NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

ロアッソ熊本ユース×ギラヴァンツ北九州U-18 【クラ選】

九州クラブユースU-18選手権の決勝トーナメント、エコパーク水俣で行われた第2試合、ロアッソ熊本ユース×ギラヴァンツ北九州U-18について少々。

ロアッソユースはプリンスリーグで戦っているので、どのくらいの力があるのか気になった一戦。

今回はまったり観戦なので、ざっくりと。

立ち上がり、ロアッソユースがボールを大事にし、サイドへ展開する攻撃を見せる。

地力の差があるかと思わせる立ち上がりだったが、北九州U-18も粘り強く守ってサイド攻撃で対抗する。

先制したのはロアッソユース。時間は失念したが、30分を過ぎてから。

左サイドからのコーナーキックから放たれたシュートがクロスバーに直撃。バウンドしたボールがロアッソサイドはラインを割ったと主張。

しかし、ラインズマンは旗を上げない。ノーゴールのジャッジで試合は続行されるのだが、ロアッソサイドの猛抗議もあり、レフリーはラインズマンへ確認しに行く。そして、協議の結果、ゴールが認められた。

何か後味の悪さも感じるが、北九州U-18はそこはきちんと切り替え、すぐさま同点に追いつく。

左サイドを深くえぐって中へ送り、中で合わせて同点として前半を終える。

後半も一進一退の攻防が繰り広げられるが、後半に気付いたのはロアッソユースのボランチの動き。

切り替えの所でバックラインと中盤が間延びしている所に素早くポジションを移してスペースを消していた。

こういった動きを繰り返す事で守備面が安定。

高いボールポゼッションからサイド攻撃を繰り返す。

そして試合終盤にロアッソユースは、右サイドからの攻撃でサイドの深い位置まで進攻し、10番の選手が決勝点を決め、粘る北九州U-18を退けた。

■九州クラブユースU-18選手権
ロアッソ熊本ユース 2 (1-1,1-0) 1 ギラヴァンツ北九州U-18

日時: 2017年5月21日(日)
会場: エコパーク水俣陸上競技場
満足度: ★★★★☆































人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


さっきのコメント読んでないのか?
バカにつける薬はないな。ロアッソとギラヴァンツの子たちが気の毒だ。
【2017/05/22 00:42】 URL | 名無しさん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター