NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

采配の意図

お詫び

鹿児島ユナイテッドFCサポ―ターの皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は、当ブログをご観覧いただき、厚くお礼申し上げます。

さて、ユナサポ失格を自認しておきながら、ユナイテッドに関する内容をブログにUPをし、ユナイテッドサポーターの皆様に多大なご迷惑をおかけします事を心より深くお詫び申し上げます。

この度の不手際は、今節の「ガイナーレ鳥取戦のセンターバック2枚替え」についてどうしてもブログネタにしたかったという衝動を抑えられなかった事が原因であります。それにより、鹿児島ユナイテッドFCサポーターの皆様には不快な感情を生む事と思い、たいへん申し訳なく思っております。

衝動的にブログネタにしたいと思う事案は今後も起こり得るため、二度とユナネタは書かないとお約束は致しかねますが、まずはWEB上にてお詫を申し上げます。




ガイナーレ鳥取戦で見せたヤスのセンターバック2枚替え。

1点ビハインドの状況で前線ではなく、DFのテコ入れをするのはあまり見られない。

「謎采配」「采配に疑問」で片づけるのは簡単である。

しかし、忘れてはならないのはヤスはプロの監督であるという事。

一見、「?」と感じる采配もプロならではの視点があって行ったという事は念頭に入れておくべきである。

では、なぜ、そのような采配をしたのか。

前半を見て感じた事はバックラインのビルドアップが上手くいっていないという点と、藤本を孤立させてしまっているという点。

選手の距離間が悪く、パスの回りも良くない。

失点のシーンはバックラインで回している所をプレスで奪われた事がきっかけだったが、それも納得できる程にビルドアップが拙かった。

後半、藤本の孤立を解消する采配として見せたのは、4-4-2にシステムを代えた事だった。

これに松下を投入する事で連動性を上げ、藤本へのサポート体制もとい、得点を取るための体制を整える意図を感じた。

そして、現状の攻撃を維持しつつ、更にUPさせるには「後方からの押し上げ」が必要と感じたからではないだろうか。

例えば右サイドバック。丹羽はクロスの精度には定評があるようだが、運動量がサイドバックにしては少ない。逆サイドの関と比較してもオーバーラップには物足りなさを感じる。

後方からの押し上げの為のテコ入れその1が、田中に代えて冨成。そして、丹羽をセンターバックで使う事。

丹羽と比べ、冨成の方が運動量という点では分があるように思う。その冨成を右サイドバックへ置く事で、オーバーラップを引き出そうとしていたのではないかと。

そして、丹羽のセンターバックだが、丹羽のキックは精度が高い。後方からの押し上げを図るには欠かせないピースとなる。

で、最後のカードとなった水本→上本の交代だが、これは単純にビルドアップをさせたら上本の方が上という判断ではないだろうか。

水本のプレーぶりは代える必要はなかったかもしれないが、同点・逆転を狙うためのテとして、バックラインからのビルドアップの精度を上げるべく、本来なら代える必要のない水本を代える懸けに出たと。

ユナイテッドの攻撃陣は小柄な選手が多く、本来、パワープレーには向かない。得点を奪うには細かくパスを繋いで崩すプレーの方が確率としては高いチームである。

そこの精度を上げるためのセンターバック2枚替えだったのではないかと。

松下投入の段階で徐々にボールの回りは良くなっていた。攻撃陣の交代は必要ないとの判断だと思われる。

攻撃と守備は表裏一体。一見、守備的な采配と思われても蓋を開ければ攻撃に効果が出たという采配の例はある。

今回のヤスが見せたセンターバック2枚替えは上記の例に当てはまるのではないかと。

もっとも、これは個人的な見解で真相は分からない。加えて、この交代が結果に結びついたのかも判断が難しい。

松下投入の時点で流れが変わりつつあったので、この交代をしなくても結果は変わらなかった可能性もあるわけで。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


丹羽・上本からの鋭い楔の縦パスが2列目にズバっといってましたね
【2017/06/05 22:48】 URL | 名無しさん #- [ 編集]


相変わらず頭の中がお花畑www
妄言にも程があるわwww
【2017/06/06 00:09】 URL | 名無しさん #- [ 編集]


いいぞ daiさん どんどん書いてくれ
【2017/06/06 06:05】 URL | 名無しさん #- [ 編集]


>>※1の名無しさん
それが狙いだったのだと思います。

>>※2の名無しさん
相変わらずだね。あの采配について貴方の意見を聞きたいからぜひ教えてくれ。

>>※3の名無しさん
また機会があれば。
【2017/06/06 17:51】 URL | dai #WOq6nlhY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター