NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

藤井の期限付移籍とポジション争いと

流通科学大学とのトレーニングマッチを観に行ってきた。

ユナイテッドの試合を観るのは1月のサンフレッチェ広島戦以来だったが、この試合とその間に行われたNYCやTRMの記録を見るに、試合に絡めそうなメンバーとサブに入るのも難しそうなメンバーに分かれている印象を受けた。

話を聞くには、JFC戦はサブ組で挑み、内容の乏しいゲームだったそうだ。

そうした部分が、上記のようにメンバーが"組分け"されている一因なのではないか。

武蔵野への期限付移籍がリリースされた藤井は後者になっていると感じた。

地域リーグ時代はリーグ戦こそ少ないが、各種大会があって控え選手を試せる機会がある。

しかし、全国リーグで戦う事でリーグ戦は増える一方で、参加する大会が減り、控えを試せる機会は減る。

なので、サブに入れるかどうかの立ち位置なら期限付で移籍する事は悪い事ではない。

ただし、チームから離れる以上、生半可な活躍では片道になる可能性もある。

今年は監督も代わり、新しいコーチも加わった

これまでの雰囲気が良くも悪くも変わる中、レンタルで出る事を選択したのが吉と出るか凶と出るか。

豊富な運動量と前線での献身的な姿勢は買い。

結果を残して戻って来てほしい。



※新卒で入った選手を早い段階で切ってしまうと、その母校との関係が悪化することもあるので、フロントもそれを踏まえた編成をしないといけない。

この辺は○○大は厳しいという話を聞いた事がある。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ

ランキングに参加中。クリックお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

呟き

QRコード

QR

ブロ友申請
検索

RSSリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カウンター