NO 全攻切守 NO LIFE

低迷中

×鹿児島工業高校2nd 【高円宮杯県トップリーグ3部下位】

昨日はU-18の2ndチームの試合を観に、松陽高校Gへ。

高円宮杯県トップリーグ3部の下位リーグ。ちなみに、U-18の1stチームは3部上位リーグに所属している。

松陽高校に行くのは高校の時以来だ。高校総体の会場にもなったので高校の時は結構行っていた。久しぶりに行った。

3部下位リーグは1日2試合をするので30分ハーフだ。会場へ着くと、松陽と玉龍が試合をしていた。

第1試合は鹿児島工業の2ndと対戦。



▼鹿児島ユナイテッドFC U-18
------9-----
----6--10---
11-20--14--4
--2--16--3--
-----25-----
▼交代
26分 4→5
26分 6→8
26分 9→7
48分 20→13
58分 10→18

▼鹿児島工業高校2nd
------77------
36----91----89
---24---99---
70--96--64--68
------58------
▼交代
36分 58→98
48分 77→95
52分 36→78

グラウンドが土で凸凹しており、パスやトラップが弾む。それを見越して「シンプルに」という指示が送られていた。

立ち上がりからアグレッシブにプレスをかけ、ボールを奪ってシンプルに縦やサイドを使う。

ベンチからの指示通りに進める事が出来るものの、決定力を欠いた。

前後半合わせて何回も決めないといけないシュートシーンを作っている。

守備面では危ない場面こそなく、安定していたが、攻撃に関してはやりたいサッカーはそれなの?と問いたくなる。

サイドで数的不利を作らず、コンパクトにして良い連携は見せていたが、ポジティブトランジョンの際に無謀な仕掛けでロストも目立つ。

前半で3枚代えたり、選手の配置を変えたりと手は打つものの、切り替えの所で優位に立てているだけに、後は決めるだけという状況は作った。

55分に"ようやく"先制。右サイドからのコーナーキックをニアで合わせる。遠い位置だったので誰か分からなかった。

そして60分に追加点。
14番(多分、橋野拓海)が縦へ送り、受けた選手(遠目で分からず)が深い位置まで抉ってクロス。ゴール前でフリーの18番が頭で合わせてダメ押し。これは綺麗な崩しからのゴールだった。

勝つには勝った。

「シンプルに」という指示通りにプレーした。しかし、最後の所で外し過ぎた点や、相手の嫌がるプレーがどこまで出来たか?といった点を踏まえると、課題も残った試合ではないかと。

■高円宮杯鹿児島県トップリーグ3部下位
鹿児島ユナイテッドFC U-18 2 (0-0,2-0) 0 鹿児島工業高校2nd
※30分ハーフ

得点;
【ユナ】 ??(55分)、18番(60分)

日時: 2017年7月29日(土)
会場: 松陽高校
満足度: ★☆☆☆☆
















人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ランキングに参加中、クリックしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサードリンク
リンク
コメント
プロフィール

dai

Author:dai
私の造語ではありますが、全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするという意味で、『全攻切守』という言葉を、私自身は以前から使っていました。

~前田 浩二~

  • ユナセカコラム(前編/後編)
  • 10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    呟き

    QRコード

    QR

    ブロ友申請
    検索

    RSSリンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    カウンター