学院大時代は3年次、4年次にベストイレブンに選ばれており、アシストを量産していた模様。地域リーグからの個人昇格。

MF 松下 年宏
J1通算234試合出場を誇るベテラン。複数のポジションをこなせる選手だが、どこで使われるか。

DF 上本 大海
こちらもJ1通算230試合出場のベテラン。ACLのピッチにも立っており、経験も豊富。


地元出身の経験豊富な選手の加入は嬉しいが、しかし、忘れてはならない。某T選手の教訓を。

名前でサッカーをするのではない。昨シーズン開幕前の評価は「柳崎以外小粒」だった。
※最も、その雑誌は予想スタメンに左利きの麻生を右サイドバックで予想していたので、これを書いた記者は昨年、にわかに話題となった「エア取材」をもと書いていたのだろう。

その小粒と言われた戦力5位となり、山岡は不動の守護神、藤本はJ3得点王だ。戦術にマッチするか、これからチームに何をもたらすかが重要。

レノファからセレッソへ移籍した福満は九州総合スポーツカレッジ→HOYO→レノファと地域リーグ→JFL→J3→J2→J1とステップを踏んでおり、そのセレッソにいる清原も大学卒業後はJFLからスタートしている。

隠れた逸材は各地にいる。選手の経歴で一喜一憂するのではなく、可能ならば現地で自分の目で見てその実力を見定めるべきである。


新コーチ 大島 康明
カターレ富山でも三浦監督と共に仕事をした間柄で、監督自ら招いた可能性のある人物。現役時代の最後は北九州。ここでも元北九州。北九州との縁は尽きない。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ



スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター