NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

大学サッカーとスポンサー

[ユニ論]大学サッカーの胸に入るスポンサー事情という記事を発見した。

大学のサッカー部にもスポンサーがつくのが珍しくない時代ではあるが、ANAとかKIRINのような大企業だけでなく、地元の企業がスポンサーとして支援してくれる大学もあり、鹿屋体大はそれに該当する。

ユニフォームだけでなく、トレーニングウェアにもスポンサー広告が入っているので、見た目はJリーグクラブみたいだ。

鹿屋体大のユニスポンサーは胸が「南州農場」(南大隅町)、背中が池田病院(鹿屋市)、腰に「さつま大海」(鹿屋市)、左袖に「かのや交通」(鹿屋市)、パンツに「大隅鹿屋病院」(鹿屋市)と、大隅地区にある企業がスポンサーとなっている。

時々SNSで選手・監督がスポンサー先に訪問している様子がアップされているが、地域に根差したチーム作りを行っているのが伺える。

ここでふと、NIFSが大隅半島からJリーグを目指すチームだった頃を思い出した。

あの時、NIFSには倉府食品が胸スポンサーだったが、今の鹿屋体大みたいに複数の企業がユニフォームに広告を載せれるくらいの支援があればまた違ったのだろうと野暮な事を思った。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター