NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

宇野薫、戴冠ならず…

本日、プロフェッショナル修斗公式戦「MOBSTYLES Presents FIGHT & MOSH」が行われ、メインイベントではフェザー級タイトルマッチ、「斎藤 裕×宇野 薫」が行われた。

宇野薫、MMA創世記から支えるレジェンドファイターで御年41歳。修斗のタイトルに挑むのは17年ぶり。

気になるその結果は…。

○斎藤 裕 (5R判定3-0) 宇野 薫
※50-44、50-45、50-45
斎藤が防衛に成功



1R
回りながら距離を詰める宇野。静かな立ち上がり。
1分、宇野がタックルへ。テイクダウン。すぐに起き上がる斎藤。組み付いた状態でお互いがコツコツ当てる。
2分、差し合いから斎藤が払う形となって上に。こつこつ当てる斎藤に対し、下から十字を狙う宇野。
静かな展開。

2R
宇野が組み付きに行くが払いのけて上に。上から鉄槌、肘を入れていく。パウンドで攻める斎藤。
宇野、立ち上がろうとするもガブる。
宇野、立ち上がり、タックルを狙うが、斎藤がパワーで上になる。バックに回る斎藤。立ち上がり、差し合いに。
2分半、斎藤テイクダウン。コツコツと削りに行く斎藤。
4分頃、立ち上がり一旦離れる、すぐに組み付く。1分を切ってからスタンド→組み付く。なかなかテイクダウンさせてもらえない宇野。

終始トップをキープできる斎藤だが、そこから決め手を欠く。

3R
首相撲から膝を入れる斎藤、宇野効いた?
少し頭が落ちる、そこから斎藤上に。バックに回る斎藤。斎藤の片足を掴む宇野だがすぐに離れて下に引き込む。斎藤はコツコツ削りにかかる。
2分過ぎ、立ち上がり、差し合いから膝。投げてサイドを取る。スタンドに戻り膝を入れる斎藤、倒しに行く宇野。上になるのは斎藤。斎藤、バックからコツコツ削る。トップキープから鉄槌を落す斎藤。しかし、宇野が凌ぐ。

斎藤、堅実な試合運びだが、盛り上がりに欠ける内容。

4R
斎藤、差し合いから膝を入れてテイクダウン成功。ハーフガード。バックからコツコツとパンチを当てる。
一度立ち上がるが、膝を入れる斎藤→またトップキープ。膝を当てる斎藤。
宇野は疲れたか?
潰して上になる斎藤。冷静にパンチを当てていく斎藤。バックを取った斎藤だが、逆に宇野がバックに回る。しかし、斎藤がサイドを取る。トップをキープする斎藤。宇野は下から十字を狙う。終了間際に斎藤のパウンドがヒットする

5R
組み付いて膝を入れ、ケージ際に押し込んでテイクダウンする斎藤、立ち上がり→バックから膝を当てる。
宇野、バックからチョークを狙うが極まらず。斎藤がバックに。組んで膝を入れる斎藤。タックルにいく宇野、斎藤はがぶる。斎藤、トップキープからパウンド、鉄槌。サイドからバックへ回る斎藤。宇野のボディへ膝を入れる斎藤。効いてきたか。斎藤はパウンドのラッシュ。
最後はトップから肘を当てる。ここでホーン。


手堅い試合だったが、終始、試合をコントロールした斎藤の勝利。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

呟き

QRコード

QR

ブロ友申請
検索

RSSリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カウンター