NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

リフティングって重要?

サッカーにおいてリフティングは重要ではないという話を聞いた事がある。

ソースは失念したが、それによると世界的な名選手でも得意としない選手もいるという事に結び付けていたが、果たしてそうだろうか?

自分でも時々考えるが、フリースタイルフットボールで魅せるテクニックはそうかもしれないと思う一方、回数を重ねるリフティングは必要な気がする。

少年サッカーでのリフティングの重要性と必要性という記事を読んだ。リフティングの必要性として、下記の事が書かれていた。

リフティングが必要な理由として、ボール感覚を養うという事もあるけど、頑張った結果がリアルに数字に表れるので、チームメイトと競いあったり一人の時間にリフティングは練習しやすいので、自主練には最適なんです。特に低学年は。

高学年でやるなら肩を使ったり、頭使ったり、かかと使ったり色んな所を使った練習をして欲しいですね。

リフティングは頑張りバロメーターが測れる最強アイテム。あえてチームの時間を沢山使う必要はないけど、競争心を煽ったり、記録会をやって伸びてる子は誉めてあげるなどしてあげると、がんばる子も出てくると思うのですがね。

リフティングはボール感覚を養うために必要で、リフティングで「ボールと友達」になれるように頑張りましょうと言うこと。

あと「チーム内の競争心を煽る」「頑張りバロメーター」に活用できる優れたアイテムだと思います。

サッカーが上手な人にリフティングが下手な人はいませんから、サッカーが上手になるためにはまず、リフティングが出来ないといけないんじゃないかな、と思います。



個人的な見解では、リフティングで回数を重ねるためには、次に足が出しすい所にボールをコントロールする事が重要だと思うのだが、これが上記の記事の「ボール感覚を養う」に繋がっているのだと思われる。これはトラップに通じる部分があると思っている。

トラップもボールを次のプレーを円滑に出来る場所に置く事が重要となってくるので、リフティングの中にインステップ、インサイド、アウトサイド、腿、胸等で処理する事を織り交ぜれば、トラップの上達に一役買うのではないかと思う。

なので、ただこなすのではなく、例えばコーンを置いてジグザグに歩きながらリフティングをする等、工夫を凝らしてすればボールコントロールやトラップの上達に繋がると思っている。

ただ、これは自分がリフティングをやっていて感じた事なので、指導の現場ではどういう見解なのか気になる。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター