NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

駆け引きの話

お詫び

鹿児島ユナイテッドFCサポ―ターの皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は、当ブログをご観覧いただき、厚くお礼申し上げます。

さて、ユナサポ失格を自認しておきながら、ユナイテッドに関する内容をブログにUPをし、ユナイテッドサポーターの皆様に多大なご迷惑をおかけします事を心より深くお詫び申し上げます。

この度の不手際は、今節のブラウブリッツ秋田戦の失点シーンがどうしてもブログネタにしたかった衝動を抑えられなかった事が原因であります。それにより、鹿児島ユナイテッドFCサポーターの皆様には不快な感情を生む事と思い、たいへん申し訳なく思っております。

衝動的にブログネタにしたいと思う事案は今後も起こり得るため、二度とユナネタは書かないとお約束は致しかねますが、まずは書中にてお詫を申し上げます。



秋田戦の失点のきっかけとなったジャッジは誤審なのかどうかは判断しかねるが、ただ、レフリーは目の前で見ていた点を踏まえれば、映像でしか見ていない自分が「誤審だ」と声高に叫んでも虚しくなるだけ。

スタンドや映像よりも、レフリーが一番近い所で見て下したジャッジなので受け入れないといけないのかなと思っている。

個人的に気になったのはその後のフリーキック。そこで行われていたであろう駆け引き。

まず、このフリーキック。ゴールから近い位置なのだが、この位置はかえって決めるのが難しいと言われている。

強く蹴ればバーを越え、抑えて蹴ったら壁に当たる。壁の隙間を巧妙に狙う選手もいるが、とにかく難易度の高い位置である。



上の図に注目して頂きたい。

GK山岡はゴール中央やや左にポジションを取っている。これについて考えられるのは、

【1】壁に入った秋田の選手がゴール中央よりにポジションを取っているため、中央に立つとブラインドになってボールが見えない。
【2】ニアサイドの赤く塗ってある部分に蹴るように誘い込んでいる。

の2点。

壁はニアサイドで選手間で密集して隙間を消しており、ファーサイドは山岡のポジショニングでコースを消している。

キッカーの選択肢は2つ。
1人がフェイントをかけ、壁を飛ばし、隙間を狙うか、純粋に壁の上を越して狙うか。いずれもコースはニアサイドに限定させていた。

そして、その読みは当たった。キッカーの前山はニアサイドの壁を超すキックを蹴った。

しかし、その読みを上回る精度のボールが枠を捉えた。



山岡はプレジャンプの後、サイドステップで右へ移動している。ダイビングする準備は出来ていた。

ところが、いざ飛ぼうとしたら、ボールが横を通過して飛べなかった。そんな印象。

純粋な駆け引きだけなら山岡は勝っていたかもしれない。しかし、それを上回る精度のボールを蹴った前山が見事と言うしかない。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


全部テメェの妄言だろ。
消せ。不愉快だ。
【2017/05/29 21:20】 URL | 名無しさん #lNfO8DXk [ 編集]


不快なら見なきゃいいのに。
【2017/05/29 23:17】 URL | dai #WOq6nlhY [ 編集]


お前の記事不快に思ってる奴はいっぱいいるよ?
俺はそいつらを代弁してるの。分かる?
足りない頭で考えなさい。
【2017/05/30 00:16】 URL | 名無しさん #- [ 編集]


daiさん ↑の奴のことなんか気にせず 書きたいこと書けばいいよ。次の更新楽しみにしてるよん
【2017/05/30 06:34】 URL | 名無しさん #- [ 編集]


気にしてないですYO
【2017/05/30 17:18】 URL | dai #WOq6nlhY [ 編集]


少しは気にしろよ。おめでたい奴。
【2017/05/30 20:09】 URL | 名無しさん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター