NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

×鹿児島工業高校 【一年生大会】

土曜から姶良市・霧島市で高校の1年生大会県大会が開催されている。

鹿児島ユナイテッドFC U-18に所属する1年生も参加。市予選を勝ち抜いて県大会に出場している。

前日は、高専に2-1、川内に4-0と勝利した模様。

30分ハーフで1日2試合。予選リンクを突破すれば3日連戦最大6試合をこなす。

2日目の第1試合の相手は鹿児島工業。

■鹿児島ユナイテッドFC U-18
GK 12 長尾 菖太郎
DF 14 石野 佑貴
→交代 56分 3 安田 清貴
DF 11 神野 亮太
DF 4 田中 廉人
DF 2 松本 徹平
MF 5 藤野 竜誠
→交代 16分 13 三堂 楽斗
MF 7 吉岡 将輝
MF 6 甲斐 裕也
MF 9 長濱 夢希
FW 16 前川 綺輝
FW 10 西山 明輝



■鹿児島工業高校
GK 1 米重 大陸
DF 24 久米 寛太
→交代 HT 6 鹿丸 良哉
DF 4 永松 哲成
DF 10 清 佑稀
DF 3 道岡 凌
MF 25 森岡 力丸
→交代 50分 11 岩元 天佑
MF 19 福永 龍也
→交代 49分 18 永薗 太陽
MF 5 藤山 優斗
MF 8 平田 奏
→交代 58分 13 永田 真太郎
FW 9 北 和巳
FW 14 京田 敦貴




立ち上がりはお互いが蹴るだけの展開となり落ち着かない。

その中でU-18の面々はバックラインでボールを動かす事を意識するが、30分ハーフという短い時間がそうさせるのか、縦に入れるタイミングが早い。

パスもスローテンポでトラップが弾んだ所を狙われたりと、攻撃にリズムが生まれない。

一方で鹿児島工業は、キック&ラッシュで素早く前線に放り込む。

相手の攻撃に対し、U-18のセンターバック陣は素早い寄せとカバーリングで攻撃をシャットアウト。前半にU-18のGKがボールに触れた回数は少ない。

U-18はボールを動かしてサイドへ展開は出来るが、クロスの精度を欠く。

気が付けば相手と同じように縦に蹴るだけのサッカーにお付き合いする形に。

これが自分たちのサッカーには思えない。

パスのテンポに緩急をつけ、ボールを動かす事で相手を走らせて脚を止めさせる事が出来ていない。

後半も同じような展開。センターハーフ陣の視野の狭さが気になる。

細かく繋ぐ事を意識するあまり逆サイドが見えてない事がしばしば見られ、縦パスも出し手と受け手の呼吸が合っていない。

そんな中で徐々に鹿児島工業に押し込まれる展開になっていく。

この展開を0に抑えれたのもセンターバック陣が水際で踏ん張ったから。

ただ、相手の攻撃に強弱があれば守り切れていたかどうか。

攻撃に関しても鹿児島工業の守備陣の出足が良くなった事で前で収まらない。サイドでキープ出来てもそこで孤立させる。

また、試合終盤、マイボールで敵陣でプレーしている時もテンポを落とさなかったのが気になった。

1-0でリードながらも流れがあまり良くない。ならばライン際でキープして逃げ切る事も選択肢の1つだったように思える。

もっとも、方針として最後まで攻めの姿勢を貫くというのならば別だが。

1-0で何とか勝ったが、30分ハーフという短い時間がそうさせるのだろうか。ボールを動かしてじっくり作るのが難しいのかもしれない。

これは大久保さんが志向するサッカーではなかった。1年生の中には3年生に交じってレギュラー争いに食い込んでいるメンバーも多いと聞くが、1年生だけのチームだと組織として完成されたサッカーを望むのも酷ではあるという事か。

しかし、例えばトラップのミスを減らす、パスのミスを減らす、コーチングを絶やさない等、個人で改善できる部分もあるのは事実。課題の多いゲームとなった。

■鹿児島県高等学校1年生(U-16)大会予選リンク2日目
鹿児島工業高校 0 (0-1,0-0) 1 鹿児島ユナイテッドFC U-18
※30分ハーフ

得点者;
【ユナ】 三堂楽斗(27分)

日時: 2017年7月23日(日)
会場: 隼人工業高校
満足度: ★☆☆☆☆



MOM: DF 4 田中 廉人 鹿児島ユナイテッドFC U-18


苦しい時間帯に体を張ったディフェンス、カバーリングと零封に貢献。






















人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター