NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

あとがき

昨日書いた記事は、この拙ブログにしては中々の反響を生んだと思っている。

facebookで「いいね」された数は平常通りだったが、twitterでのRTやいいねの数は自分のツィートにしてはかなりの数となった。



同記事の最後を「絶対的な熱量が足りてない。」で締めた。

実際に感じた事ではあるが、これは少しだけ挑発の意味も含んでいる。

「知った風な事言うな」「お前に何が分かる?」「他サポが口出しするな」等の反応も覚悟していたのだが、特にない。しかし、両クラブのサポーターはどう感じたのか気になる所。

その中で、おそらく記事に反応したであろうツィートを紹介したい。



ヴォルカ鹿児島の時の話になるが、ヴォルカは土のグラウンドで練習する事も少なくなかった。

現鹿児島ユナイテッドFCの井上渉は2013年にヴォルカに加入した。今まで芝のグラウンドで練習するのが当たり前だった同選手は、土のグラウンドに慣れず、足を痛めて開幕から3戦欠場していた。

あのシーズンは渉のチームだったと個人的には思っているのだが、地域リーグの環境はJリーグよりも劣るため、上のカテゴリーでの実績が地域リーグでの活躍を保証するものではない。

渉は主軸になれたから良かったものの、怪我を繰り返して活躍できなかった可能性だってあった。



久しぶりにコミュサカタグを打ったからなのか、宮崎の2クラブへの関心の高さなのか、今までRTやいいねをされた事ない方からもされていたので、そのアカウントを辿っていると、テゲと打っているツィートも見かけた。

ヴォルカをヴォルと言われてたのを思い出したw

そして、一番興味深かったのが以下のツィート







高知の話ではあるが、こういう想いを見るといずれ実を結んでほしいと思うばかりだ。

高知といえは2009年、地域決勝で行った事があるのだが、春野行きのバスに乗り遅れてしまい、会場までタクシーで行ったのだが、春野の陸上競技場が見えた時、タクシーの運転手さんに、

「こんだけデカいハコがあってもそれを使うチームがないと勿体ないですよね?」

と、意地悪な質問をした。その時、運転手さんは、

「いや~もう少ししたらキャンプで使うから。」

と答えていた。高知は沖縄・宮崎・鹿児島と並び、キャンプ地のメッカでもある。

キャンプで使うだけで元が取れるのか疑問に感じていたが、キャンプに使ってもらえるだけで満足している印象を受けた。

もっとも、日本の場合、プロスポーツよりも学生スポーツ、特に高校野球への力の入れ様はオリンピックやワールドカップをも凌いでいると思う時もあるので、高知は高校野球が盛んなイメージがあり、プロスポーツというものにあまり関心がないのだろうと当時は思った。


最後に、宮崎の2クラブに関して書き損じた事が1つあり、その点についても少しだけ持論を述べたい。

J.FC MIYAZAKIと大淀学園(鵬翔高・産経大)の関係について。

発起人が鵬翔高校の監督だった松崎氏なので関係があるのは仕方がない事なのだが、一般的には鵬翔派閥のチームで他の高校出身の人が応援し辛いという旨の意見も聞いた事がある。

しかし、一からクラブを築くには、そういった力に頼るのは選択肢の一つで有りだと思う。

勿論、どこかで頭打ちになってしまうので、その時期が来た時に「円満に発展的解消が出来るか」が大事なのでないか。

V・ファーレン長崎も最初は小嶺氏が携わっていたように、最初は松崎氏に頼ってもいいだろう。喧嘩別れさえしなければ。

逆に日章学園のOBが1人いるだけで宮崎県出身選手が0のテゲバジャーロの方が心配になる。

選手の出身地はおまけみたいな物で、拘る必要はないと思うのだが、新興勢力は地元との結びつきは必要だし、それを分かりやすく見せるのが地元出身選手の存在だと思うので、産経大OBが0になった時点でテゲバジャーロの方が地元の選手にとっての受け皿としては弱い印象を抱く。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


テゲパdisってんの?
【2017/04/12 23:15】 URL | 宮崎にJリーグを! #- [ 編集]


どう捉えるかは個人の判断に任せます。
貴方がdisっているように思えたなら、自分の書いた内容がその通りの事なんでしょう。

ただ、別記事のコメントでも「テげパ」とかいてましたが、「パ」じゃなくて「バ」ですよ。

アルファベット表記にすれば分かると思います。
「TEGEVAJARO宮崎」です。
【2017/04/13 17:22】 URL | dai #WOq6nlhY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター