NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

木村魁人、サウルコス福井への期限付移籍に思ふ

宮崎のサッカーについてネタを書いていた時期に木村魁人のサウルコス福井への期限付移籍がリリースされていた。(公式)

関東大学リーグ2部や北信越リーグでアシストを量産していたらしいが、開幕前のトレーニングマッチではアピール出来ていたとは言い難く、監督の構想に入っていたかは疑問だった。

左サイドバックで起用されていたが、左サイドバックは水本をコンバートし、丹羽を獲り、関がいて吉井もコンバートしている。

1st=丹羽
2nd=水本
3rd=関
4th=吉井
5th=木村

くらい序列が低かった。もしかしたら田上よりも下かもしれない。

この状況で残っても試合に絡める可能性は低い。

まだ4月で加入したばかりの選手をこういう形で放出するのは、獲得の経緯も含めてどうかと思うが、これまでの記録を見る限り、選手は3つの層に分かれていると感じる。

【A】スタメン濃厚の不動のレギュラー
【B】A層の選手に怪我人が出たら出番はあるが基本的にサブに回る
【C】サブにすら入れない放出候補

木村は完全に【C】だった。

9日(日)の鹿児島県サッカー選手権(天皇杯予選)では、【C】層だと思ってた山田がスタメンだったのは意外だが、サブを含めた残りの19人は上記で言う【A】層と【B】層だった。
※寺田は【C】層ながら【B】に近い【C】層だと視ている。

また、山田の抜擢もアピールしたからと考えるのが普通なのだが、五領が怪我、ナ・ソンスが登録されていない関係で選ばれたのではないかと邪推してしまう。

なので、夏のウィンドウで【C】層の放出、新たな戦力補強をするのではないかと思っている。

さて、サウルコス福井の出戻る形となった木村について、Twitterの反応を見てみると、











Twitterの一部の反応を見る限りでは歓迎モードのようだ。

加入時、北信越リーグではレベルが抜けてたという話を聞いたので、その選手の復帰は福井にとってはプラスなのだろう。

DF陣は高齢化しているので、片道にならず将来の戦力として鍛え上げないといけいないのだが、まだこのチームに若手を育てる力はないのだろうか。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

呟き

QRコード

QR

ブロ友申請
検索

RSSリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カウンター