NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

日章学園高校×鹿児島城西高校 【プリンスリーグ九州】

昨日、7/8に行われたプリンスリーグ第8節、日章学園高校×鹿児島城西高校について少々。

当初の予定では綾で行われた鵬翔×鳥栖U-18だけ観て帰る予定だったが、この試合が16時KICK OFFだった事、日章学園まであまり時間がかからない事で急遽、行ってきた。

日章学園は九州総体を制している。リーグでも勝点13の2位と好位置につけている。一方の城西は勝点9の7位。

■日章学園高校
---10----11---
9---6----7---8
5---3----4---2
-------1------

▼交代
75分 11→18
79分 3→14



■鹿児島城西高校
----7----11---
13--10---6---9
20---3--4----2
-------1------

▼交代
HT 13→22
73分 6→8
79分 11→19
82分 2→18

▼警告(b)・退場(s)
65分 10(b)




立ち上がり、城西は左サイドで13番の選手や、2トップのどちらかが左サイドへ流れてそこで仕掛ける攻撃が目立つ。

日章は奪ったら縦に送る。バックラインの裏を狙っているのだろうが、城西のDFラインは深く、裏への警戒は強い。

お互いがマイボールになったら縦に送る展開。

城西はDF陣の出足が良く、間合いを詰めて日章のロングボールを弾き返す。平面の1対1も粘り強く対応。攻撃時はサイドでボールを受ける事は出来るものの、クロスが上げられない。

城西の最初のチャンスは18分、右サイドの9番がドリブルで中へ持ち込みシュートを放つが、これは枠の外。

32分には日章。オーバーラップした右SBの2番がマイナス。7番の選手がミドルを放つが芯に当たり損ねる。

35分も日章。左サイドの9番がドリブルで縦に運びクロスを送る。このクロスがDFに当たって枠に飛ぶが、これは城西GK泉森がフィスティング。難を逃れる。

日章は39分に決定機を迎える。縦パスに抜け出した8番がGKと1対1。しかし、GK泉森のセーブで得点を許さない。

前半はスコアレス。

後半は48分にいきなり動く。

城西、左サイドの裏に抜け出した11がクロス。7番のボレーが決まり、城西が先制。

日章0-1城西

日章は51分、左サイドからのボールをフリーで受けた8番のシュートはGKを脇を抜けるが、カバーに来ていたDFがクリアする。

このシーン以降、少しお互いが熱くなりだした。

ラインを割っていたという主張なのか、日章の8番とGK泉森との接触がファウルだという主張なのか。

ジャッジに一貫性がないのは気になったが、少し見苦しさも感じた。

しかし城西、リードしたのにペースを変えない。

マイボールになったらDFラインの裏を執拗に狙う。もう少し中盤の所でパスのリズムを変える等、変化をつけたり、リスクマネジメントは必要だと感じたが…。

日章は66分、左サイドで得たフリーキックを中で合わせて同点に追いつく。

日章1-1城西

この時間帯から城西は徐々に足が止まり、日章の運動量が目立つようになった。

69分、日章は9番がDFの間で受けてシュートを放つが城西DFがブロック。その後、城西はカウンター。10番が右から中へ切り込みシュートを放つが枠の外。

75分、日章。ペナルティエリア内でフリーの10番へパスが通り、GKと1対1。これはGK泉森がファインセーブ。

城西はボールポゼッションが上がった日章に対し、受け身になってしまう。

77分、日章は左サイドからのクロスを中で合わせ、逆転。

日章2-1城西。

失点直後に城西は7番がカウンターからシュートを放つが日章のCB・3番がブロック。

84分、城西はGK泉森からのロングボールを8番が抜け出しシュートを放つも、飛び出した日章GKのセーブに阻まれる。

日章はリードしてからは落ち着いていた。

例えば、縦に早い展開の中でもショートパスを繋いでリズムを変えたり、攻撃の際にサイドバックに「あまり上がるな」と指示を出したりとリスクマネジメントが出来ていた。

お互いが声も出ており、活気のある試合だったが、日章は最後まで運動量が落ちなかった。加えて、リードした後のリスクマネジメント等、細かい所を見ればそこが差として結果に出ていたのかもしれない。

城西は終盤、日章の運動量に圧される中、ベンチからの指示が「走れ」しかなかった。

戦う気持ちはあるけど、武器がその気持ち1つだった印象。

■プリンスリーグ九州第8節
日章学園高校 2 (0-0,2-1) 1 鹿児島城西高校

得点者;
【日章】 高田椋汰(66分)、鈴木陽介(77分)
【城西】 パチェコ架巧(48分)

日時: 2017年7月8日(土)
会場: 日章学園人工芝サッカー場
満足度: ★★★☆☆



日章は最後まで走り切ったが、キック&ラッシュをするにはフルタイムで走り切れるかが肝となる。この試合は走り切れた。ただ、これから暑くなる時期にこのサッカーがどこまで通用するかは気になる所。

勝負を分けたのは運動量。紙一重の差だと思うが、城西にとっては随分重い紙一重に感じた。

MOM: GK 1 泉森 涼太 鹿児島城西高校


敗れはしたものの、やられたと思ったシーンでファインセーブを連発した。
























人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター